Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

【ネタバレ】ウォンカとチョコレート工場のはじまり|あらすじ感想評価と結末解説。ウンパルンパも登場! 歌曲が彩る“ウォンカチョコ”誕生の物語

  • Writer :
  • もりのちこ

夢を見ることからすべては始まる。
チョコレートの美味しさの秘密とは?

世界中で愛されたファンタジー映画『チャーリーとチョコレート工場』(2005)で有名な、工場長ウィリー・ウォンカの始まりの物語。

チョコ職人のウィリー・ウォンカは、亡き母と約束した「世界一のチョコレート店を開く」という夢を叶えるため、有名チョコレート店が集まる町へとやってきます。

ウォンカの作り出す魔法のチョコは、町中の人を幸せな気持ちにさせました。しかし、その町は、夢見ることを禁じられた町でした。

ウォンカを追い出そうと「チョコレート組合」が動き出します。果たして、ウォンカは夢を叶えることができるのでしょうか。映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』を紹介します。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』の作品情報

【日本公開】
2023年(アメリカ映画)

【原案・キャラクター創造】
ロアルド・ダール

【監督】
ポール・キング

【製作総指揮】
マイケル・シーゲル ロージー・アリソン

【製作】
デビッド・ハイマン アレクサンドラ・ファーガソン ルーク・ケリー

【脚本】
サイモン・ファーナビー ポール・キング

【キャスト】
ティモシー・シャラメ、ヒュー・グラント、キャラー・レイン、キーガン=マイケル・キー、パターソン・ジョセフ、マット・ルーカス、マシュー・ベイントン、サリー・ホーキンス、ローワン・アトキンソン、ジム・カーター、オリビア・コールマン、ナターシャ・ロスウェル、リッチ・フルチャー、ラキー・ザクラル、トム・デイビス、コブナ・ホルドブルック=スミス、サイモン・ファーナビー

【作品概要】
「ハリーポッター」シリーズのプロデューサーが贈るファンタジーアドベンチャー『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』。

チャーリーとチョコレート工場』(2005)では、ジョニー・デップが演じ人気キャラとなったチョコレート工場長ウィリー・ウォンカを、本作では『DUNEデューン 砂の惑星』のティモシー・シャラメが演じます。

監督は「パディントン」(2016)シリーズのポール・キング。夢と希望あふれるファンタジーの世界を、美しい映像と感動のストーリーで描きます。

また『チャーリーとチョコレート工場』でも人気を博した、チョコレート工場で働く小さな紳士「ウンパルンパ」を、本作ではヒュー・グラントがユニークに演じています。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』のあらすじとネタバレ

魔法のチョコ職人ウィリー・ウォンカは、亡き母との約束である世界一のチョコレート店を開業するため、有名チョコ店が建ち並ぶ町「グルメ・ガレリア」へとやってきました。

町は活気にあふれ、ウォンカの手持ち金はたちまち底をついてしまいます。その夜、野宿をするウォンカに、ある男がおすすめの宿を紹介してくれました。

なにやら契約は多いものの「宿代は後払いで良い」というその宿に、お世話になることにしたウォンカ。明日は、町でチョコレートを売ることにします。

次の日、ウォンカはアーケードの中で魔法のチョコを売り始めます。口にするとふわふわと浮き上がる体。町の人々は、ウォンカの魔法のチョコに夢中です。

そこに町の警察が押し寄せてきました。警察署長は「この町は夢見ることを禁じている」とウォンカのチョコを没収。売上金も取り上げてしまいます。

ウォンカが宿に戻ると、宿主のミセス・スクラビットと宿を紹介してくれたブリーチャーが待ち受けていました。

「宿代を払えないなら働いて返せ」とウォンカを地下部屋へと放り込みます。そこには、ウォンカと同じように宿主に騙され、タダ働きをさせられている人たちがいました。

少女ヌードルもその一人です。捨て子だったヌードルは、スクラビットに育てられるも、一生ここで働かなければなりませんでした。

ウォンカは、ヌードルにチョコレートを作ってあげます。「素敵なことはすべて夢から始まるんだよ」という、母から教えられた言葉とともに。

幼少期、母と二人暮らしだったウォンカは、母が作ってくれるチョコレートが大好きでした。貧しいながらも、誕生日には買い集めたカカオ豆で特別なチョコをプレゼントしてくれました。

そんな母から「世界一のチョコはグルメ・ガレリアにある」と聞いたウォンカは、その町で母とチョコレート店を開くことを夢見ていました。

「魔術師」になりたかったウォンカは、母のチョコレートの味に近づこうと試行錯誤を繰り返します。そんな彼に母は「美味しさの秘密は、大人になったら教えるわ」「チョコレート店のオープンの日は側にいるわね」と約束します。

