Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2018/10/10
Update

映画『だれかの木琴』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【常盤貴子&池松壮亮】

  • Writer :
  • 田中比奈

ある美容師が平凡な主婦の髪に触れた事をきっかけに、ふたりの日常は何か逆らえない力によって狂わされていく…。そんな日常狂気映画『だれかの木琴』をご紹介します。

“これを観れば女の気持ちが分かる!”と言うのは少し大げさですが、女性同士のやり取りなどや、そこで垣間見られる機敏には静かな迫力がある作品です。

ベテランの東陽一監督ならではの観察眼と、演技派俳優の常盤貴子と池松壮亮の初共演で描かれた、主婦の心にある狂気とは?

スポンサーリンク

映画『だれかの木琴』の作品情報


(C)2016「だれかの木琴」製作委員会

【公開】
2016年(日本映画)

【配給】
キノフィルムズ

【監督】
東陽一

【キャスト】
常盤貴子、池松壮亮、佐津川愛美、勝村政信、山田真歩、岸井ゆきの、木村美言、小市慢太郎、細山田隆人、河井青葉、螢雪次朗

【概要】
原作は井上荒野の小説『だれかの木琴』。監督は『わたしのグランパ』『サード』などで知られる東陽一。

美容師へのストーカー行為を繰り返す主婦の姿が描かれた作品で、キャストは主婦の親海小夜子役に常盤貴子演じ、美容師の山田海斗役は池松壮亮が務め、ふたりの初共演作品。池松壮亮が実際に常盤貴子の髪を切った事も一部で話題となりました。

映画『だれかの木琴』のあらすじとネタバレ


(C)2016「だれかの木琴」製作委員会

どこかの地方都市を思わせる郊外の街。美容室MINTに勤める美容師・山田海斗(池松壮亮)のもとに新しい客・親海小夜子(常盤貴子)が訪れます。

「感じの良いお客さんだった」と振り返る海斗。

その日の内に海斗から営業メールが来た為、何気なくお礼のメールを返す小夜子。

海斗は営業メールに返信が来た事を驚きつつ、気を良くしたのか更に返信。

メールには「こいつにお任せ下さい」と自前のシザーの写真を添付しました。

翌朝になり、「メールで写真が送れるのか」と家族に尋ね、笑われる小夜子。

主婦である小夜子には、サラリーマンの夫・光太郎(勝村政信)と中学生の娘かんながいました。

親海家はMINTの近隣に引っ越してきたばかりでした。

二人が出掛けた後、まだ家具が揃っていない親海宅に夫婦用のベッドが届きます。

小夜子はひとりベッドに横たわり、光太郎が自分を愛撫し、海斗の手が髪に絡みつく妄想に耽りました。

一方の海斗には、小夜子から新しいメールが届きます。

文面は雑談ですが、ベッドの写真が添付されており「赤の他人にこんな写真を?」と訝しむ海斗。

海斗は恋人の唯(佐津川愛美)に相談するも、唯は「誘ってんだよそれ」と不安がります。

最初の来店からわずか二週間後、小夜子は再びMINTを訪れ「同窓会の為に綺麗にしたい」と説明。

カット中の会話の流れで、海斗は自宅の近くに「ふくろう」というひいきの居酒屋があること、自宅はメゾネットタイプである事を教えました。

「好い声ね」とうっとりする小夜子に、内心白ける海斗。

同窓会の後は、やはりお礼のメールが来るものの、海斗は不安を感じ始めます。
 
そしてある日の昼中、小夜子は家族に理由を偽って外出。居酒屋ふくろうの場所を、更にその近辺のメゾネットタイプのアパートを調べ回ります。

その夜、帰宅した海斗は、玄関のドアノブにビニール袋が下がっているのを見つけます。

中にはイチゴのパック、そして小夜子が書いた「買いすぎたのでどうぞ」との手紙。

一方小夜子の家族も、美容室MINTと海斗の存在に気づき始めます。

娘かんなは小夜子の名刺を見てMINTへカットに行き、たまたま担当になった海斗を気に入りますが、光太郎は小夜子の行動に違和感を覚えて生きます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『だれかの木琴』ネタバレ・結末の記載がございます。『だれかの木琴』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2016「だれかの木琴」製作委員会

ある日、小夜子は通りがかった振りをし、海斗の休日を狙って家を訪問。しかし海斗は、偶然、唯と一緒にいました。

内心怒り心頭だった唯は「一度ぜひお会いしたかったんです」など笑顔で皮肉を連発、小夜子はいたたまれずに帰ります。

帰宅してすぐ熱を出した小夜子を見て何かを感じたのか、娘かんなは父親である光太郎に「外からじゃなくて、家の中で怖いことが起こったらどうすればいいの?」と尋ねます。

海斗はMINTの店長に相談しますが、親身にはなってくれるものの「担当って特別な存在なんだよ」と担当の変更には応じてもらえません。

そして海斗自身、客である小夜子にはできる限り誠意を尽くそう、穏便に対応しようとします。

一方の小夜子は唯が店員をしているゴスロリのブランドショップを見つけ出し、動揺する唯を尻目に高価なドレスを購入。ドレスは一回も袖を通さず海斗宅の玄関先に捨ててしまいます。

そして突然MINTに来店し、長かった髪をばっさり切ってほしいと要求。カットしたその足でふくろうへ行き、居合わせた唯を挑発し殴られます。

度重なる小夜子の不審な態度に、光太郎も娘かんなも、小夜子と海斗の不倫関係を疑い始めていました。

光太郎は小夜子を追求するなど、はっきりした行動に移すことはできずに、逆に光太郎は行きずりの女と関係を持ちます。

両親の不穏な変貌。娘かんなは耐えきれず小夜子を問い詰めますが、「私はいつもあなたのお母さんじゃない」と突っぱねられ、不倫を確信。

海斗に母親とは会わないでほしいとの手紙を出しますが、何の意味もありませんでした。

ついにある夜、光太郎は小夜子に真実を打ち明けるよう促しますが、要領を得た答えはありません。

そこへ更に、海斗を無理矢理に連れた唯が押し掛けてきます。

待ち構えていたかのように冷静な小夜子を見て、唯は更に激高。小夜子はストーカーだと怒り狂う唯に対し、光太郎は家族を守る為、毅然と話し合いを拒否。結局、海斗が唯を連れて帰りその場は終わります。

その後、夫婦は言葉を交わせず、同じソファに座り、メールでやりとりをします。

『ごめんなさい。迷惑掛けて』『ごめん。仕事ばかり考えてた』…『私には、光太郎さんしかいない』…。

結局、その日を境にストーカー騒ぎは収まり、親海家と海斗の関わりは消えました。

しかし海斗と唯の関係も、親海宅に押し掛けた唯を海斗が怒った為に疎遠になりました。

海斗は美容師のコンクールに出ようと新たな決意を抱き、街に住み続けます。小夜子のトラウマは残りながら…。

一方の小夜子はある日、光太郎から「以前、家に招いた部下が君の料理を褒めていたよ」と知らされます。

そして彼女は海斗の時よりも流暢な手つきで、その部下にメールを打ちはじめます。

スポンサーリンク

映画『だれかの木琴』の感想と評価

結局、小夜子とは何者だったか?


(C)2016「だれかの木琴」製作委員会

いったい何故、主婦の小夜子はストーカー行為に及び、あそこまで海斗に執着したのか。

家庭が壊れそうになってまで何を求めていたのか。その答えは映画には提示されていません

しかも、ただ誰かに執着を抱くようなストーキングと違い、小夜子からは海斗への愛情は一切感じることもないのです。

小夜子は時折エロチックな妄想に囚われますが、妄想の相手はいつも夫の光太郎であって、海斗そのものではありません

何だったら手だけ借りるわね、という感じで、小夜子はいつも海斗の手だけを妄想に補完します。

そしてこの妄想と現実の区別を曖昧にするように、たびたび幻想的なシーンが挟まれます。

同時に流れるケルト音楽も実に神秘的かつルナティック。まるで現実が小夜子の世界観に浸食されているようで、本作を見つめる観客すら奇妙にまどろみが漂うような気分にさせられます。

原作小説では、ごく普通の主婦である小夜子が小さなきっかけを重ねてストーカーに転落するのに対し、東陽一監督によって映画化された小夜子は、元々その資質を持っていたように描かれています。

物語と共に進んでいく小夜子の美しさも相まって、その印象は強烈です。

夫の光太郎も小夜子の問題というより、小夜子自身を畏怖し距離を置いているかのようです。小夜子はその様子を、一種の愛情と諦めを込めた表情で見ているのです。

小夜子のモノローグ(独白)から見えること


(C)2016「だれかの木琴」製作委員会

「空き家なのに人の気配がした。中に小さな女の子がいる、と思った。幼い女の子。でたらめに木琴を叩いたり、こすったり。あの女の子は、自分の中の音楽を探しているんだ。自分自身が一つの音楽になりたい。でもできない。そのことに苛立ってる。あそこにいるのは私だ。幼い時の私だ。」

これは物語に関係なく突然語られています。何の意味があるのでしょうか?
  
