Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

【ネタバレ考察】 エスケープ・ルーム(4DX映画)の謎解き内容解説。体感型鑑賞のおすすめ紹介も

  • Writer :
  • 糸魚川悟

『エスケープ・ルーム』は2020年2月28日(金)より全国ロードショー。

Webブラウザ上で行うインターネットゲームとして人気を集めた「脱出ゲーム」。

部屋の中をくまなく調査し、脱出の手掛かりとなるキーワードやコードを見つけ出す「脱出ゲーム」は、今や現実の世界のアトラクションとしても世界で大人気となっています。

今回はそんな「脱出ゲーム」を題材とした映画『エスケープ・ルーム』(2020)を、ネタバレあらすじを含め、本作を最大限楽しむことの出来る4DX鑑賞の感想と共に紹介させていただきます。

スポンサーリンク

映画『エスケープ・ルーム』の作品情報


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【原題】
Escape Room

【監督】
アダム・ロビテル

【キャスト】
テイラー・ラッセル、ローガン・ミラー、ジェイ・エリス、デボラ・アン・ウォール、タイラー・ラビーン、ニック・ドダニ

【作品概要】
『パラノーマル・アクティビティ5』(2016)で脚本を担当したアダム・ロビテルが製作したスリラー映画。

NETFLIX独占配信ドラマ「ロスト・イン・スペース」でメインキャストを演じたテイラー・ラッセルや、同じくNETFLIX独占配信ドラマ「デアデビル」シリーズにメインキャストとして出演するデボラ・アン・ウォールなどが出演したことでも話題となりました。

映画『エスケープ・ルーム』のあらすじとネタバレ


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

書庫のような部屋に天井から落下してきた1人の男性。

男性は足を負傷しながらも部屋の中央にある暖炉のような場所に置かれた暗号を解くため必死に部屋を捜索します。

徐々に部屋の両端が狭まり始め、焦りながらも部屋に残された様々なヒントを解き明かし暗号を入力しますが、暖炉は開きません。

パニックになる男性は、やがて人1人の幅もなくなり始めた壁に押され…。

数日前、物理学を専攻し他者よりも優秀な成績を修めながらも、人付き合いが苦手で積極的になれないゾーイ。

実家を離れ、独り立ちするためにお金が必要だが、短気かつ自堕落な生き方により倉庫番を続けるしかないベン。

投資家として成功し、公私ともに充実した暮らしをおくるジェイソン。

全く違う境遇で全く能力の異なる3人のもとに、それぞれの関係者から真四角の箱が届きます。

特定の動作を踏むことで箱が開くパズルキューブを、ゾーイは頭脳で、ジェイソンはネットで調べ、ベンはハンマーで叩くなどそれぞれの方法で開き、中に入っていた脱出ゲームへの招待状を手にすることになります。

賞金の1万ドルに惹かれ、指定の場所を訪れた3人はアマンダ、マイク、ダニーと言う3人の参加者と出会い、参加者は合計で6人となります。

ゾーイは部屋のなかのいたるところに「ウータン・ユー博士」と言う名前が存在することに気が付きます。

企業の待合室のような場所で待たされることに限界を感じたベンがタバコを吸おうとドアを捻ると、ドアノブが外れ部屋に閉じ込められただけでなく部屋全体がオーブンのように加熱され始めます。

確実に人の命を奪うような温度となり、異常を感じ始めたゾーイは飲み物を置くコースターに一定の重量を与えることでダクトの扉が開く仕掛けであることに気が付き、コップに水を注ぎ置くことで扉を開くことに成功。

次の部屋へと進むためにダクトを渡る6人でしたが、退役軍人であるアマンダはかつてのトラウマから身動きが出来なくなってしまいます。

ゾーイに元気づけられ、何とか次の部屋へとたどり着くアマンダたち。

狭い小屋の中で開錠のカギとなる「7桁の英単語」を探す6人でしたが、ゾーイの思い浮かぶ単語が全て外れる中、ベンは壁にかけられたトナカイのはく製から過去を思い出します。

事故に遭い友人たちを全て失った過去とその際に歌っていた「赤鼻のトナカイ」を思い出したベンは「7桁の英単語」が「赤鼻のトナカイ」の名前である「ルドルフ(Rudolph)」だと気が付き部屋の開錠に成功しました。

次の部屋は氷上であり、その気温はマイナス10度を下回る極寒の世界でした。

部屋の中には赤いコートが1つだけあり、寒いのが苦手とするジェイソンはコートに固執する様子を見せます。

ゾーイの捜索によって鍵の入った氷のボックスを見つけますが、体温で氷を溶かさなければ鍵を取ることの出来ない仕組みでした。

ゲームに辟易し協力の様子を見せないベンはタバコを吸い始め、ダニーがそのライターを氷を溶かすために使おうとしますが、ベンが投げたライターが爆発し氷が割れ、ダニーは氷の下に落ちてしまったことで溺死してしまいます。

