Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

Entry 2022/06/12
Update

『はい、泳げません』ネタバレあらすじ感想と結末解説の評価。原作・高橋秀実の小説を長谷川博己×綾瀬はるかで描く“明るい未来のあり方”

  • Writer :
  • もりのちこ

泳ぐのは1人でもできるけど、
生きるのは・・・。

丹念な取材を重ね独特の視点とユーモラスに日常を描き出すノンフィクション作家・高橋秀実の著書「はい、泳げません」の実写映画化。

水泳教室を舞台に、泳げない男と泳ぐことしかできない女の、希望と再生の物語です。

水が怖く顔を付けることもできない哲学教授の小鳥遊雄司(長谷川博己)は、泳げるようになりたいと、水泳教室に通うことに。

プールで出会ったのは、陸よりも水中の方が生きやすいという風変わりなコーチ・薄原静香(綾瀬はるか)でした。

水の中で見えてくる新しい世界。そして、悲しい記憶。果たして雄司は、泳ぐことができるのか。映画『はい、およげません』を紹介します。

スポンサーリンク

映画『はい、泳げません』の作品情報


(C)2022「はい、泳げません」製作委員会

【公開】
2022年(日本映画)

【原作】
高橋秀実:『はい、泳げません』(新潮社)

【監督】
渡辺謙作

【キャスト】
長谷川博己、綾瀬はるか、伊佐山ひろ子、広岡由里子、占部房子、上原奈美、小林薫、阿部純子、麻生久美子

【作品概要】
2005年発行、ノンフィクション作家・高橋秀実の著書「はい、泳げません」の実写映画化。

監督は、『舟を編む』(2013年)で日本アカデミー賞最優秀脚本賞を受賞した、渡辺謙作監督。今作は、監督、脚本を担当しています。

泳げない哲学教授・小鳥遊雄司を長谷川博己が、泳ぐことしかできない水泳コーチ・薄原静香を綾瀬はるかが演じます。

可笑しな関西弁を話す雄司の元妻・美弥子役に麻生久美子。水泳教室の賑やかな主婦たちに伊佐山ひろ子、広岡由里子など個性派俳優たちがコミカルな演技で登場します。

映画『はい、泳げません』のあらすじとネタバレ


(C)2022「はい、泳げません」製作委員会
小鳥遊雄司は、泳げません。7歳の時に漁業を営む伯父に、漁船から海の中に落とされたことがトラウマになっています。

海に行こうと誘う美弥子に、雄司は言います。「いいですけど、僕は泳ぎませんから」。「泳ぎませんじゃないやろ、泳げませんやろ」と、美弥子は笑います。

あれから5年。大学で哲学を教えている雄司は、学生たちに「知性」について語っています。「知性とは、自分を変えようとする意思です。新しい経験を積むことが大事なのです」。

その後、大学の掲示板に張られた水泳教室のポスターを見つめる雄司の姿がありました。

まずはお試しの体験レッスンを受けようと訪れた水泳教室。対応してくれたのは、ポスターに映っていた薄原静香コーチでした。

あれよあれよと強引に入会手続きを進める静香。気付けば水着姿でプールに立つ雄司。「もし、僕が溺れたらどうするんですか」と怖がる雄司に、静香は断言します。「私が助けます」。

水泳教室には、賑やかな主婦たちが揃っていました。おばちゃん達は若い教授に大はしゃぎ。あれこれ理由をつけて水に入ろうとしない雄司をからかいます。

それでもプールに入ろうとしない雄司に、静香の一喝が飛びます。「つべこべ言わない!」。雄司の戦いは今始まったばかりです。

水に顔を付けるのも怖い雄司は、すぐにパニックになってしまいます。水に勝てる気がしないと、なぜか勝ち負けをつけようとし、体はガチガチ、頭には理屈ばかり浮かびます。

そんな雄司に、「勝ち負けじゃなく、水に親しむのだ」と教える静香。「人はみなお母さんのお腹の中、水の中にいたんですよ」。

体の力を抜き、考えすぎず、無になる。水に浮くという初めての感覚、ちょっと泳げただけでも大喜びです。

そんなある日、雄司は水泳教室に向かう静香コーチを見かけます。外を歩く静香は、雨も降っていないのに傘を広げ、周りにびくびくしながら歩いています。

静香は以前、交通事故に遭い水泳を諦めた時期があるといいます。「陸を歩くより、泳いでいる方が楽チン!」とハニカム静香は、プールでのコーチとは別人のようでした。

雄司は、少しづつ泳ぎのコツをつかんでいきます。そして、頭を空っぽにして水の中にいると、過去の記憶が蘇ってくるようになります。

美弥子との出会い、楽しい会話、川で遊んだ記憶、そして息子ともやの声が聞こえます。雄司は苦しんでいました。「大切なことを忘れている卑怯者の僕は、過去を思い出さないと先に進めない」。

