Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/09/23
Update

【ネタバレ】秘密の森の、その向こう|結末あらすじと感想評価。思い出のマーニーやジブリアニメを敬愛するセリーヌ・シアマ監督の思いとは⁈

  • Writer :
  • からさわゆみこ

女系3世代で繋がる母娘孫の絆を神話的で、リリカルに描いた少女の物語

今回ご紹介する映画『秘密の森の、その向こう』は、 第72回カンヌ国際映画祭にて脚本賞とクィア・パルム賞を受賞した『燃ゆる女の肖像』(2020)のセリーヌ・シアマが監督及び脚本を手がけた作品です。

見どころはネリーとマリオンを演じた、映画初出演のジョセフィーヌ&ガブリエル・サンス姉妹の演技とは違う、子供ならではの自然な反応と直観力が際立っているところです。

8歳の少女ネリーは大好きな祖母を亡くし両親と共に、祖母が住んでいた森の中の家を片付けるため訪れます。

しかし、この家で子供の頃を過ごした母は、残されていた物を目にするたび、亡くなった母のこと、自分の記憶にいたたまれない気持ちになり、ネリーに黙って家を出て行ってしまいます。

片づけをするため父は残り、ネリーはその間森を散策します。すると母と同じ名前、自分と同い年の少女と出会い、ひょんなことから少女の家に行くと、そこは“おばあちゃんの家”でした……。

スポンサーリンク

映画『秘密の森の、その向こう』の作品情報

(C)2021 Lilies Films / France 3 Cinema

【公開】
2022年(フランス映画)

【原題】
Petite maman

【監督・脚本】
セリーヌ・シアマ

【キャスト】
ジョセフィーヌ・サンス、ガブリエル・サンス、ニナ・ミュリス、マルゴ・アバスカル、ステファン・バルペンヌ

【作品概要】
映画『秘密の森の、その向こう』は、娘・母・祖母の3世代をつなぐ喪失と癒しの物語です。

映画初出演となるジョセフィーヌ&ガブリエル・サンス姉妹が、ネルーとマリオンを演じ、ネリーの母役に『女の一生』(2017)のニナ・ミュリス、ネリーの祖母役に『サガン 悲しみよこんにちは』(2003)のマルゴ・アバスカルが演じます。

本作は2021年の第71回ベルリン国際映画祭にて、コンペティション部門に正式出品されました。

映画『秘密の森の、その向こう』のあらすじとネタバレ

(C)2021 Lilies Films / France 3 Cinema

老女の病室でクロスワードを解いて遊ぶ少女は、解き終わると「さよなら」と言って、部屋を出ていきます。

そして隣りの部屋の患者、その隣りの部屋の患者にも「さよなら」と言って、母が片づけをする部屋へ戻ります。

少女が部屋にあった杖を手にすると、母親にもらっていいか聞きます。母は「いいわよ」と答えると病室の窓から見える、広い芝生の庭をながめ深い喪失感を感じています。

父親は病室にあったものを車に載せ、母を慰めるように抱きしめました。少女は母の運転する車で病院を後にします。

夜半、家族は祖母が暮らしていた家に到着しました。玄関を入ってすぐにリビングで、ソファには白いシーツがかけられています。

少女は薄暗い家の中をライトで照らしながら、廊下を進み幼い頃に母が使っていた部屋へ行き、部屋の中を照らしていると、呆然とながめる母の顔に灯りがあたりました。

翌朝、少女は母に小屋はどこにあるのか尋ねます。母は森の中だと答え、少女は見たいと言いますが、片づけがあると言葉を濁します。

父がなんのことかと聞くと、母は子供の頃に作った小屋のことだと答えます。少女は小屋は4本の木が四角に植わっている場所と教えます。

食器棚を父が動かすと昔の壁紙が出てきて、「マリオン、覚えてるかい?」と聞きます。マリオンは「えぇ」と寂しそうに答えるだけです。

少女はシリアルを少しだけ食べ、身支度をすると外へ散策にでかけました。森の中へ小屋を捜しに行く途中、ドングリを拾って切り株の穴に投げたり、ドングリの殻で指笛を鳴らします。

