Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ホラー映画

Entry 2021/08/23
Update

映画『人肉村』ネタバレあらすじ感想と結末考察。ホラー界の新境地でワトソン兄弟の悪夢のような恐怖を描く

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

人肉を食べる兄弟に捕まった男女4人が体験する血みどろの恐怖を描いた映画『人肉村』

デヴィッド・フィンチャーや三池崇史を尊敬する、カナダの新鋭監督エイドリアン・ラングレーが、サスペンスの名作『セブン』(1995)を意識して製作したと言われる映画『人肉村』。

執拗に獲物を追いかけてくるワトソン兄弟も怖いですが、そもそも、このワトソン兄弟とは何者なのでしょうか? ワトソン兄弟の長男オーウェン演じるサイモン・フィリップスの怪演が光ります。

世界各国のファンタステック映画祭で高い評価を得ている、映画『人肉村』の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『人肉村』の作品情報


(C)2020 UNIT XIX INC ALL RIGHT RESERVED

【日本公開】
2021年公開(カナダ映画)

【原題】
Butchers

【監督・脚本】
エイドリアン・ラングレー

【共同脚本】
ダニエル・ワイセンベルガー

【キャスト】
サイモン・フィリップス、マイケル・スワットン、ジュリー・メインビル、アン=キャロライン・ビネット、ジェームズ・ヒックス、フレデリック・ストーム、ニック・アラン、サマンサ・デ・ベネデ、ブレイク・キャニング、ジョナサン・ラージー

【作品概要】
車の故障で孤立した4人の若者が、殺人一家である、ワトソン兄弟に遭遇したことで始まる、悪夢のような恐怖を描いたホラー映画『人肉村』。

ワトソン兄弟の長男オーウェンを、『ゲヘナ』(2019)『レベル15』(2015)などの、サイモン・フィリップスが怪演しています。

カナダのTV界で若手演出家兼カメラマンとして注目されていた、エイドリアン・ラングレーが、製作、監督、脚本、撮影、編集を手掛け、本作でホラー作品デビューを果たしています。

映画『人肉村』のあらすじとネタバレ


(C)2020 UNIT XIX INC ALL RIGHT RESERVED

レジャーから帰宅している、ジェナ、テイラー、マイク、クリスの4人の若者。

クリスは車内ではしゃいでおり、ジェナ達をカメラで撮影しています。

運転しているマイクは不機嫌で、クリスの撮影を何度も止めさせようとします。

マイクと恋人関係にあるジェナも、マイクがテイラーと浮気をしていることを知っており、終始不機嫌な表情を浮かべています。

順調に車は走っていましたが、突然ラジエーターが故障し、車が動かせなくなります。

困ったマイクは、近くのガソリンスタンドを探して、テイラーと2人で歩き始めます。

残されたクリスとジェナは、2人の帰りを待ちますが、その間にジェナがトイレに行きたくなります。

草むらに入ったジェナは、草木に張り巡らされていたワイヤーに引っ掛かります。

それは、近くに住む殺人一家、ワトソン兄弟が張った罠で、次男のオズワルドは、ジェナの存在に気付きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『人肉村』ネタバレ・結末の記載がございます。『人肉村』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020 UNIT XIX INC ALL RIGHT RESERVED

