Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『凪の海』ネタバレ感想と評価考察。早川大介監督が描くヒューマンドラマとは

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

早川監督が描く、静かな漁村に展開する複雑な人間ドラマの映画『凪の海』

愛媛県宇和島市の漁村を舞台に、兄の葬式の為に帰省した圭介と、その周囲の人々のドラマを描いた映画『凪の海』

本作が長編デビュー作となる早川大介監督。数多くの映像作品に出演している永岡佑をはじめ、小園優、柳英里紗など実力派俳優が顔を揃えています。

登場人物、それぞれが内面に秘めた「ある想い」を抱えており、複雑な人間ドラマを丁寧に描いている本作。今回は、『凪の海』の登場人物の心情を中心に、作品の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『凪の海』の作品情報

(C)コギトワークス

【公開】
2019年公開(日本映画)

【監督】
早川大介

【脚本】
いながききよたか

【プロデューサー】
山田真史

【キャスト】
永岡佑、小園優、柳英里紗、湯澤俊典、外波山文明、中井庸友、宇田川さや香、鶴来快斗、安山夢子

【作品概要】
故郷の漁村を飛び出し、ミュージシャンとして活動している圭介。兄の葬式の為、3年ぶりに帰省した事から、さまざまな人の秘めた想いが交差し、動き始める人間ドラマ。

監督は、数多くのアーティストのミュージックビデオや映像演出を行い、本作が長編デビュー作となる早川大介。主演は映画『関ケ原』(2017)など、数多くの映像作品に出演している永岡佑。

共演に小園優、柳英里紗、湯澤俊典、外波山文明など、映像作品や舞台を中心に活躍している、実力派が顔を揃えています。

映画『凪の海』のあらすじとネタバレ

(C)コギトワークス

宇和海と山に挟まれた小さな漁村。

生まれ育ったこの場所を10年前に飛び出し、東京でミュージシャンとして活動している井上圭介は、兄の葬式の為、3年ぶりに帰郷します。

実家への到着が遅くなり、葬式に間に合わなかった圭介を、兄の別れた妻で、葬式を手伝いに来た沙織が出迎えます。

しかし、葬式に参列していた兄の友人の洋は、圭介を見るなり無言で立ち上がり帰宅します。

圭介は1人で海を眺めていた父の将人へ「仕事が忙しく、遅くなった」と伝えますが、将人は無言で何も入っていない骨壺を圭介に渡します。

圭介の兄は、漁に出たまま行方不明となっており、将人は「海が好きな奴だったが、最後は丘に戻ってほしかった」と独り言のように語ります。

次の日、実家で圭介が目覚めると、沙織が食事の片づけをしていました。沙織は「夕方のバスで帰る」と、圭介に伝えます。

圭介が亡くなった母親のお墓へ行くと、将人が墓を掘り返し母親の骨壺を取り出していました。将人は、圭介の兄を心から愛していた母親を、兄と一緒に眠らせる為、母親の遺灰を海にまきます。

3年ぶりに戻った漁村を散歩する圭介。その姿を、足の不自由な洋の妹・凪が見つめていました。

圭介は凪と再会し、東京の話などを聞かせますが、洋が圭介と凪を引き離します。洋は幼い頃に事故で両親を失い、真珠の養殖業で、凪を父親代わりとなって育ててきました。

洋は今後も凪と真珠の養殖業を営みながら、静かに生きていく事を望んでいます。ある日、洋は凪と仕事に出ようとしますが、凪は体調不良を理由に断ります。

作業場で、1人で仕事をしていた洋を、沙織が訪ねて来ました。

洋にとって圭介の兄は、唯一心を許せる人物で、圭介の兄が行方不明になった日、最後に会ったのも洋でした。

沙織は洋に「何か隠してるでしょ?」と問いかけます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『凪の海』ネタバレ・結末の記載がございます。『凪の海』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

(C)コギトワークス

沙織の問いに最初は「何も知らない」と語る洋でしたが、沙織に「両親の死の真相を、凪に全部教える」と脅されます。

激高した洋は、沙織の胸倉を掴み殴りかかろうとしますが、「真実を知りたい」という沙織の想いを受け止め、圭介の兄に最後に会った日の事を語りだします。

その日、納品の為車で荷物を運んでいた洋は、偶然圭介の兄と会いますが、釣り竿も漁の道具も持たず、船で海に出たということです。

沙織は、一連の不可解な行動から、圭介の兄は自殺したのではないかと感じます。一方、凪と偶然会った圭介は、凪を実家に招待していました。

そして、凪を送った帰り道で、海を眺めている沙織に会います。沙織は、圭介に圭介の兄は自殺した可能性があることと、それを聞いて少し安心している自分がいると話します。

圭介の兄は、誰からも好かれる性格で、漁村の中心人物でした。

沙織は結婚して移り住んだ、漁村の雰囲気が嫌いでしたが、漁村の太陽のような存在だった、圭介の兄は好きだったと語り、圭介の兄の死について複雑な想いを抱えていると話します。

