Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2020/01/01
Update

映画『ペット・セメタリー 』感想とレビュー評価。名作ホラーのリメイクでガチ怖い「深みと強さ」が増した死よりのメッセージ

  • Writer :
  • 桂伸也

映画『ペット・セメタリ―』は2020年1月17日(金)より全国ロードショー!

先住民によって語り伝えられてきた秘密の森、そこに死体を埋めれば生き返ってくる。そう信じた父は娘を森に運びました。それが惨劇のはじまりになるとも知らずに…。

1989年に映画化された作家スティーブンン・キングの人気小説の映像化作品をリメイクした映画『ペット・セメタリ―』。邪悪な精霊の集う禁断の場所とされた地に足を踏み入れた一家が、恐怖に陥れられる様を描きます。

作品はケヴィン・コルシュとデニス・ウィドマイヤーのダブル監督で制作、ジェイソン・クラーク、エイミー・サイメッツ、ジョン・リスゴーら実力俳優が名を連ねています。

スポンサーリンク

映画『ペット・セメタリ―』の作品情報


(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

【日本公開】
2020年(アメリカ映画)

【英題】
PET SEMATARY

【監督・脚本】
ケヴィン・コルシュ、デニス・ヴィトマイヤー

【キャスト】
ジェイソン・クラーク、ジョン・リスゴー、エイミー・サイメッツ、ジェテ・ローレンス、ヒューゴ・ラヴォイエ、ルーカス・ラヴォイエ

【作品概要】
人気ホラー作家のスティーヴン・キングが、自らの体験を基に執筆した小説を原作にしたホラー。死者を復活させる森の存在を知った一家に訪れる恐怖を描きます。『セーラ 少女のめざめ』などを手掛けたケヴィン・コルシュとデニス・ウィドマイヤーが監督。

キャストには、主人公のルイス・クリード役を『ナチス第三の男』などのジェイソン・クラーク、妻のレイチェル役を『ビューティフル・ダイ』などのエイミー・サイメッツ、クリード家の隣人ジャド役を『人生は小説よりも奇なり』などのジョン・リスゴーらが務めます。

映画『ペット・セメタリ―』のあらすじ


(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

妻子と田舎に引っ越してきた医師ルイス(ジェイソン・クラーク)の一家。その娘のエリー(ジェテ・ローレンス)は、ある日家の裏山でお面をかぶり更新する奇妙な一団を目にします。

その後、親しくなった隣人のジャドよりその場が、動物用の墓地であることを知らされます。

一家が新天地での生活にも慣れてきたころ、飼っていた猫のチャーチが事故で死んでしまいます。不憫に思ったルイスは墓地の向こうにある森の奥深くに猫を埋葬します。

するとその翌日、チャーチは腐臭を漂わせ凶暴化した猫として一家の元に戻ってきます。やがてルイスは、ジャドからこの場所が先住民によって語り伝えられてきた秘密の森だということを聞かされます。

そしてある日、エリーが交通事故で命を落とし、悲しみに暮れながらもルイスは、ある一つのことに思いを巡らせますが…。

スポンサーリンク

映画『ペット・セメタリ―』の感想と評価


(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

1989年に公開された過去作も同様の傾向はありましたが、2019年にアメリカで公開された本作『ペット・セメタリ―』は、さらにメッセージ性を強めた作風となっています。

過去作との差異として、過去作では末の子のゲージが最初に亡くなるエピソードとなっていましたが、本作ではその姉であるエリーが無くなる設定となっており、以降母のレイチェル、父のルイスとその犠牲の連鎖が続いていきます。

ここでポイントとなるのは、エリーが生き返ってからのエピソードですが、まだ物心のつかないゲージが生き返るのと対照的にエリーはルイスに山に埋められ、明確な意思、自己をもって家に戻ってきます。

それが結果的には不幸のはじまりとなるわけですが、ルイスとしては娘の帰還は願ってもない幸せでありながら、それがそうでないと徐々に気づき、明確に認識した時には時すでに遅し、自分が犠牲となる不幸に陥れられるのです。

