Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2022/12/22
Update

【ネタバレ】女神の継承|結末考察あらすじ感想。怖い悪霊“ピー・ポープ”を韓国「コクソン哭声」の監督ナ・ホンジンが描く

  • Writer :
  • からさわゆみこ

祈りの先にあるのは希望?絶望?
狂乱の儀式が明かす祈祷師一族の因果

今回ご紹介する映画『女神の継承』は、韓国映画『チェイサー』(2008)、『哭声 コクソン』(2016)のナ・ホンジン監督が構想した原案をもとに、脚本を手掛けたタイのバンジョン・ピサンタナクーン監督がメガフォンを取りました。

タイ東北部の村の祈祷師一族を取材するという、ドキュメンタリー撮影の設定で描かれた、タイと韓国による合同モキュメンタリー映画です。

祈祷師の一族であるニムがその役割や信仰対象の女神について取材を受けますが、姉のノイの夫が亡くなり、葬儀へ行くと姪のミンの様子が少しおかしく、しだいに原因不明の体調不良に見舞われます。

取材クルーは祈祷師の世代交代の兆しが撮れると、ノイの一家も取材対象にしますが、やがてミンは人格が変わったように、凶暴な言動や奇行を繰り返すようになり、ニムに助けを求めるのですが・・・。

スポンサーリンク

映画『女神の継承』の作品情報

(C)2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

【公開】
2022年(タイ映画、韓国映画)

【原題】
The Medium

【監督・脚本】
バンジョン・ピサンタナクーン

【原案】
ナ・ホンジン

【キャスト】
ナリルヤ・グルモンコルペチ、サワニー・ウトーンマ、シラニ・ヤンキッティカン、ヤサカ・チャイソーン

【作品概要】
本作はナ・ホンジン監督が、『哭声 コクソン』でファン・ジョンミンが怪演した祈祷師の物語を続編に考え、構想し始めたことがきっかけに制作されました。

その構想は『心霊写真』(2004)で長編デビューした、バンジョン・ピサンタナクーン監督に受け継がれ、タイ東北部イサーン地方を舞台にし脚本が書かれました。

ニム役にはタイの舞台演劇で活躍する、実力派女優のサワニー・ウトーンマが演じ、ミン役は一般のオーディションで監督のイメージに合ったという、ナリルヤ・グルモンコルペチが演じます。

映画『女神の継承』のあらすじとネタバレ

(C)2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

タイの東北部イサーン地方では、自然を超越したピーと呼ばれる精霊の存在が信じられています。

2018年、現地の人々が崇拝している守護神、バヤンの精霊に取り憑かれたという、霊媒師のニムの日常生活を記録するため、タイのドキュメンタリークルーがやってきます。

バヤンはニムの先祖が宿るという神であり、“よりしろ”と呼ばれる霊媒師として、何世代にもわたり一族の女性に宿ってきました。

先代はニムの祖母にあたる人でした。次の継承者は叔母で、その次はニムの姉であるノイでした。ところがノイはそれを拒み、家を出ていってしまったため、 バヤンの精霊はニムに憑き彼女が後継者となりました。

