Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』あらすじ感想と評価解説。歌手Siaが映画音楽にて“人生の再起”の喜びを託す

  • Writer :
  • 山田あゆみ

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』は、2022年2月25日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次ロードショー。

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』は、ソウルフルな歌声と独創的なミュージックビデオで、世界中から注目を集めるシンガーソングライターのSiaによる初監督作品。

半自伝的映画として、依存症やトラウマなど人生の困難に直面しながらも、音楽と愛する人々に支えられ強く生きていく女性の姿を描いています。

「シャンデリア」や「アライヴ」「チープ・スリルズ」など数々のヒット曲をもち、グラミー賞9回ノミネートという経歴をもつ歌手Siaが、13年もの構想期間をかけて完成させた渾身の一作です。

映画『あの頃、ペニー・レインと』(2000)のケイト・ハドソン、Siaの「シャンデリア」のミュージックビデオの出演等で広く知られるマディ・ジーグラーがミュージカルシーンで繊細なパフォーマンスを見せ、ゴールデングローブ賞最優秀作品賞(コメディ/ミュージカル)にノミネートされています。

Siaが本作にどういう思いをこめたのか、その魅力と共にご紹介していきます。

スポンサーリンク

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』の作品情報


(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【監督・脚本・原案・製作・音楽】
Sia(シーア)

【キャスト】
ケイト・ハドソン、レスリー・オドム・Jr、マディ・ジーグラー、メアリー・ケイ・プレイス、べト・カルビーヨ、ジュリエット・ルイス、キャシー・ナジミ―、ティグ・ノタロ、ベン・シュワルツ、ヘクター・エリゾンド

【作品情報】
世界的に注目を集めているシンガーソングライターのSia(シーア)が自身の半生を投影させた初監督作品。Siaが書き下ろした12曲の楽曲も使われています。

主人公のズー役にはケイト・ハドソン。『あの頃、ペニーレインと』(2000)での演技が評価され、アカデミー助演女優賞にノミネート。ゴールデングローブ賞助演女優賞を受賞しました。

ズーの妹のミュージック役を務めたのは、Siaのミューズとして知られ、スティーブン・スピルバーグ監督によるリメイク版『ウエスト・サイド・ストーリー』(2022)にも出演するマディ・ジーグラー。

ズーとミュージックを支える青年のエボ役を務めたのは、歌手としても活動しているレスリー・オドム・Jr。

撮影監督を担当したのは、「シャンデリア」のミュージックビデオで撮影監督を務めたセバスチャン・ウィンテロです。

振付は、「シャンデリア」をはじめとするSiaのミュージックビデオの振付で知られるライアン・ハフィントン。彼は『ベイビー・ドライバー』(2017)、『tick, tick…BOOM! チック、チック…ブーン!』(2021)なども担当しました。

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』のあらすじ


(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

アルコール依存症のリハビリに通うズー(ケイト・ハドソン)は、祖母が急死したことで自閉症の妹のミュージック(マディ・ジーグラー)と同居することになります。

薬物の売人で稼ぎを得て生活していたズーは、自分のことで精一杯でとてもミュージックと一緒には暮らせないと困り果てていましたが、マンションの隣室に住む優しい青年エボ(レスリー・オドム・Jr)との出会いをきっかけに、考え方が変わり始めます。

3人で過ごす心地よさと幸せを感じるようになった矢先、ズーの元に問題が押し寄せます。

スポンサーリンク

映画『ライフ・ウィズ・ミュージック』感想と評価


(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

歌姫Siaが伝えたかった愛の物語

Siaの半自伝的映画ということで、アルコールや薬物依存、恋人との死別などSiaの実体験が盛り込れたストーリーとなっています。

自身の暗い過去、絶望に暮れた経験とそこから救い出してくれた友人や音楽への感謝が込められた作品です。

ミュージックという名の自閉症のキャラクターが登場するのは、Siaが依存症者のための集会で出会った自閉症の子を持つ母親の言葉がきっかけでした。

「私がいなくなったら、誰がこの子を愛してくれるのかしら?」という一言に衝撃を受けたことでSiaは本作の原案にとりかかっています。

作中で互いに支え合うミュージックとズーの姿を観ていると、誰もが愛され、愛するためにこの世に存在して、その繋がりがあって人は希望を見出せるのだというメッセージが込められているようにも感じられます。

また、ミュージック(マディ・ジーグラー)の視点で見せるカラフルでハッピーな世界観は、今の世に愛や希望を持つことは必要不可欠だという強い信念を読み取ることもできます。

上手くいかないことの多い人生、災難はなぜかいっぺんに降りかかり、全てを投げ出したくなる。そんな困難にぶつかった人に向けた応援歌とも言える映画です。

ミュージック 


(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

本作はシリアスなドラマの中に、マディ・ジーグラー演じるミュージックというキャラクターの想像の世界として、ミュージカルシーンが挿入される構成になっています。

このミュージカルシーンの独自性の高いパフォーマンスが本作の魅力を語るには欠かせない点のひとつです。

カラフルでポップな衣装や細部までこだわり尽くされたセットの数々。

まるで夢の中のような空間で歌い踊り、コロコロと表情を変えるキャスト陣の繊細かつエネルギッシュな姿からは目を離せません。

特にその存在感が光るのは、Siaの「シャンデリア」でのパフォーマンスが世界中で反響を呼び、Siaのミューズとして知られるマディ・ジーグラーです。

ダンスのみならず歌声や演技とあらたな一面が披露され、彼女の類まれな才能を目の当たりにすることができます。

そして彼女を安定感ある演技で導いたのは、ズー役を演じたケイト・ハドソンに違いありません。トラウマや依存症に苦しむ女性の姿を丁寧に表現した演技と、ソウルフルな歌声は観客の心を揺さぶります。

まるで舞台劇を見ているようでもあり、ミュージックビデオのようなハイセンスさも感じられる、そのパフォーマンスシーンに注目して観てはいかかでしょうか。

まとめ


(C)2020 Pineapple Lasagne Productions, Inc. All Rights Reserved.

2022年は、ジョエル・コーエン監督によるAppleオリジナル映画『マクベス』やジョー・ライト監督による『シラノ』、スティーブン・スピルバーグ監督によるリメイクでゴールデングローブ賞作品賞を受賞した『ウエスト・サイド・ストーリー』など音楽映画が豊富な年となっています。

そんな中でも、個性が光る本作はミュージシャンSiaの世界観を堪能できる貴重な作品だと言えるでしょう。

ぜひ、大きなスクリーンと映画館の音響で堪能することをおすすめします。

『ライフ・ウィズ・ミュージック』は2022年2月25日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国順次ロードショー

関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『15時17分、パリ行き』あらすじ。実話のキャストは本人が演じる⁈

2015年にヨーロッパで起こった無差別テロ「タリス銃乱射事件」。 現場に居合わせ、犯人を取り押さえた3人の若者の幼少時代から事件に遭遇するまでの半生を描く実話がモチーフの作品です。 映画『15時17分 …

ヒューマンドラマ映画

映画『家族のはなし』あらすじネタバレと感想。原作鉄拳のパラパラ漫画も楽しめるリンゴ農家のストーリーとは

映画『家族のはなし』は、11月23日より全国公開! 『家族のはなし』の主人公である拓也に『悪人』や「銀魂」シリーズの岡田将生、彼と徐々に疎遠になってしまう両親に時任任三郎と財前直見。 そして、何かと拓 …

ヒューマンドラマ映画

映画『ネクストドリーム』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の評価。音楽業界のスター歌手とアシスタントのつながりと信頼を描く!

ハリウッドの音楽業界を舞台に人とのつながりや絆の大切さを描く 『フィフティ・シェイズ・オブ・グレイ』のダコタ・ジョンソンと、ダイアナ・ロスの娘トレイシー・エリス・ロスが主演を務めたヒューマンドラマ『ネ …

ヒューマンドラマ映画

映画『焼肉ドラゴン』あらすじとキャスト。主演の真木よう子の演技力は?

映画『焼肉ドラゴン』は、6月22日(金)より全国ロードショー! 2008年に初演された日本の新国立劇場と、韓国の芸術の殿堂によるコラボ舞台劇「焼肉ドラゴン」。劇作者の鄭義信が自らメガホンを取り映画化! …

ヒューマンドラマ映画

映画『オーバーナイトウォーク』あらすじと感想評価。女優になるために上京した妹と関西に残った姉が真夜中のボケツッコミな道行き

磯部鉄平監督作品が、アップリンク吉祥寺にてレイトショー公開 「大阪アジアン映画祭」インディ・フォーラム部門「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」「Kisssh-Kissssssh映画祭」など、さまざまな …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学