別のシーンでは「女の本質は狂気だって何かで読んだ事あるぞ」という台詞がありますが、これはジャック・ラカンの言葉を指しているのでしょう。

「男性は本質的に女性を希求し、女性は本質的に狂気を希求する」

ラカンの説では人間の欲望は他者の影響を受けるとのことですが、これはもっと根源的な欲求なのかもしれません。

空き家とは、欲望に振り回される空虚な自分の肉体。木琴をたたき音そのものになりたいという「幼い私」は狂気を求めている。と言い切るのは乱暴ですが、そう考えることもできるのではないでしょうか。

ラストシーン、迷いもなくメールを出した小夜子は、もう一歩「求めるもの」に近づいたのではないでしょうか。

そうして周囲がどんなに吹き荒れようとも、小夜子自身は台風の目のように静かに佇んでいます

それは小夜子にとって眠ったり食べたりするのと同じように、ごく自然なことなのです。

まとめ


(C)2016「だれかの木琴」製作委員会

本当の狂気は、木琴のように無邪気で心地よい音なのかもしれない。あなたの隣人は大丈夫?

よく耳を澄ませると、あなた自身の中で音はしていない?カラリ、コロリ…、という感じの静かなサイコものとして筆者は楽しみましたが、予告編からサイコ・サスペンスやスリラー映画を期待した方は、少し肩透かしを食らうかもしれません。

しかし、女性の危うさやその魅力を追求してきた東陽一監督らしい映画であり、ストーカーという存在について原作小説とは全く違った解釈が楽しめます。

登場人物の会話や仕草の端々から、様々な想像をさせる余白を持った作品。ぜひ映画を語り合える友人との鑑賞をオススメします。

個人的には佐津川愛美に嘲笑された常盤貴子が雨の中を帰っていくシーンは必見

スポンサーリンク

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『億男』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【佐藤健&高橋一生】

映画『億男』は2018年10月19日(金)よりロードショー! 『世界から猫が消えたなら』で知られる川村元気の小説を『ハゲタカ』『るろうに剣心』の大友啓史監督が映画化。大友監督は『ハゲタカ』以来の“お金 …

ヒューマンドラマ映画

映画『レディ・バード』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

女優グレタ・ガーウィグの初単独監督・脚本作で、第90回アカデミー賞で作品賞・監督賞・主演女優賞・助演女優賞・脚本賞の5部門にノミネートされた、映画『レディ・バード』。 『フランシス・ハ』『20センチュ …

ヒューマンドラマ映画

映画『月と雷』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

直木賞作家・角田光代の小説『月と雷』が映画化され、監督を『海を感じる時』の安藤尋監督が務めたヒューマンドラマとして公開されました。 主演には初音映莉子、高良健吾を向かえ、田舎町で起こる「普通ではない」 …

ヒューマンドラマ映画

映画チャーチル ノルマンディーの決断|のあらすじとキャスト。上映館情報も

映画『チャーチル ノルマンディーの決断』は8月18日(土)より、有楽町スバル座、新宿武蔵野館ほかにて全国順次公開。 アカデミー賞を受賞した『ウィンストン・チャーチル ヒトラーから世界を救った男』で描か …

ヒューマンドラマ映画

映画レイジー・ヘイジー・クレイジーあらすじとキャスト!公開日はいつ?

2015年に東京国際映画祭「アジアの未来」にて、アジア発の新進気鋭監督を発掘する部門で上映された『レイジー・ヘイジー・クレイジー』を紹介します。 エロ可愛いくって、それでいて繊細な乙女心を見せてくれる …

最新映画を観るならU-NEXT
【Cinemarche独占】映画『ウスケボーイズ』公開記念・橋爪功インタビュー|役作りと2018年の今を語る
【Cinemarche独占】映画『薄墨桜 -GARO-』公開記念・朴璐美インタビュー|役作りと2018年の今を語る
映画『斬、』塚本晋也監督インタビュー|時代劇で現代を描いた真意とは
【Cinemarche独占】映画『キラキラ眼鏡』主演・池脇千鶴インタビュー|役作りや撮影現場での思い出を語る
日本映画大学
ニューシネマワークショップ
東京国際映画祭|Tokyo International Film Festival
国内ドラマ情報サイトDRAMAP