Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2023/04/12
Update

【ネタバレ】映画ノック 終末の訪問者|結末あらすじ感想と評価考察。原作を基に世界の終焉に対する‟究極の選択”とは?

  • Writer :
  • からさわゆみこ

“究極の選択”を迫られた、家族愛と恐怖の終末スリラー

今回ご紹介する映画『ノック 終末の訪問者』は、『シックス・センス』(1999)や『オールド』(2021)ほか、話題作を次々生み出すスリラー映画の名手M.ナイト・シャマラン監督最新作で、テーマは「究極の選択」です。

ブラム・ストーカー賞、英国幻想文学大賞、マサチューセッツ図書賞を受賞している小説家・ポール・トレンブレイの『終末の訪問者』を原作に書き下ろした作品です。

街の喧騒を離れ人里離れた森の中で、“バッタ”捕りに夢中になる少女、彼女の目の前に突如全身タトゥだらけの大男が現れ、少女に「友達になろう」と言いますが、遠くからさらに謎の3人の姿が現れます。

逃げ帰る少女は“2人の父親”に非常事態を知らせます。やがて家の扉を7回ノックする者が……彼らは家族を拘束し「われわれは世界の終わりを防ぎに来た」と告げます……。

4人の訪問者は何者なのか? なぜ、世界は終末を迎えることになるのか? そして、世界の終わりを防ぐ究極の“選択”のとは……。

映画『ノック 終末の訪問者』の作品情報

(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

【公開】
2023年(アメリカ映画)

【原題】
Knock at the Cabin

【監督】
M・ナイト・シャマラン

【原作】
ポール・トレンブレイ

【脚本】
M・ナイト・シャマラン、スティーブ・デスモンド、マイケル・シャーマン

【キャスト】
デイブ・バウティスタ、ジョナサン・グロフ、ベン・オルドリッジ、ニキ・アムカ=バード、クリステン・ツイ、アビー・クイン、ルパート・グリント

【作品概要】
謎の訪問者レナード役には、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズのデイヴ・バウティスタ、レドモンド役は「ハリー・ポッター」シリーズのロンを演じたルパート・グリントらが務めます。

究極の選択を迫られる同性カップルのエリック役をドラマ「Fleebag フリーバッグ」のベン・オルドリッジ、アンドリュー役には『マトリックス レザレクションズ』のジョナサン・グロフが務めます。

映画『ノック 終末の訪問者』のあらすじとネタバレ

(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

都会の喧騒を離れた森の中で、ウェンという少女がバッタを捕り瓶に入れ、1匹ずつ名前を付け観察日記を記録しています。

ところが人気のない森に入ってくる者がいます。遠目に見ても体格のいい男が向かってくるので、ウェンは逃げて家までたどりつけるかと思案に暮れてますが、彼はあっという間に近づき、気さくに声をかけてきます。

ウェンは知らない人とは話さないと言うと、大柄な男はレナードだと名乗り、ウェンの名前と歳を聞きます。ウェンはあと6日で8歳になると教えると、レナードは握手を求めました。

レナードは全身入れ墨だらけの男です。しかし、見た目からは想像つかないほど優しく、バッタの捕り方も上手で採集を手伝ってくれました。

ウェンは自分には2人の父親がいて、エリックパパとアンドリューパパだと教えます。レナードは予想外の展開という感じに驚きながら、自分が来た方角を気にします。

ウェンは「何でここに来たの?」と素朴な疑問を投げかけます。すると、レナードが後方から森の中に3人の姿が見えてきます。手に武器のようなものを持ち、異様な雰囲気を漂わせていました。

恐怖を感じたウェンは小屋に帰り、テラスでのんびり過ごす父親たちに、危険が迫っていることを必死に伝えます。エリックとアンドリューは軽くあしらいますが、外を見ると異変を信じ家中を施錠します。

警戒していると、ドアをノックする音が鳴り響きます。レナードがドア越しに「多くの人を救うために来ました。中に入れてください」と声をかけてきます。

エリックはそんな不審だらけの男を信用できません。レナードは直接話がしたいと繰り返すばかりです。窓から覗くと仲間と思しき他の3人が、家の周りを包囲するように歩きます。