ニムは縫製の仕事をしながら、霊媒師として周辺の人たちの悩みや病を癒す存在として、慎ましく暮らしています。

取材中、ノイの夫であるウィローが亡くなり、葬儀に向かうニムはウィローの一族ヤサンティア家では、男性は不幸な死を遂げていると話します。

ウィローの祖父は労働者から石を投げられ死に、父は経営していた工場が傾き、保険金目当てで工場に放火し逮捕され、服毒自殺をしていました。

さらにウィローの息子マックは、バイク事故で亡くなっていました。ノイに残されたのは霊媒を信じていない、娘のミン1人になります。

ニムにはマニという兄もいて、妻と葬式を仕切っていました。葬儀は仏教式で執り行われますが、ノイはキリスト教に改宗していたので神父も参列しました。

ノイとウィローは晩婚で、彼女は義理の母親が経営していた“犬肉”の販売を継いでいます。しかし、“犬食”は禁止されていたため、ニムはそのことを不可解に思っています。

ウィローの死因は癌でしたが、亡くなっているのを発見したのは娘のミンです。ニムがミンにショックだったろうと慰めますが、彼女は“別に”と全く動揺していませんでした。

葬儀が終わり手伝ってくれた人たちを労う席で、ミンはニムにノイからの使いを頼みにきます。その時、ミンはニムの右腕に触れ、その感触にニムは違和感を感じます。

そして、マニが男性仲間とカードで遊んでいるところに、突然ミンが来て男性から“商売女”と言われたと激怒し、言いがかりをつけ暴れ出します。

その様子を見ていたニムはますます、ミンのことが気がかりになり、監視し始めると深夜に突然現れた、盲目の老婆と無言で対峙し、ニムが呼びかけても反応しません。

翌日、村で盲目の老婆が遺体で発見され、運ばれていく様子をみつめるミンの姿があり、ニムの姿に気がつくと、足早に去っていきます。

あとを追ったニムは家の戸の前で、何者かと話しているようなミンの姿を見て、ある疑惑を感じ始め、ノイの家へ向かいミンの部屋を物色します。

するとクローゼットの中から“ウコン”と呼ばれる“魔除け”の飾りが出てきて、ニムはどういうことか理解できるだろうと、ノイに詰め寄りました。

そこにミンが帰宅しニムは“悪夢”に悩まされているのか聞きますが、彼女は部屋から追い出します。

以下、『女神の継承』のネタバレ・結末の記載がございます。『女神の継承』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

ミンは人材派遣の会社に勤め、規則正しい生活を送っていましたが、叔母のニムが霊媒師であることをバカにし、信じていませんでした。

ノイは20代の時に激しい頭痛と共に5ヶ月も生理が続いたことを話し、周囲はそれを“巫女熱”と言って、代替わりの儀式をするよういわれたと語ります。

しかし、ノイはどうしても巫女になりたくないため、キリスト教に改宗したのです。そんな時に都会の服飾学校に通っていたニムが、原因不明の体調不良で倒れ連れ戻されました。

ニムにノイのような症状が出て、ニムに代替わりの白羽の矢が立つと、そのまま巫女として生きることになりました。

そのミンの行動に変化が現れます。キリスト教主催の祭りで、“女神”役を担われたミンは衣装合わせで、小さな子供の靴を履いてはしゃいだりします。

ドキュメンタリーのクルーはミン友人に話を聞くことにします。友人はミンのことを別人になったように、挙動不審になったとある日の動画を見せました。

そこには子供用の遊具で小さな子に混ざって無邪気に遊ぶミンが、小さな子供に手を出し泣かせてしまう様子でした。

夜遊びが頻繁になり人材派遣センターで一晩を明かした日、ミンは求職しに来た人達の目の前で、急に生理を発症し出血してしまいます。

その日を境にミンの体調は急激に悪くなり、ノイは自分にバヤンが憑依したといわれた時の症状に似ていると危惧します。

ニムはマニの協力を得て、ミンに“誰か”に呼ばれ、返事をしたか聞きます。彼女の表情を見たニムは何かを察しました。ミンはノイに「巫女になりたくない」と訴えます。

ノイはミンを巫女にするつもりはないと、ニムに反発心を抱きました。しかし、ミンは体調だけではなく次第に人格も豹変し、乱暴な言葉遣いや行動をするようになっていきました。

クルーはミンに悪夢について質問します。彼女は大男が血まみれの長剣を持って、地を踏み固めるような踊りをし、その足下には多数の首が転がっている夢だと話します。

この夢を見ると激しい頭痛がおこり、腹部や背中にまで痛みが出るのだと言い、医者に診せても原因はわからないと語ります。

ミンはたびたび体調不良を起こし、外でトラブルを起こすようになり、次第に自暴自棄になっていきました。

とうとうミンは派遣センターの上司から、解雇を言い渡されてしまいます。原因はオフィスに設置した、防犯カメラの録画に複数の男性を連れ込み、性行為をしている様子が映っていたからです。

