Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

『札束と温泉』あらすじ感想と評価解説。令和グラビアクイーンの沢口愛華初主演は愛と大金をめぐる痛快クライムコメディ!

  • Writer :
  • 谷川裕美子

『札束と温泉』は2023年6月30日(金)よりシネマート新宿他、7月7日(金)よりシネマート心斎橋、京都みなみ会館にて公開。その後全国順次公開

「人狼ゲーム」シリーズの原作・脚本を手がけた川上亮の長編監督第2作『札束と温泉』が、2023年6月30日(金)よりシネマート新宿、7月7日(金)よりシネマート心斎橋、京都みなみ会館にて公開。その後全国順次公開されます。

古風な温泉宿を舞台に、女子高生たちがいわくつきの札束を発見したことから混乱が巻き起こるさまを描いたクライムコメディです。

主演は「ミスマガジン2018」グランプリで注目され、ドラマ『彼女、お借りします』などでも活躍する沢口愛華。小浜桃奈、糸瀬七葉、大熊杏優、佐藤京、星れいら、小越勇輝らフレッシュな若手俳優たちが共演します。

札束をめぐって、修学旅行中の女子高生たち、ヤクザの愛人、金を回収にきた殺し屋、教え子と付き合っている教師が古風な温泉宿を駆け回ります。

果たして大金は最後誰が手にするのでしょうか。二転三転する楽しいクライムコメディの魅力をご紹介します。

映画『札束と温泉』の作品情報


(C)2023 cosaic Co., Ltd.

【日本公開】
2023年(日本映画)

【監督・脚本】
川上亮

【編集】
佐野公子

【出演】
沢口愛華、小浜桃奈、糸瀬七葉、大熊杏優、佐藤京、星れいら、小越勇輝

【作品概要】
映画「人狼ゲーム」シリーズ全作品の原作・脚本を担当し、『人狼ゲーム/デスゲームの運営人』(2020)で監督デビューを果たした川上亮の長編第2作。

温泉宿で女子高生たちが見つけた札束をめぐって大混乱が起こるさまを描くクライムコメディです。

主演は「ミスマガジン2018」グランプリで注目され、グラビアのほかドラマ『彼女、お借りします』や映画『グリーンバレット』(2022)などでも活躍する沢口愛華。

そのほかSNS世代の若者に人気の小浜桃奈、糸瀬七葉、大熊杏優、佐藤京、星れいら、数多くの映画や舞台で主演経験を持つ小越勇輝ら若手俳優たちが出演します。

主題歌は群青の世界の「ハイライト・トワイライト」。

映画『札束と温泉』のあらすじ


(C)2023 cosaic Co., Ltd.

高校の修学旅行で訪れた温泉宿。リサたちはのんびり温泉につかりながらとりとめないことをしゃべっていました。

教師の渡辺は生徒の美宇と付き合っていましたが、キスしているところを動画で隠し撮りされ、金をゆすられていました。渡辺は直接会わなければ払わないと相手に強気に話したと美宇に語り、自分に任せるようにと話します。

リサ、ひかる、美宇が自分の部屋に戻ると、恵麻が大金を前に座っていました。廊下でぶつかった金髪女の態度が悪かったことに腹を立てた恵麻は、脱衣場にあった鍵で勝手に彼女の部屋を開け、その札束を見つけて持ち帰ってきていました。

約2千万の大金を山分けしようと言う恵麻をリサが必死で止め、金の入ったカバンを女の部屋に戻しに行くことに。しかし、一緒についていった美宇は、自分と教師のための口止め料欲しさに、リサから金を奪って逃げてしまいます。

一方、金をとられたことに気づいた金髪女・綾乃のもとに、ヤクザから電話がかかってきます。彼女はヤクザの愛人でした。金庫の金を持ち逃げした綾乃に怒ったヤクザは、温泉宿に何者かを送り込むと言って脅します。

焦った綾乃は、札束の入ったカバンを持っていた美宇を探して宿中を走り回りますが…。

映画『札束と温泉』の感想と評価


(C)2023 cosaic Co., Ltd.

