Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画ファウンダーあらすじ!マクドナルド創業者をマイケルキートンが怪演

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

『バードマン』にてアカデミー賞主演男優賞ノミネートされるも、まぬけなほどに見事に逃してしまったマイケル・キートン。

あらかじめ用意した受賞コメントなどよりも、彼のファンとしては、またもマイケル・キートンの怪演が見られる方が痛快だ!

マクドナルドを創った兄弟を支配した男『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』をご紹介します。

スポンサーリンク

1.映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の作品情報

【公開】
2017年(アメリカ映画)

【監督】
ジョン・リー・ハンコック

【キャスト】
マイケル・キートン、ニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチ、リンダ・カーデリニ、パトリック・ウィルソン、B・J・ノバク、ローラ・ダーン

【作品概要】
『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』でアカデミー主演男優賞ノミネートに終わったマイケル・キートンが、マクドナルド創業者レイ・クロックを怪演する実話をもとにした作品。

主人公レイ・クロックの妻エセル役をローラ・ダーン、マクドナルド兄弟役をニック・オファーマン、ジョン・キャロル・リンチが演じています。

監督は『しあわせの隠れ場所』『ウォルト・ディズニーの約束』のジョン・リー・ハンコック。

2.映画『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』のあらすじ


(C)2016 Speedee Distribution, LLC. All Rights RESERVED

1954年アメリカ。52歳のレイ・クロックはシェイクミキサーのセールスマンとして、中西部を営業で回っていました。

ある日、ドライブインレストランから8台のオーダーが舞い込みます。

レイはどんな店なのか興味を惹かれ、そこに向かうと、ディック&マックのマクドナルド兄弟が経営する、カリフォルニア州南部にあるバーガーショップ「マクドナルド」でした。

合理的な流れ作業のスピードサービスのシステムや、コスト削減と商品管理の画期的なコンセプトのアイデアに勝機を見出したレイ。

彼は壮大なフランチャイズビジネス思いつき、兄弟を説得して契約を交わします。

次々に「マクドナルド」のフランチャイズ化を成功させていきますが、利益に追求するレイと兄弟の関係は急速に悪化。

やがて、レイは自分だけのハンバーガー帝国を作るために兄弟と全面対決へと突き進んでしまう…。

スポンサーリンク

3.マイケル・キートンの俳優人生は怪演そのものだ!


(C)2016 Speedee Distribution, LLC. All Rights RESERVED

マイケル・キートン(Michael Keaton)1951年9月5日に生まれアメリカ合衆国ペンシルベニア州出身の俳優。

本名はマイケル・ジョン・ダグラスといい、スクリーンネームである「キートン」は、サイレント映画No.1のコメディアンのバスター・キートンから由来したものです。

ケント州立大学を2年で退学するとスタンダップコメディアンやテレビカメラマンの経験して、コメディ番組でジェームズ・ベルーシらとも共演するようになります。

1982年に『ラブ IN ニューヨーク』でスクリーンデビューを果たして、以降の1983年に『ミスター・マム』などに出演。

マイケル・キートンの怪演ビートルジュースは圧巻!


初めて知名度を挙げ注目された作品は、1988年のティム・バートン監督の『ビートルジュース』で、エキセントリックな役を演じました。

その後もティム・バートン監督と一緒に出世街道を突き進み、1989年に『バットマン』と、1992年に続編『バットマン リターンズ』でもタッグを組みました。

また、2014年に『ロボコップ』や『ニード・フォー・スピード』などのアクション大作の悪役として存在感を発揮。

さらには同年の『バードマン あるいは(無知がもたらす予期せぬ奇跡)』では、自らの代表作『バットマン』を彷彿させるパロディ的な役柄を演じて、ゴールデングローブ賞映画部門の主演男優賞(コメディ/ミュージカル)を受賞や、ナショナル・ボード・オブ・レビューの最優秀男優賞を受賞しました。

このように振り返ってみると、コメディアンとしての一面や、怪演俳優としての活躍が目立つのがマイケル・キートンの存在力そのものです。

今から公開待ち遠しい『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』でも、マイケル・キートンはファンの期待を裏切ることはないでしょう。

4.公開前にレンタル視聴のお薦め!『スーパーサイズ・ミー』

スーパーサイズ・ミー』は、モーガン・スパーロック監督によるドキュメンタリー映画

監督自ら実験台になって1日3食をマクドナルドのファーストフードを食べたら、人体にはどんな影響があるかを体験していく異色の作品です。

馬鹿げているようですが?大真面目!
第77回アカデミー賞長編ドキュメンタリー部門ノミネート作品!

