Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

映画『真・鮫島事件』ネタバレあらすじと感想考察。ガチ怖を解説するとオンラインを使用する若者たちの呪いと運命が深掘りができる⁈

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

新たな鮫島事件『真・鮫島事件』は2020年11月27日(金)より全国公開

2001年に、ある書き込みがキッカケで、インターネット上で様々な憶測が飛び、「語ってはならない事件」として都市伝説化した「鮫島事件」。

その「鮫島事件」の事を知ってしまった事から、異形の存在に襲われる、若者の恐怖を描いたホラー映画『真・鮫島事件』

コロナ禍の日本を舞台に、現在の時代背景が反映された、新たな「鮫島事件」を描いた、本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『真・鮫島事件』の作品情報


(C)2020「真・鮫島事件」製作委員会

【公開】
2020年公開(日本映画)

【監督・脚本】
永江二朗

【キャスト】
武田玲奈、小西桜子、濱正悟、林カラス、鶴見萌、山形啓将、水島里菜、佐藤仁、しゅはまはるみ、佐野岳

【作品概要】
平成史上、最大の闇とも呼ばれる「鮫島事件」を原作に、『2ちゃんねるの呪い 劇場版』(2012)や『心霊写真部 劇場版』(2015)の監督として知られる、永江二朗がオリジナル脚本で映画化。

主人公の女子大生、佐々木菜奈を、モデルとして活躍する他、映画『暗殺教室』(2016)など、数多くの映像作品に出演している武田玲奈が演じます。

映画『初恋』(2020)でヒロインに抜擢され、話題になった女優の小西桜子の他、若手の注目俳優が出演。

また『カメラを止めるな!』(2017)の、しゅはまはるみが、個性の強い大家を演じています。

映画『真・鮫島事件』のあらすじとネタバレ


(C)2020「真・鮫島事件」製作委員会

コロナにより、街の風景が様変わりした日本。

大学生の佐々木菜奈は、高校の頃の同級生、仲瀬フミ、戸高亮、追水裕貴、山田鈴と、リモートで飲み会を開催していました。

ですが、リモート飲み会に参加予定だったはずの、あゆみが一向に参加してきません。

一同は不審に思いながらも、昨日、裕貴と鈴、あゆみの3人で、ある心霊スポットを訪れた話で盛り上がります。

すると、あゆみがリモート飲み会に参加してきました。ですが、画面の向こうにいるのは、あゆみではなく、あゆみの恋人でした。

あゆみは、心霊スポットから帰って来て以降、様子がおかしくなり、ベッドの上で凄まじい表情を浮かべて、亡くなっていました。

あゆみの恋人は「お前ら何を知ってる?あの話ってなんだ?」と凄い剣幕で問いただしますが、玄関に誰かが来たようでした。

玄関の扉を開いたあゆみの恋人は、何者かに引きずられ、そのまま連れ去られてしまいます。

驚愕する一同。

亮は、あゆみの恋人が言っていた「あの話」について、裕貴と鈴を追求します。

最初は、口に出す事をためらっていた様子の裕貴と鈴ですが、亮の剣幕に押され、鈴が「鮫島事件」と口に出します。

その瞬間、5人の部屋の電気が一斉に消え、菜奈の周囲が異常なまでに暗くなります。

菜奈はブレーカーを上げますが、電気は復旧しません。

菜奈が窓の外を見ると、景色は様変わりしており、不気味な暗雲が立ち込めていました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『真・鮫島事件』ネタバレ・結末の記載がございます。『真・鮫島事件』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「真・鮫島事件」製作委員会

