Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

ホラー映画『生き人形マリア』あらすじネタバレと感想。結末まで怖い亡きデラマス監督の世界観

  • Writer :
  • Moeka Kotaki

『生き人形マリア』はカリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019にて上映。

殺人人形チャッキー、呪いの少女人形アナベル…。

映画界を震撼させてきた、人の情念宿った人形たちによって引き起こされる惨劇を描いたホラー。

今回ご紹介するのはそんな人形ホラーのダークホース的作品、フィリピン発の『生き人形マリア』です。

スポンサーリンク

映画『生き人形マリア』の作品情報


(C)2014 All rights reserved.

【日本公開】
2019年(フィリピン映画)

【原題】
Maria Leonora Teresa

【監督】
ウェン・V・デラマス

【キャスト】
イザ・カルザド、ザンジョー・マルード、ジョディ・サンタ・マリア、ダンテ・ポンセ、ジョーム・バスコン、マリア・イザベル・ロペス、クリス・ビジャヌエバ、レッド・ブスタマンテ、マルコ・マサ

【作品概要】
本作を手がけたのはフィリピン映画のヒットメーカーにして49歳の若さで夭折した監督、ウェン・V・デラマス。

主演を務めるのは2016年、第29回東京国際映画祭のコンペティション部門で最優秀男優賞を獲得したトランスジェンダーの女性をモデルにした作品『ダイ・ビューティフル』のイザ・カルザド。

フィリピン・フランス合作のドラマ映画でカンヌ国際映画祭パルム・ドールにノミネートされ、監督賞を受賞した『キナタイ マニラ・アンダーグラウンド』(2009)のマリア・イザベル・ロペスも貫禄ある演技を披露しています。

映画『生き人形マリア』のあらすじとネタバレ


(C)2014 All rights reserved.

物語は地元の小学校、リトル・マグノリアに新しい校舎が建設されたことのお祝いから始まります。

華やかに進む式典ですが、学校の理事の妻フェイスが用を足しにトイレへ向かうとそこで少年のお化けらしきものを目にします。

そんなフェイスの子どもの名前はマリア、夫婦の自慢の一人娘。

学校の教師であるフリオの一人娘はレオノーラ、裕福とは言えないながらも二人で幸せに暮らしています。

もう一人登場する母親の名前はステラ。

娘テレサをマリアとレオノーラと同じ学校に通わせており、夫との関係は良好でないことが描かれます。

そんな彼女たちの子どもが迎えた遠足の日。

お弁当の確認をしたり、勉強のことで小言を言ってみたり、何気ない朝のひと時を過ごしイベントに送り出しますが、子ども達を乗せたバスのブレーキが効かなくなり、悲惨な事故が起こります。

乗客は全員死亡。親たちは現場にて泣き崩れました。

事故後、傷が癒えないフェイス、ステラ、フリオ。彼らの元に現れたのは精神科医を名乗るマノロ博士。

博士は死んだ娘たちにそっくりな等身大の人形を見せ、悲しみを早く癒す人形たちと一緒に暮らすことを親たちに勧めます。


(C)2014 All rights reserved.

フェイスとステラは激昂し追い返しますが、フリオは娘レオノーラの人形を引き取ることに決めました。

レオノーラ人形と暮らし始めたフリオはすっかり人形を気に入り、自分の授業にも連れて行くほど。だんだんと傷が癒えていくことを感じた彼はフェイスとステラにもその気持ちを共有しました。

フェイスも娘マリア人形を引き取ることに決めます。夫は気味悪がりますが彼女はすっかり気に入りました。

ステラは最後まで拒み続けたものの、夫が愛人の家に向かった日にゴミ箱からテレサ人形を拾い上げて世話をし始めました。

気持ちが徐々に回復し始めた三人の親たち。しかし奇妙な事件が周りで起こり始めます。

フェイスの家に勤めるメイドは夜中こっそり何者かに盗撮されていたり、フリオの生徒は人形の首が360度ねじ曲がるのを目撃したり、ステラのメイドも人形に攻撃されたと訴えたり。

そんな中、フェイスは妊娠したことが分かりました。フェイスの夫は人形を捨てることを提案します。しかし事態はもっと不吉に。

レオノーラ人形は小学校の校長を殺害、マリア人形はフェイスを流産させようと画策します。

テレサ人形はステラの夫と愛人を殺害。マリア人形はメイドを襲いますが殺害には失敗、メイドは気を失う直前にその様子を撮影することに成功しました。

以下、『生き人形マリア』ネタバレ・結末の記載がございます。『生き人形マリア』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2014 All rights reserved.

すべての惨劇は人形の仕業と確信したフェイスとステラ。

そして今まで事件の直前にある少年の霊が見えていたことを確認しあいます。その少年はリトル・マグノリア小学校で死んだエルドン。

フェイスはステラとフリオに、自分たちが事件の真相を隠蔽した恨みでエルドンの霊が復讐しようとしているのではないかと言います。

フリオは人形の仕業を、また自分の責任を認めようとせず、人形を破棄しようともしません。

惨劇はさらに続き、ステラの母もテレサ人形によって殺されました。

フェイスのメイドは自分のいとこの悪魔払いに人形のお祓いをしてもらうことをフェイスに提案します。フェイスと夫はその悪魔払いの元へ、人形に殺されそうになったステラも命からがらたどり着きました。

悪魔払いは人形を動かしているのはエルドンの霊ではなく強力な黒魔術で、黒幕は人形を持ってきたマノロ博士だと言います。実はマノロ博士はエルドンの父親だったのです。

フェイスの夫は助けを求めるため警察へ行くと言って出て行きますが、そこに合流した人形三体によって殺されてしまいます。悪魔払いはマノロと会って決着をつけることを提案します。