ニムはミンが後継者として選ばれていないと確信しました。しかし、ノイは変貌するミンを見てバヤンの巫女として、代替わりの儀式をするよう頼みます。

しかし、ニムはミンに憑いているのはバヤンではないと言い、代替わりの儀式はできないとノイに伝えました。

ミンの症状がバヤンと関係ないとすれば何が原因なのか?ニムはミンの兄マックの死が関わっていると考え、マニにマックの部屋の鍵を開けるよういいます。

ニムの予想した通り、バイク事故で亡くなったことになっていたマックは、ミンと近親相姦し、その罪の意識で自殺したと知ります。

ニムはマックの霊がミンをあの世へ連れていこうとしていると考えました。彼女は彼が首を吊った木の下で交霊儀式を行い、マックにミンを殺さないよう説得します。

一方、自暴自棄になったミンはシャワー室で自分の手首を切り、ノイがそれを発見します。ノイは巫女の後継を拒否したことで、ミンが罰を受けていると考えます。

ノイは別の祈祷師のところに連れていき、ミンを祈祷で助けようとします。マニから連絡をうけたニムは儀式を阻止し、「邪悪なモノが憑いたらどうするのか」と激怒します。

ところがミンの症状は悪化してさらに凶暴になり、クルーのカメラを奪うとノイを殴打して、逃走しそのまま失踪してしまいました。

ニムはノイにこれまでの所業を悔い改め、バヤンに謝罪の祈りを捧げるよう促し、山の中へ連れていき、2人でミンの無事と発見を祈ります。

ニムはミンの部屋へ行き、悪しき物を集めるようノイとマニに言います。それらの物をマックが自殺した、木の周辺に配置すると再び交霊を始め、ミンの居場所を聞き出そうとしました。

ミンが失踪し1カ月が経ち、発見の糸口が見つからない中、ニムの降霊術は続き、吉凶を卵の中身で占います。そして、とうとう卵に異変が起こります。

ニムはミンの異変や失踪した原因がマックではなく、邪悪な物に騙されていたことに気づきます。ニムはヤサンティア家の先代が焼失した工場に向かい、そこでミンを発見します。

ミンは極度の栄養失調にはなっていましたが、命には別状はなく入院します。ニムはさらにバヤンに祈りを捧げるために、山へ入っていきます。

しかし、ニムや地元の人達が、心の拠りどころにしていたバヤン像が、何者かによって斬首された姿になり、ニムは嘆き悲しみ苦しみます。

やがて、体力の回復したミンは退院し家に戻りますが、彼女の体は完全に邪悪な物に憑りつかれていました。そして、ミンは巫女になりたくないノイが、ニムに継承させるためにしむけた数々のことを暴露します。

(C)2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

自分の手には追えないと感じたニムは、祈祷師仲間のサンティに助けを求めました。彼はミンには虐殺された人や動物などの霊が、復讐の団結で憑いていると話します。

さらにサンティはヤサンティア家の先祖が、多くの人々を斬首していたと語り、その何千人もの犠牲者が、子孫に悪い“カルマ”をと願いながら死んだと教えました。

サンティは原因はヤサンティアの家系にあり、ウィローが女神を拒んだノイと結婚したことで、ミンの運命は決まったと伝えました。

サンティはニムと一緒にミンの除霊をすると決め、儀式を行う吉日まで6日間は準備のための祈祷をすると告げました。

ノイは誰が運命を決めるのかという疑問をニムに問います。先祖の悪行の結果、悪いカルマを作り、親ではなく娘が犠牲になることに納得ができませんでした。

そして、ノイは“ヤバン”は本当にいるのか、会ったことはあるのかとニムに聞きます。ニムは会うのではなく、魂で感じていると言いました。

ニムとサンティの弟子たちは儀式の準備を始め、それまでの間、取材クルーはノイの家に隠しカメラを設置し、ミンの様子を録画し観察します。

憑りつかれたミンは獣のようになり、深夜になると四つん這いで家の中を徘徊して、散らかしたり放尿したり、冷蔵庫の生肉を食べたりします。

そして、ついに飼っていたペットの犬を茹でて食べ、就寝中にマニの息子ポンを誘拐し、外に逃げ出しました。

マニやクルーたちはミンを捜しまわり、草原で置き去りにされたポンを発見しますが、藪の中に潜んでいたミンはクルーに襲いかかり、なんとか取り押さえられます。

ところが儀式の前日、ニムと連絡がつかないとノイが家を訪れます。携帯電話の着信音は家の中から聞こえますが、家は施錠されたまま、声をかけても応答がありません。

施錠を壊し中に入ると、ニムは寝室で睡眠中に謎の死亡をしていました。医学で解明できていないこの死を周辺では“ライタイ”と呼びました。

サンティはニムの代理として儀式を遂行すると言います。儀式の場所はミンの発見された、ヤサンティアの廃工場です。

弟子たちは工場の敷地に結界を張り、大きな穴を掘りました。工場内では残った悪霊をノイに憑依させ、壺に吐き出させて封印して埋める・・・そんな流れのようでした。

ミンは儀式が終わるまで、部屋に監禁されますが、マニの妻パンがベッドからポンが消え、泣き声がミンの部屋から聞こえると騒ぎ始めます。

パンにはベッドで眠るポンの姿が見えず、監禁部屋から聞こえる泣き声に動揺し、ドアを封印したお札を破って開けてしまうと、中でミンがポンの泣き真似をし惑わしていました。

