Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

ヒューマンドラマ映画

『銀平町シネマブルース』あらすじ感想と内容評価。つぶれかけた映画館を舞台に“映画を愛する人”たちに捧ぐ感動の人間ドラマ

  • Writer :
  • 谷川裕美子

映画『銀平町シネマブルース』は2023年2月10日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開!

つぶれかけた小さな映画館を舞台に繰り広げられる人間模様を描いた、ハートフルな群像悲喜劇『銀平町シネマブルース』が2023年2月10日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開されます。

愛なのに』(2022)の城定秀夫監督と、『れいこいるか』(2020)のいまおかしんじが脚本を手がけ、強力タッグを組みました。

本作が本格主演復帰となる小出恵介をはじめ、吹越満、宇野祥平、浅田美代子、渡辺裕之ら実力派が出演します。

小さなミニシアターに集ったはぐれ者たちが紡ぐ、喪失と再生の温かな物語です。

映画への愛に満ちあふれた本作の魅力をご紹介します。

スポンサーリンク

映画『銀平町シネマブルース』の作品情報


(C)2022「銀平町シネマブルース」製作委員会

【公開】
2023年(日本映画)

【監督・編集】
城定秀夫

【脚本】
いまおかしんじ

【出演】
小出恵介、吹越満、宇野祥平、藤原さくら、日高七海、中島歩、小野莉奈、さとうほなみ、片岡礼子、藤田朋子、浅田美代子、渡辺裕之

【作品概要】
つぶれかけた長い歴史を持つ小さな映画館を舞台に、映画愛に満ちた人々が繰り広げる人間模様を涙と笑いで描いた作品です。

『アルプススタンドのはしの方』(2020)『愛なのに』(2022)の城定秀夫が監督を務め、『れいこいるか』(2020)『神田川のふたり』(2020)のいまおかしんじが脚本を手がけました。

「銀平スカラ座」に流れ着く主人公・近藤役で、小出恵介が本格主演復帰を果たしています。

吹越満、宇野祥平、浅田美代子、渡辺裕之、片岡礼子らベテラン勢のほか、藤原さくら、日高七海、さとうほなみら若手も出演します。

映画『銀平町シネマブルース』のあらすじ


(C)2022「銀平町シネマブルース」製作委員会

青春時代を過ごした街・銀平町に帰ってきた一文無しの青年・近藤は、映画好きの路上生活者の佐藤から話しかけられ、映画のチラシを買わされました。

近藤が友人と話していた隙に、佐藤は近藤のバッグを持ち逃げします。慌てて追いかけたものの見つけられず、あきらめて公園で寝ようとする近藤。

彼に黒田という女性が声をかけ、とある喫茶店に連れて行きます。そこには、先ほどの佐藤も来ていました。黒田は体格のよい強面の男ととともに生活保護受給について説明し始めますが、商店街の一角にある映画館・銀平スカラ座の支配人・梶原は、黒田らを怪しげだといって警戒します。

梶原に連れられて近藤がスカラ座にいくと、給料がもらえていないスタッフたちが梶原に苦情を言ってきました。金のない近藤は、寝泊まりさせてもらう代わりに、映画館で働くことになります。

同僚のスタッフや、老練な映写技師、売れない役者やミュージシャン、映画の世界に夢を見ている中学生など、個性豊かな常連客との出会いを通じて、近藤はかつての自分と向き合い始め…。

スポンサーリンク

映画『銀平町シネマブルース』の感想と評価


(C)2022「銀平町シネマブルース」製作委員会

映画へのあふれんばかりの愛

映画を愛するすべての人たちに捧げられた一作です。

時代に取り残されたかのような小さな映画館・銀平スカラ座に集うのは、映画をこよなく愛する、世の中からこぼれ落ちた人たちでした。

金がなくても映画だけは観るというホームレス、赤字続きのミニシアターを守り続ける気のいい支配人、老練な渋い映写技師、給料が入ってこないのに勤め続けるふたりのバイトスタッフ、売れない役者やミュージシャン、映画オタクの中学生ら常連客たち。

そこに流れ着いたのが、主人公の近藤猛でした。一文無しの彼は、不思議な力に導かれるかのように銀平スカラ座にたどり着きます。

近藤を生き生きと演じているのは小出恵介です。本作で本格的に主演作復帰を果たした小出が、映画好きな人々に囲まれて再生していく近藤の姿に重なります。

どこかファンタジックな銀平スカラ座を舞台に、近藤の辛い過去、彼の家族との関係、弱い者がむしり取られる世の世知辛さなど、リアルな世界も映し出されていきます。

ユーモラスな描写に笑いながらも、ラスト近くは泣かされっぱなしになることでしょう。しかしそれでいて、心はぽかぽかと温かくなる作品です。

ロケ地である現役で活躍するミニシアター・川越スカラ座には、観る者をいつの間にか虜にする魔力があるようです。じんわりと胸を打つ秀作をどうぞじっくり楽しんでください。