ゲームが本当に人を殺しにかかっていることを再確認させられた5人は、氷を溶かし切り次の部屋へと駆け込みました。

そこはバーのような空間が全て逆さまになった部屋で、上層部にあるノブのない扉を開けることで脱出が出来ます。

しかし、時間の経過によって地面が落ちていく仕組みのこの部屋でノブを見つけだし、ゾーイたちに投げ渡したアマンダが落下し死亡してしまいます。


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『エスケープ・ルーム』のネタバレ・結末の記載がございます。『エスケープ・ルーム』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

手術室のような部屋へと辿りついた4人は、病室を模したベッドに自身の名前があることに気が付きます。

ゾーイは旅行中に飛行機の落下事故に巻き込まれ自身だけが生き延び、ベンは車の衝突事故、ジェイソンは船の転覆事故、マイクは炭鉱の落盤事故とそれぞれが「九死に一生を得た」経験の持ち主であることが判明。

死亡したダニーは一酸化炭素中毒、アマンダは戦地で爆弾の爆発に巻き込まれたと分かり、このゲームの企画者が大きな存在であることを思い知らされます。

この部屋での指示は「限界を超えること」であり、5分後に毒ガスが蔓延すると理解した4人。

レントゲン写真の手話の暗号に気が付いたベンは答えが心電図にあると気づきますが、ゲームへの参加を嫌がるゾーイが狂乱し監視カメラを破壊するなどヒステリックになり始め、ベンはゾーイを止めるために行動します。

ジェイソンとマイクは「心電図」と「限界を超える」と言う2つのキーワードから、この部屋を脱出するためには心拍数を異常値にすることが必要だと考えます。

心拍数の高いマイクをジェイソンは、マイクのトラウマを諭す形で無理やり説得し、電気ショックを流すことで異常値へと導きますが、その影響でマイクは死亡してしまいます。

高いほうの異常値ではなく、低いほうの異常値を目指すべきだと理解したジェイソンは呼吸を落ち着け心拍数を低く調整することで、脱出するダクトが開きました。

ゾーイが自分を置き次の部屋へと進むようにベンに指示すると、時間がないこともあり渋々ベンは次の部屋へと進みます。

その道中、マイクの死体を見たベンはジェイソンが殺したと糾弾しますが、ジェイソンは「適者生存」の心情であり後悔も良心の呵責もありませんでした。

船の転覆事故で友人と2人取り残され、1枚のコートを奪い合い友人を殺害した過去を持つジェイソン。

不満はありつつも、鍛えてあるジェイソンを組み伏せることは出来ないベンは協力し進むことを余儀なくされます。

毒ガスの充満した部屋では、ゾーイが倒れる様子が見えました。

次の部屋ではとても固いバルブを2人で回すことで次の部屋へと進める仕掛けがあり、2人はバルブを共に回しますが、バルブには皮膚から侵入する毒が塗られており、2人はまともに立つことすらできない状況となります。

部屋の中に1つだけ解毒剤があることを知った2人はもみ合いとなり、ベンは足を負傷しつつも結果的に解毒剤を自身に打ったことでジェイソンを殺害することになってしまいますが、バルブによって開いた地面の穴へと入ります。

書庫のような部屋に天井から落下してきたベン。

ベンは足を負傷しながらも部屋の中央にある暖炉のような場所に置かれた暗号を解くため必死に部屋を捜索します。

徐々に部屋の両端が狭まり始め、焦りながらも部屋に残された様々なヒントを解き明かし暗号を入力しますが、暖炉は開きません。

パニックになるベンは、やがて人1人の幅もなくなり始めた壁に押され始めますが、機転を利かし迫った本棚を潜り抜け、潰されない隙間へと逃げ込むことに成功。

全ての部屋を攻略したベンを待ち構えていたのは殺風景な部屋であり、自身をゲームマスターだと名乗る男性が、ベンの生き残りを称賛します。

このゲームは大金持ちを資金源として成り立っており、様々なコンセプトで集めた人間たちを「部屋」に入れ、誰が生き残るのかを賭けているのだと説明。

今回は「九死に一生を得た人間」がテーマであり、その中でも能力の低いベンは大穴であったことを話します。

家に帰りたいと話すベンにゲームマスターは「競走馬はどうなると思う」と言うと後ろからベンの首を絞め始めます。

しかし、毒ガスの充満した部屋の中で暴れていると見せかけ酸素マスクを手に入れ、死体処理に現れた男たちを倒し逃走していたゾーイが駆け付け、ゲームマスターを襲いベンを助けます。

倒れたゲームマスターをゾーイが持っていた銃で射殺するベンは、ゾーイと共に2人で建物を去っていきました。

後日、警察がこの事件に介入しゾーイと共に同じ建物に入りますが、脱出ゲームで利用した施設も証拠もどこにもなく、警察はゾーイとベンによる妄想だと確定し解散してしまいます。

ゾーイは何もなくなった部屋の中で「No Way Out(どこにも出口はない)」と書かれた落書きを見つけ、これが部屋のいたるところにあった「ウータン・ユー(Wootan Yu)博士」のアナグラムであることに気が付き絶叫するのでした。