夜、マリオンは子供の頃に読んだ絵本やノートを懐かしく見ています。少女も母が幼かった頃の字や絵を見て、字の間違いをみつけたり、絵が上手と言ったりします。

マリオンはそんな子供の頃の思い出を家に持って帰るのは、気が滅入ると言いました。少女は寝かしつける母に「この家が嫌い?」と聞きます。

マリオンはこの部屋は好きだけど夜は嫌いだと言い、灯りを消し暗闇に目が慣れてくると、壁の右端に“黒豹”が現れると言います。でも、少女には見えません。

深夜、水を飲みにキッチンへ行くと、リビングのソファで母が寝ていました。母は娘を隣に寝かせると、少女は“私も悲しい”とつぶやきます。

母が理由を尋ねると、“さよなら”が言えなかったからと答えます。母はいつも言っていたと慰めますが、最後に言えなかったこと、その日が最後だと思わなかったと後悔を口にしました。

母はそれはおばあちゃんにも誰にもわからないことと言い、「どんなふうに言いたかった?」と娘に聞くと“さよなら”と言います。母は娘を抱きしめ母も“さよなら”と言います。

翌朝、少女が目覚めるとソファに母はおらず、少女は朝食を出してくれた父に、「ママは悲しいの」と言うと、父は母が家を出ていったことを告げます。

以下、『秘密の森の、その向こう』のネタバレ・結末の記載がございます。『秘密の森の、その向こう』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)2021 Lilies Films / France 3 Cinema

父が廊下の戸棚の中を片づけてほしいと頼むと、少女は廊下の隠し扉を開けます。中の棚には母が子供の頃に使っていたものなどがありました。

少女は父のところに行き、木の箱のようなものを差し出し、それが何なのか聞くと、蓋を開け“パルトボール”だと教えました。

細い紐の付いたゴムボールを木のラケットで打って遊ぶ、一人用のおもちゃでした。少女はそれで庭先で遊び、強く打ち返したボールは紐を切って、森の中に飛んでいきました。

少女がボールを探しに森の中に入っていくと、自分と年格好の似た少女が倒木を運んでいます。その様子を眺めていると、それに気づいた少女が手を振りながら「手伝って」と叫びます。