それを聞かされた圭介は、戸惑いながら沙織を非難します。

次の日の朝、洋は凪に仕事を手伝うように言いますが、また拒否されます。

ですが、洋は凪が嘘をついて、圭介と会っていたことを知っており、激高してコードで凪の体を縛り付けます。

洋が仕事に行った後、家を訪れた沙織により、凪は助け出され、沙織は洋に激しい怒りを覚えます。

一方、圭介は兄の死の真相を確かめるべく、仕事中の洋を訪ねますが、幼少の頃から性格の合わない2人は、その場で喧嘩になります。

ですが、そこへ将人が現れ喧嘩を仲裁し、圭介を連れ出して「漁村の皆の前で歌ってほしいと依頼された」と伝えます。

圭介は、依頼を受けて集まった漁村の人達の前で歌おうとしますが、演奏を途中で止めてその場を立ち去り、海にギターを投げ捨てます。

後を追いかけて来た将人に、圭介は、東京でミュージシャンとして忙しいというのは全て嘘で、アルバイトばかりの生活を送っていると語り、泣き出します。

将人は圭介に「お前の兄は繊細で弱かったが、お前は違う。自分が思うよりずっと強い」と伝えます。

圭介が実家に戻ると、圭介を心配して凪が家を訪ねていました。

圭介は将人と凪に「東京へは戻らず、兄の代わりに漁師になる」と伝えますが、それを聞いた凪は家を出て行き、激高した将人に殴られます。

また、沙織にも「何も分かっていない」と怒られます。圭介は、凪を追いかけます。

浜辺で海を見ていた凪は、本当は自分も漁村を出て、別の場所へ行きたい想いがあるが、足が悪いことを理由に逃げていると明かし「自分は卑怯だ」と語ります。

凪の想いを聞いた圭介は、凪を抱きしめます。

次の日、凪を東京に連れて行く事を決意した圭介は、反対する洋と殴り合いになります。

殴り合いの末、洋は圭介の気持ちを受け止め、凪と漁村で過ごす最後の夜に、両親の死の真相を語ります。

両親の死は事故ではなく、経営難で生活に困ったことが原因で、足が悪い凪の将来も不安に感じ、凪と一緒に心中しようとしていました。

ですが、それに反対した洋が凪を救い、その後は父親同然となり、凪を育てたのでした。洋の話を聞いた凪は「分かっていた」と伝えます。

凪が圭介と東京に旅立つ日の朝、凪は最後に1人で真珠の養殖の仕事をしていました。いかだの上で作業をしていた凪は、ふと家族の思い出が蘇ります。

圭介が凪を迎えに行っていると、凪が作業をしていたいかだの上に、慌てた様子の漁師たちがおり、何かを感じた圭介は走り出します。

その後、暗い顔つきで立ちすくんでいた圭介は、洋に無言で凪の日記を渡されます。

そこには「私は海が嫌い、だけど最後は海に戻るだろう」という、凪の想いが書き綴られていました。

スポンサーリンク

映画『凪の海』感想と評価

(C)コギトワークス

故郷の漁村を離れ、東京でミュージシャンとして活動している圭介が、兄の葬式の為に帰郷したことから起きる、人間ドラマを描いた映画『凪の海』

本作は、主人公の圭介を中心に、圭介の父親、圭介の兄の元妻、圭介の兄の友人だった男など、さまざまな人物の秘めた想いが交錯する人間ドラマとなっています。

それぞれが抱く、複雑な心境を丁寧に描いており、主要登場人物の誰に感情移入するか?で、作品の捉え方が人それぞれ変わってくる映画なのですが、物語の中心となる、圭介と洋の心情を中心に考察していきたいと思います。