アンドリューが警察に電話しようとしても、回線は切られ携帯も圏外で繋がりません。武器を持っている不審者を誰が信じるかと叫ぶと、レナードは「これは武器ではなく、道具だ」と言います。

当然信じられるわけもなく呼びかけに応じません。アンドリューは車に拳銃があると言い、隙を見て取りに行くことを提案します。

するとドアを激しく揺さぶられ、侵入されないよう抵抗しようとする3人でしたが、窓を破壊され、中肉中背の男が侵入してきます。

エリックは対抗しますが強い反撃で卒倒し、脳震盪を起こし気を失ってしまいます。激怒したアンドリューが、男を執拗に殴り返しましたが、ウェンがレナードに捕まってしまい、抵抗を諦めるしかありませんでした。

以下、『ノック 終末の訪問者』ネタバレ・結末の記載がございます。『ノック 終末の訪問者』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

エリックは4人の中の1人、自称看護師の女性に手当されますが、アンドリューと共に椅子に縛られていました。ウェンはテレビでアニメを見ていました。

大男のレナードは見た目や行動に反してやけに礼儀正しく、2人に自己紹介をし始めます。穏やかな口調でレナードは教師であること、バスケットボールのコーチも兼務していると話します。

エリックを手当てした看護師はサブリナと名乗ります。アンドリューに殴り倒された男は、ガスの管理会社に務めるレドモンドと言い、せっかちで落ち着きがない様子です。

最後はメキシカン・レストランの調理師をしているエイドリアンです。2匹の猫を飼っていると話したところで、レドモンドが「時間がない」と話しを止めました。

レナードは静かに小屋にやってきた理由を話し出します。「我々は、“世界の終わり”を防ぐために来た。世界が終わるかどうかは“君たちに架かっている”。家族3人のうち、“犠牲になる者”を選んでほしい」

淡々と語った最後に「辛い決断だが、選んだ者を“殺さなければいけない”。でなければ70億を超える人類は滅亡する」と告げました。

アンドリュー達は唐突で理不尽な話しに唖然とします。しかも、4人は住む都市も違う他人で会うのはこの日が初めてで、ある夢を見て使命を感じ小屋に集結したと話します。

彼らは夢のことを“ビジョン”と言い、4つの災いによって人類が滅亡すると続けます。1つ目は水が街を沈め、2つ目は未知の疫病がまん延、3つ目は空が落ちる、4つ目は神の手が大地を焼き払う……この4つです。

彼らはこの同じ“ビジョン”を見たと言い、人類が生き残るためにはエリックたち3人の中から、1人を選び殺すことだと話します。

レナードも小屋に来て思っていた“家族の形態”とは違っていたと言いますが、とにかく真剣に事態の深刻さを語り、決断を迫りますが、当然エリックとアンドリューは信じないと答えます。

するとレドモンドが彼らの前にひざまづき怯えながら、「これから起こることをその目でよく見ておけ」と白い布袋を被ります。

そして他のメンバーは農具を組み合わせた、武器のような“道具”を手にして彼の両脇に立ちます。

レナードはウェンに見せたくないなら、目と耳を塞いでいるよう言います。ウェンはアンドリューにしがみつき耳をふさぐと、彼は「第1の災いが解かれた」とつぶやきます。

サブリナとエイドリアンが脇に立つと、2人の目の前でレドモンドの頭に武器を突き刺しました。更にレナードは斧を振り落とします。

衝撃の光景に言葉を失うエリックとアンドリュー。執行した3人でさえも動揺し狼狽え、レナードは耐えきれずに嘔吐しました。

それでもレナードは使命を全うするためテレビをつけます。番組はテレビショッピングから、ニュース速報に切り替わり、大地震による津波の発生を伝えていました。

サブリナは「こんなものではない!」とビジョンで見たものと違うと叫び、アンドリューはエリックにあの映像は、LIVEではなく彼らが来る前の情報だと言い、知っていたから言えたと予言を否定します。

しかし、ニュースは各地に押し寄せる津波の映像を送り続け、15メートル級の津波がビーチで遊ぶ人々をのみ込んでいく様を映し出すと、「私たちのせいだ」とレナードはつぶやきます。

アンドリューは「映像で俺たちをだまそうとしているだけだ!」と疑いますが、エリックはレドモンドが殺害される直前、バスルームの鏡の光の反射の中に人影を見たといいます。