雄司は久しぶりに別れた妻・美弥子に再会します。美弥子は再婚をするようです。水泳を習っているという雄司に美弥子は明るく言います。「好きな人に子供がおるんやな。今度は守りたいんやろ」。

以下、『はい、泳げません』ネタバレ・結末の記載がございます。『はい、泳げません』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2022「はい、泳げません」製作委員会
行きつけの床屋で働く奈美恵とは、デートもする良い中でした。子供のじゅんやも良く懐いてくれています。雄司は、奈美恵に自分の抱える過去を話します。

雄司には美弥子との間に、ともやという息子がいました。息子が6歳の時、家族で遊びにいった川で事故は起こります。両親が少し目をはなした隙に、ともやが川に流されてしまったのです。

泳げない雄司は、助けようと川に飛び込みますが、自分も流され石に頭を打ち記憶を失くします。目が覚めると病院のベッドでした。いったい何が起こったのか、雄司はその後自分を責め続けてます。

雄司の悲しい過去を聞いた奈美恵は、辛いことは思い出さなくても良いと優しく包み込んでくれました。

一度は泳ぐことから逃げ、水泳教室をサボっていた雄司でしたが、静香コーチに励まされ再び練習を再開します。

雄司は、身体の力を抜き、ゆらゆらと無心で25mも泳げるようになっていました。その時です。記憶が鮮明に蘇りました。「パパ助けて」。パニックを起こし病院に運ばれる雄司。

息子は最後に自分のことを呼んでいた。やはり、自分には誰かの人生を背負う資格はない。雄司は、奈美恵に別れを告げ、息子の部屋をそのままに残していた家も売ることにしました。

「思い出も捨てるのか」と、責める美弥子。「一回溺れたぐらいで諦めるんですか?諦めて生きていくんですか?」と、悲しむ奈美恵。雄司はどうすることもできませんでした。

夜のプールに雄司を呼び出す静香。自分は臆病で自分勝手で卑怯者だち苛立ちをぶつける雄司に、静香は叫びます。「逃げるな!前にも、後ろにも行けないなら上に行くしかないでしょ」。

水泳は心のリハビリにもなると静香は言います。リハビリの語源は、ラテン語で「自分らしく生きる」です。「水の中は違う世界。だから、外のことは全部忘れていいの」。

水に身をゆだねる雄司。やはりあの記憶が蘇ってきます。パニックになる瞬間、静香が雄司を抱きしめます。

「水の中なら泣いても大丈夫です」。抱き合い水の中に潜る2人。雄司の叫び声も水の中に消されていきます。

それから一月後。雄司は水泳教室を再びサボっていました。外を歩くのが苦手な静香が、わざわざ雄司を訪ねてやってきます。「今後は何が怖いんですか?」。

雄司は、奈美恵とじゅんやと新しい家族を築いてもいいものか悩んでいました。そんな雄司に静香は言います。「泳ぐのと生きるのは似てるけど違います。泳ぐのは1人でできるけど、生きるのは・・・」。

雄司は久しぶりに奈美恵の働く床屋に顔をだします。「これからもずっと僕の頭を洗ってください。家族になろう」。雄司のプロポーズにうなずく奈美恵。

プールに雄司の姿が戻ってきました。相変わらず賑やかなおばちゃん達から、からかいの声が飛びます。

「水泳は楽しめそうですか?」静香コーチの質問に、「はい、泳げます」笑顔で答える雄司でした。

スポンサーリンク

映画『はい、泳げません』の感想と評価


(C)2022「はい、泳げません」製作委員会
水泳を通して、人生を再生していく男の物語。始めは、水に顔もつけることができなかった主人公・雄司が、次第に水泳の楽しさに目覚めていく過程がユニークに描かれています。

