Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2020/04/24
Update

チャップリン映画『独裁者』あらすじネタバレと感想。地球儀とスピーチの名場面でヒトラーを痛烈批判

  • Writer :
  • 松平光冬

ヒトラーを真っ向から笑い者にしたチャップリン映画最大のヒット作

“喜劇王”チャールズ・チャップリン監督・主演の、1940年製作の映画『チャップリンの独裁者』

製作時にヨーロッパで猛威を振るっていた、ナチスドイツのアドルフ・ヒトラーを痛烈に批判し、大きな話題となりました。

映画『チャップリンの独裁者』の作品情報

【日本公開】
1960年(アメリカ映画)

【原題】
The Great Dictator

【製作・監督・脚本】
チャールズ・チャップリン

【撮影】
カール・ストラス、ローランド・トザロー

【音楽】
メレディス・ウィルソン

【キャスト】
チャールズ・チャップリン、ポーレット・ゴダード、ジャック・オーキー、ヘンリー・ダニエル、レジナルド・ガーディナー、ビリー・ギルバート、カーター・デ・ヘイヴン

【作品概要】
“喜劇王”チャールズ・チャップリンが監督・主演のほかに製作・脚本を務めた、1940年製作のアメリカ映画。製作時に、オーストリア併合やポーランド侵攻、ユダヤ人虐待を行っていたナチスドイツのアドルフ・ヒトラーを、コミカルかつ痛烈に批判。チャップリンが、ヒトラーを模した独裁者ヒンケルとユダヤ人理髪師の2役を演じます。

フィルモグラフィ的に初の完全トーキー映画として製作され、チャップリン映画史上で最高の興行成績を記録。日本では、製作時点ではドイツと同盟関係にあったため、終戦後の1960年に公開されています。

映画『チャップリンの独裁者』のあらすじとネタバレ

参考映像:『チャップリンの独裁者』の1シーン

1918年の第一次世界大戦。

ユダヤ人で理髪師のチャーリーは、トメニア国の二等兵として全線で戦っていました。

彼は偶然、トメニア空軍将校のシュルツを救出するも、その際の飛行機事故により記憶喪失となってしまいます。

それから約20年、チャーリーは病院で過ごす間にトメニアでは政変が起こり、アデノイド・ヒンケルが独裁者として君臨、帝国主義を掲げて、国中のユダヤ人への弾圧を強めていました。

病院を出たチャーリーは、ユダヤ人街にある自宅兼理髪店に戻るも、街中にいたヒンケル突撃隊の兵士に反抗。

あわや吊るし首にされる寸前、彼がかつて命を助けた司令官のシュルツに救われます。

シュルツは、チャーリーたちが暮らすユダヤ人街には手を出さないよう部下に命じるのでした。

その頃ヒンケルは、隣国オーストリッチへの侵略を画策。

軍資金を調達すべく、ユダヤ系の金融資本から融資を受けようと、ユダヤ人弾圧を控えることに。

部隊兵たちの対応が優しくなったことを受け、近い将来平穏な日常が訪れるのではと思ったチャーリーは、親しくなった隣人女性のハンナとデートに繰り出します。

ところがその直後、ユダヤ側から資金援助を断られ、激怒したヒンケルによるユダヤ人迫害が命じられてしまいます。

ヒンケルに異議を唱えたシュルツは更迭され、強制収容所へ連行されるも脱走し、チャーリーのいるユダヤ人街へと身を潜めます。

しかし、ヒンケルの命で突撃隊がユダヤ人街を襲い、チャーリーとシュルツは囚われの身に。

ハンナと彼女の両親、そして街の住人たちはオーストリッチに逃げます。

しかし、世界征服を野望とするヒンケルは、同盟国バクテリアの指導者ナパロニの忠告を聞かず、手始めとしてオーストリッチ侵攻を強行。

オーストリッチで新生活を始めようとしていたハンナたちは、再びヒンケル突撃隊による暴行を受けてしまうのでした。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『チャップリンの独裁者』のネタバレ・結末の記載がございます。本作をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

一方、チャーリーとシュルツは、処刑される寸前で収容所から脱走。

その途中でトメニアの軍服を盗んだシュルツは、チャーリーに着せます。

チャーリーがヒンケルと瓜二つだったため、兵士たちからヒンケルと間違えられるチャーリー。

その頃ヒンケルは、狩猟旅行を装ってオーストリッチ国境付近で単身待機するも、脱走したチャーリーを追っていた兵士から、チャーリーと間違えられて捕らえられるのでした。

そしてヒンケルと間違えられたチャーリーは、トメニアが占領したオストリッチの演説場に誘導され、大観衆の前で演説させられることに。

シュルツに促されて意を決したチャーリーは、「申し訳ないが、私は皇帝なんかにはなりたくない」と語り出します。

そして、人類の調和と自由、民主主義を元とする団結を訴えるのでした。

大観衆の喝さいを受けたチャーリーは、オーストリッチで泣き崩れるハンナに、ラジオ越しに「元気を出して」と声をかけるのでした――

映画『チャップリンの独裁者』の感想と評価

参考映像:『チャップリンの独裁者』の製作舞台裏ドキュメンタリー

チャップリン映画初の完全トーキー作品

チャールズ・チャップリンは当初、前作『モダン・タイムス』(1936)で共演し、実生活では3人目の妻(未入籍だったとも云われる)だったポーレット・ゴダード主演の映画を撮る予定でした。

