Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/09/11
Update

映画『妖怪人間ベラ』ネタバレ感想と結末まであらすじ。emmaがリブート版で女子高生のベラを演じる

  • Writer :
  • 村松健太郎

テレビアニメ『妖怪人間ベム』のリブート版は、ベラ中心の実写作品

映画『妖怪人間ベラ』は、テレビアニメ『妖怪人間ベム』に登場するキャラクターの女性妖怪人間ベラに焦点を当て、女子高生という新たな設定で描く実写作品。

『ハンサム★スーツ』でデビューした英勉監督が、誕生から50年以上が経つ今も高い人気と支持を誇る『妖怪人間ベム』を大胆にリブートしています。

先行する形でAmazonプライムでドラマ版も配信。主演はモデルとして活躍するemma、『レディー・プレイヤー1』『蜜蜂と遠雷』の森崎ウィンが主人公を務めています。

『妖怪人間ベラ』は、2020年9月11日(金)池袋HUMAXシネマズ、渋谷HUMAXシネマズほかで全国順次ロードショー中。

スポンサーリンク

映画『妖怪人間ベラ』の作品情報


(C)2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会

【公開】
2020年(日本映画)

【脚本】 
保坂大輔

【監督】
英勉

【キャスト】
森崎ウィン、emma、堀田あかね、吉田泰佑、吉田凛音、桜田ひより、清水尋也、六角精児

【作品概要】
1968年にアニメーションとして誕生した『妖怪人間ベム』。その中で重要なキャラクターである妖怪人間ベラを主人公にしたリブート作。

ベラに人生を狂わされていく主人公・新田を「レディ・プレイヤー1」の森崎ウィン、ベラをファッションモデルのemmaが演じています。監督は『貞子3D』(2013)『賭ケグルイ』(2019)の英勉。本作のベラはなんと女子高生という設定、新しい妖怪人間ワールドが展開されます。

映画『妖怪人間ベラ』のあらすじとネタバレ

(C)2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会

広告代理店に勤める新田康介は、今や忘れ去られた懐かしのコンテンツ『妖怪人間ベム』特集のために、後輩の弘樹とともに訪れた廃墟で、幻とされていた最終回を見ます。

そこには人間に襲われ死んでしまう妖怪人間たちの姿が描かれていました。ベムとベロを殺されたベラは怒りを爆発させ、その場にいた人間たちを皆殺しにしていました。

新田はその映像を見て、狂いだしそうになるほどの衝撃を受けました。

時を同じくして、ある高校に一人の女子生徒が転校してきます。名前は百合ヶ崎ベラ。

物静かなベラはいつも独りでいます。けれども、周りとは明らかに違う雰囲気を持ち、自然と校内でも目立つ存在になります。

その独特な美貌と存在感で彼女に興味を抱く生徒も少なくありません。写真部の牧野沙織もそんな中のひとりでした。

圧倒的に目立つベラは、嫉妬と羨望の両方を集めるようになります。校内にはモデルの仕事をしている綾瀬莉子がいて、ベラが転校してくるまでは彼女が校内の華でした。

莉子に強い思いを抱く沙織はベラに寄り添うふりをしながら、ベラへの嫌がらせをします。しかし、そんな沙織に怪異が襲い掛かります。

莉子への思いからベラを部室に閉じ込めますが、気が付くと閉じ込められていたのは沙織の方でした。

ベラへの仕打ちを知った莉子は沙織を拒みます。狂気にかられた沙織は莉子の目の前で、ベラ、そして莉子を刺し殺します。

以下、『妖怪人間ベラ』ネタバレ・結末の記載がございます。『妖怪人間ベラ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会

