Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/09/19
Update

映画『トムボーイ』ネタバレ結末感想と考察解説。セリーヌシアマ監督が描いた“少年”になりすました少女

  • Writer :
  • からさわゆみこ

10歳の少女が“男の子になりすまし”どこまで通用するか?そんな、ひと夏の大挑戦!

映画『トムボーイ』は『燃ゆる女の肖像』で、第72回カンヌ国際映画祭の脚本賞とクィア・パルム賞を受賞した、セリーヌ・シアマ監督が2011年に製作した2作目の長編映画です。

本作はインディペンデント作品でありながら、シアマ監督の祖国フランスで劇場公開されると、30万人を動員する大ヒットを記録しました。

主人公は10歳のロール。父と妊娠中の母親、妹と新しい街に引っ越してきます。ロールは住宅街の中庭で出会った少女リザに、「ミカエル」と名乗り“男の子”として過ごし始めます。

やがて、リザはミカエルに好意を抱き始め、ミカエルもまた本来の自分と葛藤しながら、彼女との距離を縮めていきます。しかし、夏が終わり新学期が近づくにつれ、ミカエルは困難に直面していきます。

スポンサーリンク

映画『トムボーイ』の作品情報

(C)Hold-Up Films & Productions/ Lilies Films / Arte France Cinema 2011

【日本公開】
2021年(フランス映画)

【脚本・監督】
セリーヌ・シアマ

【原題】
Tomboy

【キャスト】
ゾエ・エラン、マローン・レヴァナ、マチュー・ドゥミ、ジャンヌ・ディソン、ソフィー・カッターニ

【作品概要】
『トムボーイ』はフランスで公開後、第14回ブエノスアイレス国際インディペンデント映画祭、第2回オデッサ国際映画祭などで主要な賞を多数獲得しました。

シアマ監督はインタビューで、「女の子が男の子になりすますという物語は、長いこと私の頭のなかにありました」とインタビューで答え、シナリオの作成から撮影までに4カ月、撮影期間20日間というまさに、少年少女のみずみずしいまでの短い夏をリアルに描いています。

主人公のロール(ミカエル)を演じたゾエ・エランは、ある意味、自身も主人公に近いキャラクターで、役作りには苦労がなかったと語り、作中の彼女はまさに少年そのものです。

オーディション前にサッカーをしているゾエを見たシアマ監督が、即決で彼女をキャスティングしたというほどです。映画『トムボーイ』は10年の時を経て、ついに日本での劇場公開を果たしました。

映画『トムボーイ』のあらすじとネタバレ

(C)Hold-Up Films & Productions/ Lilies Films / Arte France Cinema 2011

ある夏の日、父親は子供を膝の上にのせ、自動車のハンドルを握らせて運転のまねごとをさせます。アクセルやブレーキは父親、カーブを曲がる時には手を添えながら……。

運転してみたい“息子”とふざけてやらせてみる父親、そんな微笑ましい様子の父子は、新居のある新しい街へ向っていました。

新しい家にはまもなく出産予定の母親と、幼い妹が先に到着しています。あとから到着した“兄”は家の中を探索し、愛らしい妹とじゃれあいます。

身重でベッドで休んでいた母親は、“ロール”とその子を呼び「希望通りあなたの部屋の壁紙は青色よ。気に入った?」ロールはうなずきます。

父親はロールに「何度も引越しさせたが、ずっとここで暮らすつもりだ」と、言います。家族は転々とした生活をしていて、その暮らしに終止符をうつための引越しでした。

しばらくロールは妹のジャンヌと家の中で過ごし、身重の母が休めるようよく面倒をみます。ジャンヌを風呂に入れ髪も洗ってあげます。

風呂から上がるロールの姿は、典型的な10代の少年のようですが、男の子を象徴する“それ”はなく本当は女の子でした。ロールは自分の姿を鏡に映してみると、何かを思いますがタオルを全身に巻いて出ます。

翌日もロールはジャンヌと遊んですごしますが、中庭から子供達のはしゃぐ声が聞こえると、そっと外へ出てみます。

ロールは声のした方へ向かいますが、すでに誰もいません。その代りに1人の少女が「男の子たちならもういないわ」と声をかけてきました。

少女は“リザ”と名乗りロールと同じ10歳です。リザが名前を訊ねると、ロールはとっさに「ミカエル」と男の子の名で答えます。

以下、『トムボーイ』ネタバレ・結末の記載がございます。『トムボーイ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)Hold-Up Films & Productions/ Lilies Films / Arte France Cinema 2011

リザは“ミカエル”を連れて、男の子たちのいる場所へ連れていき紹介します。そして、みんなミカエルを男の子だと思い、一緒に遊ぶようになります。

“帽子取り”ゲームで遊ぶことになったリザは、ミカエルとの対決になると、「勝たせてあげる」とお姉さんぶりますが、なんなくミカエルは勝ってしまいます。

次に男の子たちはサッカーをはじめますが、ミカエルはリザの隣りで男の子達を眺めます。リザは一緒にやらないのか聞きますが、見ている方が好きと答えます。リザも下手だから仲間に入れてもらえないと、つまならそうに言います。

