Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

ワニ映画2019『クロール 』ネタバレ感想レビュー。パニックとサバイバルの「凶暴領域」に襲われた父娘の絆

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

映画『クロール -凶暴領域-』は2019年10月11日(金)よりロードショー!

ホラー映画の巨匠であるサム・ライミが製作、『ピラニア3D』などを手掛けたアレクサンドル・アジャが監督を務めたモンスター×ディザスターを掛け合わせたサバイバル・スリラー映画『クロール -凶暴領域-』。

最大級のハリケーンのなか、人食いワニの巣窟となった自宅から、決死の脱出を試みる父娘を描いた作品です。

主人公ヘイリーを「メイズ・ランナー」シリーズのカヤ・スコデラーリオ、彼女の父を『プライベート・ライアン』のバリー・ペッパーが演じています。

手に汗握る展開が続く、『クロール -凶暴領域-』の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『クロール 凶暴領域』の作品情報


(C)2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

【公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Crawl

【監督・製作】
アレクサンドル・アジャ

【製作】
クレイグ・フローレス、サム・ライミ

【脚本】
マイケル・ラスムッセン、ショーン・ラスムッセン

【キャスト】
カヤ・スコデラーリオ、バリー・ペッパー、モーフィッド・クラーク、ロス・アンダーソン、チョチョ

【作品概要】
ハリケーンにより、かつてない洪水に見舞われたフロリダを舞台に、巨大ワニとの命がけの戦いを描くサバイバル・スリラー。

主人公のヘイリーに、2017年の『パイレーツ・オブ・カリビアン/最後の海賊』で、ヒロインとなるカリーナ・スミスを演じたカヤ・スコデラーリオ。

ヘイリーの父親デイブに、1998年の『プライベート・ライアン』で、ダニエル・ジャクソン二等兵を演じブレイクし、以降数々の作品に出演しているバリー・ペッパー。

また、『ドント・ブリーズ』のサム・ライミ製作のもと、『ヒルズ・ハブ・アイズ』のアレクサンドル・アジャ監督が演出を担当。

映画『クロール 凶暴領域』あらすじとネタバレ


(C)2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.
大学で、競泳チームに所属しているヘイリー。

ヘイリーは、思うような成績が出せず、競泳チームから外され、奨学金が打ち切られる事を恐れていました。

そんな時、ヘイリーの姉のべスから連絡が入り、故郷のフロリダに超大型のハリケーンが迫っているなか、フロリダに住む父親と連絡が取れない為、べスはヘイリーに「父親の様子を見に行ってほしい」と頼まれます。

ヘイリーが、水泳を始めるキッカケを作ってくれたのは、父親のデイブでしたが、最近は何かと小言を聞かせてくる父親を疎ましく思い、ヘイリーはデイブと距離を置いていました。

べスに頼まれ、嫌々父親の様子を見に行く事になったヘイリーは、超大型ハリケーンの接近に伴い、交通規制を敷いている、地元の警察に遭遇します。

警察官の1人は、べスの元彼のウェインで「この先は危険だから通せない」と、ヘイリーに伝えます。

ヘイリーは、ウェインの忠告を聞いたふりをして、警察の交通規制を振り切り、そのままデイブの住居へと車を走らせます。

デイブの自宅へ到着したヘイリーですが、デイブの姿が見えません。

ヘイリーは、避難した可能性も考えますが、デイブが愛犬のシュガーを、自宅に置き去りにしていた事から「近くにいる」と考えます。

「両親が離婚するまで、家族で過ごした思い出の住居にいるだろう」と考えたヘイリーは、車を走らせ住居に向かうと、デイブの車がありました。

シュガーと共に、住居内を探索するヘイリーですが、デイブの姿は見当たりません。

その時、シュガーが地下室への入り口を発見します。

暗く湿った地下室へ、嫌々ながら降りていくヘイリー。

すると、地下室には工具が落ちており、工具をたどって行くと、そこには倒れているデイブの姿がありました。

デイブは意識を失っていますが、息はしています。

そして、肩口には何者かに襲われた爪のような傷が残っています。

ヘイリーは、デイブを外に連れ出そうとした時、突如、巨大なワニが姿を見せます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『クロール -凶暴領域-』ネタバレ・結末の記載がございます。『クロール -凶暴領域-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