全員がノートPCだった事から、バッテリーを使用し、リモートでの会話を続ける5人。

しかし、鈴が背後から現れた、謎の人影に襲われてしまい、姿を消します。

鈴の異変に、パニックに陥った菜奈達に、裕貴は「鮫島事件」の真相を語ります。

過去に鮫島と名乗る男が、女性を強姦して殺してしまう、ショッキングな事件が起きました。

ネット上で、その一部始終を鮫島が晒した事で、鮫島に怒りを覚えた、正義感の強い若者が集まり、事件の起きた廃アパート「白風荘」で、鮫島をリンチして監禁しました。

若者達の正義は、鮫島をリンチする間に快楽に変わっていたとされます。

若者達に強い恨みを持った鮫島は、亡くなって以降、呪いに姿を変え、事件に関わった者達を襲いました。

それ以降「鮫島事件」に関わる者は「鮫島の呪いに襲われる」と言われています。

裕貴は昨日、鈴とあゆみと3人で「白風荘」に行き、閉ざされていた扉を開けてしまった事を告白します。

裕貴は「自分が何とかする」と、部屋を出て行ってしまいます。

菜奈が「鮫島事件」について調べると、「鮫島事件について語ってはならない」というコメント見つけます。

鮫島の呪いの力は強く、直接の関りがなくても「鮫島事件」と聞いただけで、呪いの対象になってしまうという仮説を、菜奈は立てます。

その時、「白風荘」に到着した裕貴から、連絡が入ります。

裕貴は、どこかの部屋に入ろうとしますが、鮫島の呪いに襲われてしまい、部屋の中に引きずりこまれ、音信不通になります。

残された、菜奈とフミ、亮は恐怖からパニックになります。

その時、菜奈と同じ部屋に住んでいる兄、将輝が帰宅します。

ですが、同じ部屋にいるはずの、将輝の声と足音は聞こえますが、将輝の姿が見えません。

同様に、将輝も部屋にいるはずの、菜奈の姿が見えない事から、テレビ電話で菜奈に連絡をします。

菜奈は、将輝とのテレビ電話により、鮫島の呪いで、自分達が別の次元に飛ばされた事を確信します。

フミと亮は、テレビ電話越しに、将輝へ柏にある「白風荘」に行き、呪いを解いてほしいと懇願します。

事態を把握した将輝は、3人を救う為に、「白風荘」へ向かいます。

菜奈は、関係の無い将輝を巻き込んだ事に怒り、フミと亮を責めますが、その事により3人の間に亀裂が入ります。

その直後、亮が鮫島の呪いに襲われ、姿を消します。

確実に、鮫島の呪いが自分達に向かって来ている事を感じ、菜奈はフミと協力し、この事態を抜け出す事を約束します。

「白風荘」に到着した、将輝から菜奈に連絡が入ります。

菜奈は、ネットで調べた「鮫島事件の真相」に掲載された16枚の写真から、最後に鮫島が監禁された部屋を探します。

菜奈は、裕貴達が「この部屋を開けた」と言っていた事を思い出します。

将輝に菜奈は「鮫島が、監禁されていた部屋の扉を閉める」ように伝えますが、その部屋に辿り着くには「鮫島事件の真相」に掲載された、16枚の写真の順番で、部屋に入っていく必要がありました。