ミカエルは男の子たちの行動を観察します。上半身裸になったり、上手くいかないと“唾を吐く”そんな動作です。その晩ロールは浴室で“唾を吐く”練習をし、上半身をチェックします。

毎日、家でジャンヌと一緒に過ごしながら、外で友達とも遊びます。ある日、男の子達がサッカーをしていると、ミカエルは仲間に入れてと声をかけました。

ミカエルはサッカーが上手で、次々にゴールを決めます。そして、失敗すると唾を吐き、熱くなるとTシャツを脱いで、上半身裸でサッカーをしました。そんな姿を見ていたリザは、ミカエルに好意を抱きはじめます。

しかし、男の子たちが一斉にその辺で用を足し始めると、ミカエルも尿意をもよおします。焦ったミカエルは木の茂みの奥へ行き、用を足そうとしますが、不意に名前を呼ばれ立ち上がってしまい、失敗したところを他の子に見られてしまいました。

次の日、外に出づらくなったミカエルは、家でジャンヌと過ごそうとしますが、リザが訪ねてきます。“母親が寝ている”と、階段の踊り場で話しますが、ミカエルはリザの家で遊ぶことになりました。

ミカエルはリザの部屋で踊ったり、リザにメイクをされたりしながら過ごし家に帰ります。お化粧をしたロールの顔を見た母親は、可愛らしいロールの顔に嬉しさをにじませます。

ある日、リザが仲間達と泳ぎに行くからと誘いに来ます。ロールは一旦行かないと断りますが、泳げないのかと聞かれ、ロールは行くことに決めます。

ところがロールが持っている水着は、女の子用のワンピーススタイルです。ロールは上半身部分を切り取ってスイムパンツに加工すると、股間を膨らませるために、粘土を使って造作しました。

こうしてロールはミカエルとして仲間と湖にでかけ、泳ぎにも挑戦し友達の中ではすっかり男の子として、立ち回ることができました。

そして、そんなミカエルに積極的になっていくのがリザです。リザは誰にもみつからない場所に、ミカエルを誘うと彼女にキスをします。

数日後、リザがロールの家を訪ねてきます。この日はジャンヌしかいませんでした。リザが「ミカエルはいる?」と聞くと、ジャンヌは機転を利かして、自分しかいないと答えます。

母親と買い物に出かけいたロールが帰ってくると、ジャンヌはそっとリザが“ミカエル”はいないか訪ねて来たと教えます。

ロールはジャンヌに髪を切ってもらいながら、男の子のふりをしていることを内緒にするよう言いますが、ジャンヌは自分も一緒に遊びに連れて行くことを条件にしました。

ジャンヌは自分と同じ歳の子と仲良くなり、ロールのことを強くて優しい“兄”だと話し、根回しも完璧にこなします。しかし、いよいよロールの挑戦も切羽詰まってしまいます。

リザが新学年になるクラスの名簿を見に行ったけど、“ミカエル”の名前がなかったと話します。ロールは転入の手続きが間に合わなかっただけとはぐらかします。

また、ジャンヌが男の子に意地悪をされてケガをし、ロールが仕返しをしてケガを負わせてしまい、男の子の母親が抗議にきます。

「お宅の“息子”ミカエルから、ケガを負わされた」と言われた母は、とっさに何のことかわかりませんでしたが、ロールの顔をみて彼女の仕業だと判断して謝罪させます。

親子が帰るとロールは、母から妹まで巻き添えにして、男の子のふりなんかをなぜしたのか問い詰められます。しかし、ロールにもなぜそんなことをしたのか、明解に答えることができませんでした。

母は新学期を目前におきた珍事に奔走します。ロールにワンピースを着せ、男の子の家を訪ねて、ミカエルが“ロール”という女の子である説明をします。

そして次はリザの家です。リザはミカエルが女の子だったことにショックを受けます。

ロールはワンピースを脱ぎ捨て森の中で佇みますが、友達にみつかり本当に女の子かどうか確認すると迫られます。リザがとっさに「やめて!」と男の子たちを止めました。

男の子たちはリザに確認するよう言い、リザはロールの下半身を確認します。

やがて、母は赤ちゃんを出産しました。ロールもジャンヌも嬉しそうに迎え入れます。それでも、ロールには学校に行くという試練が残っています。

ロールがベランダでおやつを食べていると、階下にリザの姿がありました。リザはロールの嘘を許し、再び友達として受け入れました。ロールには安堵にも似た笑顔が戻ります。

スポンサーリンク

映画『トムボーイ』の感想と評価

(C)Hold-Up Films & Productions/ Lilies Films / Arte France Cinema 2011

原題の“tomboy”には、“おてんば娘”という意味があります。16世紀前半では普通の男の子で「不作法で騒がしい」意味を指していましたが、16世紀後半には、“男勝りな女の子”を指すようになりました。

『トムボーイ』はそんな男勝りのロールが、引越し先で知り合ったリザの勘違いを利用して、とっさに“ミカエル”と名乗り男の子を装ったことをきっかけに、後に引けない大ウソに発展してしまう、“ひと夏のトンデモ出来事”が物語でした。