その一連の構図は、まさに何かの罠にはめられたようでもあり、一方で例えば“死者に生を求めてはならない”と、生きていることへの重要性を説いているような教訓が与えられています。

これはいうまでもなく明確な意思表示ができないゲージの生還は、その前に起きた飼い猫チャーチの生還とあまり変わらない印象であります。エリーの生還がもたらした不幸で、ルイスの起こした過ちがどれほど罪深いことだったかを明確にしているのです。

また過去作では冒頭でいきなり亡くなりながら、ルイスの前に亡霊として度々現れ警告を与える学生のヴィクター・パスコウの存在がありましたが、本作でも登場するものの冒頭での死亡シーン、そして死んだ後の物語の序章部分に一度だけ現れるだけにとどまっています。

この部分に関しては、もともとナビゲーション的な存在として登場させていた感のある彼の存在が、逆に作品のB級感を強めていた印象もあり、これを最小限にとどめることで物語の中心をクリード一家に集中させ、整理することで安っぽさを排除しているのでしょう。

まとめ


(C) 2018 Paramount Pictures. All Rights Reserved.

なお、本作に関してはこの物語の前日譚を続編として製作しようという企画が進んでいるという話もあります。前日譚という関係ではスティーブン・キングの映画(テレビのミニシリーズ)『ローズ・レッド』の前日譚となる『ローズ・レッド:ザ・ビギニング』があります。

原作は小説家リドリー・ピアソンによる2001年の作品ですが、製作総指揮としてやはりスティーブン・キングが担当しており、その深い世界観を見事に映像化しています。

過去作は高い評価を受けながらも続編の評価が振るわず、隠れた名作的な扱いを受けているものでありますが、その意味では本作に関して是非続編の企画が成就し、そのイメージを挽回させることを願うばかりであります。

映画『ペット・セメタリ―』は2020年1月17日(金)より全国ロードショー!

関連記事

ホラー映画

『ザ・スイッチ』ネタバレあらすじと感想考察。スラッシャー映画への80年代おすすめ代表作へのリスペクトがやばいホラーコメディー!

製作ジェイソン・ブラムとクリストファー・ランドン監督がタッグを組んだ映画『ザ・スイッチ』。 恐怖の殺人鬼ブッチャーと、内気な女子高生ミリーの魂が入れ替わった事で、巻き起こる騒動を描いたホラーコメディ『 …

ホラー映画

映画『リトル・ジョー』内容解説と考察。エミリー・ビーチャム主演で女性監督が手掛けるサイエンススリラー

映画『リトル・ジョー』は2020年7月17日(金)アップリンク渋谷、アップリンク吉祥寺ほか全国順次ロードショー 幸せになる香りを放つという新種の植物がもたらす不安を描いた異色のスリラー。 主演のエミリ …

ホラー映画

映画『事故物件』解説。テレビ放送の「ほん怖」のように、Jホラーおすすめの作品として中田秀夫監督が一般的な鑑賞の間口を開く

殺人や自殺など何かしらの死亡事故が起きた、いわくつきの部屋を指す「事故物件」。 この事故物件に住み、自身の体験を書籍にしている「事故物件住みます芸人」である、松原タニシの原作を、中田秀夫が映像化した『 …

ホラー映画

『死体語り』評価レビューと解説。心霊ホラーで死者と対話する男の悪夢と現実

スペイン・バルセロナ近郊のリゾート地シッチェスで毎年10月に開催されている映画祭「シッチェス映画祭」。 「シッチェス映画祭」で上映された、選りすぐりの作品を日本で上映する「シッチェス映画祭」公認の映画 …

ホラー映画

映画『ハッピーボイスキラー』感想とラスト考察。動画無料視聴方法も

アメリカ版ポケットモンスターにて、ピカチュウの声優を担当することが決まったライアン・レイノルズ。 デッドプールでやりたい放題のうえ、愛嬌あるピカチュウを演じるなんて…と、考えるだけで不安な方の気持ちを …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学