将輝は菜奈の指示に従い、順番に部屋へ入って行きますが、部屋には「強欲」「色欲」など「七つの大罪」を連想させる、不気味な文字が残されています。

また、「白風荘」にも鮫島の呪いがかかっており、将輝は不気味な男の亡霊に追われながら、部屋を探して行きます。

さらに、フミの部屋にも異変が起こり、画面越しにフミの様子が明らかにおかしくなっています。

菜奈は、フミを気にしながらも将輝に指示を出し、将輝はついに、鮫島が監禁されていた部屋に辿り着き、その扉を閉めます。

ですが、その瞬間、将輝と連絡が取れなくなります。

そして、菜奈が住む部屋の扉を、何者かが強く叩く音がします。

菜奈が恐る恐る扉を開けると、生気を失った将輝が倒れこんできました。

その後ろには、長髪で黒い服を来た、不気味な男が笑顔で立っていました。

数日後、リモートで飲み会をしていた大学生5人が、突然姿を消した事がニュースになります。

あゆみのマンションの管理人は、その事件の話を電話で友人としており「鮫島事件」という言葉を、口に出してしまいます。

その直後、管理人の部屋を何者かが訪ねてきたようでした。

スポンサーリンク

映画『真・鮫島事件』感想と評価


(C)2020「真・鮫島事件」製作委員会

かつて、電子掲示板「2ちゃんねる」で話題になった、ネット発都市伝説の代表格として知られる「鮫島事件」

「鮫島事件」の事は、語ってはならないとされており「おや、誰か来たようだ」というフレーズが有名ですね。

その「鮫島事件」を原案にしたホラー映画『真・鮫島事件』は、コロナにより、新たな生活様式として普及された、リモート社会を題材にしている、まさに、今の空気が反映された作品となっています。

本作の大半は、パソコンのモニター画面で進行されていき、リモート飲み会の中で「鮫島事件」に触れてしまった事がキッカケで、主人公の菜奈と、友人達が「鮫島の呪い」に襲われていきます。

パソコンのモニター画面だけで進行するホラー映画といえば、2014年のホラー映画『アンフレンデッド』という作品があります。

『アンフレンデッド』は、終始facebookの画面のみで物語が進行していきますが、『真・鮫島事件』では、パソコンのモニター画面に映し出された、友人達に起きていく異変と、菜奈の部屋に起きる怪奇現象、この2つが同時進行していきます。

「鮫島事件」の事を話題にして以降、「鮫島の呪い」により、リモート飲み会に参加していた友人達が、1人1人鮫島の亡霊に連れ去られていくのですが、この常識では説明がつかない状況を、菜奈はただ見ているしかありません。

友人達が1人ずつ消えていく事により、「鮫島の呪い」が、間違いなく菜奈にも近づいていくという、カウントダウンのような恐怖がありますが、同時に、菜奈の部屋の扉が何者かに叩かれたり、押入れの中にあったフルートが、勝手に動かされていたりという、部屋の中で起きる怪奇現象により、間違いなく菜奈自身も「鮫島の呪い」の標的で、それが確実に近づいてきているという、恐怖を生み出します

ですが、物語が進行する中で、決して語ってはならないとされる「鮫島事件」の真相が明らかになります。

そして「鮫島の呪い」を解く方法が明らかになるのですが、菜奈は「鮫島の呪い」で別次元に飛ばされており、部屋から出る事が出来ません。

そこで、兄の将輝が、呪いの発端とされる廃アパート「白風荘」に向かい、鮫島が監禁された部屋を目指すのですが、ここから、これまでの忍び寄る恐怖から一変し、廃アパートの中を、鮫島の亡霊から逃げながら突き進む、体感型のホラーとなっていきます。

将輝が、菜奈にアパートの内部を見せながら進んでいく為、スクリーンには、廃アパートの内部が将輝目線で映されます。

これにより、観客も将輝と同じ目線で、廃アパートを進んでいく感覚になっていきます。

また、廃アパートの内部が、やけに生活感が残っていたりして、生々しい不気味な部屋が次々と登場します。

部屋の中には、キリスト教で、死に至る罪とされる、七つの大罪を連想させる言葉が血で殴り書きされており、さらに不気味さが増します。

後半の展開は、お化け屋敷に入ったような恐怖で、七つの大罪とかも、特に意味は無いのですが、とにかく不気味に作られた「白風荘」の内部を、将輝目線で味わうだけでも、かなり怖いです。

さらに、リモート飲み会のメンバーで、菜奈の親友フミにも「鮫島の呪い」による異変が起き、フミが犠牲になる前に「鮫島の呪い」は解けるのか?という緊迫した展開となっていきます。

主人公である菜奈は、部屋から一歩も外に出れないのですが、パソコンのモニターに映し出されたフミと、テレビ電話で連絡を取り合う将輝、2つの恐怖の挟み撃ち状態となります。