ガソリンスタンドを探していたはずのマイクとテイラーは、草むらでキスをしていましたが、何者かに写真を撮影されます。

不気味に感じながらも、マイクとテイラーは「ワトソンのガソリンスタンド」へ辿り着きます。

そこには、オーウェンと名乗る男がいましたが、マイクは「ラジエーターは、ここには無い」と伝えられます。

その代わりに、レッカー車を呼んでもらうことになりますが、喋り方や仕草が不快なオーウェンを、テイラーが毛嫌いし、1人で出て行ってしまいます。

ガソリンスタンドに1人残されたマイクは、レッカー車の到着を待っていましたが、オーウェンに背後から殴られて気絶します。

その後、ガソリンスタンドに戻って来たテイラーも気絶させたオーウェンは、ボロボロのトラックにテイラーを乗せて何処かに走り出します。

マイクとテイラーを待っている間、オズワルドに写真を撮られたクリスとジェナは、オズワルドを追いかけます。

その途中で、クリスはマイクとテイラーの浮気現場を撮影した、写真を見つけます。

クリスが、恋人のテイラーに裏切られたことを悲しんでいると、草むらからオズワルドが現れ、クリスは刃物で切り付けられます。

クリスはジェナを逃がしますが、オズワルドに両足を切られ、動くことすら出来なくなります。

逃げたジェナは、通りかかったボロボロのトラックに助けを求めます。

しかし、それはオーウェンのトラックで、乗り込んだジェナも捕まってしまいます。

ジェナが目を覚ますと、テイラーと共に両手を拘束され、ミートフックに吊るされた状態になっていました。

オーウェンは、ワトソン兄弟の長男で、ジェナとテイラーに「ここで、俺達に逆らったらどうなるかを見せる」と言います。

すると、オズワルドがクリスを連れて来て、ジェナとテイラーの前でクリスの首をへし折ります。

オーウェンは、この周辺を通る人を捕まえて肉に加工し、ワトソン兄弟の三男、オックスフォードの食糧にしていました。

オックスフォードは危険な存在の為、常に牢屋に入れられており、不気味なうめき声が小屋中に響いています。

オズワルドはクリスを食料にする為、小屋の外に出て行きます。

オーウェンもガソリンスタンドに戻り、捕まえたマイクに拷問を加えて楽しんでいました。

ジェナは、拘束具が古くなっていることに気付き、ワトソン兄弟がいなくなった隙をついて、テイラーと共に拘束具を破壊し逃げ出します。

逃げたジェナとテイラーは、故障した車の場所に戻りますが、そこにはレッカー車のドライバー、ウィラードがいました。

ジェナとテイラーは事情を話し、ウィラードに、近くの街まで逃がしてもらうことになります。

ですが、実はウィラードはワトソン兄弟の親戚で、ジェナとテイラーはワトソン兄弟の小屋に連れ戻されます。

さらに、逃げたことに怒り狂ったオズワルドが、テイラーの首を斬り、殺してしまいます。

ウィラードは、ジェナを部屋の中に閉じ込めます。

ウィラードは、感情的になってテイラーを殺したオズワルドを怒り「お前は馬鹿だ」と罵ります。

ジェナが閉じ込められた部屋には、セレステという女性もいました。

セレステは数か月前にワトソン兄弟に捕まり、性欲のはけ口とされていた為、ワトソン兄弟の子供を妊娠していました。

ジェナは、逃げ出した時に手に入れた刃物を隠し持っており、それで縛られたセレステを助けようとしますが、ジェナが目を離した瞬間に、セレステが自分に刃物を突き刺し、死んでしまいます。

そこへオズワルドが小屋に入って来て、セレステの死にショックを受けます。

ジェナは、その隙にオズワルドへ刃物を突き刺し逃げ出します。

小屋の外には、戻って来たオーウェンのトラックが停められていました。

トラックへ逃げ込んだジェナは、縛られてトランクに入れられていたマイクに気付き、助け出します。

そのまま逃げようとしたジェナですが、トラックの中に置いてあった銃を見つけたマイクが、ワトソン兄弟に復讐する為、小屋に戻ってしまいます。

ジェナもマイクを追って小屋に戻ると、マイクがオーウェンを射殺していました。

しかし、小屋に残っていたウィラードが襲いかかってきて、マイクに刃物を突き刺し殺します。

ジェナは落ちた銃でウィラードを射殺し、トラックの場所に逃げ出します。

オーウェンとウィラードがやられたことで、オズワルドはオックスフォードを解き放ちます。

不気味な容姿のオックスフォードは、凄まじいスピードでジェナを追いかけてきます。

ジェナは、間一髪でトラックに逃げ込み、助かったかと思われましたが、オズワルドが銃を撃って窓を割り、窓から入って来たオックスフォードに食い殺されてしまいます。

スポンサーリンク

映画『人肉村』感想と評価


(C)2020 UNIT XIX INC ALL RIGHT RESERVED

ホラー映画のお馴染みの要素として「殺人一家」「食人」という要素がありますが、新たな食人一家の恐怖を描いたのが、映画『人肉村』です

こういった作風のホラー映画で、重要な部分となるのが、殺人一家のキャラクターとなります

殺人一家で言えば、映画『悪魔のいけにえ』(1974)に登場する、レザーフェイスが代表的ですね。

では『人肉村』の殺人一家、ワトソン兄弟はどうか?と言うと、やはりレザーフェイスほどのインパクトは無いですが、見事に、それぞれのキャラは立っています

まず、長男のオーウェン。

彼は兄弟の中で一番社交性のある男で、憎たらしい程、口が立ちます

自身が営んでいるガソリンスタンドに、迷い込んで来た人を捕獲し、小屋に連れ去る役割を持っています。

シェイクスピア作品を暗記しているなど、かなり知的で頭がいいのですが、獲物になった人間を「肉の塊」と呼び、ジェナの髪の匂いをおもいっきり嗅ぐなど、絶妙な気持ち悪さを兼ね備えています。