肥満症に悩むティーンエイジャーたちがマクドナルド社を訴えると、マクドナルド側が安全性の主張を反論するニュースを見たスパーロック監督。

彼は”30日間1日3食マクドナルドにあるものしか食べない”、”スーパーサイズを勧められたら決して断らない”などのルールを決めて、過激で命がけの実験に挑む様子が見られます…。

映画通のあなたなら、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』の鑑賞前にチェックして観ておくと、さらにマクドナルド創世映画が楽しめるはず!

スポンサーリンク

5.まとめ

記事冒頭の『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』予告編では、「知りたいだろう?」「どうやって世界一のファウンダーにのぼり詰めたのか」と、観客に語るレイ・クロック役のマイケル・キートン。

また、「きれいごとだけでは夢は絶対に叶わない」というナレーション。

成功のためなら手段を選ばずに飽くなき野望を抱いたレイは、英雄か?怪物か?

ジョン・リー・ハンコック監督は『ウォルト・ディズニーの約束』『しあわせの隠れ場所』と実話を手がけた作品で腕前を見せる演出家です。今回はどんな隠された真実を見せてくれるのでしょう。

アメリカ全土で上映された圧倒的な怪優マイケル・キートンのハイテンション!

いよいよ、『ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ』は7月29日(土)より角川シネマ有楽町、角川シネマ新宿、渋谷シネパレスほか全国にて公開です。

世界中を制覇したハンバーガー帝国の“誰も知らない誕生の事実”が暴かれる!

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『生きちゃった』ネタバレ感想と結末ラスト考察。タイトルの意味に変化が起きて観客それぞれにメッセージは託される

映画『生きちゃった』は人によって解釈の違うタイトル。 高校時代からの友人である3人の男女が、それぞれ複雑な感情を隠し、悲劇的とも言える運命に直面する映画『生きちゃった』。 『川の底からこんにちは』(2 …

ヒューマンドラマ映画

『サンセット大通り』あらすじネタバレと感想。映画結末の大女優の鬼気迫る演技は必見

ハリウッドを舞台にした近年の映画といえば、夢を追う男女の恋を描いた『ラ・ラ・ランド』が記憶に新しいですが、今回ご紹介するのはハリウッドの光と闇を描いた『サンセット通り』。 映画史に輝く普及の名作の魅力 …

ヒューマンドラマ映画

映画『娼年(しょうねん)』あらすじとキャスト。公開する劇場情報も

舞台版のコンビ、監督・三浦大輔と主演・松坂桃李が再び! 過激な性描写と濃厚な人間ドラマが映し出される、R18指定の話題作。 4月6日(金)TOHOシネマズ他全国ロードショーの『娼年』をご紹介します。 …

ヒューマンドラマ映画

黒澤明映画『生きる』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。リメイク版公開前にオリジナル版の魅力を解説

黒澤明監督が描いた、ヒューマンドラマの頂点にして最高傑作『生きる』。 世界な映画監督として今もなお影響を与え続けている巨匠・黒澤明が、1952年に公開した人間賛歌の映画『生きる』。 映画以外のリメイク …

ヒューマンドラマ映画

『億男』ネタバレ感想。映画と原作の違いを徹底解説。お金の意味と運用の金言書の紹介も

あなたは、お金とどう付き合っていますか? お金で買えるもの。お金じゃ買えないもの。分かっているようで分かっていないお金のこと。 『億男』の原作は、2014年に雑誌『BRUTUS』で連載された後、刊行さ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学