Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

ロシア映画『ラブレス』あらすじとキャスト。公開日と上映館も

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

ロシアの鬼才アンドレイ・ズビャギンツェフ監督の『ラブレス』は、4月7日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー

カンヌ国際映画祭審査員特別賞や数々の映画祭で賞賛を受けた『ラブレス』は、米国アカデミー賞外国語映画賞にもノミネートされています。

今回は映画ツウ必見の『ラブレス』をご紹介します。


© 2017 NON-STOP PRODUCTIONS-WHY NOT PRODUCTIONS
 

スポンサーリンク

1.映画『ラブレス』の作品情報

【公開】
2018年(ロシア・フランス・ドイツ・ベルギー合作映画)

【原題】
Nelyubov

【脚本・監督】
アンドレイ・ズビャギンツェフ

【キャスト】
マルヤーナ・スピバク、アレクセイ・ロズィン

【作品概要】
『父、帰る』や『裁かれるは善人のみ』など、数々の映画祭で高く評価されたロシアのアンドレイ・ズビャギンツェフ監督作品。

失踪してしまった息子の行方を身勝手な両親の姿を描いたサスペンスドラマ。第70回カンヌ国際映画祭で審査員賞を受賞しました。

2.映画『ラブレス』のあらすじ


© 2017 NON-STOP PRODUCTIONS-WHY NOT PRODUCTIONS

一流企業に勤めるボリスと、美容院を経営するイニヤの夫婦は、離婚の協議。

すでに彼らには、それぞれ別々のパートナーがいて新たな生活を一刻も早く送りたいと、互いの縁を切ることを望んでいます。

そんな2人には12歳の息子アレクセイがいました。

しかし、どちらも新生活を前に子どもの存在を必要としておらず、どちらが引き取るか激しい罵り合いのなか、アレクセイを押し付け合っていました。

翌朝、学校に向かったはずであった息子アレクセイの行方不明になり、ボリスとイニヤは自分たちの未来のためにアレクセイを探しますが…。

スポンサーリンク

3.アンドレイ・ズビャギンツェフ監督のプロフィール

関連映画:長編初監督作品『父、帰る』予告編

アンドレイ・ペトローヴィチ・ズビャギンツェフ(Андрей Петрович Звягинцев)は、1964年2月6日に旧ソ連のノヴォシビルスクで生まれの国内外で広く知られたロシアの映画監督です。

1984年に地元の演劇学校を卒業後、地方の劇場で舞台俳優として活動を続けてきました。

その後1986年にモスクワに移住。映画出演のためにいくつものオーディションを受けますが、テレビなどのエキストラ俳優の仕事しか得ることができませんでした。

しかし、友人の紹介もあり2000年にテレビシリーズ『Чёрная комната»』の1話の演出を担当。その才能がが高く評価されことをきっかけにチャンスを広げていきます。

2003年に初めての長編映画『父、帰る』を発表すると、第60回ヴェネツィア国際映画祭で金獅子賞とルイジ・デ・ラウレンティス賞を獲得します。

関連映画『ヴェラの祈り』『エレナの惑い』予告編

2007年にはウィリアム・サローヤンの原作を映画化した第2作目『ヴェラの祈り』は、第60回カンヌ国際映画祭のコンペティション部門に出品されます。

この作品でアレックス役を演じたコンスタンチン・ラヴロネンコは、同映画祭男優賞を受賞します。

ちなみにコンスタンチンは前作『父、帰る』の父親役も演じていましたね。

2011年に第3作目となる『エレナの惑い』は、第64回カンヌ国際映画祭のある視点部門で審査員特別賞を見事に獲得。

アンドレイ監督はこの作品ではナジェジダ・マルキナとアンドレイ・スミルノフが共演させ、女優ナジェジダが男尊女卑のロシアで必死にもがくエレナ役を熱演させて描ききりました。

2014年には第4作品となる『裁かれるは善人のみ』を発表すると、第67回カンヌ国際映画祭で脚本賞を受賞しました。

またアンドレイ監督はこの作品で第72回ゴールデングローブ賞の外国語映画賞を受賞しています。第87回米国アカデミー賞の外国語映画賞でもノミネートをはたしてもいます。

