Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2021/02/05
Update

映画『空(カラ)の味』あらすじ感想と評価解説。摂食障害を抱える女子高生の揺れ動く“心情”

  • Writer :
  • 菅浪瑛子
塚田万理奈監督の映画クラウドファンディングを実施中!

摂食障害に悩む女子高生の不安と葛藤を描く映画『空(カラ)の味』。

「家族も、友達も、ちゃんとあるのに、眩しくて、私何もない気がする」気づいたら食べて吐いて、そんなことを繰り返す自分が嫌なのに止めることもできない。

摂食障害に悩み、追い詰められた聡子が、ある女性との交流を通して解放されていく様を描くヒューマンドラマ。

新鋭・塚田万理奈監督をはじめ、主人公聡子役にはインディーズ映画界の新人・堀春菜、同級生役には笠松七海、柴田瑠歌などが顔を揃え、揺れ動く女子高生の心情をみずみずしく、幻想的に描いています。

スポンサーリンク

映画『空(カラ)の味』の作品情報


(C)2016「空(カラ)の味」

【公開】
2017年(日本映画)

【監督・脚本】
塚田万理奈

【キャスト】
堀春菜、松井薫平、南久松真奈、井上智之、イワゴウサトシ、柴田瑠歌、松本恭子、笠松七海、林田沙希絵

【作品概要】
監督を務めるのは日本大学芸術学部の卒業制作『還るばしょ』で注目された新鋭・塚田万理奈監督。初長編作となった本作は第10回田辺・弁慶映画祭で弁慶グランプリ、映検審査員賞、市民賞、女優賞と主要賞独占の4冠の快挙を成し遂げました。そして、同映画祭で受賞した新人監督3人にスポットを当てた特集上映「田辺・弁慶映画祭セレクション2017」で劇場公開されました。

主人公・聡子役を演じるのは『ガンバレとかうるせぇ』(2019)、『ぼくらのさいご』(2015)の堀春菜、マキ役には演劇ユニット・BELGANALの林田沙希絵、『家族ごっこ』(2015)の南久松真奈、『下衆の愛』(2015)の松井薫平、『まあだだよ』(1993)の井上智之など。

塚田万理奈監督の新作映画クラウドファンディング実施中

長野県出身の映画監督・塚田万理奈の新作映画『刻』を
10年かけて16mmフィルムで制作したい

映画『空(カラ)の味』のあらすじ


(C)2016「空(カラ)の味」

家族や友人に囲まれ、何不自由なく暮らしていた女子高生の聡子(堀春菜)でしたが、ある日摂食障害に陥ります。暴食をし、吐いてしまうという衝動を抑えきれず、聡子自身も自分がどうしたいのか、どうしたら治るのか分からず戸惑います。

次第に家族や友人との距離感もぎこちなくなり、うまく言えないまま聡子は追い詰められていきます。そんな聡子が出会ったどこか危なげな女性マキ(南久松真奈)。

聡子のことを直そうとするのでもなく、自由に話したいことを話す風変わりなマキと時間を過ごすことで、追い詰められていた聡子の肩の力が少しずつ抜けていきます。

しかし、マキとの間にも変化が起きていき…

スポンサーリンク

映画『空(カラ)の味』の感想と評価


(C)2016「空(カラ)の味」

主人公の聡子は部活の子とダイエットや恋愛など他愛のない話をし、家族とも仲が悪いわけではない、ごく普通の女子高生です。そんな彼女は摂食障害に陥ってしまいます。

何より聡子自身がその原因が分からず、どうしたら良いのか戸惑います。明確な原因があるわけでもないのですが、漠然と自分には何もないのではないかと虚無感を抱えています。しかし、自分が得たいもの、したいことも分からないのです。

聡子の摂食障害を知った家族は何とかして治そうとし、助けてと求めなかった聡子に対し、そんなに頼りなかったのかと聡子を責めるような言い方をします。

更に「こんなことになってしまって」と泣き出す母親に、聡子は「助けてと言わないのは私の勝手で、結局心配も自己満足でしょう、私は頼んでない」と言います。

家族に言えないのではなく、何と言えば良いのか分からないのではないでしょうか。誰しも、誰にも言えない、説明できない漠然とした不安や虚無感を抱えているということはあるでしょう。