しかし、その約束は果たされないまま、母は病気で亡くなってしまいました。ウォンカはお店を開けば、母にもう一度会えるかもしれないと信じていました。

初めてチョコレートを口にしたヌードルは、あまりの美味しさに希望が溢れだすようです。彼女が忘れかけていたママとの思い出「ママと本のいっぱいある家で暮らしたい」という夢が戻ってきます。

ヌードルと一緒に働く仲間たちの協力もあり、ウォンカは宿を抜け出し、町でチョコレートを売り歩くことに成功。街中の人々がウォンカのチョコを楽しみに待っていました。

しかし裏では、ウォンカを町から追放しようとする勢力が動き出していました。自分たちより美味しいチョコを作るウォンカを気に入らない「チョコレート組合」のスラグワース、プロドノーズ、フィクルグルーバーの3人です。

チョコレート組合は、甘いものに目がない警察署長をチョコレートで買収し、ウォンカを捕まえるように命令します。

ある夜、ウォンカの部屋にチョコを盗もうと忍び込む小さな影が現れます。その正体は「ウンパルンパ」と名乗る、オレンジ色の小さな紳士でした。

聞けば以前、ウォンカが島を訪れた際に貴重なカカオ豆を持ち去ってしまったことで、豆の見張り役だった自分は種族から追放されてしまったとのこと。それ以来彼は、持ち去られたカカオ豆分の代償をもらおうと、ウォンカの隙をついてはチョコを盗んでいました。

不思議な紳士の訪問に驚くウォンカでしたが、二人の息はぴったりのようです。

ウォンカのチョコレートの売上は上々。仲間たちのおかげもあり、ウォンカはとうとう母との約束であったグルメ・ガレリアにチョコレート店をオープンすることに成功しました。

店内には大きなチョコレートの木、カラフルなお菓子が散りばめられ、チョコレートの川が流れています。夢が詰まった幸せな空間。オープンには多くの人々が押し寄せます。

以下、『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』ネタバレ・結末の記載がございます。『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

ウォンカのチョコレート店は大繁盛。ところが、チョコを口にした男に異変が起きます。髪や髭が伸び、全身が緑色に変色してしまったのです。店内は大混乱となり、チョコレートは粉々に、火災まで発生します。

跡形もなく崩れ落ちたお店で、ウォンカは呆然としています。お店が台無しになったことも悲しいですが、オープンの日に母に会えなかった現実のほうがつらいことでした。

チョコレート組合は、ウォンカにある取引を申し出ます。それは、スクラビットの宿に捕らわれている仲間たちとヌードルの宿代を立替え自由の身にする変わりに、ウォンカはこの町から追放、2度とチョコレートを作るなというものでした。

その条件をのむウォンカ。皆には告げず、こっそりと町を発つ船に乗ります。しかしウォンカのおかげで仲間たちは解放されたものの、ヌードルだけは捕まったままでした。

町から離れる船の中でウンパルンパと再会したウォンカは、チョコレート組合の不正を暴く方法を思いつきます。

町へ引き返したウォンカは、仲間たちと一緒にヌードルを救出。チョコレート組合の裏帳簿を入手するため、教会の地下へと進入します。

しかし、そこにはすでにチョコレート組合の3人が待ち伏せしていました。ウォンカとヌードルは、チョコレートのタンクに落とされてしまいます。

天井はふさがれ、チョコレートがどんどん流れこんできます。息を吸う隙間もあとわずか。

もはやこれまでという所で、チョコレートが放流されていきます。オレンジ色の小さな紳士ウンパルンパが助けてくれました。

ウォンカたちは不正の証拠を警察に提出。彼のチョコレート店での毒騒動もスクラビットたちの仕業でした。そしてヌードルが、チョコレート組合の一人・スラグワースの家の出身だったことが判明します。

スラグワースは家の財産を独り占めするために、兄の亡き後にその妻を追放し、兄の娘であるヌードルまでも捨てたのでした。チョコレート組合と警察署長は逮捕されました。

地下のチョコレートタンクから噴き出したチョコレートは、噴水となって地上にあふれだします。ウィリー・ウォンカとその仲間たちが贈るチョコレートに、街中の人が大喜びです。

楽しそうな人々の顔を見て、ウォンカも幸せな気分でした。「チョコに大事なのは、チョコだけじゃなく、分かち合う人が、仲間がいるということよ」……。

ウォンカは、残っていた母のチョコレートを仲間たちと分け合い食べました。彼はようやく、母の姿が見えたような気がしました。

ヌードルは、図書館で働いた母と再会を果たしました。ウォンカは、古いお城に魔法をかけ、チョコレート工場を開設。なお味見部門には、ウンパルンパの力が必要なようです。

映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』の感想と評価

世界中で大ヒットし、チョコレート工場長ウィリー・ウォンカを演じたジョニー・デップの奇抜な容姿も話題となった映画『チャーリーとチョコレート工場』(2005)。

本作は、その工場長ウォンカの若かりし頃を描くとあって、ウォンカの姿に期待する人も多かったのではないでしょうか。

若かりしウォンカを演じたのは、吸い込まれそうな瞳が魅力的なティモシー・シャラメ

チャーリーとチョコレート工場』の工場長ウォンカは人間不信で変わり者な印象でしたが、世界一のチョコレート店を開くことを夢見る青年ウォンカは、夢と希望に満ち溢れた心優しい青年でした。