近くに来ると少女は自分とよく似ていて、倒木の運び先に来ると4本の木の間に、何本もの枝を組み合わせ、小屋のようなものを作っていました。

遠くで雷鳴が轟きます。小屋を作っていた少女に名前を尋ねると、母の名と同じ“マリオン”と答え、激しい雨が降ってくると、ついてきてと走って行きました。

マリオンが案内したのは彼女の家ですが、少女にも見覚えのある家です。中に入ってみるとますます見覚えがありました。

廊下に隠し戸棚、青いタイルの洗面所……。マリオンが濡れた上着を掛けてくれたり、タオルを出してくれました。

そして、キッチンに行くとその壁は、おばあちゃんちで見た、食器棚の後ろの壁紙と同じです。マリオンはホットココアを作って、少女に名前を聞きます。

少女はネリーと答えると、マリオンは「どこのうちの子?」と聞きます。ネリーは“おばあちゃんち”と言い、亡くなった祖母の家を片づけに来たと教えます。

マリオンは自分の祖母も亡くなり、名前は“ネリー”だと教えると、マリオンは「トイレは廊下の突き当り?」と聞き、向かいます。

ネリーはトイレに入ったふりをして、手前の部屋に入って母の部屋だと確認し、向かいの部屋のドアを開けてみると、ベッドに横たわる女性を見ました。

驚いたネリーは家で心配しているかもと、マリオンの家を出ていきました。元来た道を走り森を抜け、“おばあちゃんち”に戻ったネリーは父親を呼びます。

キッチンにいた父にネリーは「いないと思った」と言い、小屋のあった場所が母のいう通りだったと教え、手術の前に作った小屋の話だと言いますが、父は覚えていません。

ネリーはマリオンの家で見た、女性の部屋をのぞきますが、そこには祖母の介護用ベッドしかありません。ネリーはそのベッドで寝てしまい、朝を迎えました。

ネリーは本を括るための麻紐を持って、小屋のあった場所に向かいます。ネリーはマリオンを手伝って小屋を作りました。

しばらくするとマリオンは「もう帰らないと」と言い、ネリーに遊びに来ないかと誘いました。ネリーはマリオンの家でボードゲームをします。

そこにマリオンの母が杖をついてきました。マリオンの母は「外に出ていたの?」と聞きます。マリオンは気をつけてたと言いますが、「お医者様に叱られる」と言われます。

マリオンは1時間後に医者に行く予定でした。そして、手術するのだとネリーに教えます。ネリーは“知ってる”という口調で「そっか」と答えました。

今のうちに手術しておかないと、母のように杖を使うようになると話しました。ネリーは手術はいつなのか聞くと、マリオンは3日後だといいます。

(C)2021 Lilies Films / France 3 Cinema

“おばあちゃんち”に戻ったネリーは、父が夕飯を出しても上の空でした。そして、友だちができたと話し、“招待されたら”泊りに行っていいか聞きます。

次の日、ネリーは紅葉した木の枝をたくさん抱え、小屋へ向かいそれを枝のすき間に挿して飾ります。

ネリーはマリオンの家に行くと、2人でサスペンス物のシナリオを共作し、2人で配役を決め演劇ごっこをはじめます。

警部役をするネリーはネクタイを結ぼうとしますが、やり方がわからずマリオンの母のところに行くと、彼女はクロスワードを解いていました。

ネリーはマリオンの母にネクタイを結んでほしいと頼みます。母は優しくネリーにネクタイを結んであげると、ネリーはそのまま一緒に、クロスワードを解いて驚かせました。

マリオンの母はネリーに水の入ったコップを取ってほしいと頼み、久しぶりに懐かしい名前を呼んだと微笑みます。

演劇ゴッコが始まり、核心に迫るセリフでマリオンが「秘密とは隠すことでなく、言う相手がいないこと」というと、ネリーは「続けて」といいマリオンは上手だねとほめて笑います。

ネリーもマリオンを褒めると彼女は、女優になるのが夢だと教え、ネリーは“なれるよ”と励まします。

マリオンはネリーの家にも行きたいといいますが、ネリーは母親が出ていって雰囲気がよくないと断ります。マリオンは「絶対戻ってくる」と励まします。

ネリーが手術は恐いかと尋ねると、怖いと答えたマリオンに明日、小屋で待ち合わせしようと約束して帰ります。

翌日、ネリーが小屋に行くとマリオンが中で待っていました。紅葉の枝でデコレーションした小屋をマリオンは「想像以上だよ」と喜び、感謝しました。

ネリーはマリオンに「秘密がある」と切り出しました。“私たちに関係すること”だから信じてほしいと伝え、ネリーがマリオンの娘だと告げます。

マリオンは未来から来たのか聞くと、ネリーは「後ろの道から来た」と言います。マリオンはネリーに連れていってほしいと願います。

ネリーはマリオンを“おばあちゃんち”に連れていきます。すっかり片付いた家で、マリオンは何歳か聞きネリーは31歳だと教えます。

マリオンは自分が31歳の時に母が死ぬと知り、いつも「死ぬことばかり話していた」と言います。ネリーはいつも“もう会えないかも”と言ってたと教えます。

マリオンは母の杖をみつけます。ネリーはおばあちゃんの匂いがするといい、大好きだったと伝えました。

キッチンからネリーを呼ぶ父の声が聞こえます。片づけが早く終わったから、家に帰ろうといいますが、ネリーは明日の朝にしてほしいといいます。

父が「今日はママの誕生日だ」と話していると、マリオンが現れ今夜はうちでクレープを焼いたりして、泊ってほしいと招待します。

瓜二つの2人を見ながら困惑している父は「また今度ね」となだめますが、ネリーは「今度はないの」と父を説得し抱きつきました。

マリオンをみつめながら父が微笑むと、マリオンは「ありがとう」とつぶやき、ネリーはマリオンの家で、マリオンの母と一緒に9歳のバースデーを祝いました。

翌日、お昼には病院に出発するマリオンです。2人はそれまでの時間を湖の人工島まで、ゴムボートで冒険したりしてすごします。

マリオンは未来の自分がネリーの元に戻らないかもと言うと、ネリーは母が“ここにはいたくない”と、言っていたから少し怖いとこぼします。

マリオンはネリーのせいじゃなく、自分が悲しいのは自分のせいだと諭し、安心させようとします。

病院へ向かう時間になり、2人はしっかりと抱きしめ合い、ネリーはマリオンの母……祖母に“さよなら”と言って別れました。

ネリーがおばあちゃんちに戻ると、ガランとしたリビングの床に、母が座っていました。母はネリーに置いていったことを謝りますが、ネリーは“いい時間だった”と答えます。

母は「もう一度みたくなって」とつぶやき、なんだか変な感じというと、ネリーは共感し母の横顔を見ながら「マリオン」と呼びます。

ハッとしたマリオンにネリーが彼女に抱きつくと、マリオンは笑顔で「ネリー」と呼びながら抱きしめます。

スポンサーリンク

映画『秘密の森の、その向こう』の感想と評価

(C)2021 Lilies Films / France 3 Cinema

日本のアニメから着想を得たシアマ監督

鑑賞後に感じたのは、スタジオジブリのアニメ『思い出のマーニー』です。孤児のアンナが“湿地屋敷”に住むマーニーと出会い、育ての母や生みの母、祖母と向き合う物語でした。

本作はネリーの祖母が亡くなり、その死に強い喪失感を抱く母の気持ち、ネリーが祖母に最後の別れを言えなかった後悔によって、時空を超えるという奇跡を与えた物語です。

“子が時空を超えて、若い頃の親と出会い、友情を育む”というのは、『バック・トゥ・ザ・フューチャー』的な一面もありますが、本作は母を亡くし沈む母を理解しようとする娘と、癒しをくれた娘から強さを思い出す母の姿を描いた作品です。

これらのアイデアの一端は、日本のジブリアニメや細田守監督からの影響が強かったと、監督のシアマ監督はインタビューで話しています。

祖母・母・娘の3世代の絆という面と、“自分”というアイデンティティに向き合う主人公が、時空を越えてルーツと会うという点は、『思い出のマーニー』感があったように思います。

また、主人公がタイムリープして過去と未来を行き来するところは、細田守の『時をかける少女』(2006)、「母と子」の母子愛を描いたヒントは『おおかみこどもの雨と雪』(2012)にみえました。

本作でシアマ監督が作品を通し伝えたかったこととして、「多くの人が自分自身に置き換えて想像することができるし、親子の関係を見直すことにもなる」と語ります。

例え血の繋がりがあってもお互いの思いを理解できず、時にいがみあってしまうこともあります。それでも“自分自身に置き換える”だけで人は、他者にも優しくなれるという意味にも受け取れます。

二度と来ない「今度」のためにすること

手術を控えた子供の頃のマリオンは漠然と「死」への恐怖と向き合っていました。ネリーはマリオンと一緒にすごし「娘」であることを教えることで、生きる希望を与えます。

作中の演劇ごっこで子供を授かったシーンは、生きる糧が子供にあることを示しました。

また、母マリオンの9歳の誕生日を祝い、祖母に最後の「さよなら」を伝えることができたのは、ネリーにとって稀有なチャンスでした。

実際はこんな奇跡はありません。だからこそ、2度とこない「今度」に後悔しないよう、“瞬間”の大切さも伝えています

例えば、大切な人とケンカをして、口をききたくもない状況であっても、「おはよう」「いってきます」「いってらっしゃい」などの声掛けが大事だとわかるでしょう。

今という瞬間には“今度”はないのだと意識し、日々を大切にすることで、瞬間は永遠に繋がっていくことを教えてくれました。

ところでネリーはマリオンの娘としてタイムリープしますが、祖母の母、マリオンにとっての祖母「ネリー」が、タイムリープしたようにも見ることができ、永遠の母子愛を感じます。

まとめ

(C)2021 Lilies Films / France 3 Cinema

『秘密の森の、その向こう』は8歳のネリーがタイムリープし、8歳の母親と若き日の祖母と会います。祖母は死を意識しながら生き、自分と同じ宿命をもつ娘への不安を抱えていました。

そして、8歳のマリオンがそんな母との暮らしに気が滅入り、手術への不安を抱いて暮らしていたことを知ります。

想像力が豊かなマリオンは、精神的に“大人”にならざるをえず、恐怖と戦っていました。そんな時に未来から自分の娘が現れ、悲しく折れそうな心を持ち直します。

そして、現代に戻ってもネリーの存在に癒されるマリオン、母娘愛を超え芽生えた友情が、2人の絆を強くさせました。

本作は人とは昨日今日で形成されたものではなく、生きてきた過程(家庭)の中で築きあがったことがメインで、気持ちがすれ違ったとき、相手のルーツを知ることで理解に結びつくことを描いていました

ネリーが父親に昔の重要なできごとはないか聞きますが、父は具体的に話しません。父親と娘の関係にフィルターがかかる、大概の理由はここにあるのでしょう。

さて、子供の自然な反応が作品に落とし込まれているのは、映画『トム・ボーイ』(2011)にも見られましたが、本作が映画初出演のジョセフィーヌ&ガブリエル・サンス姉妹も、シアマ監督によって彼女達の魅力が最大限に発揮されていました。

シアマ監督はありのままの子供を表わすのに演技はいらず、子供達に概要だけ説明し、演技の注文はしないといいます。それが、シアマ監督が子供を描く時の特徴で、子供が主役の作品の魅力と言えます。

『秘密の森の、その向こう』は子役の自然さと、日本のアニメに影響をうけたシアマ監督が、「宮崎駿や細田守ならどう描くだろう?」という意識から生まれました。

日本人には既視感があり馴染み深い作品といえますが、悲しみの多い世の中にあって、癒しを与えてくれた映画です。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

『トラ・トラ・トラ!』ネタバレ結末あらすじと評価解説。暗号がキーポイントの戦争スペクタル大作!

真珠湾攻撃をめぐる日米両国の動きを題材にした戦争スペクタクル超大作! リチャード・フライシャーや舛田利雄、深作欣二が監督を務めた、1971年製作のアメリカの戦争スペクタクル超大作『トラ・トラ・トラ!』 …

ヒューマンドラマ映画

映画『デトロイト』あらすじとキャスト。キャスリン・ビグロー紹介も

映画『デトロイト』は、2018年1月26日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほか全国公開! 本作の演出を務めたのは、第82回アカデミー監督賞を受賞した『ハート・ロッカー』や、ボストン、シカゴ、ニュー …

ヒューマンドラマ映画

祈りの幕が下りる時あらすじとキャスト!ロケ地やエキストラ情報も

ますます人気とともに安定感を見せる俳優・阿部寛。 彼が演じる刑事の加賀恭一郎。東野圭吾の原作による『新参者』シリーズの完結編の映画化です。 2018年公開の映画『祈りの幕が下りる時』を一足先にご紹介し …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】グリーンブックの実話ならではの感動のラスト結末。アカデミー賞も納得の脚本と演技力

第91回アカデミー賞で最優秀作品賞、脚本賞、助演男優賞(マハーシャラ・アリ)。 学の無いがさつなイタリア系用心棒と、天才黒人ピアニストの凸凹コンビが差別の色濃い南部への旅に出ます。 実話ならではの感動 …

ヒューマンドラマ映画

シング・ストリート|動画フル無料視聴!PandoraやDailymotionよりも配信映画で快適に見る

映画『シング・ストリート 未来へのうた』のフル動画を無料視聴する方法を分かりやすくご紹介していきます! ↓今すぐ『シング・ストリート 未来へのうた』の動画を無料で見るならU-NEXT!↓ なお、当記事 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学