Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

インタビュー特集

Entry 2023/03/02
Update

【豊嶋花インタビュー】映画『ちひろさん』有村架純や先輩たちの演技に刺激を受けて増やせた“自分のページ”

  • Writer :
  • 河合のび

映画『ちひろさん』は2月23日(木・祝)よりNetflix世界配信&全国劇場にて公開中!

安田弘之の人気コミックを原作に、“恋愛映画の旗手”と称される今泉力哉監督が実写映画化した『ちひろさん』。

有村架純が主演を務めた本作は、“ひとり”で生きることを選んだ主人公・ちひろさんと彼女に出会った人々の“孤独”と“癒し”の物語を描き出しています。


photo by 田中舘裕介

このたびのNetflixでの世界配信と劇場公開を記念し、ちひろさんに出会う人間の一人であり、家族や友だちとの関係性に悩む女子高生・オカジ役を演じられた豊嶋花さんにインタビューを行いました。

オカジという役への印象の変化、豊嶋さんから見たちひろさんの人物像、ご自身が目指す女優としての在り方など、貴重なお話を伺うことができました。

“生きづらさ”と“居心地の良さ”を具体化する


(C)2023 Asmik Ace, Inc.(C)安田弘之(秋田書店)2014

──本作で演じられたオカジという役の第一印象を改めてお聞かせいただけますか。また、実際に演じられた中でのその印象に変化はありましたか。

豊嶋花(以下、豊嶋):最初は「明るくて面白そうな子だな」という印象を持ったんです。ただ原作漫画を拝見させていただいて、実は彼女にも“影”の部分といいますか、自分の他人に見せていない部分があることを知り、その上で彼女のことを考察し直したので印象はかなり変わりましたね。

家族や友だちといる時と、ちひろさんやマコトといる時とで、オカジは“生き方”を分けています。ただ、家族や友だちといる時の生き方には生きづらさを感じたのに対して、ちひろさんといる時はとても居心地が良さそうだったんです。

オカジを演じる上でも、その“生きづらさ”と“居心地の良さ”のギャップをどう演技として具現化していくかが一番難しく感じられました。

──豊嶋さんご自身も、現在の生活の中で「“生き方”を分ける」という感覚を抱く時はあるのでしょうか。

豊嶋:私はまだまだ子どもなので、大人と話す時は喋り方も少し硬くなるんですが、同年代の友だちと過ごす自分が映っている動画を見た時には“幼さ”が伝わってくるといいますか、「仕事の時と全然違うな」と実感することがあります。

またお仕事の現場に入る時には、具体的な“切り替えのスイッチ”があるわけではなく、強いて言えば演技をする前に、心を少しだけ集中させることを常に心がけています。

気圧されるほどの“オーラ”を体感


photo by 田中舘裕介

──オカジを演じられた豊嶋さんから見て、有村架純さんが演じられた本作の主人公・ちひろさんはどのような女性だと感じられましたか。

豊嶋:近くにいるけれど、どこか遠いところに立っているように感じられる。でも、遠い存在に見えるようで、実は身近にも感じられることもある。その時々によって、ちひろさんとの距離が変化するんです。

ちひろさんがしっかりとした自分の意思を持ってそこにいるから、周りの人たちはちひろさんとの距離を感じられるのかもしれません。

──豊嶋さんが特に記憶に残っている、ちひろさんとオカジの場面をお教えいただけますか。

豊嶋:作中、ちひろさんとオカジが二人で海に入っていく場面があるんですが、その撮影での有村さんの演技が何と言いますか、怖くはなかったんですが、有村さんの放つちひろさんとしてのオーラに気圧されてしまったんです。

今泉監督にも「オカジという役としても、オーラを素直に受け止めてほしい」と伝えられ、その場面ではちひろさんのオーラ、そして有村さんのオーラを全身で受け止めました。本当に凄いお芝居をされる方だと改めて感じられました。

成長ができた、思い入れのある作品


photo by 田中舘裕介

──女優というお仕事において、豊嶋さんが一番「楽しい」と感じられる瞬間はどのような時なのでしょうか。

豊嶋:正直挙げるとキリがないんですが、クランクアップした時の達成感がとても好きですね。スタッフさんや共演したキャストさんから花束や拍手をいただく中で、「この作品でがんばってよかったな」とはっきり思えるんです。

『ちひろさん』ではマコト役の嶋田鉄太くんと一緒にクランクアップとなったんですが、有村さんからお花をいただけて、泣きそうになりました。そのぐらい『ちひろさん』が思い入れのある作品になったからだと思いますし、きっと本当に泣いていたんでしょうね。

私は「この作品で成長したい」と思って撮影に臨んだんですが、有村さんやリリー・フランキーさん、風吹ジュンさんなど、本当に素晴らしいお芝居をされる方々から多くの刺激を受け、成長することができたと感じています。

これからも増やし続ける“ページ”


photo by 田中舘裕介

──『ちひろさん』へのご出演を経て、どのような点が成長されたのでしょうか。

豊嶋:自分の持っている“ページ”を増やすことができたんです。新しい演技におけるアプローチの種類、感情の引き出し方を増やせたんです。

私は「こういう演技ができるようになりたい」とこだわるよりも、どんな演技もできる女優になりたいと考えています。

「この演技はうまいけど、この演技はイマイチだな」と評価され、固定のイメージがついてしまうことは少なくありません。そうならないためにも、これからも“ページ”を増やし続けたいと思います。

インタビュー/河合のび
撮影/田中舘裕介

豊嶋花プロフィール

2007年3月27日生まれ、東京都出身。1歳の時から芸能活動を開始し、5歳の時に出演した映画『外事警察 その男に騙されるな』(2012)で可憐な容姿と大人顔負けの演技が絶賛された。

