Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ファンタジー映画

映画『天の茶助』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

  • Writer :
  • Yasu

映画『天の茶助』は、下界の人間たちの人生のシナリオを書いている天界にいる脚本家たちに、お茶を配る係をしている“茶助”が下界に降りてからの人生を描いたコメディ作品。

茶助は口のきけない可憐で清純な女性・新城ユリへの関心には恋心にも似た感情をみせます。

ユリはユリ担当の脚本家のシナリオによって死ぬことになりますが、「そんなことはさせまい」と茶助は下界へ向かいますが…。

映画『天の茶助』のあらすじや作品解説、またパンドラTV(Pandora)やデイリーモーション(Dailymotion)の視聴方法から、おすすめな Huluで無料視聴する方法まで、ご紹介いたします。

スポンサーリンク

1.映画『天の茶助』の作品情報


(C)2015「天の茶助」製作委員会

【公開】
2015年(日本映画)

【脚本・監督】
SABU

【キャスト】
松山ケンイチ、大野いと、大杉漣、伊勢谷友介、田口浩正、玉城ティナ、今野浩喜、オラキオ、Ryo、寺島進

【作品概要】
『ポストマン・ブルース』や『アンラッキー・モンキー』などの作品で知られるSABU監督が執筆した小説『天の茶助』を自身の手で映画化。

第65回ベルリン国際映画祭コンペティション部門出品。

茶助役にSABU監督作品『うさぎドロップ』から2度目のタッグとなる松山ケンイチ、ユリ役にNHK連続テレビ小説『あまちゃん』の大野いとを共演に、脇を大杉漣、伊勢谷友介、田口浩正、玉城ティナ、寺島進が固めています。

▼Huluで映画『天の茶助』はご覧いただけます。
映画『天の茶助』を今すぐ無料で見る

2.映画『天の茶助』のあらすじとネタバレ


(C)2015「天の茶助」製作委員会

天界では下界で生きる人間たちの人生のシナリオを書いている脚本家たちがいます。

その脚本家たちが書いたシナリオ通りに下界の人間たちは時過ごしています。

脚本家にお茶を配る仕事をしている茶助は、それぞれの脚本家たちが書くシナリオを興味深く見ていました。

ある時、茶助が下界にいる口を効くことの不自由な女性ユリが、交通事故で命を落とす運命にある事を知った茶助は、下界に降り、ユリを助けることにします。

沖縄に降り立った茶助。

茶助が降り立った場所は祭りの真っ最中で、戸惑っていた様子見せていると、種田という男に助けられます。

種田は俳優を目指していましたが、50歳を目処に諦めると、警備員などの仕事など職を転々とした後にホームレスとなります。

そして、水難でおぼれかかているところをレスキュー隊に救助されるなど、波乱の人生を過ごします。

種田の両親は息子の生活を見るにみかね資金を用意し、種田の両親が収集した骨董品を売る骨董品店を開きました。

そんな種田に連れられていったラーメン店には、彦村という店主がいました。

彦村は母も父もホームレスです。しかも、母は同じホームレスの10人の男性と関係を持っており、誰が父親か分からない状況でした。

結果、その父親である可能性がある男全員の手で種田は育てられます。

その後種田はサッカーの才能を見出され、サッカークラブに入り頭角を現しますが、「ホームレス少年」と騒がれ、クラブを辞めてしまいます。

次にボクシングの才能も見い出されていきます。

しかし、雑誌編集者に「ホームレス少年」だったことをすっば抜かれると、その雑誌の編集者を殴ってしまい、ボクシングを続けることができなくなりました。

その後、10人の父親から勉強を教えられ大学に入学。有名女優と出会い、恋愛に発展するも、その有名女優は命を亡くしてしまいます。

その有名女優とともに、ロクロを回し続けて作った器を使いながらラーメンショップを開いたのでした。

彦村と種田とともにカラオケ店に向かう茶助。

茶助たちがカラオケ店に向かうと、そこにはユリがいました。

シナリオではこの後、ユリは車に跳ねられ死亡してしまいます。

それを回避しようと、ユリを追いかけようとしますが、茶助の行動を止めようとする悪いやつらが邪魔をします。

なんとか悪いやつらの手をかいくぐる茶助。

茶助はユリを追いかけ、車にひかれてしまうことは回避に成功しますが、別の車に茶助、ユリ、もろともひかれてしまいます。

救急搬送される茶助とユリ。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『天の茶助』ネタバレ・結末の記載がございます。『天の茶助』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

