Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2019/04/20
Update

映画『ペットセメタリー(2019)』あらすじネタバレと感想。リメイク版の怖さは倍返しだ⁈

  • Writer :
  • 奈香じゅん

1989年に公開されて以来、今も根強いファンが居るスティーヴン・キング原作の『ペットセメタリー』

30年ぶりに再映画化された本作で、禁断の土地への案内人・ジャドを演じるのは名優ジョン・リスゴー。主人公ルイス・クリードに扮するのはジェイソン・クラークです。

都会から離れた小さな町に古くから伝わる動物墓地。その奥には、決して埋葬してはいけない超自然的な力が宿るもう一つの墓地がありました…。

スポンサーリンク

映画『ペットセメタリー』の作品情報

【公開】
2019年4月5日(アメリカ映画)
日本公開未定

【原題】
Pet Sematary

【監督】
ケヴィン・コルシュ、デニス・ヴィトマイヤー

【キャスト】
ジェイソン・クラーク、ジョン・リスゴー、エイミー・サイメッツ、ジェテ・ローレンス、ヒューゴ・ラヴォイエ、ルーカス・ラヴォイエ

【作品概要】
監督を務めたのは、自他ともにホラーファンと認める『スターリー・アイズ』(日本未公開)のケヴィン・コルシュとデニス・ヴィトマイヤー。

原作に忠実で且つサプライズも取り入れ観客にリメイクを楽しんでもらいたいと話す通り、オリジナルを観た人が驚く仕掛けが用意されています。

映画『ペットセメタリー』のあらすじとネタバレ

医師のルイスは、家族と過ごす時間を増やすため、妻のレイチェル、長女・エリー、長男・ゲイジ、そして猫のチャーチとボストンからメイン州の小さな町へ引っ越してきます。

長旅を終え、広大な庭と木々に囲まれた静かな土地に建つ新居に到着。そこへ家の前に面する道路をタンクローリーが突然通りすぎ、夫婦を驚かせます。

翌日、レイチェルとエリーは太鼓を叩く音に導かれ森へ足を踏み入れます。幼い子供達が動物のお面をかぶり、太鼓を叩きながら犬の死体を運んでいました。一度は家に戻りましたが、気になったエリーはもう一度森へ。

奥へ進むと「ペットセメタリー」の標識があり、墓地に辿り着きます。そこで隣人のジャドと出会ったエリーは、町が何世代にも渡り利用しているペットのお墓だと聞かされます。

ルイスの勤務中、急患が搬送されて来ます。車に撥ねられた青年・ヴィクターは顔の右半分が剥がれ、手当てをする前に死亡します。ルイスが血に染まった手袋を外していると処置室の蛍光灯が点滅。

ふとベッドへ視線を戻すと、ヴィクターが起き上がっていました。目を見開いたヴィクターは、「境界を越えてはならない」と警告。看護婦に声を掛けられ我に戻ったルイスの前には、ヴィクターが横たわっていました。

ルイスとレイチェルはジャドを夕食に招き一緒にテーブルを囲みます。ジャドの膝の上に喉を鳴らしたチャーチが飛び乗り、幼いゲイジがチャーチルは良い猫だとご機嫌の笑顔。

翌日、チャーチが撥ねられ息絶えた姿が道路で発見されます。ジャドがルイスに手を貸すと申し出、その晩チャーチをきちんと埋葬することになります。一方、チャーチをとても可愛がっていたエリーにどう話せばよいのかルイスとレイチェルは頭を悩ませます。

夜になり、ルイスとジャドはペットセメタリーへ。ルイスからエリーがチャーチをなによりも大切にしていたことを聞いたジャドは、自分に着いて来いと言い奥へ歩いて行きます。

折れて重なり合った木の山を登るジャドの後を追ったルイスの懐中電灯が木の幹に刻まれた二重丸の記号を照らし出します。更に沼地を抜けて急な階段を上がりきった所で、ジャドがチャーチを埋めるように言います。

以下、『ペットセメタリー』ネタバレ・結末の記載がございます。『ペットセメタリー』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

翌日、ルイスは娘にチャーチが逃げ出したと話しますが、エリーはクローゼットにチャーチが居ると指さします。扉を開けたルイスの目の前に、威嚇し唸るチャーチが座っていました。

返ってきたチャーチは様変わりし、エリーを引っ掻きます。更に、家の中で奇妙な現象が起こり始めます。チャーチを離れた場所へ置き去りにしたルイスは、埋葬した場所は死んだものを蘇らせる力があることをチャドから聞かされます。

エリーの誕生日を迎え、ルイスがボストンから招いた多くの知人が訪れます。チャーチが家出をしたと信じ落ち込む娘をルイスは元気づけました。

同年代の友達と遊んでいたエリーは、遠くから道を歩いてくるチャーチを見つけて駆け寄ります。するとタンクローリーが走って来て、ゲイジが道路に飛び出して行きます。

ルイスは寸での所でゲイジを抱き上げますが、焦った運転手が急ブレーキを踏み、その勢いでタンク部分が外れます。火花を散らしながら道路を滑って行くタンクがチャーチと話していたエリーに激突。

娘の葬式後、突然の悲劇を受け入れられないルイスは、エリーの遺体を掘り起し、チャドが案内した場所にエリーを埋葬します。チャーチの時の様にエリーは蘇りますが、まるで別人でした。