豪華キャストの味わい深い演技に魅了される


(C)2022「銀平町シネマブルース」製作委員会

本作には数多くの名優たちが参加しています。味わい深い彼らの演技に魅了されずにはいられません。

ミニシアター・銀平スカラ座の支配人の梶原を演じるのは、映画『冷たい熱帯魚』(2011)やドラマ『特捜9』で人気の実力派・吹越満です。人情味あふれ、色気もある魅力的な梶原を、ユーモラスに演じています。

映画『罪の声』(2020)などで知られる名バイプレーヤー・宇野祥平が、飄々とした風貌の憎めないホームレスの佐藤を演じます。観る者すべての感情を揺さぶる宇野の演技に注目です。

怪しいブローカー役の浅田美代子、梶原の元カノ役の藤田朋子、近藤の友人の母役の片岡礼子らベテラン演技派が揃い、作品世界を奥深いものにしています。

また、老練の映写技師役の故・渡辺裕之の演技にも注目です。

藤原さくらや中島歩をはじめとする個性的なスタッフや常連客の配役のバランスも素晴らしく、目が離せなくなります。

劇中でトランぺッターを演じる黒田卓也が本作の音楽を担当。エンディングでは古きよき時代を思わせるようなしみじみとしたブルースを奏でて、作品の余韻を楽しませてくれます。

まとめ


(C)2022「銀平町シネマブルース」製作委員会

劇中で宇野祥平演じるホームレスが言う「映画っていいじゃねぇか。」という言葉に思わず何度も頷いてしまう、映画への愛に満ちあふれた作品です。

時代に取り残されたかのような小さなさびれた映画館。そこには、60年もの間の人々の愛や涙、笑いがぎっしりと詰まっていました。

日本のあちこちに残ってがんばっている小さな映画館を、どうにかしてみんなで守っていきたいという熱い思いが伝わってくる作品です。

じんわりとした温かな感動がいつまでも胸に残る秀作『銀平町シネマブルース』は2023年2月10日(金)より新宿武蔵野館ほか全国順次公開です。





関連記事

ヒューマンドラマ映画

映画『ムーンライトシャドウ』ネタバレ感想と結末あらすじ内容の評価考察。小松菜奈が吉本ばなな原作の幻想的なラブストーリーを熱演

世界30カ国以上で翻訳されている吉本ばななの初期短編作品が33年の時を経て遂に映画化。 吉本ばななによる同名短編小説を、映画化したラブストーリー『ムーンライト・シャドウ』。 ヒロインを演じるのは小松菜 …

ヒューマンドラマ映画

映画『グッバイ、リチャード!』感想と考察評価。ジョニーデップが終活ヒューマンドラマに挑む

映画『グッバイ、リチャード!』は、2020年8月21日(金)ヒューマントラスト渋谷ほか全国順次公開! 映画『グッバイ、リチャード!』は、ジョニー・デップ演じる余命180日と宣告された大学教授が、残され …

ヒューマンドラマ映画

映画『約束の宇宙』あらすじ感想評価と考察解説。宇宙飛行士とその開発の裏にある“人間の心理”をシングルマザーを通して鮮明に描く

映画『約束の宇宙』は2021年4月16日(金)より全国順次ロードショー! 夫と別れ7歳の娘と二人で暮らす宇宙飛行士候補の母。彼女はある日突然課せられた願ってもないチャンスと、子供への愛情のはざまに置か …

ヒューマンドラマ映画

映画『赤色彗星倶楽部』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も【インディーズおすすめ武井佑吏監督作品】

それぞれの思いを胸に、約60年に一度の赤色彗星を見上げる。 何を忘れて、大人になろうか。 PFFなどの賞を受賞した、瑞々しい青春映画作品をご紹介します。 スポンサーリンク CONTENTS映画『赤色彗 …

ヒューマンドラマ映画

映画かさね『累(2018)』あらすじ。キャストの土屋太鳳&芳根京子ダブル主演

映画『累-かさね-』は、9月7日(金)より全国ロードショー! 松浦だるま原作のコミックが豪華キャストでついに映画化。禁断の契約による嫉妬心の連鎖…、そして待つ衝撃の結末。 どんどん泥沼化していく愛憎劇 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学