Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/11/25
Update

『チック、チック…ブーン!』ネタバレあらすじ結末と感想評価。ミュージカル映画2021おすすめ【tick, tick…BOOM!】をアンドリュー・ガーフィールドが演じる|Netflix映画おすすめ71

  • Writer :
  • くろみずし

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第71回

夢を追う全ての人に捧ぐミュージカル作品『tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!』がNetflix配信と劇場公開されました。

35歳の若さで亡くなった原作者ジョナサン・ラーソンの自伝ミュージカル作品を、リン=マヌエル・ミランダが長編映画初監督として手掛けました。

ミュージカル作家を目指すジョナサンは30歳の誕生日目前に、時間を無駄にしている不安や焦りを感じながらも夢を諦められないでいました。

友人や恋人たちは出会ったころから少しずつ変化しているにも関わらず、自分は昔のまま夢を追いかけている。tick,tick…と時を刻む音と共に、彼の人生が作品に刻まれています。

アメイジング・スパイダーマン1』(2012)、『アメイジング・スパイダーマン2』(2014)、『ハクソー・リッジ』(2016)主演のアンドリュー・ガーフィールドが、夢を追う作曲家ジョナサンを演じています。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!』の作品情報


Netflix 『tick, tick…BOOM!』

【公開】
2021年(アメリカ映画)

【原作】
ジョナサン・ラーソン

【監督】
リン=マヌエル・ミランダ

【キャスト】
アンドリュー・ガーフィールド、アレクサンドラ・シップ、ロビン・デ・ヘスス、ヴァネッサ・ハジェンズ、ジョシュア・ヘンリー

【作品概要】
ブロードウェイでロングラン上映『レント』の原作者ジョナサン・ラーソンが、作詞作曲した自伝ミュージカル作品。監督を務めたのはリン=マヌエル・ミランダ。彼の最初の長編映画監督になります。

1990年ニューヨーク若者の街ソーホーのダイナーで、ウェイターとして働きながらミュージカル作家として成功を目指している29歳のジョナサン・ラーソン。

30歳まで残り1週間となり焦りと不安を抱えながらも奮闘するサクセスストーリー。

映画『tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!』のあらすじとネタバレ


Netflix 『tick, tick…BOOM!』

自己紹介動画が流れ、1990年ニューヨーク、ミュージカル作曲家29歳のジョナサン・ラーソン(ジョン)は、ミュージカルの作曲家を目指しながらダイナーでウェイトレスの仕事をしています。

どこへ行ってもチックチックと音が聞こえてくると話しました。恋人のスーザンのナレーターが始まりまり、”トニー賞やピュリッツァー賞を取るより、亡くなるよりも前”とひと言残します。

シーンはジョンの働くダイナー。あと1週間で30歳になり若さが消えてしまう、8年間の時間を費やしてきました。そして、29歳最後の試聴会「スーパービア」を開くことを、ダイナーの仲間達に話していました。

恋人のスーザンと本屋で、ダイナーを辞める宣言をお店の人にしたと話しました。スーザンは心配した様子でしたが、ジョンは”情熱に導かれた人生を歩むのだ”と言いました。

自分では‟情熱に導かれた人生を歩むのだ”と言っているものの、成功したい焦りでいっぱいでした。

友人のマイケルの紹介が始まります。ジョンと彼と共にニューヨークへ上京、素晴らしい役者だったが、夢を諦め大手広告代理店へ就職し安泰な人生を送っていました。

続いて恋人のスーザンの紹介、中西部育ちで大学まで生物学専攻、学者か教師を目指していましたが、モダンダンスにハマってしまい単身でニューヨークへ向かいます。

4年間の修行後、劇団から誘いがきましたが、リハーサルで骨折。6ヶ月後復帰するものの、迷いが出ました。そして、2人の関係が問題だとジョンは言いました。

ジョンはお金が無いにも関わらず盛大にホームパーティを開きました。マイケルやスーザン、ダイナーの仲間などを集めました。そのパーティの終わりにジョンはスーザンからあることを伝えられます。

スーザンはニューヨークから離れたバークシャー郡にあるジェイコブス・ピロー校のダンスの先生に募集があり、応募し採用されたことを話しました。

そして一緒に引っ越そうと提案します。水曜までに返事をする必要があると伝え、その日は答えが出ないまま終わりました。

翌日、ジョンはマイケルの新居へ向かう車でスーザンとの話をしました。するとマイケルは、広告関連の仕事を誘いましたがジョンは前向きな回答はしませんでした。

到着したマイケルの新居はドアマンがついているほど豪華で、自分との暮らしの差を感じながら現実へ戻ります。

ダイナーにアイラワッツマン劇場の責任者がやってきました。彼は「スーパービア」開催を名乗り出た唯一の業界人です。

曲が完成したか聞かれました。ジョンはいつもならすぐに出来るのにできないと話しました。彼と話している間にジョンはスティーヴン・ソンドハイムのことを思い出していました。