漁村を離れて、東京でミュージシャンの夢を追いかける圭介と、漁村に残り、妹の凪と静かな生活を望む洋は、正反対のように見えます。

作中でも、洋と圭介は揉めていましたが、実は内面的には似たもの同士なのです。

まず、行方不明になってしまった圭介の兄が、2人にとってかけがえのない存在であること。

圭介にとって兄の存在は、言うまでもなく、かけがえのない人となります。

圭介の兄は、誰からも好かれる存在で、別れた妻の沙織は「この村の朝日みたいな存在だった」と語っています。

しかし、優秀な兄だからこそ、圭介は密かに劣等感を抱いていました。

また、洋にとっても、圭介の兄は村で唯一心を許せる大事な存在でした。

生きていた圭介の兄を最後に見たのが洋で、圭介の兄は漁の準備もせずに船に乗って海に出たことから、自殺した可能性があります。

洋は、圭介の兄の自殺の可能性を、誰にも話さず内に秘めますが、沙織によって暴かれます。

また、圭介も内に秘めた兄への劣等感を、沙織に見抜かれており、兄への想いを表に出すキッカケとなります。

この沙織も圭介の兄の死を受け止められず、自身の感情に答えが出せないという複雑なキャラクターで、沙織の想いが、前半の物語を動かすキッカケとなっています。

内に秘めた圭介の兄への想いと、対峙しなければならなくなった圭介と洋は、その想いを家族にぶつけます。

圭介は、兄の代わりに漁村に残り、1人になった父親を支えようとしますが、父親は激怒し「お前は誰だ!」と怒鳴ります。

これにより圭介は、兄への劣等感から放たれ、自分の存在意義に気付くのです。

一方、洋の想いは、唯一の家族である凪へと向かいます。

電気コードで凪の体を縛り、全ての自由を奪うという異常な行動に出ますが、凪との静かな生活を望む洋が、凪を失うことを恐れた結果の行動です。

この場面で、海で行方不明になった圭介の兄への、洋の特別な想いを感じる事ができます。

このように、一見すると全く違う生き方をしているように見える圭介と洋は、内面は圭介の兄への、特別な想いを持っていたことが分かり、沙織にその想いを揺さぶれる辺り、似た者同士であるといえます。

もう1つ、圭介と洋にとって重要な存在となるのが凪です

凪は、家族を失った洋にとって、唯一の家族で大切な存在です。また、圭介にとっても、居心地が悪い漁村において、凪は唯一自然に接する事が出来る存在です。

そして、凪にも圭介や洋同様、内に秘めた想いがあり、その事が物語を大きく動かします。

漁村を離れる事を望む凪の想いを叶える為、圭介が凪を東京に連れて行く事を決めますが、当然、洋が受け入れる訳はありません。2人は衝突しますが、凪の幸せを祈る洋は、凪を圭介に託します。

ここから、ラストへと向かうのですが、最後にいかだで作業していた凪が、どうなったのかは明確に描かれておらず、台詞でも語られていません。

最後の圭介と洋の表情から、凪を失ったのだと推測するしかありません。

本作を最後まで鑑賞した後、あらためてポスターを見てみると、主要登場人物の間を、凪の残像が駆け抜けるような、意味深なデザインであることに気付きます

凪を失った後も、皆の心の中で凪は生き続ける、悲しい海への思い出と共に。

そんな事を考えさせられる『凪の海』は、丁寧に人物を描いた、味わい深い人間ドラマとなっています。

まとめ

(C)コギトワークス

登場人物の複雑な内面を、丁寧に描いた『凪の海』。

物語の中心となる圭介と洋の他にも、別れた夫を失い複雑な心境に陥る沙織や、圭介の全てを見透かしており、時には突き放し、時には励まそうとする圭介の父親など、魅力的な人物が登場します。

特に「自分は10年くすぶっている」と泣く圭介に、父親が「違う、10年も出来ているんだ」と語る場面は、心を掴まれました。

ただ、本作は圭介が凪を東京に連れて行くという、ハッピーエンドでも良かった作品だと思います

作品を鑑賞していて、精神的に成長した圭介が凪と共に新たな生活を送ることを、内心期待していました。

ですが、あえて物悲しさの残る結末にしたのは、早川監督の物語への想いがあるのでしょう。ラストに関して、人によって、いろいろな解釈があるでしょうね。

そういった部分も含めて、あらためて本作は、人間ドラマとして味わい深い作品であるといえます

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『救いの接吻』あらすじと感想レビュー。フィリップ・ガレル監督が描く愛の残像。

映画『救いの接吻』が2019年4月27日より東京都写真美術館ホールにて公開 フランス映画界でヌーヴェル・ヴァーグの精神を受け継ぐ孤高の映画作家フィリップ・ガレル。 ガレル監督の日本初公開となる『救いの …

ヒューマンドラマ映画

映画『アルビノの木』あらすじと感想レビュー!ロケ地紹介も

自然と人間の関係を真摯に見つめ直した金子雅和監督の『アルビノの木』は、農作物を喰い荒らす害獣駆除に従事する若者が、山に生きる人たちにとって、長きにわたって特別な存在として敬ってきた一頭の白鹿を撃つため …

ヒューマンドラマ映画

『ブリグズビー・ベア』ネタバレ感想レビュー。映画の工作のような手触り感と創意工夫

サンダンス、カンヌ、シドニーほか、世界中の映画祭で話題騒然! ニセ教育番組を25年見続けた青年が主人公という驚くべき設定と映画愛に溢れた作品。 映画『ブリグズビー・ベア』について、あらすじと感想(ネタ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ライムライト』あらすじネタバレと感想。チャップリンの楽曲エタナリーが有名な晩年の代表作

老道化師と若きバレリーナの心の交流を描いたチャップリン珠玉のメロドラマ “喜劇王”チャールズ・チャップリンが、監督・主演をはじめ、製作・脚本までも務めた1952年のアメリカ映画『ライムライト』をご紹介 …

ヒューマンドラマ映画

映画『アルプススタンドのはしの方』感想解説と考察。女子高校生らが繰り広げる会話で描く青春群像劇

映画『アルプススタンドのはしの方』が2020年7月24日(金)シネマカリテほか全国順次公開 映画『アルプススタンドのはしの方』は、2019年6月に浅草九劇で上演され、同年度内に上演された演劇から選出さ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP