Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

映画『記憶にございません!』ネタバレ感想と評価。ダメ総理がむかえた結末は?

  • Writer :
  • もりのちこ

史上最悪のダメ総理が記憶喪失に。
今の政界に三谷幸喜が物申す!?こんな映画、今まで記憶にございません。

喜劇王・三谷幸喜の長編映画監督8作目『記憶にございません!』を紹介します。

今作も三谷幸喜監督ならではの、テンポの良いストーリーと、演劇を見ているかのような長回しシーン、伏線が綺麗に回収される小ネタ満載の極上コメディとなっています。

そして三谷映画では毎度、豪華オールスターキャストが見どころのひとつですが、三谷組のお馴染みメンバー中井貴一を主演に、佐藤浩市、吉田羊、さらにはディーン・フジオカ、石田ゆり子の初参戦のメンバーも揃い、さらに華やかです。

「記憶にございません」と言い訳に使っていた言葉通り、記憶喪失に陥った総理大臣。史上最悪のダメ総理はやはりダメなままなのでしょか?

スポンサーリンク

映画『記憶にございません!』の作品情報


(C)2019 フジテレビ/東宝

【日本公開】
2019年(日本映画)

【監督・脚本】
三谷幸喜

【キャスト】
中井貴一、ディーン・フジオカ、石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市、小池栄子、斉藤由貴、木村佳乃、吉田羊、山口崇、田中圭、梶原善、寺島進、藤本隆宏、迫田孝也、ROLLY、後藤淳平、宮澤エマ、濱田龍臣、有働由美子、飯尾和樹、小林隆、市川男女蔵、小澤雄太、近藤芳正、阿南健治、栗原英雄、川平慈英

【作品概要】
三谷幸喜監督・脚本の映画『記憶にございません!』。今作で、長編8作目のなります。

記憶を失くした総理大臣が、奮起し自らの夢と理想を取り戻すストーリーです。

主人公の記憶を失った総理大臣を中井貴一が演じます。その他、三谷幸喜監督の元に集まった豪華キャストのコメディな演技に注目です。

映画『記憶にございません!』のあらすじとネタバレ


(C)2019 フジテレビ/東宝
目覚めた場所は病院でした。「私は誰!?」。

患者衣のまま男はふらふらと街中をさまよい歩きます。すれ違う者がみな、彼を知っているようです。

「おめーのせいで、全然儲からないんだよ。消費税どんどんあげやがって!」。酔っ払いのサラリーマンに絡まれてしまいます。

食堂のテレビからは、総理大臣が石を投げられ病院に運ばれたニュースが流れています。よく見ると、自分の顔とそっくりです。「店からとっとと出て行け!」。追い出される男。

国民から超嫌われているこの男、なんと内閣総理大臣・黒田啓介でした。

総理官邸に連行された黒田は、政治のこと、家族のことを一切忘れていました。今では、腰の低い普通のおっさんです。

「あなたは、黒田総理です。史上最悪のダメ総理と言われています」。説明する秘書官・井坂に黒田は質問します。「私はなんで人気がないんでしょうか?」。

見せられたのは国会中継のVTRでした。質疑応答の場面で、総理が怒鳴り散らしています。「記憶にございません!記憶にねーんだよ!うっせーな」。これが自分!?これが総理大臣!?

国政の混乱を防ぐため、このことはトップシークレットとされます。知るのは秘書官・井坂と番場、そして秘書官補の野々宮の3名のみです。

黒田総理の様子を見舞いに、官房長官の鶴丸が訪ねて来ました。鶴丸官房長官は、私利私欲のために政界にのさばるドン的存在。一言もしゃべれない黒田でしたが、何とかやり過ごします。

家族の待つ公邸に戻った黒田でしたが、妻の聡子と息子の篤彦の態度から察するに、家族関係はどうやら上手くいっていなかったようです。

黒田総理の記憶喪失は、秘書官たちの巧妙なフォローによりどうにかバレずにいました。黒田は記憶を失くす前、自分がどんな総理だったのか知ることになります。

野党の山西あかねとの不倫関係。総理婦人の公私混同テレビ番組。活発な献金の受け取り。

そして官邸の隣にスーパー銭湯付きの第2官邸の建設を進めるK2プラン。これは、黒田の同級生で小野が経営する建設会社との裏取引によるものでした。

さらには、謎のフリーライター古郡から、スキャンダル写真のもみ消し代金を請求されていました。

史上最悪ダメ総理。「これ以上は出来ない。辞任します」。黒田は自信を無くします。

しかし、秘書官の番場に、現在の黒田の良い面、自分の考えで自分の言葉で話す総理を始めて見たと言われ、もう一度政治と向き合う覚悟を決めます。

そんな時、黒田総理に石を投げた犯人が見つかります。大工の南条でした。生活保護費の引き下げで棟梁の心配をする南条。

黒田はそんな南条にお礼を言います。「石を当ててくれてありがとう。生まれ変わるチャンスを貰った」。

黒田は総理になる前の記憶は残っていました。小学生の時お世話になった柳先生を呼びだし、政治のことを一から勉強するつもりです。

「政治のことを全部忘れたのか?」と先生に問われ、黒田は答えます。「いや初めから知らなかったようです」。

生まれ変わった気持ちで政治に取り組む黒田。次第に周りの皆も総理の変わり様に心を動かされて行きます。

以下、『記憶にございません!』ネタバレ・結末の記載がございます。『記憶にございません!』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2019 フジテレビ/東宝
クリアな政治を目指し様々な問題を解決していく黒田総理でしたが、家族の問題は一筋縄では行きませんでした。