一方『妖怪人間ベム』の幻の最終回に憑りつかれた新田は、最終回でベラが何をしゃべっていたのかを追いかけます。

そして、最終回の脚本を手掛けた老人に行きつきます。老人は「“彼ら”を見た」と言いました。

莉子の葬儀に参列した新田は、そこでベラに出会います。死んだと思われていたベラですが、そんなそぶりを一切見せません。

莉子の死を悲しむクラスメイトの姿を見たベラは、「人間になんてなりたくない」と言います。

新田は『妖怪人間ベム』の幻の最終回のベラと彼女を重ね見るようになり、ベラを追いかけ始めました。

そして、ベラが人間ではないことは知ってしまいます。そんな新田にベラは「あなたは強い人間だ」と語り掛けます。

徐々に狂気に取り込まれていく新田、その影響は家族にも及んでいきました。

妻に精神科の霧島の元に連れて来られた新田は、そこで「ベラと出会った」と嬉しそうに話します。

そして、新田はかつての陸軍の研究機関に辿り着きました。そこで見たものは、汎用人型兵器の製造の歴史。

それこそが「妖怪人間ベム・ベラ・ベロ」だったのです。しかし、存在を危険視したものによって彼らは抹消されました。

新田は息子に妖怪人間になる薬品の服用を迫りますが、霧島と新田の妻が駆けつけてきました。

霧島に襲い掛かる新田、しかし霧島は人間業とは思えない力で新田を吹き飛ばします。霧島こそが、ベムでした。

そこに、ベラが現れ、ベムは苦しんでいないと言い放ちます。その言葉を聞いた新田は火炎放射器を使って、ベムを焼き去ります。

ベムの亡骸を飲み込んだ彼は、もはや人間とは思えない暴走を見せました。

そして妖怪人間へと変態を遂げ、妻子に襲い掛かります。そこに立ちはだかったのは妖怪人間となったベラでした。

その後、ベラは再び何処かへと立ち去っていきます。

スポンサーリンク

映画『妖怪人間ベラ』の感想と評価

(C)2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会

ハーフモデル、ハーフ女優、ハーフタレントという人たちが、日本のエンターテイメントに当たり前の存在として活躍するようになって久しいですが、そんな彼女たちはやはりちょっと突飛な世界がはまります。

「A-Studio」の9代目アシスタントとして知られるemmaもまた、本作『妖怪人間ベラ』でそのオリジナリティを遺憾なく発揮しています。

一方、彼女に関わることで狂気に落ちいていく役を演じる、桜田ひよりと森崎ウィンも好演しています。かなり壊れていくので、その荒みぶりは見応えがあります。

「呪怨」シリーズや『シャイニング』(1980)などの狂気で壊れていく人の姿にぞくっとした人には、たまらない作品なのではないでしょうか。

まとめ

(C)2020映画「妖怪人間ベラ」製作委員会

本作の監督の英勉は2008年に『ハンサム★スーツ』(2008)で監督デビューして以降『貞子3D』や『ヒロイン失格』(2015)『あさひなぐ』(2017)など話題作が続き、今年は『前田建設ファンタジー営業部』『ぐらんぶる』『映像研に手を出すな』『東京リベンジャーズ』そして本作と、話題作が続いています。

やや勢い任せなところもありますが、題材を選ばずにエンターテイメントに昇華できる職人と言えるでしょう。

本作でも最初のアイデアから、上手い具合に物語を派生させて楽しませてくれます。Amazonプライムで連動したドラマを見ることができるので、可能であればチェックしておくとよいかと思います。

『映像研には手を出すな!』に続いてドラマとの連動企画となる英勉監督ですが、世界観を作り上げていくことが好きなのかもしれません。

また『貞子3D』『貞子3D2』以来のホラー映画となるわけですが、これが中々の手腕を見せてくれます。

アイドルとのコラボレーション企画なども手掛けていますが、もう少しホラー畑での作品も見てみたいところです。





関連記事

ホラー映画

映画『アナと世界の終わり』ネタバレ感想と結末。ゾンビミュージカルは「命がある限り希望はある」と熱唱!

世界各国のファンタスティック映画祭で話題沸騰! クリスマスにゾンビが町にやってきた! 田舎町でくすぶる高校生の前に現れたのは、まさかのゾンビだった。 世界中が熱狂した青春ゾンビミュージカル『アナと世界 …

ホラー映画

映画『#生きている』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。韓国の新作ゾンビ2020は“団地とデジタル時代”を融合して描く

『ベテラン』のユ・アインと『アルハンブラ宮殿の思い出』のパク・シネが出演するゾンビスリラーNetflix映画『#生きている』。 なんとしても生き残らねば!正体不明の疫病にかかった人間がゾンビ化し無差別 …

ホラー映画

【ネタバレ】真・事故物件/本当に怖い住民たち|あらすじ結末感想と評価解説。グロいゴア描写ホラーで怖い怪談要素と“隣人トラブル”という合わせ技は必見!

YouTubeの企画に無理やり参加させられた、ユーチューバーとアイドルが遭遇する事故物件の真相とは? 事故物件に住み「幽霊を撮影するまで帰れません」という企画に、無理やり参加させられた3人の女性が、事 …

ホラー映画

【ネタバレ】“それ”がいる森|結末あらすじ感想と評価解説。実在の怖い元ネタで描く「正体と真相」とは⁈

いわくつきの森で多発する失踪事件、その背後に存在する恐怖 東京から田舎に引っ越してきた親子が、近くの森に潜む、正体不明の存在に遭遇する恐怖を描いたホラー映画『“それ”がいる森』。 『リング』(1998 …

ホラー映画

映画『来る』あらすじネタバレと感想。ラスト結末の【ぼぎわん】の正体や意味の紹介も

2015年第22回日本ホラー小説大賞を受賞した澤村伊智の「ぼぎわんが、来る」を、『告白』で日本アカデミー賞を受賞、『嫌われ松子の一生』『渇き』など、話題作を放ち続ける中島哲也監督によって映像化。 中島 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学