マノロの黒魔術部屋に入るとそこには既に柱に縛り付けられたフリオの姿が。

そこにマノロがやってきてフェイスとステラ、悪魔払いもそれぞれ縛り付けられ、三体の人形達は悪魔払いを人形に変えてやろうと拷問を始めます。

マノロはずっとエルドンの復讐を考えていたと語り始めます。

息子、エルドンは未来を予知する力を持っており、その日彼はフリオに「学校で何か悪いことが起きる」と訴えていました。

しかしフリオは取り合おうとせずエルドンを教室に閉じ込め、黒板に反省の言葉を書かせる罰を与えました。

その隣の教室はガス漏れしており、清掃員が知らずに煙草を吸ったことから爆発事故が起きます。

燃え盛る火の中でエルドンは死亡。

学校の理事であるフェイスの夫は事件ではなく事故だと隠蔽。また、ステラの娘テレサはエルドンが閉じ込められていることを知っていましたが、ステラは面倒を避ける為口外しないようにしました。

マノロは親たちを苦しめながら殺害しようと、人形に帰る儀式を始めます。

フリオはロウソクで縄を燃やし脱出に成功、マノロに反撃。フェイスとステラ、魔術師はマノロを燃えたぎる液体の中に放り込みます。

フリオは人形に体を深く刺されてしまい、フェイスとステラはエルドンの遺体をきちんと埋葬するために部屋を抜け出しました。

しかし埋葬が終わろうという瞬間、全身にやけどを負ったマノロが再び二人に襲いかかります。そこへフリオが大怪我をしながらもやってきてマノロにとどめを刺しました。フリオも息絶え、事件は収束しました。

事件からしばらく経った頃。レオノーラの隣に埋葬されたフリオの墓をフェイスとステラが訪れます。ステラは夫と愛人の間にできた子どもを引き取り育てていました。

また生きがいを見つけることができた、フリオのおかげと二人は微笑みあうのでした。

ところがクレジット・シーンの途中。バス事故の別の犠牲者の母親が墓のところで突っ伏して泣いていると、そこに大きな箱を抱えた怪しげな男が。

「泣き疲れたでしょう」母親の前に男は等身大の人形を掲げます。その男はフリオでした。

スポンサーリンク

映画『生き人形マリア』の感想と評価


(C)2014 All rights reserved.

英語とフィリピン語の両方が使用され、フィリピンの料理や町並みも多く映し出されて文化や生活風景も垣間見ることができる本作。

かなり大仰な効果音の使用やあまりに胡散臭い精神科医マノロ、下まつげが異様に長くお世辞にも可愛いとは言い難い人形たち、黒魔術がいきなり始まる超展開や、あまり役に立ったとは言えない(?)悪魔払いなど突っ込みどころも多く思わず笑ってしまう場面も。

しかしうねうねと不気味な動きを見せる人形が引き起こす惨劇や殺害シーンはなかなかグロテスクなもので見ごたえたっぷりです。

張り巡らされた伏線の回収や主要人物以外のキャラクター設定も濃く、人形の惨劇が始まってから息尽かせぬ速さで次の事件が起こっていくので彼らから目が離せません。

造形、独特な音響、突飛な展開に容赦のない描写と無二な世界観を面白怖く作り上げた作品です。

まとめ


(C)2014 All rights reserved.

フィリピン発の人形ホラー『生き人形マリア』。

子どもを失った親たちの悲しみというスタートから始まるも、いろいろな疑問や突っ込みを猛スピードで切り捨てていく個性的な本作は新宿シネマカリテ「カリテ・ファンタスティック!シネマコレクション2019」(通称カリコレ)にて上映

また青山シアターにて2019年8月7日(水)から8月20日(火)までオンライン配信されます。

暑い夏はホラー映画で背筋を凍らせましょう!


関連記事

ホラー映画

映画ジグソウ:ソウ・レガシーあらすじネタバレと感想!ラスト結末も

ギネスブック公認、世界で最も成功したスリラー・サスペンス・ホラー映画。“ソリッド・シチュエーション・スリラー”の金字塔、『SAW』が7年ぶりの帰還。再び命の価値を巡る究極のゲームが始まります。 200 …

ホラー映画

【ネタバレ考察】サスペリア(リメイク2018)の結末までの詳細に解説。戦争から心理学までに及ぶ内容とは

あのホラー映画の金字塔が鬼才の手で再構築された! 昨年のカンヌ映画祭の初お披露目から賛否両論の嵐で大激論を呼んでいるリメイク版「サスペリア」。 150分越えも納得の、様々な要素が絡み合いホラーの枠組み …

ホラー映画

映画『テルマ』あらすじとキャスト一覧!公開日と劇場は?

2017年の最もエキサイティングだと言われるホラー映画が海外で話題となっています! この作品の監督はデンマークのコペンハーゲン出身で、ノルウェーで活動する映画監督でヨアヒム・トリアー。 今回は日本公開 …

ホラー映画

『死霊館のシスター』あらすじと感想。解説はシリーズを時系列まとめ

映画『死霊館のシスター』は9月21日(金)より、新宿ピカデリーほか全国公開! 『SAW』を生み出したジェームズ・ワンが新たに2013年から初めて心霊ホラーシリーズの第5弾にして、シリーズの前日談(プリ …

ホラー映画

【カメ止め】ネタバレ含む映画トリビア。金曜ロードショーの地上波と共にチェック!

『カメラを止めるな!』にまつわるトリビア 低予算ながら大ヒットした作品と言えばアメリカで製作され、大ヒットシリーズとなったスリラー映画『ソウ』(2004)などが有名です。 しかし、2018年に日本でも …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP