Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

チャーリーとチョコレート工場|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

  • Writer :
  • こたきもえか

ティム・バートン監督がダニー・エルフマンの音楽にのせて描く、歌と踊りが満載のファンタジー・コメディ。

今回ご紹介するのは世界中で大ヒットを記録したジョニー・デップ主演のファンタジー映画『チャーリーとチョコレート工場』です。

何度も見返したくなる心温まる不思議な物語の魅力を改めてご紹介します。

スポンサーリンク

映画『チャーリーとチョコレート工場』の作品情報


© Theobald Film Productions LLP.

【公開】
2005年(アメリカ映画)

【原題】
Charlie and the Chocolate Factory

【監督】
ティム・バートン

【キャスト】
ジョニー・デップ、フレディ・ハイモア、デビッド・ケリー、ヘレナ・ボナム・カーター、ノア・テイラー、クリストファー・リー、アナソフィア・ロブ

【作品概要】
原作のロアルド・ダールの児童小説『チョコレート工場の秘密』は、1971年に『夢のチョコレート工場』のタイトルで一度映画化され、2005年公開の本作は当時技術的に不可能だった描写を入れつつ、新しいオリジナル設定も加えて制作されました。

チョコレート工場のオーナー、ウィリー・ウォンカを演じるのはティム・バートンの多くの作品で主役を演じているジョニー・デップ。

主人公のチャーリーを演じるのは『ネバーランド』(2004)でもジョニーと共演したフレディ・ハイモア。子役として活躍していた彼はケンブリッジ大学を卒業したのち、現在では演技だけではなくテレビドラマの製作も手がけるなど才能を発揮しています。

チャーリーの母親を演じるのはティム・バートンのかつてのパートナーであったヘレナ・ボナム=カーター。

ウィリー・ウォンカの父を演じるのは『スター・ウォーズ』シリーズや『ロード・オブ・ザ・リング』シリーズでおなじみ、怪奇映画にも多数出演するイギリス出身の名優クリストファー・リー。少ない出番ながらも、その存在感は抜群です。

映画『チャーリーとチョコレート工場』のあらすじとネタバレ

街の著名な歯医者の父親に育てられたウィリー・ウォンカは大きな矯正器具をつけさせられ、お菓子を禁じられて育ちました。

それでもチョコレートがどうしても食べたかったウォンカはある日盗み食いをし、その味の虜に。チョコ職人になることを宣言すると父親には家を追い出されてしまいました。

大人になり、ウォンカは次々と新しい商品を発明し、“ウォンカチョコレート”は世界中で大ヒットします。

しかし他のチョコレート工場がスパイを送り込みレシピを盗み、怒ったウォンカは従業員を全員クビにして工場を閉鎖してしまいます。

それから何年も経ち、ウィリーは再び工場を再開。チョコレートにゴールドチケットを5枚だけ入れ、それを引き当てた子供たちを工場見学に招待すること、そしてそのうちの1人には豪華な副賞をプレゼントすることを決めました。

チャーリーは両親と祖父母2組の大家族で暮らす少年。働き手は歯磨き粉工場に勤めるお父さんしかいません。貧乏ながらも幸せに暮らす家族でしたが、お父さんも失業してしまいました。

チャーリーの楽しみは毎年誕生日にもらえる一枚のチョコレート。その頃、ウォンカがばらまいたゴールドチケットを次々に子供達が引き当てていました。

1人目の子供は毎日チョコレートを食べる太った少年、オーガスタス。2人目はナッツ工場の社長令嬢、欲しいものは何でも手に入れないと気が済まない性格のベルーカ。3人目は野心家でギネスブックに載るために毎日ガムを噛んでいる少女バイオレット。4人目はゲーム好きの少年マイク。

そしてチャーリーが残りの残り1枚のチケットを引き当てたのです。チャーリーは昔チョコレート工場に勤めていたジョーおじいちゃんと見学へ行くことにします。

見学の日になり5人の子供達はそれぞれの保護者と共に工場へ向かいます。人付き合いが苦手なウォンカは子供達の名前を聞こうともせず、自分をアピールする彼らをことごとくバカにします。

工場は魔法のような機械で溢れており、ここにあるものは全て食べられるとウォンカは言います。大興奮する子供達にウォンカは「楽しんで」と告げるのですが…

以下、『チャーリーとチョコレート工場』ネタバレ・結末の記載がございます。『チャーリーとチョコレート工場』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

しかし子供達は次々悲惨な目にあうことになります。チョコレートの川へ手を突っ込んで飲み始めた太っちょのオーガスタスは謝って落ちてしまい、チョコレートを吸い上げる機械で一緒に引き上げられてしまいます。

発明室で実験途中のガムをお構いなしに噛み始めたバイオレットは体が変色してブルーベリー色に。

ナッツの皮をむく工場ではベルーカが働いているリスのうちの一匹が欲しいと言い、作業を邪魔されたリスたちは彼女を取り囲んで焼却炉へ連れて行ってしまいます。

マイクはテレビ室でチョコの代わりに自分をテレポートさせようとし、失敗して小さくなってしまいます。

その度にまるでわかっていたかのように登場し、奇妙な歌とダンスを披露するウンパ・ルンパたち。

こうして最後まで残ったチャーリーは豪華な副賞をもらえることになります。その副賞とは、チョコレート工場を引き継ぐこと。

しかしそのためには家族と離れ1人で運営しなければならないとウォンカは告げます。チャーリーは2度と家族に会えないなら工場は継がないといい、まさか断られると思っていなかったウォンカは驚きます。

工場見学が終わった後も家族皆で仲良く暮らしているチャーリー。

ウォンカはチョコレート作りに身が入らなくなっていました。こっそり変装してチャーリーに会いに行ったウォンカは尋ねます。「落ち込んでいる時に慰めてくれるものは何?」家族だと答えるチャーリーにウォンカは「家族なんていらない」と言います。

チャーリーはもう一度父親に会いに行くよう勧め、駄々っ子のようにごねるウォンカについて行きました。

まだ歯科医を営んでいる父親に歯を診てもらうウォンカ。その部屋にはチョコレート工場に関するたくさんの新聞の切り抜きがありました。

ウォンカの歯を診ていた父は、彼が成長した息子だということに気がつきます。時を超えて2人は和解することができたのです。

この日チャーリーはもう一度工場を引き継ぐことを頼まれます。チャーリーは家族とも離ればなれにならず工場を継ぐために、小さな家をそのまま工場の中に建てて、ウォンカを家族として迎えることにしたのです。

「一つ言えることは、彼らの人生はとても甘い幸せに満ちたことです」と、おとぎ話のような工場の中で幸せそうに食卓を囲むチャーリーたちとウォンカの姿で、映画は幕を閉じます。

スポンサーリンク

映画『チャーリーとチョコレート工場』の感想と評価

第78回アカデミー賞衣装デザイン賞にノミネートされた独特の色使いのセットやコスチュームはいつ観ても心が躍ります。

工場の庭園のオブジェクトは全てパティシエが作った本物のお菓子です。

またリスの工場のシーンはCGではなく、調教されたリスが実際に作業をしているのだそうです。

名作や過去自作へのリスペクトした引用

2001宇宙の旅』や『サタデー・ナイト・フィーバー』の名シーンを引用しているなど、映画ファンには嬉しい描写も満載です。

例えば子供たちがウォンカのチョコレート工場に入るシーンは、それまでの淡い色使いは鮮やかなものへ変化します。これは『オズの魔法使い』(1939)のリスペクト。

工場でウンパ・ルンパがチョコレートの川をピンクのドラゴンのボートで漕いでいる時、カメラはは1人のドラムを叩いているウンパ・ルンパをカットします。これは『ベン・ハー』(1959)で船に繋がれながら漕いでいる奴隷たちのシーンの引用です。

マイクがテレポートしてしまうシークエンスは『2001宇宙の旅』(1968)をリスペクトしたもの。巨大なチョコレートはモノリスのようです。

その後、マイクがテレビに入ってしまうところには、アルフレッド・ヒッチコック監督の『サイコ』(1960)の有名なシャワー室のシーンが用いられています。

またティム・バートン監督自身の作品も引用されています

チャーリーのお父さんが生産している歯磨き粉の名前“Smilex”は『バットマン』(1989)でジョーカーが使う毒薬の名前。

ウォンカが工場をオープンする時、リボンを着る手には大きなハサミが。これはもちろん『シザーハンズ』(1990)。

ウォンカはこの時後ろを振り返り、ティム・バートン、ジョニー・デップのこれまでの作品を“振り返って”います。

ウォンカが最初つけていたおかしなメガネは、『スリーピー・ホロウ』(1999)で同じような形のものが用いられています。

ティム・バートン監督の一環したテーマ

参考映像:『シザーハンズ』(1980)

本作『チャーリーとチョコレート工場』は、ティム・バートン監督作品に一貫するテーマが描かれていることも大きな特徴です。それは父と子の和解。

『シザーハンズ』では主人公エドワードの父親的存在である科学者は亡くなってしまい、エドワードは手がハサミの姿のまま世の中へ出ることになり、『ビッグ・フィッシュ』では息子が好いていなかった父の人生を振り返ります。

そんな父と子の確執、和解というテーマが心温まる形で描かれていることが、本作が大人から子供まで愛されている理由ではないでしょうか。

『ビッグ・フィッシュ』(2003)

まとめ

チャーリーが引き当てたゴールドチケットが入っていた“ウォンカ・チョコレート”は、実際に買うことができます。

ティム・バートン監督ならではのピリッとしたブラックジョーク、ポップとダークが混在する世界観を楽しみつつお菓子を片手に、ぜひ『チャーリーとチョコレート工場』今一度ご覧ください。

観終わる時には観客の私たちも、甘い幸せに包まれているはずです。

関連記事

ファンタジー映画

映画『フォルトゥナの瞳』あらすじとキャスト。神木隆之介と有村架純がダブル主演

若手俳優として、人気の安定と共に新境地に挑みつつある神木隆之介と有村架純。 2人は2019年公開予定となった映画『フォルトゥナの瞳』の共演が決まりました。 また本作の演出に三木孝浩監督と、これまた新た …

ファンタジー映画

『パンズ・ラビリンス』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

ギレルモ・デル・トロ監督といえば『パシフィック・リム』が記憶に新しく、そして2018年3月1日には『シェイプ・オブ・ウォーター』が公開! 今回はギレルモ監督の作品の中でも根強い人気を誇る『パンズ・ラビ …

ファンタジー映画

映画『山中傳奇』あらすじネタバレと感想!キンフー(胡金銓)監督が4K上映版で復活させたシーンと作風の特徴を詳細に解説

“香港の黒澤明”と称された映画監督キン・フーが1979年に製作した『山中傳奇』が、このほど192分という【4Kデジタル修復・完全全長版版】での上映が実現しました。 1人の男が、2人のミステリアスな女性 …

ファンタジー映画

金子雅和映画『アルビノの木』感想と考察。あらすじの森と白鹿様の隠喩の深意とは?

金子雅和監督が海外で行われた各国の映画祭で、10冠の名誉を掴み取った映画『アルビノの木』。 ポルトガルで開催されたフィゲイラ・フィルム・アート2017では、日本映画初である最優秀長編劇映画、最優秀監督 …

ファンタジー映画

映画ハイヒール初日舞台挨拶の劇場は?ファンタジア国際映画祭で上映決定も

30分という短編映画でありながら、異例の大作あつかいで全国的に劇場公開される『ハイヒール』。 主演の菊地凛子をはじめとするキャストたちの初日舞台挨拶が決定しました! また、この作品はファンタジア国際映 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP