Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/09/30
Update

『桜色の風が咲く』あらすじ感想と評価解説。小雪12年ぶりの主演は息子と二人三脚で奇跡を起こす母の役

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『桜色の風が咲く』は2022年11月4日(金)よりシネスイッチ銀座、ユーロスペース他にて全国順次ロードショー

世界で初めて盲ろう者の大学教授となった、東京大学先端科学技術研究センター教授の福島智(ふくしまさとし)と母の軌跡を描く『桜色の風が咲く』が2022年11月4日(金)よりシネスイッチ銀座、ユーロスペース他で全国順次公開となります。

監督は『パーフェクト・レボリューション』(2017)の松本准平。

『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005)の小雪が、母・令子役で12年ぶりに映画主演を務めます。青年期の智役には『朝が来る』(2020)の田中偉登。

真っ暗な世界に閉じ込められた青年が光を見つけだすまでの軌跡が温かなタッチで描かれます。

スポンサーリンク

映画『桜色の風が咲く』の作品情報


(C)THRONE / KARAVAN Pictures

【公開】
2022年(日本映画)

【脚本】
横幕智裕

【監督】
松本准平

【編集】
出野圭太

【出演】
小雪、田中偉登、吉沢悠、朝倉あき、リリー・フランキー

【作品概要】
9歳で失明し、18歳で聴力を失いながらも世界初の盲ろう者の大学教授となった福島智と、彼を支えた母・令子の実話を基に描くヒューマンドラマ。

監督は『パーフェクト・レボリューション』(2017)の松本准平。

智の母・令子を『ラストサムライ』(2003)『ALWAYS 三丁目の夕日』(2005)の小雪が好演。12年ぶりに映画主演を務めます。

青年期の智役を演じるのは『朝が来る』(2020)の田中偉登。

吉沢悠、朝倉あき、リリー・フランキーら実力派が脇を固めます。

映画『桜色の風が咲く』のあらすじ


(C)THRONE / KARAVAN Pictures

教師の福島正美と令子の夫婦は3人の息子に恵まれ、幸せに暮らしていました。

正月にふたりは末っ子の智の両目が赤いことに気づきます。正月休みが終わり落ち着いてから眼科を受診すると、失明の恐れがあることがわかります。

検査の結果、その当日に手術を受けますが、右目の視力は戻らないことを告げられました。

智はすくすくやんちゃに元気に成長します。しかし9歳の時、見えている方の左目も見えづらくなり、治療が始まりました。

令子は病院で智に付きっきりとなります。家事と仕事の両立に疲れ果てた正美から、自宅にも少し戻るようにと言われた令子は、智の苦しみを見ている毎日の辛さや、上の息子への申し訳なさを抱えた苦しい胸の内を夫にぶつけます。

正美は令子の苦しみを理解し、寄り添うようになりました。

智の左目もやがて見えなくなることを告げられた夫婦は、見える間に少しでもいろいろなものを見せてやりたいという思いから、家族旅行に出かけます。花畑や海を見た智は喜びました。

その後、全盲となった智は変わらず陽気でやんちゃな性格のまま成長し、東京の寄宿制の盲学校に通うことになります。

お互いにお互いの人生を歩み始めた一家でしたが、やがて智は聴力も次第に失っていきました。

目も見えず耳も聞こえなくなった智。暗闇の中に取り残された彼に思いを伝えたい令子は、指先に点字と同じようにタッチする「指点字」を思いつき…。

スポンサーリンク

映画『桜色の風が咲く』の感想と評価


(C)THRONE / KARAVAN Pictures

光に向かって歩み続ける母と子の軌跡

東京大学先端科学技術研究センター教授の盲ろう者・福島智氏の半生を温かな視線で描き出した一作です。

3歳で右目を、9歳で両眼を失明した上、18歳で聴力も失った青年・智が、困難に負けることなく夢を追い続けた実話が描かれます。

智を支える母・令子を演じるのは、本作が12年ぶりの映画主演となる小雪です。実生活でも3人の子どもの母となった彼女が、ブランクを感じさせない変わらぬ美しさで円熟味ある演技を披露しています。

幼い息子の目に異常があるとわかってから、病状が判明するまでの苦悩はあまりにも深く、見ていて胸が締め付けられます。

失明の恐怖と戦いながら、痛い治療に泣く智。その姿をいつも傍で見ながら、こうなったのは自分のせいだと責めては胸をかきむしり、代わってやりたいといって泣く母の苦しみ。

しかしそんな中でも、抱えきれない悲しみとともに、「なんとしても私がこの子を守るんだ」という母の固い決意が感じられます。

見えるうちにいろいろ見せてあげたいという思いで行った最後の家族旅行。息子への母の必死な思いが伝わるシーンがあり、ホロリとなるでしょう。

智の苦しみと傍で見つめ続ける令子と、家事や上の息子たちの世話、そして教師としての仕事に疲弊する夫の正美との間にも危機的なすれ違いが生じました。

子どもじみたところのあった夫も、妻の胸の内の大きな苦しみを理解するようになってからは、「お前のせいじゃない」という一番大切な言葉を妻にかけて支えるようになります。

生来やんちゃで明るい性格の智は、家族と冗談を言い合いながら笑って成長します。人間にとってユーモアが何より大切なことを智に教えられます

大きな困難を抱えながらも飄々としていつもユーモアを忘れない智を、映画・ドラマに活躍中の大阪出身の田中偉登が魅力的に演じています

視力と共に聴力までも失うというさらなる悲劇に見舞われた智は、この苦しみは自分にしかわからないと言って母をはねつけます。

令子はそんな息子のためにとっさに「指点字」を思いつきました。母の息子へのあふれんばかりの愛情が生み出した奇跡の結晶だったと思わずにはいられません

まとめ


(C)THRONE / KARAVAN Pictures

盲ろう者として世界初の大学教授となる奇跡を起こした福島智の半生を描く感動の人間ドラマ『桜色の風が咲く』。

目が見えないから「見えない」、耳が聞こえないから「聞こえない」と考えるのは誤りであることがよくわかる作品です。

暗闇にいるからこそ見えるもの。そして、暗闇でしか見ることができないものが存在することを教えられます

決して小さな世界で自分の人生を終わらせないという強い決意と、あくなきチャレンジ精神に圧倒され、この世に不可能なことはほんの一握りしかないのかもしれないと思わされるに違いありません。

今この瞬間から生き方を変えてみようという勇気をくれる作品『桜色の風が咲く』は、2022年11月4日(金)よりシネスイッチ銀座、ユーロスペース他で全国順次公開予定です。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

フィリップ・ガレル映画『救いの接吻』ネタバレ感想。描写と演技から紐解く“神童の魅力”

映画『救いの接吻』は、2019年4月27日(土)より東京写真美術館ホールほか全国順次公開。 ヌーヴェルヴァーグ以降、フランス映画界の希望であり続けている名匠フィリップ・ガレル。 彼が1989年に制作し …

ヒューマンドラマ映画

映画『THE UPSIDE 最強のふたり』感想とレビュー評価。リメイクでも描かれたのは普遍性のある2人の絆

映画『THE UPSIDE/最強のふたり』は2019年12月20日(金)よりロードショー! 大富豪ながら体に大きなハンディキャップを負い心に傷を持つ男と、スラム街出身で完全に運に見放された男。そんな二 …

ヒューマンドラマ映画

映画『スプリングブレイカーズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

今回取り上げるのはハーモニー・コリン監督による映画『スプリング・ブレイカーズ』です。 海と熱い太陽の地で繰り広げられる青春物語と思いきや、その正体は過激で死臭がにおい立つ不思議な作品。本作の魅力をコリ …

ヒューマンドラマ映画

映画『町田くんの世界』あらすじネタバレと感想。2019年ベスト級の人間賛歌を劇場で!

映画『町田くんの世界』は2019年6月7日(金)より全国ロードショー 安藤ゆきの同題コミックを『舟を編む』の石井裕也監督が映画化。 主演のふたりにはオーディションで細田佳央太、関水渚というほとんど演技 …

ヒューマンドラマ映画

映画『トミー』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ザ・フーのアルバムTommyを基にケンラッセル監督が豪華に仕上げたロックオペラ

史上最強!五感を刺激する伝説のロックオペラ映画『トミー』 「あなたの感覚は観る前と後で全く異なる」と、キャッチコピーの通り、観た人に啓示をもたらすようなカルトムービー。 劇中に登場する様々な宗教的モチ …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学