アンドリューは脳震とうのせいで、目が光に敏感になっているせいだと、彼を納得させようとしました。

レドモンドの遺体を家の外の脇に移動させ、血痕の後を掃除している時、ウェンは隙をついて破壊された裏口のドアから逃げ出しますが、すぐにレナードに連れ戻されてしまいます。

アンドリューはレドモンドが以前バーでトラブルのあった男だと思い出し、この奇襲はそのせいで刑務所に入れられた腹いせだと考えます。

翌日、エイドリアンは朝食を作ってウェンに食べさせ終わると、「次は私の番なの」と歩み寄ります。彼女にはウェンのような幼い息子がいて、彼の命を助けたいと懇願します。

しかし、2人は「信じない」という決断をし、彼女はレナードとサブリナに道具で殺されてしまいました。

テレビでは謎の疫病が強い感染力で世界中にまん延し、致死率の高いウィルスによって、たちまち多くの人々が命を失っているとニュース速報で伝えています。

レナードがエイドリアンの遺体を他の部屋に移している間に、ウェイはエリックにナイフを渡します。2人は車にある銃を取りに行く作戦を遂行するため、ロープを緩めていきました。

説得を続けるレナードでしたが、アンドリューは家族から犠牲者を選ぶことを拒否し、ロープを外すことに成功します。

エリックがレナードをひきつけている間に、アンドリューは車まで走りますが、なかなかドアを開錠できず、サブリナに襲撃され足を負傷してしまいます。

ようやく車内に入り荷台にある銃を手にして、サブリナを威嚇しながら家に戻ります。アンドリューが部屋に戻ると、レナードがウェンを人質にしていました。

サブリナが戻ってくると、彼女に銃を向けてウェイを離すよう指示し解放させますが、アンドリューは彼女を撃ち死亡させました。

テレビでは世界中で700機以上の航空機が、原因不明の墜落をしていると伝え、各地で大惨事が起こっていると報道しています。

アンドリューはレナードをバスルームに監禁しますが、窓ガラスの割れる音がしたので逃げ出したのではないかと、ドアを開けると彼の姿はありません。

彼は閉まったシャワーカーテンに向かって発砲します。反応はありませんが開けようとした瞬間、隠れていたレナードがとびかかってきます。

レナードは発砲された時、負傷していました。アンドリューはレドモンドが彼を殴り重傷を負わせたことで服役し、復讐をするためにきたのだろうと聞きますが、レナードは首を横に振りました。

エリックは3つの予言が当たっていたことで、心が揺らいでいました。鏡の光の中に見た人影も幻でないと、確信するようになっていきます。

アンドリューはウェンをツリーハウスで好きな音楽を聴きながら、迎えに行くまで待っているよう言いつけます。

依然とアンドリューが否定し続けたため、レナードの時間が迫りました。彼はテラスの椅子にもたれて座り「俺が死んだあとわずかの時間しか残されていない」と言って自ら首を切って命を絶ちます。

エリックは「レナードたちはヨハネの黙示録の四騎士だ」と考えます。レナードは導く者、レドモンドは恨む者、エイドリアンは養う者、サブリナは癒す者だと。

しばらくすると天候が荒れはじめ、雷鳴が轟き渡り多くの落雷が起き始めます。エリックは自分にも未来のビジョンが見え始めていると話し始めます。

彼は成長し獣医師となったウェンとアンドリューの姿を見て、レナードの言葉を信じます。そして、2人の未来を守りたいと言い、自らが犠牲になるとアンドリューに告げます。

アンドリューはエリックに永遠の愛を誓い、泣きながら抱擁します。強風で森の樹々がざわめく中、銃声だけが響きます。

アンドリューはウェンを連れてツリーハウスを出ると、家に雷が落ち炎が立ち上り焼尽くしました。

2人は森の入り口の道に出ると、レナードたちが乗ってきた車を発見し乗り込みます。車内には3人の身分証があり、自己紹介した通りの素性であったとわかります。

ドライブインまで車を走らせ、店内に入ると避難して来た人たちが、テレビを見ながら状況を確認します。テレビでは医療関係者が「急に感染率が下がり、死亡者が減少した」とインタビューで答えていました。

アンドリューとウェンは再び車に乗り込み、カーオーディオのスイッチを入れます。すると3人が大好きな曲が流れだします。

アンドリューはとても聴ける気分ではなく消しますが、落ち込むウェンに気づきスイッチを入れ、街に向かう道を走りだします。

『ノック 終末の訪問者』の感想と評価

(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

ヨハネの黙示録の“四騎士”の意味

エリックはアンドリューに比べ少しは信仰心があったからか、訪問してきた4人が「黙示録の四騎士」のようだと、理解しました。

「黙示録の四騎士」とは、「ヨハネの黙示録」6章~8章5節に登場する“七つの封印(災い)”の内、始めの4つの封印が解かれる時に現れると言われています。

四騎士は地上の人間を、支配(白い馬)、戦争(赤い馬)、飢饉(黒い馬)、疫病(青白い馬)の4分の1にわけ、それらの人間を殺す権威を与えられているとされています。

ところが本作に登場する4人が“四騎士”を示すものであるなら、なぜ終末を阻止する役わりになったのでしょうか?と疑問が残ります。

白いシャツを着ていたレナードは第一の騎士と見た場合、リーダーとしてその場を支配していましたが、実生活でも教師として「導く」ことを担っていました。

第二の騎士は赤いシャツを着ていたレドモンドだと考えると、彼は喧嘩っぱやくアンドリューとトラブルを起こし、いざこざが原因で世間に「恨み」を持っていた男です。

さて、第三の騎士は黒い馬に乗っていましたが、エイドリアンは真っ黒とはいえないくすんだネイビーのシャツを着、飢饉をもたらす要素とは逆の食べ物で「養い」を与えました

サブリナも第四の騎士の青白い馬の色のシャツでもなく、黄泉(疫病をもたらす獣)もつれていません。そして「疫病」もたらす役回りとは真逆の看護師として「癒し」をもたらしました

また、それぞれの4人が死ぬことによって、災いが発動するという展開でしたが、ヨハネの黙示録で解く「戦争」と「飢饉」は起きていません。

ところが四騎士の後、第五の封印が解かれると、殉教者が血の復讐を求めるとあり、第六の封印が解かれると地震と天災が起きるとされています。

レドモンドの死がこの第五の封印だとしたら「恨みによる復讐」だと考えると、第六の封印の地震・水害・落雷などの天災とつながります。

そして、レナードの死は第七の封印が解かれ、「しばらく沈黙があり、祈りがささげられる」と繋がりました。

「ヨハネの黙示録」には7つの封印が解かれたあとの8章6節~11章19節で、4人の御使が地の四角に立ち、四方の風をひき止めて、地にも海にもすべての木にも吹きつけないようにし、神から選ばれし144,000人がいるという話がありました

本作に登場する4人は四騎士ではなく、4人の御徒でエリックが見た光の中の人物は生存を許す「神」だったとも捉えられます。

人類の滅亡を守ろうとした4人御使が、死ぬ毎に災難が起きたと考えた方が自然ではないでしょうか?だから、シャツの色も四騎士の馬に沿っていなかったのでしょう。

“ノック”の回数が意味すること

144,000人が選ばれると、7つのラッパを吹く7人の天使が現れ、7つの災難を起こすと言われ、その後には“七つの金の鉢”という災難もでてきます。

“7つのラッパ”による災難の中に、「たいまつのように燃えている大きな星が、空から落ちてきた」という災いがあり、航空機の落下を意味しているようにも感じます。

このようにヨハネの黙示録には、“7つの封印”の他にも数字の7にまつわる話があり、4にまつわる話も合間に出てきます

キリスト教の「黙示録(終末論)」には数字の7と4が大きく関わっていて、映画『ノック 終末の訪問者』でノックされる数が“7回”であることにも注目してください。

ノックは‟これから災いが起きますよ”という合図です。すでに「戦争」も「飢饉」も起きたあとで、残りの4つの災いを予見し、最後に人類を滅亡させない猶予を与えたというイメージかもしれません。

しかし、日本人の私たちはこの映画で示す、地震や津波を経験しています。欧米などでは自然発火による大規模な火災、世界的に拡大したCOVID-19の感染症、共産圏(赤)の侵攻による戦争も起きています。

戦争による食に関わる物価の上昇など、達観して捉えられない現実が実際におきています。既に起きていることではありますが、今生き長らえているのは誰かが人類滅亡を阻止してくれたから?とでも言っているようです。

そして、黙示録にはまだまだ続きがあります。すなわち「災害は忘れた頃にやってくる・・・。」人は喉元過ぎれば熱さを忘れる生き物です。この映画はまだまだ終わりではないということを感じました。

エリックが見たビジョンには獣医になったウェンと、歳を重ねたアンドリューが映りますが、ウェンがバッタに興味がある事、獣医になるという未来は、黙示録に重ねると不穏さを感じてしまう部分もあります。

アンドリューが着ていたTシャツが灰色だったので、彼が青白い馬の騎士で連れている黄泉はウェンを指しているのではないかと・・・そんな想像もさせました。

博愛主義に近いエリックとは違いアンドリューは、拳銃を所持することや発砲、暴力も時と場合によってはいとわないからです。

まとめ

(C)2022 UNIVERSAL STUDIOS. All Rights Reserved.

映画『ノック 終末の訪問者』に関してシャマラン監督は、「自分の家族の物語」と語っています。実際にアジア系の女児を養子に迎え育てており、血が繋がらない間がらでも、愛情を込めて育てている感情を反映しているからです。

ウェイには「口唇裂(こうしんれつ)」の痕がありました。アジア人に多いと言われる先天性の奇形ですが、その他になにか障害がでるわけではなく、手術で治癒できる疾患です。

しかし、誤った知識のせいで生まれる前に、“中絶”されてしまうことが多いようです。おそらくウェイは口唇裂のせいで親から捨てられ、エリックとアンドリューの養子となったのでしょう。

エリックとアンドリューはゲイのカップルです。世間から理解されず、時に同性愛が人類を滅ぼすなどと中傷をされることもあります。

この映画はゲイのカップルがウェイを養育する家族の形を通し、真の「家族愛」を描き、その愛で人類を救う物語を描いていると感じました。

差別や偏見を無くすことから、身近な家族を愛し平和で豊かな暮らしを作る・・・過ちを繰り返しても、気づきやり直す勇気をこの映画は伝えています





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ボブという名の猫』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。実話ノンフィクションを“実際の猫ボブ”が演じる!

今、日本は空前の猫ブーム。猫がテーマの映画は邦・洋問わず見られます。 そんな中、今回は実話でベストセラーにもなった、ホームレス同然のミュージシャンと野良猫の運命的出会いを描いた『ボブという名の猫 幸せ …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ感想】ライ麦畑の反逆児ひとりぼっちのサリンジャーのあらすじと映画解説。サリンジャー生誕100周年に思う作家の半生とは

普及の名作『ライ麦畑でつかまえて』の著者J・D・サリンジャーの知られざる半生と、名作誕生にまつわる真実の物語! ニコラス・ホルトがJ・D・サリンジャーを演じた『ライ麦畑の反逆児 ひとりぼっちのサリンジ …

ヒューマンドラマ映画

映画『ヒノマルソウル』ネタバレあらすじと結末の感想評価。実話をもとに舞台裏のスポーツの祭典の感動を築く

何のために、誰のために飛ぶのか? 魂を込めた最高のジャンプを飛べ! 1998年長野オリンピックにて、スキージャンプ団体が獲得した金メダル。その栄光の裏には、人知れず大会を支えた25人のテストジャンパー …

ヒューマンドラマ映画

【ネタバレ】銀河鉄道の父|あらすじ結末感想と評価考察。菅田将暉と役所広司が宮沢賢治親子の実話を熱演

宮沢賢治、没後90年。 賢治作品の背景にあった家族愛を知る。 直木賞受賞作、門井慶喜の小説「銀河鉄道の父」を成島出監督が映画化。宮沢賢治を菅田将暉が、賢治の父・政次郎を役所広司が演じます。 明治29年 …

ヒューマンドラマ映画

映画『藍に響け』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。キャストの久保田紗友と紺野彩夏が和太鼓に打ち込む!

紺野彩夏、久保田紗友W主演。人とうまくつながれない少女たちが和太鼓を通してつながる映画『藍に響け』 すたひろ原作の漫画『和太鼓†ガールズ』を実写映画化。 誰にも言えない思いを抱えた環と、言葉を発するこ …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学