久しぶりに聡子と篤彦を食事に誘い、「これからは良い父親になるように努力する」。と宣言する黒田。しかし、息子の名前もちゃんと呼べません。妻の聡子からは怖いと言われてしまいます。

そんな中、アメリカ初の日系女性大統領のスーザン・セントジェームス・ナリカワの来日が決定します。

英語とかムリ。黒田総理、最大のピンチです。「ミートゥー」で乗り切りましょう。めちゃくちゃながらも、ゴルフに手料理の振る舞いと交流を深める黒田総理。

ゴルフでは、鶴丸官房長官が過剰にナリカワ大統領を贔屓するのに対し、黒田総理は不正を正そうとします。また交渉の意見交換では、素直な気持ちを伝えることで大統領を怒らせてしまいました。

アメリカとの関係が悪くなると息巻く鶴丸をよそに、ナリカワ大統領は会見の席でこう述べます。「強気で強引な総理は今までいなかったわ。言いたいことを言える関係は素晴らしい。ハラヲワッテハナソウ」。堅い握手を交わす2国の首相。

鶴丸官房長官は手のひらを返したように黒田総理を褒めたたえます。「あなたはなぜ政治家になったのですか?」黒田の問いに鶴丸は「自分のために如何に長くこの世界にいるかが大事だ」。と返します。

政界の膿、鶴丸官房長官を引きずり落とさなければ、良い政治は出来ない。黒田は、フリーライター古郡を雇い、鶴丸のスキャンダルを狙います。

その後、古郡の撮ってきたネタで、あっさりと辞任した鶴丸。問題は解決したかに見えました。

官邸に一通のFAXが届きます。秘書官・井坂と妻・聡子の不倫現場の写真でした。黒田は古郡からのやり取りで、事前にその写真を見つけていました。

家族を顧みず、聡子との関係も冷え切っていた黒田。井坂もまた最悪の総理の元で働くことで次第に政治への意欲を失い、嫌がらせのために聡子に近づいたのでした。

井坂は、心を入れ替え日本を良くしようと頑張る黒田総理に、自分の存在が迷惑になると辞表を提出します。

黒田総理は井坂の辞任を引き留めます。「私にも責任がある。君は必要な人材だ」。その言葉に、井坂も総理と共に戦う覚悟を決めます。

一同は、黒田総理の支持率の回復を目指します。妻の気持ちも取り戻したい黒田は、不倫相手だった山西に協力を頼み、ある機会をもらいます。

公邸でスキャンダルの記事を知った聡子は逃げ出そうとしていました。逃げる車の中で、国会中継が流れます。

「君ひとりを幸せに出来ないようなら、この国の総理は無理だ!愛してる、聡子」。そこには、夫・黒田が一生懸命自分へ愛の告白をする姿が写っていました。

国会が終わった官邸に駆け付けた聡子は、黒田に走り寄ります。抱き合う2人。日本国中が2人を温かく見守ります。

黒田夫婦は仲良く、演説のテラスに現れました。その場所は以前、黒田総理が石を投げられ倒れた場所です。

仲良く手を振る2人。観客のひとりが石とパチンコを構えました。放たれる石。いち早く気付いた警備によって直撃は免れました。正体は、鶴丸が仕掛けたスナイパーでした。

今の黒田総理は、国民の支持率は上がらずとも、側近に守られ信頼されています。国民のための政治を目指しています。

黒田と共に成長してきた秘書官の番場が、楽しそうにある作文を読んで聞かせます。「僕は本当は明るい性格です。石が当たって記憶を失くしたふりをすれば、明るい自分を出せるのに」。黒田が書いた小学校の時の作文です。

「もしかしたら、記憶戻ってました?」。「これは国家機密だよ」。記憶はどこで戻っていたのでしょうか?