ジャドの家に押入ったエリーは、ルイスに場所をおしえたことを責め、無理矢理この世に戻された苦しみを口にしてジャドを殺害。

エリーは次に母親を襲って殺害し、自分が埋められた場所へ運びます。チャドの家を訪れ遺体を発見したルイスは、ゲイジを車に乗せエリーの後を追いました。

しかし、レイチェルは既に肥やしになったと言うエリーがルイスに襲い掛かります。エリーを跳ねのけ息の根を止めようとした瞬間、蘇ったレイチェルがルイスを殺します。

空が白む頃、チャドの家が燃える炎を車の中から見つめるゲイジの前に、ルイス、レイチェル、そしてエリーがやって来ます。ボンネットの上に飛び乗るチャーチに視線を向けるゲイジを、ルイスが窓から覗きこみます。

スポンサーリンク

映画『ペットセメタリー』の感想と評価

大切な人を亡くした後の喪失感は、理性や常識では説明できない感情に飲みこまれるもので、失った娘に会いたいと望むルイスの気持ちは誰もが理解できます

もし、愛する人を生き返らせ、もう一度抱きしめることが出来る方法を知っていたとしたら…。いったい何時まで実行せずに過ごせるでしょう。

『ペットセメタリー』の蘇る死者は、見た目は同じでも生前とは全く別の人格。生きる者のエゴで現生に引き戻しても、両者共に不幸だとスティーヴン・キングが戒めています

参考映像:『ペットセメタリー』(1989)

1989年の『ペットセメタリー』と本作が大きく違う点は、事故で死亡するのが幼い長男ではなく長女のエリーという所だけではありません

オリジナルでは、蘇ったゲイジは直ぐに凶行に走りますが、リメイク版では父のルイスが墓から泥だらけで帰った娘をお風呂に入れます

ルイスが束の間の幸せを感じる場面を織り込んだことは、残された家族の心情を汲み取る演出であり、オリジナルより成熟した構成で制作されていると言えます。

また、エリーがジャドを殺害しに現れた際、無理矢理に戻されて苦しいと訴え、ジャドを殺害する動機がルイスに秘密の場所を教えたことだと明確にしています

これは、今回の『ペットセメタリー』が単なるホラーに留まらず正面から死生観を捉えている特筆すべき点です。

ジャドを演じたジョン・リスゴーの演技は、本作でも光ります。他言できない秘密を抱える怪しさと少女・エリーを思う温かさを見事に混在させた表現力

主人公・ルイスを演じた『ゼロ・ダーク・サーティ』のオーストラリア人俳優ジェイソン・クラークとは、撮影中サッカーの話題で盛り上がったとリスゴーは笑いながらインタビューで話しています。

まとめ

自分が実際に主人公の立場に置かれたら、あなたはどうしますか?と問いかける『ペットセメタリー』。

心を分けた人との死別後に襲われる耐えられない悲しみが絶望に変わる時、一線を越えてしまう人間の弱さを突きつけるドラマ・ホラーとしてリメイクされ現代に帰ってきます

本当に怖いのは、亡霊でも生き返った死者でも無く、モラルや良識を捨てる人間の心

そこへ突き動かす喪失感の力をまざまざと見せる本作は、“死”を軽んじて描くことなく自然の摂理として受け入れる難しさを暗示する大人の映画です。

関連記事

ホラー映画

映画『エンプティマン』ネタバレあらすじ考察と感想解説。都市伝説ホラーで日常が壊れていく恐怖を描き出す|SF恐怖映画という名の観覧車153

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile153 平和な町を都市伝説が襲うオカルトホラー映画の数々。 多くの作品は町にかけられた呪いに対抗すべく主人公が奮闘し、時に成功し時に失敗するハラ …

ホラー映画

『犬鳴村/恐怖回避ばーじょん』ネタバレ感想と内容解説。怖くない笑いとギャグで最恐の心霊スポットに“かわいいワンコ”が走る!

『犬鳴村』の恐怖回避ばーじょんの映画が登場! 九州に実在する、最恐の心霊スポットとして知られる「旧犬鳴村トンネル」。 この実在する心霊スポットを舞台に「呪怨」シリーズの清水崇監督が制作し、動員100万 …

ホラー映画

『ランド・オブ・ザ・デッド』ネタバレ感想と結末の考察解説。21世紀のゾンビ映画における王道はここから始まった

ジョージ・A・ロメロ監督『ランド・オブ・ザ・デッド』考察解説。 現在に至るまでの全てのゾンビ映画が影響を受けた、もとい、映画史を塗り替えたと言っても過言ではない名作映画『ゾンビ(原題:Dawn of …

ホラー映画

映画 樹海村ネタバレ|結末ラスト感想とエンドロール解説考察。山田杏奈×山口まゆ演じる姉妹の運命分けた“約束”と“呪い”への変質

映画『樹海村』は2021年2月5日(金)より全国ロードショー公開! 2020年に大ヒットした『犬鳴村』に続く「恐怖の村」シリーズ第2弾であり、「自殺の名所」と知られる富士・青木ヶ原樹海、インターネット …

ホラー映画

『ITイットTHE ENDそれが見えたら終わり』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。続編2019年の見どころ解説

2019年公開『IT CHAPTER TWO』続編ホラー映画の魅力を解説! 『IT/イット THE END “それ”が見えたら、終わり。』は、2017年に公開されメガヒットを記録した『IT/イット “ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学