純粋ですぐ騙されてしまい落ち込む姿や、チョコレートと母の話を語る時のキラキラした表情、ミュージカル仕立てで進むストーリーは、歌も踊りも上手なティモシー・シャラメの魅力が存分に発揮されています。

とくに少女ヌードルとバルーンで浮き上がり、夜の町を散歩する場面は、とても可愛らしく楽しい気分へとさせてくれます。

他にも、オレンジ色の小さな紳士・ウンパルンパの歌に奇妙なダンスは、『チャーリーとチョコレート工場』に次いでクセになる面白さです。

本作でウンパルンパを演じたのは、ヒュー・グラント。甘いマスクでラブコメの印象が強い彼ですが、ウンパルンパになっても紳士的で思わずクスっと笑ってしまいます。

母との約束である世界一のチョコレート店を開くため、奮闘する若かりしウォンカの物語は、誰もが応援したくなるような心温まる物語でした。

人生を諦めていた少女ヌードルの心も、ウォンカの魔法のチョコを食べることで希望を取り戻していきます。

ウォンカとヌードルの関係は、前作でのチャーリーとウォンカの関係にも似ています。それは、たとえ描かれる時代・設定が異なろうとも、ウォンカのチョコには、人を幸せにする力があることの証でしょう。

そんなウォンカの魔法のチョコの原点は、母親の手作りチョコにありました。「チョコの美味しさの秘密」を教えてくれると言っていた母が亡くなり、答えを見つけられずにいたウォンカ。

最後には、一人の力ではなく仲間たちのおかげで「チョコの美味しさの秘密」にたどり着くことができました

のちに、世界一のチョコレート工場を建てることとなったウォンカ。工場に引きこもり、人間嫌いになってしまった彼の「その後」は、また別のお話です。

まとめ

ロアルド・ダールの児童小説『チョコレート工場の秘密』の前日譚にあたる映画『ウォンカとチョコレート工場のはじまり』を紹介しました。

チョコレート工場の工場長ウィリー・ウォンカの若き日の冒険を描くミュージカル映画となっています。

夢見ることからすべては始まる。つらいことがあっても、希望を持ち続けること。そして、喜びは仲間と分かち合うこと

夢と希望に満ちたウォンカの魔法のチョコレート。ぜひ一口食べてみたいものです。


関連記事

ファンタジー映画

ファンタスティックビーストと黒い魔法使いの誕生|あらすじとキャスト。ハリポタ監督のデビッド・イェーツの紹介も

映画『ファンタスティック・ビーストと黒い魔法使いの誕生』は、11月23日(金)よりTOHOシネマズ新宿ほか全国ロードショー! 大ヒットファンタジー小説「ハリー・ポッター」シリーズの新たな物語として制作 …

ファンタジー映画

映画ドクターストレンジ|ネタバレあらすじ感想と結末の解説考察。マーベル史上最強の魔術師登場!

超感覚ファンタジック・アクション!覚醒!! 空前のスケールでその世界観を広げ続けるMCU(マーベル・シネマティック・ユニバース)から、新たな風を吹かせるニューヒーローが誕生。 元・外科医という異色の経 …

ファンタジー映画

映画『ゆれる人魚』あらすじとキャスト。上映館と公開日情報も

映画『ゆれる人魚』は2月10日(土)より新宿シネカリテほか全国順次公開! 1980年代の共産主義下にあったポーランドを舞台に、新鋭監督アグニェシュカ・スモチンスカがアンデルセン童話にツイストを加えた新 …

ファンタジー映画

ハムナプトラ2黄金のピラミッド|あらすじネタバレ感想とラスト結末の評価解説。イムホテップは前作では敵であったが裏切られて可哀想⁈

前作『ハムナプトラ 失われた砂漠の都』から9年後の世界が舞台になった『ハムナプトラ2/黄金のピラミッド』。 強敵イムホテップを倒し、つかの間の平和を享受していましたが、冒険心を抑えられないリックとエヴ …

ファンタジー映画

映画『ブラ!ブラ!ブラ!』感想とレビュー評価。セリフ無しのロードムービーだから見えてくる豊かさ【胸いっぱいの愛を】

映画『ブラ!ブラ!ブラ!胸いっぱいの愛を』は2020年1月18日より公開。 2018年開催の第31回東京国際映画祭コンペティション部門にて話題となった、全編セリフなしの極上ファンタスティック・ロードム …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学