6ヶ月後、退院し行動力を身に着け動物系の会社の営業マンとなっていたベンと再会したゾーイ。

ゾーイは、あの部屋で死亡した4人が全く別の場所で事故死した死体として発見された新聞をベンに見せ、彼らの残した手掛かりからマンハッタンが黒幕たちのいる場所であることを突き止めていました。

既に飛行機の予約を済ませてあり、真実を突き止め、巨悪を崩すことを目指すゾーイはベンに協力を求め、ベンはそれを了承します。

飛行機のエンジンが壊れパニックとなる機内の中で、キャビンアテンダントがパズルに挑みます。

しかし、パズルの解放が間に合わず、飛行機は山に激突してしまう…と言うところでシミュレーションが終わります。

ゾーイとベンが飛行機に乗りマンハッタンに来ることを予期している黒幕は、2人に再びゲームを仕掛けることを心待ちにしていました。

スポンサーリンク

映画『エスケープ・ルーム』の感想と評価


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

大ヒットを記録したソリッド・シチュエーション・スリラーの代表作『ソウ』(2004)から爆発的に製作数が増えた「デスゲーム」を題材とした映画。

シチュエーションが限定的であるがゆえに製作費が少なく済むことが製作陣にとっても魅力であり、様々な題材が消費されてきたと言えます。

しかし、本作『エスケープ・ルーム』は、その他のワンシチュエーションな「デスゲーム」映画とは違い、バラエティに富んだ殺意の高い密室が次々と登場し、その都度全く違うギミックが展開されるためダレることなく物語が進みます。

部屋を捜索し、パズルを解き、暗号を入手し次の部屋に進む、と言う「脱出ゲーム」の常識を丁寧に踏襲した「密室」の攻略方法も面白く、ハラハラドキドキと知的な要素がバランスよく味わえる作品でした。

4DX版感想!「デスゲーム」をより身近で体感する恐怖


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

物語は登場人物の1人が書庫のような密室に入れられ、迫りくる壁に焦らされながらも暗号を解いていくシーンから始まります。

登場人物だけでなく鑑賞者にもその焦りを感じさせるため、劇中では壁が狭まることで倒壊する本棚などを使った演出がなされていますが、4DXでの鑑賞は「ハラハラ」や「ドキドキ」と言った部分をより強め、さながら「デスゲーム」に参加しているような恐怖感を味わえます。

部屋の倒壊、地面の落下、飛行機の振動、毒ガスの噴射などの外的要因が座席で体感されるため、極限の状況下において頭を働かせることの凄さを改めて感じることが出来、映画の鑑賞後の明るい世界に生きている安心感も至極のものになる貴重な体験でした。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019 Columbia Pictures Industries, Inc. All Rights Reserved.

いかがでしたか。

大ヒットを記録した本作はアダム・ロビテルを監督として既に第2作が製作決定。

劇場でしか味わうことが出来ない「デスゲーム」との対峙を味わうことの出来るこの体験を、ぜひとも上映期間内に劇場で楽しんでください!

映画『エスケープ・ルーム』4DX版は2020年2月28日(金)より全国の4DXシアターにて公開です。

関連記事

ホラー映画

映画『ゴースト・ストーリーズ 英国幽霊奇談』あらすじと感想レビュー。本当の恐怖を体験!

2018年、本当の恐怖が英国からやってくる! 100万人が絶叫した大ヒット舞台を完全映画化! 7月21日(土)よりヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次ロードショーされる映画『ゴースト・ストーリー …

ホラー映画

映画『死霊の盆踊り』あらすじネタバレ感想。つまらない裸踊りと言われたサイテー映画を見よ

“サイテー映画”としてカルト的人気を集めるエロティックホラー『死霊の盆踊り』 「史上最低の映画監督」エド・ウッドが原作・脚本を務め、死霊役の女性たちが延々と踊るだけという内容で、映画史に残るサイテー映 …

ホラー映画

映画『リング』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。Jホラーのガチ怖原点としての恐怖の秘密は”緊張と弛緩”

一躍有名になった「貞子」が登場する中田監督のホラーサスペンス 映画『リング』は、幽霊の山村貞子が登場する「リング」シリーズの第一作目です。 「日本の幽霊といえば白装束と長い髪」というイメージを根付かせ …

ホラー映画

映画『トライアングル』ネタバレ感想評価と結末考察のあらすじ。怖いタイムループ地獄をメリッサジョージが熱演!

夢幻的で恐怖の雰囲気の隠れたホラー『トライアングル』 2009年、イギリスとオーストラリアの共同制作で、日本では2011年に公開されたホラー映画『トライアングル』。 『ザ・インターセクションズ』(20 …

ホラー映画

映画『ロックダウン・ホテル/死霊感染』あらすじ感想と評価レビュー。釈由美子が殺人ウィルスと闘うパンデミックホラー!

映画『ロックダウン・ホテル/死・霊・感・染』は2021年7月2日(金)より、ヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国順次公開予定 コロナ禍の世界を予言した映画として話題となり、釈由美子の衝撃の熱演が世 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学