緊急事態宣言以降、リモートで物語が展開する映像作品が、いくつか製作されています。

『真・鮫島事件』も、そういった緊急事態宣言以降の状況が反映された作品なのですが、1人ずつ鮫島の呪いの餌食になっていく様子が、パソコンのモニター越しに映し出される展開は、かなり怖くて、こういったリモートとホラーの相性は良いのではないかと感じました。

過去に『ブレア・ウィッチ・プロジェクト』(1999)『REC/レック』(2007)『クローバーフィールド/HAKAISHA』(2008)のように、手持ちカメラで撮影された映像のみで、物語が展開するホラー映画が流行した時期がありましたが「リモートを使用したホラー映画は、アイデア次第で傑作が誕生するのではないか?」そんな事を感じさせる作品でした。

まとめ


(C)2020「真・鮫島事件」製作委員会

前述したように「鮫島事件」は、ネット発の都市伝説です。

ネット発都市伝説の特徴として「聞いてはならない」「口に出してはならない」「やってはいけない」など、最初は傍観者だったはずの自分が、いつの間にか当事者になっていたとう恐怖があります

「鮫島の呪い」も、、呪いの当事者に自分がなっている事に気付かず、知らずに呪いを拡散させてしまうという恐ろしさがあります。

作中で菜奈が言っていますが、自身が感染した事に気付かず、相手にうつしてしまうという点で、「鮫島の呪い」は「コロナウィルス」を連想させます。

本作は、マスクをした菜奈が新宿を歩く場面から始まるのですが、道行く人が全員マスクをしているという、日常的に見慣れているはずの光景が、スクリーンを通して見ると異様に感じました。

コロナ禍における「いつ自分が当事者になるか分からない」という、何とも言えない不安や恐怖を「鮫島の呪い」を通して表現した本作は、今の日本を映し出した作品と言えます



関連記事

ホラー映画

映画『ブライトバーン』あらすじと感想レビュー。 “恐怖の拡散者”は悪のスーパーマン?それとも新たなオーメンなのか

映画『ブライトバーン/恐怖の拡散者』は2019年11月15日(金)よりロードショー! 子どもを待ち望むとある農場の夫婦が、ある日一人の子どもを授かりました。しかしその子どもの正体は、世界に恐怖をもたら …

ホラー映画

『バイバイマン』あらすじネタバレと感想!実話って本当?ラスト考察も

7月8日より東京・ヒューマントラスト渋谷ほかで上映中のホラー映画『バイバイマン』。 その謎の存在の名を知るだけで呪われると言う異色ホラーは全米公開初登場第2位獲得!バイバイマンとは一体何者なのか? 考 …

ホラー映画

聖ゾンビ女学院あらすじ!虹コンメンバー映画舞台挨拶は?上映館一覧も

新型ウィルスにより人肉を喰らう通称“ギンプ”がという死者が大量発生!文明の99%が絶滅した世界で、未来のために学園いる7人の少女たちが戦いを挑む! 少女たちを演じるのは、声優、イラスト、コスプレなど、 …

ホラー映画

映画『リトル・ジョー』感想とレビュー評価。キャストのエミリービーチャムがカンヌ映画祭女優賞を受賞した“赤い美しさと幸福に潜む恐怖”

映画『リトル・ジョー』は7月17日(金)よりアップリンク吉祥寺ほかでロードショー。 人々に幸福をもたらすという新種の植物の恐怖を、鮮やかな色彩感覚をもつこだわりの映像で描いた映画『リトル・ジョー』。 …

ホラー映画

【ネタバレ考察】サスペリア(リメイク2018)の結末までの詳細に解説。戦争から心理学までに及ぶ内容とは

あのホラー映画の金字塔が鬼才の手で再構築された! 昨年のカンヌ映画祭の初お披露目から賛否両論の嵐で大激論を呼んでいるリメイク版「サスペリア」。 150分越えも納得の、様々な要素が絡み合いホラーの枠組み …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学