Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/07/08
Update

映画『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』ネタバレ結末感想とあらすじ解説。原題の意味から読み解く隠されたメッセージ

  • Writer :
  • 鈴木めい

リリー・ジェームズとジェイ・コートニーが共演の映画『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』

第二次世界大戦下のオランダ、ドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世が亡命している公邸に、ナチス政権から派遣された一人のドイツ人将校がやってきます。

帝政復古への野望やその動向監視といった使命を背景に、善悪を超えた「信念」が交差するとき明日への希望が生まれる戦争ヒューマン映画『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』。

『シンデレラ』のリリー・ジェームスが本作では色香ある大人の女性で公邸に務めるメイドを演じ、『スーサイド・スクワット』のジェイ・コートニーと共演。

そしてヴィルヘルム2世を、『ゲティ家の身代金』『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』などの名優クリストファー・プラマーが重厚感を見せて演じています。

スポンサーリンク

映画『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』の作品情報


(C)2016 Egoli Tossell Film

【公開】
2017年(アメリカ・イギリス合作映画)

【原作】
The Exception

【監督】
デイビッド・ルヴォー

【キャスト】
リリー・ジェームス、ジェイ・コートニー、ジャネット・マクティア、クリストファー・プラマー、ベン・ダニエルズ、エディ・マーサン、アントン・レッサー、マーク・デクスター、マーティン・サベッジ

【作品概要】
『シンデレラ』のリリー・ジェームス、『スーサイド・スクワッド』のジェイ・コートニーが演じる女性スパイとドイツ人将校との許されざる恋愛を軸に描かれる戦争ヒューマンドラマ。

第二次世界大戦中、オランダに亡命したドイツ最後の皇帝ヴィルヘルム2世の帝政復古への動きを監視する為、皇帝護衛隊の隊長として赴任したナチスドイツの将校ブラント。公邸に仕えるメイドのミーケと恋に落ち、互いに戦時下の緊張や孤独を埋めるように二人は求め合うようになり…。

ドイツ皇帝役には、『サウンド・オブ・ミュージック』で知られ、『ゲティ家の身代金』『ナイブズ・アウト 名探偵と刃の館の秘密』などの名優クリストファー・プラマー。

映画『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』のあらすじとネタバレ


(C)2016 Egoli Tossell Film

第二次世界大戦中、ドイツの先の皇帝ヴィルヘルム2世はオランダに亡命していました。ナチス政権はヴィルヘルム2世の帝政復古への動きを監視する為、ドイツ人将校のブラントを皇帝護衛隊の隊長として赴任させます。

ブラント大尉はまた、ヴィルヘルム2世のもとに潜んでいるとされる英国のスパイを突き止める任務を負っていたのでした。

公邸に赴任した当日、ブラント大尉は皇帝の晩餐会への招待を届けにきたメイドのミーカと出会い肌を重ねようとしますが、過去に負ったブラント大尉の傷が痛み実現できずに終わります。

そして晩餐会の夜、ブラント将校が部屋に戻るとミーカが待ち受けており、彼女がリードする形で交わり二人は関係を深めていきます。

その後、英国のスパイの所在を捜査することを目的に、ブラント大尉は公邸内の部屋に移ります。本来、公邸内では男女の肉体関係はご法度とされていましたが、一つ屋根の下で暮らすなかで、ブラント大尉とミーケの二人は人目を忍び逢瀬を続け互いの心を通わせ合います。

愛を交わすなかでブラント大尉の体の傷が榴散弾の傷であることを知り、ミーケは自らユダヤ人であることを告白します。それでも彼は「いずれ人は死ぬ」と彼女がユダヤ人であることを受け入れます。

一方でメイドのミーカは買い出しに出る度に村の中央にある教会に立ち寄り、牧師と秘密の会談を実現させていたのでした。英国のスパイはミーケであり、彼女はヴィルヘルム2世を暗殺する使命を負っていたのです。

村の中央から発信される無線信号を傍受したナチス政権の秘密警察(ゲシュタポ)も公邸にやってきては、英国のスパイ検挙に躍起となるのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』ネタバレ・結末の記載がございます。『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

そして、ある日、ブラント大尉はスパイ検挙の為にやってきたゲシュタポのディートリヒ警部補から、公邸にナチス親衛隊(SS)のトップであるハインリッヒ・ヒムラーが訪問してくることを聞かされます。

ヒムラーの訪問に備え準備が進む中、ブラント大尉はミーケの部屋から硝煙の臭いがしたことで彼女に不審を抱き、彼女を尾行し教会で牧師と密会する現場を目撃し苦悩します。自分の父と夫を殺された過去を持つミーケは牧師にヒムラー暗殺を提案するも、密会後に牧師はゲシュタポに逮捕されてしまいます。

ミーケがスパイであると確信しつつもブラント大尉はミーケに求婚します。しかしユダヤ人あるミーケは、誰も自分を守ることはできないと、それぞれに使命を果たすべきだと断ります。

一方、ヴィルヘルム2世と会談したヒムラーは、皇帝にベルリンに戻っての復位を持ちかけます。実際には、ドイツ国内の帝政支持者を一掃するための罠であることをヒムラーはブラント大尉とディートリヒ警部補に伝えます。

それを聞いたブラント大尉は、ヴィルヘルム2世の副官イーゼマン大佐に復位の話が罠であることを密告します。

逮捕された牧師は拷問に耐えられず、ついには公邸内のスパイの存在を暴露します。それを知ったブラント大尉はミーケに逃げるように告げますが、ミーケは自身の使命を果たす為ヴィルヘルム2世にイギリスのチャーチル首相からのメッセージを伝えます。

チャーチルはヴィルヘルム2世にイギリス亡命とナチスドイツ敗北後の復位の話を提案しますが、ヴィルヘルム2世はこの提案を断り、オランダに残ることを決めるのでした。

ミーケからのメッセージを受け取った後、ヴィルヘルム2世は心臓発作で倒れます。その状況を利用し、ヴィルヘルム2世を病院へ運ぶ車にミーケを乗せブラント大尉は彼女を逃がそうとします。

別れ際、ブラント大尉は「結婚してほしい」と改めてミーケにプロポーズし、彼女は戦争が終わったら迎えに来てほしいと言って別れます。

ベルリンに戻ったブラント大尉は、赤十字から小包を受け取ります。封を開けるとそこには一冊の本「善悪の彼岸」(ニーチェ著)があり、ミーケの住所が記されていました。

ミーケが無事であることをブラント大尉はヴィルヘルム2世に電話で伝えます。一方、英国に戻ったミーケはお腹にブラント大尉の子を宿し、チャーチルとの面会に赴くのでした。

スポンサーリンク

映画『偽りの忠誠 ナチスが愛した女』の感想と評価


(C)2016 Egoli Tossell Film

本作はデイビッド・ルヴォーの初監督作品となります。

第二次世界大戦下とは思えない美しいオランダの館の風景とともに、帝政時代の輝きを忘れられないヴィルヘルム2世とその妻、そして無垢な子供までを殺戮した現場を経験した苦しみを持つブラント将校、父親と旦那をナチスに殺されたミーケ、それぞれの思惑と使命が交差する中で、それぞれの人間性が細やかに描かれています。

静かに展開される人間模様の大半のシーンがヴィルヘルム2世の公邸が舞台に繰り広げられますが、秀逸なカメラワークにより常に奥行きのある撮り方から、その場の緊迫感や吐息を感じられそうな距離感が臨場的に伝わってくる映像美となっています。

邦題の「偽りの忠誠」からは、ナチスに反抗したようなストーリーイメージを連想させますが、実際には忠誠心だけではない人間としての深いところが描かれる戦争映画となっています。

実際、原題の『The Exception』はナチス政権が是とする当時の正義に反し、人の豊かさ尊厳を尊重し神の存在のもと信念を持ち続ける人たちのことを指しています。

また、ブラント大尉とミーケが夜を共に過ごすシーンやラストシーンで登場するニーチェの「善悪の彼岸」。その著書の中でニーチェが謳うのは、近代的個人の危険な状態と衝突することを恐れない積極的なアプローチであり、諸前提を盲目的に受け入れてはいけないというスタンスが本作の隠れたメッセージとなっているといえるでしょう。

非人道的かつ不条理な状況下でも「人」としての信念を持ち、正しいと思えることを選択し行う。それは現代にも通じるテーマです。

まとめ


(C)2016 Egoli Tossell Film

第二次世界大戦中のナチス政権を背景にした映画は多くありますが、本作は戦時下の人間模様がサスペンスタッチに繰り広げられていることで、戦争ドラマを敬遠する人にも重い気分になることなく見られる作品となっています。

本作でリリー・ジェイムズは、これまでの可憐なイメージから脱皮するようにヌードを披露したラブシーンにも挑戦しています。

それに呼応する形のジェイ・コートニーが醸し出す色気と男の包容力。戦時下の不安や孤独からお互い求め合う二人のラブシーンは、緊迫感の中にも人と人が肌を重ねて覚える安心感を映し出し、人間らしい温かみのある情景がラブロマンスとしての華を添えています。

ヴィルヘルム2世の妻を演じるジャネット・マクティア、イーゼマン大佐を演じるベン・ダニエルズをはじめとする脇役陣も素晴らしく、いぶし銀のような存在感で戦争ヒューマンドラマとしての脇を固めています。

言わずもがな、名優クリストファー・プラマーが演じるヴィルヘルム2世は、その毅然とした風貌からまるで本人を見ているような錯覚を覚えるほど。第二次世界大戦下の歴史の一端を知る上でも、是非興味を持ってご覧ください。

関連記事

ヒューマンドラマ映画

『とんび』映画化原作小説のあらすじネタバレと結末感想。泣ける名言によるヤスさんの我が子への不器用な愛し方

重松清の小説『とんび』が2022年4月8日(金)に初の映画化! 重松清のベストセラー小説『とんび』。累計発行部数60万部を突破したこの小説は、これまでに2度ドラマ化され、ついに初の映画化が実現しました …

ヒューマンドラマ映画

ジョニー・デップ映画『ネバーランド』あらすじネタバレ結末と感想評価。ピーターパンの原作本を書いた際の背後にあったエピソードとは?

マーク・フォースター監督とジョニー・デップで描いた映画『ネバーランド』 世界中で数多くの人たちに今も愛されている「ピーター・パン」の物語。 この物語が生まれるきっかけになった実話を背景に、夢見ることの …

ヒューマンドラマ映画

映画『枝葉のこと』あらすじと感想レビュー。二ノ宮隆太郎監督紹介も

第70回ロカルノ国際映画祭や第47回ロッテルダム国際映画祭に出品され、海外でも好評を博した二ノ宮隆太郎監督の映画『枝葉のこと』。 シアター・イメージフォーラムにて2018年5月に公開。 劇場デビュー作 …

ヒューマンドラマ映画

『テリーギリアムのドンキホーテ』ネタバレ解説と内容評価。“呪われた映画”は作家自身の鏡写し

「史上最高の文学100選」で1位に輝いた小説を苦節30年を経て映画化 夢に生きる男と現実に生きる男による遍歴の旅を描いた摩訶不思議なロードムービー『テリー・ギリアムのドン・キホーテ』。 映画製作が長き …

ヒューマンドラマ映画

映画『ミアとホワイトライオン』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。少女の友情をCGを使用せずに“南アフリカの社会問題”として描く

少女とホワイトライオンの友情をCG未使用で描く感動ドラマ。 映画『ミアとホワイトライオン 奇跡の1300日』が、2021年2月26日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかで全国順次公開されます。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学