儀式は失敗に終わり廃工場では、サンティが壺を抱えたまま階下に落下して、死亡してしまいます。すると突然、ノイはヤバンが自分に憑依したと告げ、儀式の続きは自分が行うと言いだします。

残った弟子たちに壺のかけらを集めさせ布に包みます。そして、線香に火を点けるよう指示し、それを集めると逆さにして壺に差しました。

たちまち工場の中も外もカオスに陥ります。野獣のように豹変した弟子たちは、ドキュメンタリークルーを襲い、生きたまま体を貪り始めました。

外でも同じような状態になり、カメラクルーが襲われますが、野獣化した弟子たちが後ずさりをします。そこにはミンがただならぬ力を漂わせ立っていました。

そして、カメラを奪うと「私が撮影してあげる」と内臓を貪られたクルーの姿を映します。

ノイは工場に姿を現したミンを愛おし気になでながら、祈りの言葉を唱えますが、ミンはノイのことを激しく拒絶します。

そして、ミンは完全にその場を制圧すると、燃料の入ったタンクを持ち出し、ノイに油をかけて火を放つと、工場は炎に包まれノイの悲痛な叫び声が響きます。

放置されたカメラは、工場に散乱した残留物の中の、“ヤサンティア”と書かれた札がつけられ、針が刺さったブードゥー人形を映し出していました。

ドキュメンタリー映像はそこで終わりますが、ニムが生前応じた最後のインタビューが流れます。ニムは「バヤンが自分の中にいるのかどうか、正直わからなくなってしまい、儀式の準備も意味がないと感じている」と語って去っていきました。

スポンサーリンク

映画『女神の継承』の感想と評価

(C)2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

五戒を破らせ“カルマ”を生ませた復讐

仏教には釈迦が説いた“五戒”と呼ばれる戒律があります。不殺生戒(ふせっしょうかい)、不偸盗戒(ふちゅうとうかい)、不邪淫戒(ふじゃいんかい)、不妄語戒(ふもうごかい)、不飲酒戒(ふおんじゅかい)の5つです。

これは仏教徒に対して自らにいましめを与え、穏やかな生活習慣を営ませるために説いた教えです。

むやみな殺生を行わない、他人のものを盗まない、不貞な性行為を行わない、嘘をついて騙さない、飲酒をしてはいけない。という戒めになります。

しかし、破ったら罰があたるというものではなく、人間として最低限の戒めを守れなければ、破った分だけ自らにも同じ苦しみが返ってくる、因果応報を諭していました

ヤサンティア家は昔、人々をむやみに殺害し、近代に近づくと犬肉を販売し食していました。先代は保険会社を騙して保険金を得ようとします。

カンボジアに近いイサーン地域には、カンボジア人が犬を食肉としていた文化がありました。ノイの義母はカンボジアからの難民だったのでしょう。

殺生が最も重い罪に当たり、人や動物の悪霊が多く恨みは非常に強くなったと推察できます。怨念はヤサンティア家を滅ぼすために、その他の罪も重ねさせていきました。

ノイは女神を拒みニムを騙して巫女に仕立て、犬肉の販売を受け継ぎます。ミンとマックは近親相姦をし、飲まなかった酒を飲むようになり、多くの男性と不貞を繰り返します。

戒律を破るのはたやすく、守ることは難しいことですが、ノイはその戒律さえも疎ましく思い、キリスト教に改宗したように感じます。

タイの東北部に伝わる“悪霊”と呼ばれる精霊

(C)2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

タイには仏教とバラモン教を信仰する人のほかに、東北部には古代から伝わる“ピー信仰”と呼ばれる、精霊を信じて祀る習慣もあります。

ピー(精霊)には自然霊家系に継承される先祖霊があります。自然霊は樹木や水、穀物などの精霊で、先祖霊とは生前の功績により善良な霊にもなり、悪霊にもなりうる精霊を指します。

ニムの家系はバヤンという善良な精霊によって、守護霊として崇められてきましたが、ノイの嫁いだヤサンティア家は先祖が人々を斬殺し、犬を殺生してきたため、精霊として崇められない悪霊に憑かれてしまいます。