意識を取り戻した茶助は、病院を抜け出します。

そして、商店街で天使の羽を見つけた茶助は、それを身につけてみました。

通りすがりの車いすに乗った少年を見つけるや、膝に手をかざすと、少年の足はハンド・パワーで完治すると立ち上がり、歩くことに成功します。

少年の祖母から「天使さま」と感謝される茶助。

そして、その一部始終を動画撮影していた種田がYouTubeにアップすると、Twitterでもつぶやかれるようになり、骨董品店には救いを求める多数の人が押し寄せます。

「最悪のシナリオを書かれてる人のシナリオを最高のものに書き換えてしまえ」と、視覚障害の少女の視力を回復させたり、顔の痣に苦しむ女性の痣を直したりと、次々と天使の力を発揮させます。

そして、茶助は種田に意識不明のユリのところに連れていかれ、ユリの意識も回復させます。

ユリは「茶助の天使業のお手伝いをしたい」と意思を示すと、ユリのことが好きな茶助は大喜びしました。

茶助にはシナリオがありました。

土佐出身で中学時代は暴走族の特攻隊長。高校時代はバンドマン。上京してからは喫茶店のウェイター。アパートが不審火にあい、放火犯に間違われて逃走。

暴力団の組長に助けられ、そのままその組長の舎弟になり、組長をかばって撃たれてから行方不明になり、今にいたっていました。

無茶苦茶なシナリオだと、唖然とする茶助でしたが、撃たれて命を落としたことで天界でお茶汲みをしていたのではないかと合点しました。

やがて茶助は、ユリとの距離を近づけます。ホテル街を歩いていると、ユリを連れてホテルに入る衝動にかられます。

しかし、茶助が所属していた暴力団と敵対していた組の黒木が眼前に現れます。

茶助は黒木を撃退すると、ユリとホテルへ入ることはできませんでした。

引き続き、茶助が神経をすり減らし、心身ともにボロボロになりながら天使業に精を出していたある日。

幼少期からワカメに興味を持ち、小5で本を出版し、中2の時にメカブでビジネスに成功した茶助の姉、チャコがやって来てきました。

「兄ちゃんはアホや。世の中には治らん病気で困っている人がゴジャンとおるき。それを苦に死んだ方が良いと思ってる人もゴジャンとおるんぜよ。兄ちゃんはそれを治せるとテレビで証明した。もう逃げられん。病気で苦しんでる子がおったら兄ちゃんの責任になるんぜよ。治せる兄ちゃんが治さんかったってなるじゃんか」と言い放ちます。

そして、茶助の前にまたもや黒木の邪魔が入ります。今度は黒木が依頼したた狙撃手でした。

茶助は狙撃手に弾丸を撃たれると、茶助をかばったユリまで巻き添いで撃たれてしまいます。

瀕死の茶助は残されたわずかな力を振り絞り、ユリが撃たれた患部に手をあてます。

意識を取り戻すユリ。しかし、茶助は力尽き意識を失います。

「ひゃふけは~ん!(茶助さ~ん!)」と、上手くしゃべれないユリが力一杯で言葉を振り絞ります。

ユリの声が届いた茶助。

茶助とユリは二人で、互いに満たされた表情でで浜辺を歩いています。

茶助は思います、「人の祈りの力は絶大で斬新なだけのシナリオよりも何倍も尊くて、諦めずに祈り続けていれば、きっと新しい人生のシナリオが始まる。人生は変えられる。運命なんてくそくらえだ。晴れる日も曇る日も色々あるぜよ」。