2千万円の札束をめぐってさまざまな人間が入り乱れるさまを、伏線を張り巡らせた脚本で見事に描き切った痛快クライムコメディです。

勘違いが勘違いを生むコミカルな展開に、ぐいぐい引き込まれます。

修学旅行で温泉宿を訪れのんびり過ごしていた女子高生たち。責任感の強い真面目なリサ、能天気なひかる、ひねたトラブルメーカーの恵麻、教師と純愛中の美宇。個性的な魅力あふれるそれぞれの役を、フレッシュな若手俳優たちが生き生きと演じています

冒頭はリサとひかるの入浴シーンから始まります。なんでそんなことが気になるの?と聞きたくなるようなことにひかるはこだわって延々しゃべり続け、リサは適当に相槌を打って受け流します。

このぐるぐる同じところを回り続けるかのような無駄話が、女子高生のリアルを感じさせます。決して面白いことを話しているわけではなくても、他愛無い会話ができる時間、間柄ほど贅沢なものはありません。

そんな彼女たちが、ひょんなことから大金を手にしてしまいます。札束を目の前にしたそれぞれの反応は見事に異なりました。「いわくつきのお金に違いないから返さなければ!」と言ったのは真面目なリサたったひとり。それでもリサは自分の意見を押し通し、金を返しに向かいます。

一同はリサに賛同しながらも、実際にお金を前にしては、みんなして何度も心がぐらつき続けます。その姿がとてもリアルで、お金の持つ魔力がよく描かれています

ヤクザの金を奪って逃げた愛人の綾乃、彼女を追ってきたクールな殺し屋も魅力的です。教え子と恋愛中の担任・渡辺のマヌケぶりも、作品の良いスパイスになっています。

どんなにシリアスに追い詰められた場面でも、能天気さを失わない女子高生パワーに何度も笑ってしまうことでしょう。

果たしてどんな展開を見せ、どんな結末を迎えるのでしょうか。どうぞ最後まで見届けて下さい。

まとめ


(C)2023 cosaic Co., Ltd.

川上亮監督がタランティーノやガイ・リッチー、コーエン兄弟のような作品を目指したと語る、痛快クライム・コメディ『札束と温泉』。二転三転する見事なストーリー展開に魅了されます

「ミスマガジン2018」グランプリを獲得した沢口愛華をはじめ、フレッシュで初々しい若手女優たちが個性あふれる女子高生を魅力たっぷりに演じています。

他愛無い無駄話的なセリフも実にリアルに「女子高生らしさ」を醸し出しており、独特の味わいを感じさせる作品です。

『札束と温泉』は2023年6月30日(金)よりシネマート新宿他、7月7日(金)よりシネマート心斎橋、京都みなみ会館にて公開。その後全国順次公開!



関連記事

コメディ映画

映画『KAPPEI 』ネタバレあらすじ感想と結末の解説評価。カッペイ演じる伊藤英明が初めての恋心との戦いに挑む!

終末を救うはずだった最強の戦士が、平和な日本で恋の戦いに挑む! 「1999年に世界が滅亡する」という、かつてのノストラダムスの大予言を受け、終末が訪れた日本を平和に導く為に戦う…はずだった「終末の戦士 …

コメディ映画

映画『テルアビブ・オン・ファイア』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。恋愛の三角関係と脚本家への道⁈

2018年ベネチア国際映画祭InterFilm部門作品賞受賞したコメディドラマ。 サメフ・ゾアビが脚本・監督を務めた、2018年製作のルクセンブルク・フランス・イスラエル・ベルギー合作のコメディドラマ …

コメディ映画

【ネタバレ感想】映画『バイス』内容解説と考察。真相の内幕をブラックコメディで描く

映画『バイス』は2019年4月5日(金)ロードショー。 秘密裏にアメリカ史上最大の権力を握った副大統領ディック・チェイニーの恐るべき実話を映画化! 笑えるけれど笑えない、恐ろしい権力の暴走を描いたブラ …

コメディ映画

映画『レイトナイト』ネタバレ感想と結末あらすじの評価解説。エマトンプソンら異世代の女性が人生とキャリアを見つめ直す

ふたりの女性が、キャリアや人生を見つめなおすコメディ映画『レイトナイト 私の素敵なボス』! 2019年にアメリカで公開された映画『レイトナイト 私の素敵なボス』。スタンダップコメディアンのキャサリンが …

コメディ映画

『テッド』フル動画を無料視聴!PandoraやDailymotion紹介も

イジメられっ子のジョンは、クリスマスのプレゼントに贈られたテディベアのテッドと友だちになりたいと神様に祈りを捧げ、なんと!翌日テッドに魂が宿ります。 親友になった2人ですが、あれから27年が過ぎるとジ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学