タイの東北部ではこうした悪霊に憑かれた人は、その家族(親族)ごと忌み嫌われ、その土地で暮らせなくなるといわれていて、そういった事例も多く残され映画の題材にもなっています。

本作でミンが生肉を食べたり、祈祷者の弟子が人の肝を喰らうシーンがありますが、それは主に女性に憑く最も恐れられている悪霊の“ピー・ポープ”だと推察できます。

しかし、ミンに憑いている悪霊は多いとされてて、惨死者の霊ピー・ダーイホーンや難産で死んでしまった女性の悪霊、ピー・プラーイなどが憑いたと考えられます。

イサーン地方ではこのように人や家に起きる災難は、その概念にあった精霊もしくは悪霊が起こしていると捉えられてきました。

そのためその地域ごとに“祭祀者”が存在し、ピーの特性によって専門的に儀式を行える、祭祀のランクもあります。

複数の悪霊に憑かれたミンは、“よりしろ”の役割であるニムと、“除霊師”のサンティの2人そろって救うことができるはずでした。

しかし、ニムは本物の“よりしろ”ではなかったことで死に至り、サンティは負けてしまったとみれ、ミンに憑いた悪霊はヤサンティア家を没落させ、一族を葬る結果となりました。

まとめ

(C)2021 SHOWBOX AND NORTHERN CROSS ALL RIGHTS RESERVED.

映画『女神の継承』は、実際にある儀式や手法をアレンジし、イーサン地方の自然や風土が醸し出す、神秘的な雰囲気を活かした作品です。

原案者のナ・ホンジン監督は祈祷師のリアルさよりも、神秘性を残し考察に向かわせ、観客によって解釈が広がっていければいいとアドバイスしたと言います。

その中でもニム役のサワニー・ウトーンマは、祈祷師の役割や動作などをよく研究し、その立場に近づき最後のシーンに関しては、彼女の即興です。祈祷師ではない彼女の素が出たことで、物語に信憑性を持たせました。

ミン役は女性としては肉体的にハードな役柄を演じるため、多くのアドバイスやリハーサルを重ね大役を果たしました。

本作はタイの東北部に伝わる精霊ピーを通じて、人の業“カルマ”とは目に見えない“何者か”の仕業ではなく、人が重ねてきた悪因が生んだ結果だと訴えています。

悪霊や悪魔と呼ばれるものがいるとしたら、加害者を直接苦しめるよりも、その家族や子供に危害を加えることで、その苦しみが倍増することを知っています。

本作は愛する家族や子供が犠牲になり、その愛する者によって加害者が報復される・・・怨念の根の深さを知らしめた映画でした。






関連記事

ホラー映画

映画『ペット・セメタリー 』感想とレビュー評価。名作ホラーのリメイクでガチ怖い「深みと強さ」が増した死よりのメッセージ

映画『ペット・セメタリ―』は2020年1月17日(金)より全国ロードショー! 先住民によって語り伝えられてきた秘密の森、そこに死体を埋めれば生き返ってくる。そう信じた父は娘を森に運びました。それが惨劇 …

ホラー映画

映画『人肉村』あらすじ感想と内容解説。スラッシャーホラー新作にして王道“血まみれ絶叫の演技”は必見!

映画『人肉村』は2021年8月20日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷、池袋シネマ・ロサ、新宿武蔵野館ほか全国ロードショー   郊外の一本道で孤立し、狂った地元農場主から獲物として狙われる恐怖を …

ホラー映画

【ネタバレ】サイレント・ナイト|あらすじ感想と結末の評価解説。クリスマスが“人類最後の日”となった不穏なパーティーの顛末は?

久しぶりに集まった学生時代の友人たち、それは人類最後のクリスマスの夜だった!? 学生時代の友人たちが集まり、クリスマスを祝う聖なる夜。 ですが、あらゆる生物を死滅させる謎の毒ガスが地球全土を覆っている …

ホラー映画

【ネタバレ】“それ”がいる森|結末あらすじ感想と評価解説。実在の怖い元ネタで描く「正体と真相」とは⁈

いわくつきの森で多発する失踪事件、その背後に存在する恐怖 東京から田舎に引っ越してきた親子が、近くの森に潜む、正体不明の存在に遭遇する恐怖を描いたホラー映画『“それ”がいる森』。 『リング』(1998 …

ホラー映画

『死体語り』評価レビューと解説。心霊ホラーで死者と対話する男の悪夢と現実

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。 「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学