スポンサーリンク

3.映画『天の茶助』の感想と評価


(C)2015「天の茶助」製作委員会

時に人生は偶然ではなく、必然だとも言われます。ということは、本当に神様的な誰かの存在がいて、神様みたいな存在の力によって人間界の営みは進行しているということなのか⁈…と、ちょっと本気で考えてみたりしまいました。

本来、そんなこと考えさせるような物語ではないのですが、それだけ観る者に荒唐無稽でありながら説得力のある作品なのだと思います。

本作のシナリオ事態、かなりぶっ飛んだシノプシス設定ですが、登場人物のキャラクターもユニークで個性的に飛んでいます。

特に種田の映画『タイタニック』や『ゴースト』をリスペクトしたネタのエピソードは、大いにウケました!

また一方で、キャラクターの活き活きした様子に、ほろっと涙腺を刺激されてしまう場面もありました。

例えば、物語の後半で茶助が撃たれて、茶助を抱きかかえながら口が上手く話せないユリが「ひゃふけは~ん!(茶助さ~ん!)」と叫ぶシーンもそのひつです。

かつて、豊川悦司と常盤貴子の共演したテレビドラマ『愛していると言ってくれ』(1995)の最終回でも同じような場面がありました。

駅のプラットホームで、豊川悦司演じる聴覚障害の主人公・榊晃次が、反対側のホームから電車に乗ったヒロインの常盤貴子が演じた水野紘子を「ヒオホ~!(ヒロコ~!)」と叫ぶシーンを思い起こしました。

ちなみにこのドラマでは、ヒロインは電車の窓越しに主人公を見つけ、互いに見つめていました。

さて、このようなに必死で生きる登場人物たちが魅力的なキャラクターとして登場するのが、本作『天の茶助』です。


(C)2015「天の茶助」製作委員会

思いっきり奇想天外なコメディ作品なのですが、さすがSABU監督らしい哲学的な要素もあり、また、感動ポイントありで楽しめるエンターテインメントな映画になっています。

また、2018年2月21日に亡くなった俳優の大杉漣が、波乱の人生を歩みながらも、下を向かず、人生を楽しんでいる骨董品店の店主種田を演じています。

だらしないけど愛があって憎めないおじさんを、さすがの名バイプレイヤーとして演じきっていました

▼Huluで映画『天の茶助』はご覧いただけます。
映画『天の茶助』を今すぐ無料で見る

4.映画『天の茶助』を見るならHuluがお得!

映画『天の茶助』は、PandoraやDailymotionのサイト内で、すでに削除されてしまい、見れなくなってしまっている場合があります。

そんな時は動画配信サイトhuluが公式にアップロードをしている作品を視聴する方が安心安全です。

Huluは映画(邦画・洋画)、海外ドラマ、アニメなど、たくさんご覧いただいても視聴制限はありません。

決められた月額933円(税抜)で、配信中のタイトルは全て何回でも観ることが可能です。(一部を除く)

しかも、なんと!契約して最初の2週間は無料のお試し期間があります

この期間内に解約すれば、1円も払うことなく無料で映像コンテンツが観られるわけです。

お仕事の休日や暇な時に、映画館やレンタルDVD店に行くのがメンドウだな〜といった、あなたには!

Huluのお試し期間を使ったほうがだんぜんお得ですよ!

▼Huluで映画『天の茶助』はご覧いただけます。
映画『天の茶助』を今すぐ無料で見る

スポンサーリンク

5.Huluのメリットとは

自宅でじっくりHuluを視聴する

動画配信サイトHuluには、ご紹介している『極道の妻たち 決着』のほかにも、人気映画やドラマ40,000本が見放題のオンライン動画配信サービスです。

Huluならインターネットに接続したテレビやパソコン、またゲーム機などでHuluにある動画をお楽しみいただくことができます。

外出先など好きな場所ですぐにHuluを視聴!

Huluと契約をしておくだけで、自宅のテレビで視聴していた映画の続きを、一時停止をした場面から外出先でお手持ちのスマートフォンやタブレットを使って視聴することも可能です。

▼Huluで映画『天の茶助』はご覧いただけます。
映画『天の茶助』を今すぐ無料で見る

まとめ

本作で主人公の茶助を演じた松山ケンイチは、ドラマ「デスノート」のエル役といい、今回の茶助といい、非現実的で魅力のあるキャラクターは演じていると、松山ケンイチは鉄板の十八番ですね⁈

キャラクターが濃すぎると、どこかストーリーがぼやけたりするものですが、両方うまく調和してますよ。

俳優の松山ケンイチと監督のSABU監督が生み出したエンターテインメントな良作です。

▼Huluで映画『天の茶助』はご覧いただけます。
映画『天の茶助』を今すぐ無料で見る

Huluは過去の名作から話題の最新作まで、幅広い映画やドラマの動画が安心して楽しめるサービスです。

『天の茶助』が観られるHuluでは現在2週間無料トライアルを実施中

無料トライアル期間に解約をすれば料金は一切かかりませんし、記事でご紹介した作品以外にも映画・海外ドラマ・国内ドラマ・アニメなど、大量の作品が見放題となっています。

作品によって追加料金がかかるVOD(定額制動画配信サービス)もありますが、Huluは全作品見放題というのも安心して使えるポイントですね!

松山ケンイチがキャラクターを魅力的に演じた『天の茶助』を見るのに、パンドラTV(Pandora)やデイリーモーション(Dailymotion)で視聴するのも、1つの方法かもしれませんが、最近では動画リンクが削除されている場合も多いのです。

そこで動画がストレスなく見られる公式動画配信サイトHuluで、動画をサクサクと観られ、ウィルスなどの心配もない安心安全の高いに環境をオススメします!

▼Huluで映画『天の茶助』はご覧いただけます。
映画『天の茶助』を今すぐ無料で見る

※紹介している情報は2018年3月時点のものです。配信作品の状況が変わっている可能性もありますので、詳細は公式ホームページにてご確認ください。

関連記事

ファンタジー映画

映画『駅までの道をおしえて』あらすじネタバレと感想。キャスト陣が伊集院静の原作短編小説を“優しさ”で演じる

映画『駅までの道をおしえて』は10月14日(金)より全国ロードショー公開 作家・伊集院静の同名短編小説を、数々の話題作のプロデューサーとして活躍する橋本直樹自らが監督・脚色を手がけて映画化。 主演を務 …

ファンタジー映画

『ウィザード・バトル 氷の魔術師と炎の怪物』あらすじとキャスト!

平和を守る氷の魔術師vs炎の怪物を操る闇の魔術師!今世紀最大の戦いが幕を開ける! ロシア発、至上屈指のスケールで描く、SFファンタジーアクション超大作です。 また『オーガストウォーズ』に出演のヒョード …

ファンタジー映画

映画『僕の彼女は魔法使い』あらすじネタバレと感想。神を信じる力と愛の力で世界を守る!

「魔法、それは奇跡を起こす力」信じる心があれば誰もが奇跡を起こせる魔法使い⁈ この世には科学では説明出来ない奇跡が存在します。それは魔法の力なのでしょうか。 人の心に「奪う愛」を植え付ける黒魔法と、「 …

ファンタジー映画

実写映画『シンデレラ』ネタバレあらすじと感想考察。ディズニー作品でリリー・ジェームズが主役を演じる

どんな時も勇気と優しさを持つこと。 ゴッドマザーはそんなあなたを見守っているかもしれません。 ラブストーリーの原点であり、世界中で愛され続ける物語、ディズニーの「シンデレラ」が、比類の映像美で実写映画 …

ファンタジー映画

映画『フィッシュマンの涙』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

スポンサーリンク CONTENTS映画『フィッシュマンの涙』作品情報映画『フィッシュマンの涙』あらすじとネタバレ 魚人間の誕生 魚人間の苦悩魚人間のゆくえ 『フィッシュマンの涙』の感想と評価まとめ 映 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学