次男のオズワルドは、オーウェンとは対照的に、獣のような男です。

オーウェンの言いなりになっており、命令されたことは着実に行うだけでなく、平気で人に刃物を突き刺す残虐性も持っています

と言うより、罪の意識そのものが無いようで、オーウェンはオズワルドを馬鹿にしながらも、狂っている部分を感じて、恐怖を抱いているようです

そして三男のオックスフォードは、怪物のような容姿をしており、もはや人間なのかも判別できません

オーウェンもオズワルドも人の肉は食べませんが、捕まえてきた人達を、このオックスフォードの食料にしているようです。

また、女性であれば監禁し、兄弟の性欲のはけ口にされてしまうので、絶対に関わりたくない兄弟です。

このワトソン兄弟に捕まってしまった、ジェナたち4人の若者が「果たして、逃げ出せるのか?」というのが、本作の見どころとなっています。

逃げたと思っても、また兄弟の小屋に連れ戻されてしまうなど、『悪魔のいけにえ』のような展開が続くのですが、最終的にジェナはオックスフォードに食べられてしまいます

エイドリアン・ラングレーは『セブン』のタッチを狙ったことを公言していますが、ラストのカメラワークは、『セブン』のラストにかなり近いですね

とは言え、ジェナは助かると思ったので、このラストには驚愕しました。

ただ、考えてみると、ブレーキのような役割を果たしていた長男のオーウェンと、親戚のウィラードが死んでしまった為、残されたのは、罪の意識を持たない、狂人のオズワルドと、オズワルドの言うことだけを忠実に聞く怪物、オックスフォードだけとなりました。

ワトソン兄弟の中でも、最凶の2人が残ってしまった訳ですが「この後に、彼らはどんな生活を送るのか?」とか想像すると、このラストシーンはかなり怖いですね。

まとめ


(C)2020 UNIT XIX INC ALL RIGHT RESERVED

ワトソン兄弟のキャラが目立つ、映画『人肉村』。

どうやらワトソン兄弟にとって、亡くなった母親が大きな存在となっていたようです

本作の冒頭でオーウェンは「母は厳しかったが、公平だった」と語っていますが、兄弟を見る限り、とてもそうは思えません。

さらにウィラードからも「お前らが生きていられたのも、母親のお陰」と言われていますが、この3人兄弟を育てた母親は、どんな女性だったのでしょうか?

殺人が母親の教えなのか? それとも、母を亡くし生きていく術として、殺人を始めたのか?など、ワトソン兄弟はまだまだ謎が多いです。

そんな謎の存在に捕まえられ、命を握られるという『人肉村』の展開はかなり怖いですし、不快な作品と言えますが、そこが魅力となっていますね


関連記事

ホラー映画

映画『ハッピー・デス・デイ』ネタバレあらすじと感想。タイムループホラーの結末からどのように抜け出したのか⁈

ホラー映画ファンならお馴染みの殺人鬼と学園を舞台にしたスラッシャー映画。 イケてるけど自己チューで高飛車な、実に性悪女であるツリー。当然ながら彼女は、お約束の様に仮面を着けた殺人鬼に殺されます。 とこ …

ホラー映画

『ロストバケーション』ネタバレ結末感想とラストあらすじ解説。カモメの名前とサメは本物なのか?撮影裏話を紹介

絶体絶命の水着美女に迫るサメ!孤立無援の究極海洋パニック スティーブン・スピルバーグ監督の『ジョーズ』(1975)公開以来世界で、日本では特に人気のサメ映画。おかげで無数のサメ映画が作られ、膨大な作品 …

ホラー映画

映画『事故物件』解説評価。Jホラー歴史と特徴をテレビ心霊特集や都市伝説、稲川淳二の怪談から世にも奇妙な物語まで深掘り!

映画『事故物件 怖い間取り』は2020年8月28日(金)より、全国ロードショー 中田秀夫監督待望の作品、『事故物件 怖い間取り』がついに公開されました。 日本の映画・テレビ界は、以前のようなオカルト・ …

ホラー映画

映画『NY心霊捜査官』ネタバレ感想と結末評価解説。実話ホラー事件に潜む悪霊オカルト作品を考察!

悪魔と刑事が端正に向き合った恐怖の根源『NY心霊捜査官』 エクソシズムという心霊恐怖の犯罪捜査というスリラー的要素の『NY心霊捜査官』は、実際にニューヨークで発生した事件を基にしています。 原作は、こ …

ホラー映画

映画『恐怖人形』あらすじネタバレと感想。日向坂46小坂菜緒がホラー驚愕の笑いを巻き起こす⁉︎

「日向坂46」の小坂菜緒が怖すぎる日本人形と対決! 「日向坂46」のメンバー、小坂菜緒がついに映画に初主演。そのお相手は…日本人形? ホラー映画お馴染みの恐怖アイテム「人形」。恐ろしい念を秘めた人形は …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学