ロールがどのタイミングで自分が、“女の子”であることをカミングアウトするつもりだったのか? そこまで計画に入れていない、その場しのぎで“なりすまし”を実行していきました。

この作品を“ジェンダーレス”をテーマにしているという見方もあるようですが、特にそれを強調するシチュエーションはありません。

親子関係も良好で、ジャンヌの面倒見も良い優しいお姉さんです。引っ越す前は男の子とばかり遊び、着る物も色の好みもどちらかと言えばボーイッシュで、新しい引越し先でリザと出会い、仲良くなったことに母は“女友達”ができたと安心します。

しかし、ロールの真意がどうだったのかは、この時点では本人にもわからないことだと思います。もし、心の面でも男の子としての自我が芽生えつつあったとすれば、無意識にリザに対し異性としての好意があったともいえるからです。

10歳の少女に心と身体の居心地の悪さが、あるのかないのか……本作ではそこまで明解に表わしていません。どちらかといえば、どこまで男の子になりすませることができるか?ロールの挑戦が重視されています。

この時点でロールの男の子っぽさは、家庭環境が男の子のように強くたくましくあることを求められ、そのまま成長したともとれるからです。

つまり、“男の子”になりすましていただけで、男の子になりたいとまでは思っていません。しかし、リザがキスしたことで、ロールに何かを目覚めさせたかもしれない……そんな憶測も拭いきれないでしょう。

ラストで新しい家族が誕生します。弟なのか妹なのかはわかりません。生まれたばかりの赤ちゃんの性別は見極めが難しく、やはりシンボルで確認するしかないでしょう。

もし、弟であればロールは男の子でいる必要がなくなり、女の子にもどれるきっかけになるやもしれません。妹であればおしゃまなジャンヌがお世話をし、ロールは男の子気分のままで2人の妹を守る、兄のような存在が続くとも思えます。

はたまた子を産む母の姿を通して、女性としての自我が芽生えたかもしれません。そのくらいにまだまだ未熟なアイデンティティの狭間で、ロールは“男の子のふり”をして騒がせたのです。

まとめ

(C)Hold-Up Films & Productions/ Lilies Films / Arte France Cinema 2011

主人公ロールは“自分は何者なのか?”、“性別は?”など、複雑な感情を持て余すほどの年齢ではありません。しかし、新しい街へ引越しがきっかけで、偶然、男の子になりすますという大きな挑戦をします。

『トムボーイ』は成り行きでついた嘘が、新学期が近づくにつれ収拾つかなくなり、ロール(ミカエル)はどうなるのか!?そんなスリリングな夏を描いていました

寛容な父と厳しい母、可愛い妹と新しい家族の中、大きな嘘がきっかけでこの先にどんな真実が待ち受けているのか? トランスジェンダーへの入口(気づき)ともとれる本作でしたが、監督の思惑は少し違います。

監督曰く「いつ正体が暴かれるのか?」というスリルを観客が、主人公と共に味わえるような仕上がりで、狙い通りそんなドキドキに魅了された映画でした。

2021年9月17日公開。東京・新宿シネマカリテより全国順次公開

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『沈黙サイレンス』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も【マーティンスコセッシ大表作】

遠藤周作の小説『沈黙』を『ディパーテッド』『タクシードライバー』のマーティン・スコセッシ監督が映画化。 マーティン・スコセッシ監督が1988年に原作を読んで以来、28年をかけて念願の映画『沈黙-サイレ …

ヒューマンドラマ映画

世界は今日から君のものキャストとあらすじ!原作はある?試写会情報も

“閉ざされた世界から、一歩踏み出す勇気を君に…。” 門脇麦さんが不器用な引きこもり女子を熱演したガーリー青春ドラマ映画『世界は今日から君のもの』をご紹介します。 (C)2017クエールフィルム スポン …

ヒューマンドラマ映画

映画Our Friend/アワー・フレンド|あらすじ感想と考察解説。エスクァイアの実話エッセーをケイシー・アフレック×ダコタ・ジョンソンが熱演

映画『Our Friend/アワー・フレンド』は10月15日(金)より新宿ピカデリー、シネスイッチ銀座ほか全国ロードショー! 妻の死に向き合う家族と、彼らを支えようとする親友との、愛と葛藤の姿を描いた …

ヒューマンドラマ映画

映画『ソング・トゥ・ソング』あらすじと感想評価レビュー。キャストの人気俳優らをクリエイションの場に引き込む手法で描く

映画『ソング・トゥ・ソング』は2020年12月25日(金)より新宿シネマカリテ、ヒューマントラストシネマ渋谷ほか全国順次ロードショー! ある男女4人の交差する姿から、音楽を背景としてその間に絡み合う感 …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】空飛ぶタイヤ|ラスト結末の考察解説。爽快感で実話を超えた魅力とは⁈《本木克英監督×長瀬智也おすすめ代表作》

大企業によるリコール隠しを巡る、さまざまな人々のドラマを描く、映画『空飛ぶタイヤ』は2018年6月15日から全国公開されました。 この作品は個性豊かな演技派の俳優が多数集結しました。 今回は映画『空飛 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学