官邸の総理の部屋に息子の篤彦がやって来ます。「父さん、僕もいつか総理になりたい」。日本の未来も明るそうです。

スポンサーリンク

映画『記憶にございません!』の感想と評価


(C)2019 フジテレビ/東宝
三谷コメディ最高傑作と謳われている今作『記憶にございません!』は、その言葉も過言ではないほど三谷ワールドを思いっきり堪能できる作品です。

なんと言っても突っ込み切れない豪華キャストのボケっぷりに注目です。そして主人公の黒田総理(中井貴一)を取り巻く人たちの関係性と、見事な伏線の回収エピソードに笑って泣けます。

黒田総理が記憶喪失で町をさまよっていた時、黒田を補導した警察官・大関平太郎役には、田中圭が登場。口封じのため北海道に飛ばされていた大関は、総理の警護強化の際、黒田によってSPに迎えられます。張り切りすぎる大関の警護に爆笑です。

また、黒田総理の愛人・野党の山西あかねを演じる吉田羊のワイルド肉食女子っぷり。対立する立場でありながら、最後は黒田に協力し妻との仲を取り持ちます。


(C)2019 フジテレビ/東宝
もはや存在自体がギャグ!?アメリカ初の日系女性大統領のスーザン・セントジェームス・ナリカワ役の木村佳乃の豪快な演技力で、「ハラヲワッテハナソウ」と外交の在り方を示してくれました。


(C)2019 フジテレビ/東宝
そして、三谷作品恒例の長回しシーン。注目は、総理(中井貴一)とフリーライター古郡(佐藤浩市)がバーで密会をするシーンです。

なぜそのチョイス?と思われる変装でやってくる総理に、金を要求する古郡。スキャンダルのネタは何なのか、金額はいくらなのか、全く覚えていない総理。噛み合わない会話にボケとツッコミの漫才を見ているようです。

古郡役の佐藤浩市さんは、官房長官のスキャンダルを狙うため、ゴルフ場にいるキャリーさんにまで変装してしまいます。赤い頬紅とおちょぼ口の口紅メイク、必見です。

その他にも毎シーンあるギャグの盛り合わせで、映画館は終始笑い声が絶えませんでした。たくさん笑った後は感動が待っているのも、三谷作品の大好きな点です。

史上最悪のダメ総理が、自らの夢と理想を取り戻し、人間的に成長していく姿。そして、心が通う政治を作り上げて行く、総理と周りの者達の懸命な姿に感動します。

総理は、実は初めから変わりたかったのかもしれません。何か生まれ変わるきっかけを探していたのではないでしょうか。

史上最悪のダメ総理は、心の通う政治を目指し、息子から尊敬される父親、なりたい自分になることが出来ました。

人は変わろうと思えば変われるのです。そのきっかけは、石が頭に当たることかもしれません。この映画は私たちに教えてくれます。もはや、そのきっかけは自分で作れることを。

まとめ


(C)2019 フジテレビ/東宝
豪華キャストによる極上エンターテイメントコメディ。三谷幸喜監督による8作目の長編映画『記憶にございません!』を紹介しました。

三谷映画でしか見られないオールスターキャストによる笑いの競演。ベタですけど、笑って泣けます。

日本のこと、政治のこと、そして自分のこと。今のままでいいのかな?

笑いの中にも、しっかりスパイスの効いた映画『記憶にございません!』。自分を変えるきっかけになるかもしれません。



関連記事

コメディ映画

映画『100日間のシンプルライフ』感想レビュー評価。実話を大胆に脚色し超ミニマリスト生活へ挑戦する男たちを描く

2020年12月4日(金)映画『100日間のシンプルライフ』がヒューマントラストシネマ渋谷・有楽町、シネマート新宿ほかにて全国順次公開。 幼なじみでビジネスパートナーのパウル(フロリアン・ダーヴィト・ …

コメディ映画

三谷幸喜映画『記憶にございません!』あらすじネタバレと感想。キャストの演技力が光る【記憶喪失の総理大臣】

映画『記憶にございません!』は2019年9月13日(金)より全国ロードショー公開! 脚本家・演出家・映画監督として、数多くの笑いあり涙ありのコメディ作品を手がけてきた三谷幸喜。 彼の通算8作目となる長 …

コメディ映画

映画『任侠学園』あらすじネタバレと感想。西島秀俊×西田敏行がW主演の“全員善人”のヤクザコメディ

映画『任侠学園』は2019年9月27日(金)より全国ロードショー公開! 数々の人気テレビドラマの演出を手がけてきた木村ひさし監督が、今野敏の人気小説シリーズの初映画化に挑戦した映画『任侠学園』。 世代 …

コメディ映画

いつだってやめられる7人の危ない教授たち|あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

劇場未公開だったイタリア映画『いつだってやめられる7人の危ない教授たち』は、「Viva!イタリア vol.4」で劇場公開されました。 “落ちこぼれインテリをなめるなよ”とばかりに、危ない教授たちの逆襲 …

コメディ映画

ロバート・アルトマンおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』あらすじと感想レビュー。80年代の幻のコメディ作品とは

ロバート・アルトマンのおすすめ映画『突撃!O・Cとスティッグス/お笑い黙示録』。 2018年12月15日(土)、16日(日)に東京・杉並にある座・高円寺2にて、After School Cinema …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学