主な出演作はドラマ『梅ちゃん先生』(NHK/2012)、『ごちそうさん』(NHK/2013)、『八重の桜』(NHK/2013)、『昼顔』(CX/2014)、『キッドナップ・ツアー』(NHK/2016)、『トットちゃん!』(EX/2017)、『大豆田とわ子と三人の元夫』(KTV/2021)、『みなと商事コインランドリー』(TX/2022)、『祈りのカルテ 研修医の謎解き診察記録』(NTV/2022)、映画『真夏の方程式』(2013)、『恋妻家宮本』(2017)、『生理ちゃん』(2019)などがある。

2023年は大河ドラマ『どうする家康』に出演。

映画『ちひろさん』の作品情報

【公開・配信】
2023年(日本映画)

【原作】
安田弘之『ちひろさん』(秋田書店「秋田レディース・コミックス・デラックス」刊)

【監督】
今泉力哉

【脚本】
澤井香織、今泉力哉

【キャスト】
有村架純、豊嶋花、嶋田鉄太、van、若葉竜也、佐久間由衣、長澤樹、市川実和子、鈴木慶一、根岸季衣、平田満、リリー・フランキー、風吹ジュン

【作品概要】
安田弘之の人気同名コミックを『愛がなんだ』などで知られ“恋愛映画の旗手”と称される今泉力哉監督が実写映画化。“ひとり”で生きることを選んだ主人公・ちひろ役を有村架純が務める。

共演者には風吹ジュンやリリー・ フランキーといったベテラン陣から、若葉竜也、豊嶋花といった若手の注目俳優まで個性的なメンバーが集結した。

映画『ちひろさん』のあらすじ


(C)2023 Asmik Ace, Inc.(C)安田弘之(秋田書店)2014

ちひろ(有村架純)は、風俗嬢の仕事を辞めて、今は海辺の小さな街にあるお弁当屋さんで働いている。

元・風俗嬢であることを隠そうとせず、ひょうひょうと生きるちひろ。彼女は、自分のことを色目で見る若い男たちも、ホームレスのおじいさんも、子どもも動物も……誰に対しても分け隔てなく接する。

そんなちひろの元に吸い寄せられるかのように集まる人々。彼らは皆、それぞれに孤独を抱えている。

厳格な家族に息苦しさを覚え、学校の友達とも隔たりを感じる女子高生・オカジ(豊嶋花)。シングルマザーの元で、母親の愛情に飢える小学生・マコト(嶋田鉄太)。父親との確執を抱え続け、過去の父子関係に苦悩する青年・谷口(若葉竜也)。

ちひろは、そんな彼らとご飯を食べ、言葉をかけ、それぞれがそれぞれの孤独と向き合い前に進んで行けるよう、時に優しく、時に強く、背中を押していく。

そしてちひろ自身も、幼い頃の家族との関係から、孤独を抱えたまま生きている。

勤務していた風俗店の元店長・内海(リリー・フランキー)との再会、入院している弁当屋の店長の妻・多恵(風吹ジュン)との交流……揺れ動く日々の中、この街での出会いを通して、ちひろもまた、自らの孤独と向き合い、少しずつ変わっていく。

これは、軽やかに、心のままに生きるちひろと、ちひろと出会う人々──彼らの孤独と癒しの小さな物語。

ライター:河合のびプロフィール

1995年生まれ、静岡県出身の詩人。

2019年に日本映画大学・理論コースを卒業後、映画情報サイト「Cinemarche」編集部へ加入。主にレビュー記事を執筆する一方で、草彅剛など多数の映画人へのインタビューも手がける(@youzo_kawai)。


photo by 田中舘裕介




関連記事

インタビュー特集

【須賀川拓監督インタビュー】映画『BORDER 戦場記者×イスラム国』忘れてはならない紛争地の今×家族から受け取るお守りの言葉

映画『BORDER 戦場記者×イスラム国』が3月15日(金)TBSドキュメンタリー映画祭にて上映! イスラム国のイデオロギーが色濃く残る地域に命がけの潜入取材を試みたドキュメンタリー映画『BORDER …

インタビュー特集

【アオキ裕キ インタビュー】映画『ダンシングホームレス』新人Hソケリッサ!で“オジサンたち”と人間が生きる根源を踊る

映画『ダンシングホームレス』は2020年3月7日(土)より公開。 路上生活経験者によるダンス集団「新人Hソケリッサ!」を追った、三浦渉監督によるドキュメンタリー映画『ダンシングホームレス』。 本作は、 …

インタビュー特集

【関口蒼インタビュー】『光る鯨』森田博之監督の祈りに突き動かされた”初主演作”となる映画との向き合い方

映画『光る鯨』は2023年12月8日(金)より池袋HUMAXシネマズにて公開! 行方不明になった大切な幼馴染の行方を追って、《異世界エレベーター》を通じてパラレルワールドへ足を踏み入れていく主人公の成 …

インタビュー特集

【深田隆之監督インタビュー】映画『ナナメのろうか』止まっていた時間が動き出した瞬間“記録”と“記憶”は結びつく

映画『ナナメのろうか』は2022年9月10日(土)よりポレポレ東中野にてロードショー! 劇場公開デビュー作『ある惑星の散文』(2022)が海外映画祭にて高く評価され、国内外で注目を集め続けている深田隆 …

インタビュー特集

【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい

映画『暁闇』は2019年7月20日(土)よりユーロスペースにてレイトショー! それぞれに孤独を抱えながら日々をやり過ごしていた少年少女たちが、インターネット上で見つけたある音楽をきっかけに出会い、友情 …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学