ジョンがミュージカル作曲の学校に通っていた頃に、彼から「曲も歌詞も一級品」と言われたことが励みになっていたことを思い出したのです。

ジョナサンはエージェントのローザと連絡が取れないでいました。彼女は業界で顔が広いため、有名な人を集めてもらう予定になっているのです。

ジョンはエージェントとも連絡が取れない、曲も完成しない。焦りが募るばかりです。そして月曜からついにリハーサルが始まります。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!』ネタバレ・結末の記載がございます。『tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


Netflix 『tick, tick…BOOM!』

マイケル、スーザン、ジョンでテレビでソンドハイドの作品を鑑賞していました。マイケルが帰り、スーザンと2人になりました。彼女は、「水曜日までに仕事を受けるか返事をしないといけない」と言いました。

ジョンはこの曲を仕上げたいから明日にしたいと言い、彼女は了承しました。妥協するか、頑張るか。決断できない気持ちに苛まれていました。

ダイナーの同僚のフレディが体調不良で入院したことを知ります。ホームパーティで会った時は元気そうだったのに、すぐに会いに行かなくてはと思いました。しかし、いつ? 明日からリハーサルが始まるのにまだ曲が完成していません。

しかも、今日は日曜の朝、ブランチの客が来るからどこへも行けない。更に、お客の様々な要望に苛立っていました。

月曜、リハーサルの朝。重要な第2幕の曲はまだ完成していません。完成していないどころか、1行も書けていないのです。

リハーサルの打ち合わせでは役者たちからミュージカルの内容が難しいから説明をしてほしいと言われ、これはMTV世代向けの初のミュージカルだ、と説明しました。

火曜、リハーサルをしているとスーザンが突然現れました。明日が期限の水曜だからです。まだ決断がついていないため、返事を延ばせないか聞きました。今晩話そうと言いうと、彼女は帰っていきました。

ジョンは資金集めのため古本屋に本を売りに行きました。本は50ドルにしかなりません。帰り道にマイケルと電話をしていると、マイケルから相談があると言われました。

しかし、ジョンは自分のことでいっぱいだったので、後でかけ直すと言いました。すると、マイケルはまだ前に話した広告関連の仕事にまだ空きがあると言いました。報酬は75ドルと聞き、ジョンは参加することにしました。

水曜、役者から新しい曲を聞きたいと言われましたが、まだ曲作りは進捗していません。家に帰ると電話がなっていましたが、ジョンは無視。すると、スーザンからの留守電が流れました。部屋の明かりが見えてると言ったので電話に出ました。彼女が部屋にやって来ました。

ジョンは試聴会の後ならと言い始めました。彼女は怒り始め、そして「行ってほしくない、と言ってほしかった」と言い、ジョンは「行かないでほしい」と伝え、2人はハグをしましたが、その時もジョンは曲のことを考えていることがバレてしまい、彼女は終わりを告げました。

木曜日、マイケルに紹介してもらった仕事に遅刻して参加。更には酷い終わり方をしてしまい、マイケルは怒りました。そして、「楽しめる間に楽しんでて悪かったな」と言い放ち、マイケルは去って行きました。

家に帰るとローザから電話がきました。試聴会のことは覚えており、業界人が集まると言って電話が終わりました。

ジョンはスイッチが入ったように、作業に取り掛かろうとした瞬間、部屋の電気が切れました。電気代の支払い期限が切れていたのです。頼れる友達とは今日喧嘩したばかり、恋人は話しをしてもらえない。電話で明日の試聴会に来てほしいということだけ伝えました。

金曜日、試聴会の朝。ジョンは開始時刻を早く勘違いしていました。徐々に観客が集まり始め、喧嘩したマイケルの姿もありました。

ローザも現れ、試聴会は始まりました。ジョンが挨拶を始めると扉が開きました。ソンドハイムがやって来たのです。拍手で試聴会が終わりました。

ジョンは落ち着かない様子で電話を待っていると、ローザからかかってきました。観客から「彼は才能がある 次回作が楽しみだ」と言われている、という報告でした。ジョンは‟次回作”という言葉にがっかりしました。

マイケルの元へ向かい、仕事をもう一度やらせてくれと頼みました。上映されないミュージカルに8年費やし、また5年も費やすなんて嫌だったからです。2日後には30歳でもう時間がない、と言うと、マイケルが「HIVに感染した」と告げました。

ジョンはもっとなぜ早く伝えてくれなかったのだろうと考えました。そして、電話で相談したいと言われた時に、後でかけ直すと答えたことを思い出しました。

今は話したくないと言われ、ジョンは外に出てマイケルとの思い出を振り返りました。そしてマイケルの元へ戻り、側にいることを伝え、2人はハグをしました。

日曜日、30歳の誕生日当日。ソンドハイムから電話がかかってきました。留守電に入った内容は、「ぜひ会って話をしたい、あの作品は最高級で将来性がある」というものでした。

夜、ダイナーを貸切誕生日パーティーをしていました。フレディが退院することを知らされ、スーザンがやって来ました。仕事を受けたことの報告と、ジョンの今後について質問しました。次回作を書くと答えると、新しい譜面ノートをくれました。

スーザンのナレーターに戻ります。次回作は『tick, tick…BOOM!』。その次は以前から書いていた『レント』。

ブロードウェイのミュージカルの定義を覆すほどでしたが、ジョンが見ることはありませんでした。『レント』初日公演の前夜に、急性の大動脈瘤で亡くなったのです。35歳でした。

スポンサーリンク

映画『tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!』の感想と評価


Netflix 『tick, tick…BOOM!』

冒頭のナレーションで、ジョナサンの結末を先に伝えられるため、本人は35歳の若さで亡くなることはわからないとしても、視聴者は本当に彼に時間が無いと思うのではないでしょうか。

早く成功したい、もう時間は無駄にしたくないと焦るジョンを描く本作は、夢追い人には特に突き刺さるものが多いものになっていました。

また、ジョンが焦っていたのは時間だけでなく、周りの変化でした。自分だけが足踏みをしていて、周りは着実に前へ進んでいる。そんな不安は誰しもが感じたことのあるものです。

ジョンは‟30歳”を過ぎると若さは消えるという固定概念に自分で縛られ、それが焦りにも繋がっていました。

このように、‟何歳だからこうあるべき”という自分で勝手に決めたルールが自分を苦しめていることもあると気付かされます。

まとめ


Netflix 『tick, tick…BOOM!』

『tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!』原作者ジョナサン・ラーソンは、ブロードウェイで大ヒットした『RENT』の作者です。ミュージカル『レント』は2006年に映画化されています。

『tick, tick…BOOM!:チック、チック…ブーン!』は、『レント』がブロードウェイで公演されるよりも更に6年前のストーリーになっています。

ジョナサン・ラーソンは、1996年1月25日に35歳という若さで亡くなっており、念願だったブロードウェイでの公演を見ることはできませんでした。

本作で初監督を務めたリン=マニュエル・ミランダは、『ハミルトン』(2016)『イン・ザ・ハイツ』(2021)で作曲を担当。

『ハミルトン』では作曲だけでなく主演も果たし、ゴールデングローブ賞(ミュージカル部門)で主演男優賞を受賞しています。

本作は、天才作曲家2人の夢の共演作品となっています。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら


関連記事

連載コラム

NETFLIXおすすめ映画『リム・オブ・ザ・ワールド』ネタバレ感想と結末までのあらすじ|SF恐怖映画という名の観覧車52

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile052 梅雨前の6月でありながら気温が30度を越える日が見られるようになり、「夏」が近づいてきたことを感じさせます。 「SF」という映画ジャンル …

連載コラム

韓国映画『真犯人』ネタバレ感想とラスト結末の考察解説。ミステリー殺人事件は人物全員が疑わしく先の読めない心理戦|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー12

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第12回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEX …

連載コラム

『メン・イン・ブラック2』ネタバレあらすじと感想。ラスト最後の結末も【映画の特殊効果が映える第2作目】SF恐怖映画という名の観覧車132

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile132 世界的にブームを巻き起こした大ヒット映画の続編はファンにとっても製作陣にとっても期待と不安が入り混じる難しい作品となります。 「前作ほど …

連載コラム

白雪姫の赤い靴と7人のこびと|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。吹き替えをクロエ・グレース・モレッツが演じた“訳ありのお姫様”|未体験ゾーンの映画たち2021見破録35

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第35回 世界の様々なジャンルの映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第35回で紹介するのは『白雪姫の赤い靴と7人のこびと』。 あら …

連載コラム

【スパイダーバース】ネタバレ感想。アニメ版スパイダーマンは差別や偏見を超えていく|最強アメコミ番付評29

連載コラム「最強アメコミ番付評」第29回戦 こんにちは、野洲川亮です。 今回は3月8日に公開されたアニメ作品『スパイダーマン:スパイダーバース』を考察していきます。 “スパイダーマン映画史上最高傑作” …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学