アンドレイ・ズビャギンツェフ監督のフィルモグラフィ

『父、帰る(Возвращение)』(2003)
『ヴェラの祈り(Изгнание)』(2007)
『エレナの惑い(Елена)』(2011)
『裁かれるは善人のみ(Левиафан)』(2014年)
『ラブレス(Нелюбовь)』(2017)
*長編のみ記載

3.『ラブレス』の公開される劇場は

北海道・東北地区

北海道 札幌シアターキノ(4月7日(土)〜)

関東・甲信越地区

東京 新宿バルト9(4月7日(土)〜)
東京 ヒューマントラストシネマ有楽町(4月7日(土)〜)
東京 YEBISU GARDEN CINEMA(4月7日(土)〜)
東京 T・ジョイPRINCE品川(4月7日(土)〜)

神奈川 横浜ブルク13(4月7日(土)〜)
神奈川 川崎チネチッタ(4月7日(土)〜)

中部・北陸地区

愛知 伏見ミリオン座(4月7日(土)〜)

近畿地区

大阪 梅田ブルク7(4月7日(土)〜)
大阪 シネマート心斎橋(4月7日(土)〜)

京都 T・ジョイ京都(4月7日(土)〜)

兵庫 シネ・リーブル神戸(4月7日(土)〜)

九州・沖縄地区

福岡 T・ジョイ博多(4月7日(土)〜)

*記載された上映館は1月30日現在のものです。近くにある劇場をお探しの際は、『ラブレス』の公式ホームページでご確認の上お出かけください。
*公式HP:http://loveless-movie.jp

スポンサーリンク

まとめ

演出を手掛けたアンドレイ・ズビャギンツェフ監督は、長編映画デビュー作の『父、帰る』以来、その繊細で情緒豊かな描写と登場人物の生きる力強さを映像に収めてきました。

また彼の行動は映画制作にとどまらず、ロシア映画界の育成にも努め牽引しています。

本作『ラブレス』は、失踪した息子アレクセイの行方を追う身勝手な両親の姿を美しいまでに冷ややかに見つめた作品で、すでに第70回カンヌ国際映画祭でも審査員賞を受賞しています。

さらにサスペンスドラマの『ラブレス』は、アメリカ現地時間の1月23日に本年度の第90回アカデミー賞の外国映画賞にノミネートされています。

注目の受賞の結果は、3月4日(現地時間)に行われるアカデミー賞授賞式で発表されます。

映画『ラブレス』は、4月7日(土)より新宿バルト9、ヒューマントラストシネマ有楽町、YEBISU GARDEN CINEMAほか全国ロードショー。

ぜひ、お見逃しなく!

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画ミッドウェイ2020キャスト|海外イケメン俳優の“男の色気”に注目、ルークエヴァンスやニックジョナスらに圧倒される!

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。 第二 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男』あらすじとキャスト

映画『ウィンストン・チャーチル/ヒトラーから世界を救った男』は、2018年3月TOHOシネマズ シャンテほか全国にて公開されます。 実話を基にチャーチル首相就任からダンケルクの戦いまでのこれまで知られ …

ヒューマンドラマ映画

映画『おろかもの』評価解説と考察。笠松七海演じる女子高校生の“おバカな兄”への愛を描く

映画『おろかもの』が、テアトル新宿では2020年11月20日〜12月10日、シネ・リーブル梅田では12月18日~24日に開催される「田辺・弁慶映画祭セレクション2020」にて上映 映画『おろかもの』は …

ヒューマンドラマ映画

映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

1973年に行こなわれた、性別を超えたテニスの試合を描いた、映画『バトル・オブ・ザ・セクシーズ』は2018年7月6日(金)から全国順次公開された作品です。 若手注目女優エマ・ストーンと、個性派俳優ステ …

ヒューマンドラマ映画

映画『空母いぶき』感想評価と解説レビュー。豪華なキャストで“戦争と平和”を真正面から描く

2019年5月24日(金)に公開される映画『空母いぶき』 「空母」が存在する近未来の日本を舞台に、決して絵空事などではない危機を克明に描いた映画『空母いぶき』。 『ホワイトアウト』『沈まぬ太陽』など多 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学