しかし、世界各国で軍国主義が台頭する中、特に勢力を増しつつあったナチスドイツを危険視。

ぞっとするほどグロテスクな男、アドルフ・ヒトラーが狂気の沙汰に拍車をかけているというのに、どうして、女の気まぐれや、甘いロマンス、恋愛の問題などに呑気にかかずらわってなどいられようか?
『チャップリン自伝 栄光と波乱の日々』(新潮社)

として、本作『チャップリンの独裁者』製作に着手します。

でたらめなドイツ語を喋る独裁者ヒンケルと、従来の放浪紳士姿をした寡黙なユダヤ人理髪師の2役を演じることで、チャップリンはサイレント映画の要素を残しつつ、完全トーキー映画への移行を果たすこととなります。

誕生日がわずか4日違い(チャップリンは1889年4月16日、ヒトラーは同年同月20日)にして、同じく口ひげをトレードマークとした狂気の独裁者に、チャップリンは笑いで闘いを挑んだのです。

製作中止の圧力に屈せず

参考映像:『チャップリンの独裁者』のメイキング映像(カラー)

しかしその当時、輸出産業に頼っていたハリウッド映画は、海外市場の中でも巨大規模とされていたドイツの顔色を伺うかのように、本作の製作に反発。

当時まだ中立国だったアメリカでは、ヒトラー支持者や親ナチ勢力も少なくなかったという状況にあったため、チャップリンに脚本の修正を要求すれば、チャップリンの母国にしてドイツと同盟国だったイギリスまでもが、製作に難色を示します。

しかし、彼の決意は変わりませんでした。

イギリスの事務所からも、反ヒトラー映画を非常に懸念しており、イギリスで上映できるかどうかわからないと言ってきた。だが私は断固進める決意だった。なぜなら、ヒトラーは笑い者にされなければならなかったからだ。
『チャップリン自伝 栄光と波乱の日々』(新潮社)

チャップリンが、“世紀の6分間”と呼ばれることとなるラストの演説シーン以外の撮影を終えた頃、ドイツはポーランド侵攻を皮切りに、西部戦線への総攻撃を開始します。

まとめ

参考映像:『チャップリンの独裁者』のラストシーン

チャップリンは、1940年6月22日にフランスがドイツに降伏したその翌日から、“世紀の6分間”のシーンを撮影し、ようやく本作『チャップリンの独裁者』が完成。

同年10月から公開されるや否や、ヒトラーの正体をようやく知ったアメリカ、イギリスなどで大ヒットし、チャップリン映画の中でも最大の興行成績を収めました。

観客は、徹底的にマヌケ扱いされるヒンケル(ヒトラー)の姿に笑い、チャップリンの平和への願いを込めたラストの演説を称賛したのです。

一方で、本作を「好戦的」とみなす保守派の見解や、チャップリンが込めたメッセージを「共産主義者の考え」だとする反共・右翼団体からのバッシングが噴出。

そうした声は、次作『チャップリンの殺人狂時代』(1947)で一気に高まることとなります。




関連記事

コメディ映画

中村友則映画『ケイタネバーダイ』あらすじと感想。大迫茂生の演技力が輝く個性的な存在感

映画美学校出身である中村友則監督の映画『ケイタネバーダイ』は、12月15日から池袋・シネマロサにて初上映となります。 暴力と不条理に満ちた現世、夢も希望もない来世、漂流し続ける主人公ケイタが選んだ道は …

コメディ映画

ボン・ボヤージュあらすじとキャスト!映画公開日や試写会情報も

“自慢の新車”が制御不能で止まらない!!! 家族の絆が試されるハートフル密室コメディ『ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴走~』をご紹介します。 CONTENTS1.映画『ボン・ボヤージュ~家族旅行は大暴 …

コメディ映画

映画『任侠学園』ネタバレ感想と評価レビュー。西島秀俊が演技の新境地で「自分の好きな事で勝負」する大切さを見せる

義理と人情の阿岐本組長は社会奉仕に目がなく、ついには経営不振の高校の建て直しまでやる⁈ 人気俳優・西島秀俊とベテラン俳優・西田敏行がダブル主演を務め、今野敏の小説「任侠」シリーズを映画化。 「義理と人 …

コメディ映画

映画『今日から俺は!!劇場版』ネタバレあらすじ感想と結末ラスト評価。賀来賢人×伊藤健太郎で描くツッパリ学園ドラマ

映画『今日から俺は!!劇場版』は2020年7月17日(金)全国ロードショー! 映画『今日から俺は!!劇場版』は、2018年に放送されて人気を博したテレビドラマ『今日から俺は!!』を映画化したものです。 …

コメディ映画

ネタバレ『テルマエ・ロマエⅡ』結末あらすじ感想と考察解説。続編キャストの上戸彩と阿部寛で平たい顔族の風呂文化を再認識する!

入浴をテーマにしたコメディ映画『テルマエ・ロマエⅡ』 映画『テルマエ・ロマエⅡ』は、ヤマザキマリの原作を映画化した『テルマエ・ロマエ』(2012)の続編です。 斬新なテルマエ(浴場)を作った古代ローマ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学