ヘイリーとデイブを猛スピードで追いかけて来る巨大ワニから逃げ、ヘイリーはデイブを連れて、配管で狭くなっている通路の奥の、小さな空間に逃げ込みます。

通路が狭い為、巨大ワニは侵入する事ができません。

その時、デイブが息を吹き返します。

デイブは住居を売る為に、自分で配管の修理をしていましたが、そこへ巨大ワニが侵入してきて襲われた事を、ヘイリーに伝えます。

ヘイリーは、助けを呼んでワニのいる地下室から脱出する為に、逃げる途中に落としたスマホを拾おうとします。

そこへ、二匹目の巨大ワニが姿を見せ、ヘイリーは足を噛まれながらも、地下室の小さな部屋へ逃げ込みます。

1匹でも厄介な巨大ワニが、2匹いる事で脱出が困難になり、それに加えて、ハリケーンによる洪水で地下室が浸水しており、1時間で水没するという絶望的な状況となります。

救助を呼ぶ為に、壁の隙間から外を見ていたヘイリーは、向かいの雑貨店に泥棒に入っている、3人の若者を見つけます。

ボートを使って移動している若者たちに、懐中電灯の光で助けを求めるヘイリー。

ですが、3人の若者達も、巨大ワニの餌食になり、ボートだけが残されます。

巨大ワニに襲われる若者達を目の当たりにして、塞ぎ込むヘイリーですが、デイブから「もう1つ出口がある」事を聞きます。

巨大ワニのいる範囲から、離れた場所にある出口へ辿り着いたヘイリーですが、出口には大きな荷物が置いてあり、外に出る事ができません。

そこへ、ウェインと相棒のポールが、ハリケーンから逃げ遅れた人達を救助する為に、巡回に訪れます。

ヘイリーとデイブの車を見つけ、住居に入ったウェインは、地下室に2人がいる事に気づきますが、次の瞬間に巨大ワニに襲われ命を落とします。

さらに、ポールも巨大ワニの犠牲になっていました。

ヘイリーは意を決して、巨大ワニの侵入口になった通路から、逆に脱出する事を考えます。

デイブの制止を聞かずに、通路を進むヘイリーは、ポールの死体を発見、持っていた拳銃を入手します。

そこへ巨大ワニが出現し、ヘイリーの腕に噛みつきますが、拳銃を発砲し巨大ワニを撃退、無事に地下室から脱出します。

ヘイリーは、出口を塞いでいた荷物を動かし、デイブを助け出しますが、水没した地下室にいたデイブは、呼吸が止まっていました。

ヘイリーの必死の救助で、デイブは息を吹き返します。

ワニの巣窟となった住居から逃げる為、ヘイリーは巨大ワニを振り切り、若者達が残したボートに乗り、デイブと共に脱出しようとします。

ですが、ハリケーンにより堤防が決壊し、洪水が押し寄せ、ヘイリーとデイブは再び住居の中へ戻されます。

浸水していない2階へ逃げようとしたヘイリーとデイブですが、デイブが巨大ワニに片手を食いちぎられてしまいます。

命からがら、デイブを屋根裏へ逃がしたヘイリーは、ウェインの持っていた通信機を使い救助ヘリを呼び、発煙筒で自分の場所を知らせようとしますが、そこへ窓ガラスを破り、巨大ワニが襲い掛かってきます。

片手に食いつかれながらも、発煙筒をワニの目に押し付けて撃退したヘイリー。

屋根裏から、屋根の上に避難したデイブの手助けを借りて、屋根の上に避難します。

疲労から、屋根の上で寝転がるヘイリーとデイブ。

ヘイリーはデイブから、本当は、家族の思い出が詰まった住居を、売るつもりはなかったと聞きます。

その時、救助ヘリに気付いたヘイリーが発煙筒を点火させます。

ヘイリーは、救助ヘリのライトに照らされながら、デイブに振り向き微笑むのでした。

スポンサーリンク

映画『クロール -凶暴領域-』感想と評価


(C)2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

巨大ワニの恐怖を描いた『クロール -凶暴領域-』。最大の特徴は「住居に閉じ込められ逃げられない」という部分です。

本作の大半は、家族の思い出が詰まった家、特に地下室で展開され、重傷を負った父親と、巨大ワニの巣になった地下室から、どうやって逃げるのか?が主軸となっています。

絶望的な状況ながらも、途中で何度も助かるチャンスは訪れるのですが、その度に、巨大ワニがチャンスを潰すという展開は、本作の製作を務めたサム・ライミが、同じく製作で携わった映画『ドント・ブリーズ』を彷彿とさせます。