追い詰められていた聡子が出会ったどこか危なげなマキは、聡子のことを治そうとするわけでもなく、「さとちゃん面白いね」「さとちゃんのこだわり何だね」と今の聡子のままを受け入れてくれる存在でした。

ありのままを受け入れてくれ、会いたい時に会い、話したいことを話すマキと親しくなるにつれ、聡子も失ったもの、得られないものではなく、それでも残ったもの、自分のそばにあるものに目を向けるようになります。

さまざまな環境の変化に敏感な十代の少女の虚無感、漠然とした不安、それと同時に家族という身近なものに対する距離感の難しさを感じ始める様子を繊細に切り取った本作。

冒頭聡子が仮面をつけ、交差点で踊る場面が移され、その後幾度か同じ仮面をつけた聡子の場面が映し出されます。

それはどこかで家族や友達との距離感に息苦しさを感じ、誰からも心配されたり、気を使われたり気を使うことのない、誰でもない存在になって解放されたい聡子の様子をあらわしているかのようです。

同時に危うげではありますが、誰にも縛られることなくありのままの姿でいるマキに対し、こうありたい、こうなれたらと思う気持ちがあったのかもしれません。だからこそ、マキには変わらないでいてほしいと聡子は強く願うのです。

まとめ


(C)2016「空(カラ)の味」

摂食障害に悩み、揺れ動く少女の葛藤と解放を描いた映画『空(カラ)の味』

誰もが経験したことのある漠然とした不安を、聡子演じる堀春菜がみずみずしく、空虚な演技で映し出します。更に冒頭の仮面をかぶった場面や、土手を歩くマキの姿など幻想的な映像が心の揺れ動きを繊細に描きます。

聡子を支えようとするも追い詰めてしまう家族、他愛のない話をしつつも聡子の様子の変化に気づき、戸惑いぎくしゃくしてしまう友人達の演技も注目です。

塚田万理奈監督の新作映画クラウドファンディング情報

長野県出身の映画監督・塚田万理奈の新作映画『刻』を
10年かけて16mmフィルムで制作したい

塚田万理奈監督が、生まれ育った長野を舞台にした新作映画『刻』のクラウドファンディング実施中

今では貴重な映画制作となる、16mmフィルムを使用して、10年かけて撮影を行うそうです。これまでにない映画作りとクラウドファンディングを現在しております。

今井太郎プロデューサーと、塚田万理奈監督の映画の完成に向けて、ぜひ、みなさんのご支援とご声援を届けてください。


関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『The Little Stranger』ネタバレ感想レビュー。【ザ・リトル・ストレンジャー】

お化け屋敷の秘密と聞くと、ぞくりとしつつも思わず好奇心をくすぐられませんか? 今回取り上げるのは大きな寂れた屋敷に住むある呪われた家族を描いた、ホラー映画よりも恐ろしい物語『The Little St …

ヒューマンドラマ映画

映画『ウエストサイド物語』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

シェイクスピアの有名な「ロミオとジュリエット」を基にしたブロードウェイ・ミュージカルをニューヨークを舞台に映画化。 『サウンド・オブ・ミュージック』や『雨に唄えば』とともに必ず名前が挙がる、ミュージカ …

ヒューマンドラマ映画

『ブリグズビー・ベア』ネタバレ感想レビュー。映画の工作のような手触り感と創意工夫

サンダンス、カンヌ、シドニーほか、世界中の映画祭で話題騒然! ニセ教育番組を25年見続けた青年が主人公という驚くべき設定と映画愛に溢れた作品。 映画『ブリグズビー・ベア』について、あらすじと感想(ネタ …

ヒューマンドラマ映画

映画トモシビ(銚子電鉄映画)アンコール上映舞台挨拶と公開劇場は?

映画『トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡』のアンコール上映が、7月1日(土)より東京・新宿武蔵野館で出発進行! また、7月1日(土)10:00の回上映後は、アンコール上映開始を記念して、個性派俳優で知 …

ヒューマンドラマ映画

映画『砂の器(1974)』動画無料配信はHulu。ネタバレ原作と脚本の違いは

原作は松本清張の同名小説です。1960年から読売新聞夕刊で連載された長編推理小説をベースに、公開当時に近い71年に時代設定を移して描いた感動巨編。 1974年公開された野村芳太郎監督の『砂の器』をご紹 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学