さらにそれだけではなく、雄司が泳げるようになりたいと思った経緯には、思いもよらない悲しい過去の経験、未来に向けての葛藤と、生きる辛さが描かれていました。

物語の中で、水泳は心のリハビリにも良いとあります。体の力を抜き、心を無にして、水に身をゆだねる。なるほど、母のお腹の中でリラックスしている赤ちゃんと同じです。

シリアスな内容なのにコミカルに見える要素には、登場人物がそれぞれ個性豊かでユーモラスなことがあげられます。

なんでも理屈で説明しようとする哲学教授・雄司は、学生たちには「知性には新しい経験が大事だと」と立派な教鞭をふるっていますが、水泳に関しては何度も諦めサボります。

演じているのは長谷川博己。見た目は哲学教授らしく落ち着きがあり知的に見えますが、水を前にパニックを起こし慌てふためく姿を滑稽に演じています。

雄司の屁理屈にガツンとやり返すスーパーウーマン・静香コーチは、プールではテキパキと頼もしい存在ですが、外では歩くのを怖がりおどおどしています。

演じているのは綾瀬はるか。凛々しい水着姿で綺麗に泳ぐ姿はまさに水泳コーチの様です。時に「小鳥遊!」と呼び捨てで叱る鬼コーチをコミカルに演じています。


(C)2022「はい、泳げません」製作委員会

その他にも、賑やかな水泳教室のおばちゃん達や、豪快で忙しない関西弁の元妻など、面白い人たちが登場します。生きていれば色々大変なこともあるけれど、明るく生きている姿に元気をもらえます。

悲しい過去、辛い経験から人はどのように立ち直るのか。未来の不安とどう向き合って生きるのか。今作はそんな人生のテーマも含まれています。

哲学を教える雄司といつも講義中に寝ている学生とのやりとりの中で、興味深いシーンがあります。「人はなぜ生きるのか」について考えるシーンです。

学生が導き出した答えは、「人は日々新しい発見があるから生きる。小さな発見を期待して生きている」と。

人は年齢に関係なくいくつになっても新しい発見に出会えるチャンスがあると思います。しかし、それに気付かず過ごしたり、気付こうとしなかったり。

たとえ小さなことでも新しい発見にワクワクする心が持てたのなら、人生は明るく前向きになるのではないでしょうか。

そして、水泳を通して「泳ぐのは1人で出来ても、生きるのは1人じゃ無理」と教わった雄司は、新しい家族を築く勇気を持てました。

映画のラストで、雄司が見せた「はい、泳げます」といった笑顔が、そのことを物語っています。

まとめ


(C)2022「はい、泳げません」製作委員会
ノンフィクション作家・高橋秀実の著書を、長谷川博己と綾瀬はるかの共演で実写映画化した『はい、泳げません』を紹介しました。

泳げない男と、泳ぐことしかできない女の希望と再生の物語。体と心のリハビリにも良いとされる水泳。男は、泳ぐことで過去を乗り越え、明るい未来への希望を掴みました。

水泳に限らず、出来なかったことに挑戦することは良いことだと感じます。昨日まで出来なかったことが、今日は出来るかもしれない。明日はもっと上手くなるかもしれない。

「はい、できません」より、「はい、できます」と言えることが多い人生になりたいものです。




関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『私、アイドル辞めます』あらすじ感想と解説評価。実写化された漫画からアイドルの決断の行方と努力することを問う!

実写版『私、アイドル辞めます』が、2022年2月18日(金)より「アップリンク吉祥寺」「イオンシネマ板橋」にて、1週間限定公開 。 SNSで約40万いいねを記録したWeb漫画『私、アイドル辞めます』を …

ヒューマンドラマ映画

映画『アウトレイジ最終章』キャストとあらすじ!公開はいつから?

現在公開中の『ゴースト・イン・ザ・シェル』で公安9課の荒巻役を演じた北野武(ビート)。 「狐殺すのに兎をよこすな!」と強面を見せようとした荒巻だが、それよりよっぽど怖い北野武が見られるのが、「アウトレ …

ヒューマンドラマ映画

『500ページの夢の束』日本公開予告とポスター解禁【ダコタ・ファニング主演作】

映画『500ページの夢の束』は、9月7日(金)より新宿ピカデリーほか全国ロードショー。 人気女優ダコタ・ファニングと、『JUNO/ジュノ』や『マイレージ、マイライフ』のプロデューサーが贈る、人生をあき …

ヒューマンドラマ映画

【ミッドウェイ映画2020リメイク】トヨエツ・浅野忠信・國村隼の演技力を本編動画で解説。日本人キャスト確かな存在感を残す!

映画『ミッドウェイ』は2020年9月11日(金)より全国公開。 『インデペンデンス・デイ』のローランド・エメリッヒ監督が、歴史的海戦を20年に及ぶリサーチを経て鮮明に描いた映画『ミッドウェイ』。 第二 …

ヒューマンドラマ映画

映画『散り椿』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【岡田准一おすすめ代表作】

日本映画史に残る数多くの大作・話題作の撮影監督として名をはせた木村大作の監督三作目にして初の本格時代劇『散り椿』。 原作は『蜩ノ記』の葉室麟。主演はすっかり日本映画の顔になりつつある岡田准一。 共演に …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学