『ドント・ブリーズ』は、盲目で殺人鬼の、元軍人の老人が住む屋敷から、どうやって逃げるか?という展開でしたが、『クロール 凶暴領域』は更に狭い地下室で、常に2匹の巨大ワニが徘徊しており、脱出不可能さのレベルは上がっている作りになっています。

ただ、絶望的な状況ながらも「トランシーバー」「発煙筒」「拳銃」など、助かる為の小道具が存在し、ライフラインとも呼べる、これら小道具の使い方が上手く「何で、そんな物がそこに?」という展開はありません。

かなり丁寧に作られており、また、この作品は親子の絆を描いた映画でもあります。

両親の離婚に責任を感じているヘイリーと、ヘイリーと顔を合わせづらくて距離を置いているデイブ。

お互いに悪態をつきながらも、協力する関係性は、非常に面白いです。

特にヘイリーがボートに乗り込む場面では、猛スピードで接近してくるワニを振り切らせる為に、デイブがヘイリーを勇気づけ、その期待にヘイリーが応えるという、親子のコンビプレーを描いた素晴らしいシークエンスとなっています。

デイブとヘイリーにとって、家族の思い出の詰まった住居で、巨大ワニが産卵し、巣になってしまった辺り、皮肉的な展開ではありますが、そこはご愛嬌です。

まとめ


(C)2019 Paramount Pictures Corporation. All rights reserved.

87分という、最近の映画としては短い上映時間の『クロール -凶暴領域-』。

しかし、巨大ワニが登場して以降は、手に汗握る緊迫の展開が続くため、理想的な映画の尺と言っても良いでしょう。

巨大ワニとのサバイバルを描いた本作は、撮影の際も、常に強風と豪雨の中で行われたため、過酷な状況となり、作り手側の緊張感が独特の迫力に変わり、作品を通じて伝わってきます

鑑賞する際は、カヤ・スコデラーリオ演じた、娘ヘイリーを「もしも自分だったら」と置き換えた方が、さらに楽しめるはずです。

その分、観終わった後の疲労度は凄まじいことになることでしょう。




関連記事

ホラー映画

映画『クワイエットプレイス』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

映画『クワイエット・プレイス』は、9月28日(金)より全国ロードショー! 『ボーダーライン』『オール・ユー・ニード・イズ・キル』のエミリー・ブラントが主演の新感覚ホラー。 プライベートでも彼女の夫であ …

ホラー映画

映画『ザ・リング/リバース』あらすじと感想レビュー!劇場公開日は

ジャパニーズ・ホラーの名作『リング』のハリウッド版「リング」シリーズ第3弾『ザ・リング/リバース』は、2018年1月26日より全国ロードショー! “観ると必ず7日後に死ぬ”と噂される呪いのビデオを観て …

ホラー映画

柳ゆり菜主演映画ヴァンパイヤナイトVorchaosメンバーが主題歌

山深い温泉宿を訪れた美人姉妹!イケメン!謎の男?その湯治場を舞台に繰り広げられた死闘とは… アメリカンホラーとジャパニーズホラーがクロッシングさせる映画『ヴァンパイアナイト』をご紹介します! スポンサ …

ホラー映画

韓国映画『感染家族』あらすじネタバレと感想。ラストに爽快さと感動を導く“奇妙な”家族の絆

辺境の地に現れたゾンビと奇妙な家族の究極のサバイバルムービー! 平凡な田舎町に現れたゾンビを待ち受けていたのは、一攫千金ビジネスを企む家族たちだった。 オリジナリティー溢れる斬新さと、過去のゾンビ映画 …

ホラー映画

『アナベル死霊館の人形』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

恐怖、その原点へ…。大人気シリーズ「死霊館」のアナベルシリーズ1作目『アナベル 死霊館の人形』。 本作はシリーズ1作「死霊館」にて冒頭に登場した人形、「アナベル」にフィーチャーされたスピンオフ作品です …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP