Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

Entry 2019/04/10
Update

【ネタバレ感想】映画『バイス』内容解説と考察。真相の内幕をブラックコメディで描く

  • Writer :
  • 白石丸

映画『バイス』は2019年4月5日(金)ロードショー。

秘密裏にアメリカ史上最大の権力を握った副大統領ディック・チェイニーの恐るべき実話を映画化!

笑えるけれど笑えない、恐ろしい権力の暴走を描いたブラックコメディとなりました。

どこの誰にも無関係ではない、無視できない映画です。

スポンサーリンク

『バイス』の作品情報


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Vice

【製作】
ブラッド・ピット、デデ・ガードナー、ジェレミー・クレイマー、ウィル・フェレル

【製作・脚本・監督】
アダム・マッケイ

【キャスト】
クリスチャン・ベール、エイミー・アダムス、スティーブ・カレル、サム・ロックウェル、ジェシー・プレモンス、アリソン・ピル、リリー・レーブ、タイラー・ペリー、ジャスティン・カーク、リサ・ゲイ・ハミルトン、シェー・ウィガム、エディ・マーサン

【作品概要】
ブッシュ政権の副大統領にフォーカスを当てた本作。

史上最強の副大統領を、20キロ増量したクリスチャン・ベールが怪演しました。

その他、妻リン・チェイニーをエイミー・アダムス、ブッシュ大統領をオスカー俳優サム・ロックウェル、チェイニーの師匠ラムズフェルドをスティーブ・カレル、パウエル国務長官をコメディアンのタイラー・ペリーが演じ、かなりのそっくり具合を見せます。

監督は『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)でもブッシュ政権下でのリーマンショックを風刺的に描いたアダム・マッケイ。

『バイス』のあらすじとネタバレ


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

2001年9月11日、ワールドトレードセンターに旅客機が2機激突し、米国全体、そしてホワイトハウスは混乱に包まれていました。

地下に避難したブッシュ政権の閣僚たちは現状把握と対策に追われていました。

そんな中、副大統領のディック・チェイニーはエアフォース・ワンにいるブッシュ大統領の代わりに、危険とみなした航空機は撃墜しても良いという指令を出します。

そんな中、男の声でナレーションが入ります。

みんなが恐怖に包まれる中、チェイニーという男はこの事件を“チャンス”だと思い、そして全く目立たない存在でありながら世界を決定的に変えてしまったと。

時代は遡り、1963年。

若き日のチェイニーは名門イエール大学に入りながらも酒浸りで成績不良により退学。

さらには飲酒運転で捕まり、故郷のワイオミングで電気技師として働いていました。

イエール大学で出会った、後に妻となる恋人リンは成績優秀でしたが、時代と保守的な地域性のせいで、女性である自分が表舞台にのし上がるのは諦めていました。

彼女はチェイニーに自分の夢を託そうと彼を焚きつけます。

チェイニーは彼女と結婚し、娘も2人生まれ、期待に応えるために努力を重ねます。

ベトナム戦争の徴兵も、扶養家族がいることでなんとか免れるチェイニー。

そして1968年、ワシントンD.C.で議会のインターンプログラムに参加したチェイニーは、そこで演説をしたドナルド・ラムズフェルドを師と仰ぎ、彼の補佐として共和党で働き始めます。

チェイニーはニクソン政権下で様々な役職を担っていたラムズフェルドに忠誠を尽くします。

それまで取り柄のない人生を送っていたチェイニーですが、権力に身を捧げる意欲だけは人一倍で、政治家は彼の天職でした。


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

ある日、ニクソン大統領と補佐官のキッシンジャーが密室に入るのを見たラムズフェルド。

チェイニーに「もうすぐカンボジアが爆撃される。このホワイトハウスでは何万人もの運命を変える力が動いているんだ」と言います。

その権力を上手く使えと言われたチェイニーは「でも理念はないのですか?」と聞きますが、ラムズフェルドは爆笑するだけでした。

出世したチェイニーは自分の執務室を手に入れ、リンに喜びの電話をします。

ラムズフェルドはその後キッシンジャーとの確執で左遷されてしまいました。

そんなある日、チェイニーは娘たちと釣りに出かけます。

疑似餌で魚を釣る方法を見た娘から「魚を騙すの?」と聞かれた彼は「それが釣りだ」と答えました。

場面が代わり、それまでナレーションでこの映画の物語を語っていた男が顔を出します。

彼はカートという、妻子持ちのアメリカ人男性でした。

そしてウォーターゲート事件が起きニクソンが辞任。

家族で辞任会見を見ていた際に、娘たちからニクソンは悪い人間なのか聞かれたリンは否定し、ニクソンに同情します。

副大統領のフォードが大統領になり、チェイニーはラムズフェルドをワシントンに呼び戻して手を組み、キッシンジャーと対抗。

2人とも史上最年少で、ラムズフェルドは国防長官、チェイニーは大統領主席補佐官に就任します。

しかし次の大統領選では民主党が勝利し、カーター政権が誕生。

失業したチェイニーは、地元のワイオミングに帰って再度下院選挙に出馬します。

ですが彼は持病の心臓発作を起こし、入院。

選挙どころではないと医者から言われますが、リンが入院中の夫の代わりに演説をして大評判になり、チェイニーは見事当選。


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

10年以上5期に渡って下院議員を務めました。

1980年代半ば、共和党のレーガン政権が誕生した頃、次女のメアリーが同性愛者だと、チェイニーたちにカミングアウトしてきます。

共和党は反同性愛を掲げていたため、リンは世間体を気にしますが、チェイニーは娘に愛していると伝えました。

レーガン政権が終わった後、チェイニーはあるパーティで後任のジョージ・H・W・ブッシュから国防長官を打診され承諾します。

そのパーティでは息子のジョージ・W・ブッシュが酔っ払って醜態を晒していました。

湾岸戦争も起きましたが、任期を終えたチェイニーとリンは1993年に大統領選挙に出ることを画策。

が、同性愛者の娘の存在を気にしたチェイニーは出馬を断念し、政治の世界を離れます。

チェイニーは石油掘削機や軍のケータリングも担当している複合多国籍企業ハリバートン社のCEOに就任。

チェイニー家はヴァージニア州に豪邸を構えて、リンも文筆家として活躍。

チェイニーは二度と表舞台に出ることもなく、彼らは仲睦まじく暮らしました…とエンドロールが流れ始めたとき、突然チェイニー家の電話が鳴りました。

当時テキサス州知事をしていたあのジョージ・W・ブッシュの選挙事務所からでした。

ブッシュは大統領選に出るから自分の副大統領になってくれないかと打診してきます。


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『バイス』ネタバレ・結末の記載がございます。『バイス』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

リンは副大統領は閑職だと反対しますが、チェイニーは父ブッシュへの義理もあるので一応会ってみることに。

面会したブッシュは世間知らずで経験不足な世襲政治家。

一度は副大統領の話を断ったチェイニーですが、自身の法律顧問のアディントンに相談し、後日またブッシュと面会してこう提案します。

「君は直感的な政治家だ。だから私が軍や官僚の管理、外交などの日常的な業務をやろう。」

ブッシュは簡単に承諾し、メアリーの件もなんとかすると言ってくれました。

チェイニーの脳内に釣りをしていた時のイメージが浮かんできます。


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

そしてブッシュは大統領に当選し、チェイニーは副大統領に就任。

彼は周到に根回しをし、ラムズフェルドを国防長官に任命、その他の人事も自分の息がかかった人間を配置します。

大統領宛のメールは全てBCCで閲覧出来るようにし、諜報機関からの報告も先に受けるように体制を整備するなど副大統領の権限を拡大。

さらに富裕層への減税を実施し、地球温暖化対策の法案は廃案、イラクの油田利権を欲しがる企業を募ります。

そしてついに9.11テロが勃発。

混乱の中、チェイニーはアディントンと密談していました。

CIAの調査の結果、テロを起こしたのはビンラディン率いるアフガニスタンのテロ組織アルカイダだと示されますが、チェイニーとラムズフェルドはフセインが統治するイラクも関与していると言い出します。

国務長官パウエルは反対し、ブッシュも当面はアフガニスタンだけを攻めると判断しました。

アフガニスタンが陥落後、チェイニーは司法長官たちに根回しをして、ジュネーブ条約を無理矢理な解釈で捻じ曲げ、テロリストとみなした人物への保護義務をなくすと決定。

拷問を強化尋問と言い換えて合法化し、さらに情報を仕入れていきます。

アディントンが提唱した一元的執政府論(大統領は議会の干渉を受けずに判断をできる)という独自の憲法解釈を盾に、チェイニーは様々なことを影から決めていきました。

チェイニーに焚きつけられたブッシュは、パウエル長官に国連でアルカイダとイラクを関連づける虚偽のスピーチをさせてしまいます。

パウエル長官は後にそれを人生最悪の時間だったと振り返りました。


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

アメリカ国民はフセインが9.11に関わり、大量破壊兵器を持っていると信じてしまいました。

そしてイラク戦争が始まります。

これまでずっとナレーターをしていたカートも徴兵されてイラクに行きます。

バグダッドは陥落しますが大量破壊兵器は見つかりません。

おまけに、パウエル長官の演説でビンラディンと繋がりがあると疑惑をかけられ一躍有名になったザルカヴィという男は、後にISISを作ってしまいます。

チェイニーはハリバートン社の政府からの不正受注への関与を疑われ起訴されます。

ラムズフェルドはブッシュから解任され、チェイニーも彼をかばうことはありませんでした。

イラク戦争は間違いだったと気づいたメディアと国民はチェイニーを糾弾し始めます。

時がたち、オバマ政権が誕生していたころ、チェイニーは心臓病が悪化して死の淵にいました。

同じころジョギングをしていたカートが車に跳ねられ死亡。

チェイニーにカートの心臓が提供され、彼は生き延びます。

カートは死体の状態で「彼は“だれかの心臓”ではなく“新しい心臓”だと言った。あんまりだ。」とぼやきました。

その後、チェイニー家長女リズがワイオミングの上院議員に立候補しますが、メアリーが同性婚をしているという事実が選挙でマイナス要素になります。

リンとチェイニーは悩んだ末に、リズに公の場で同性婚に反対を示すように教えます。

メアリーは家族を恨みますが、リズは議員になりました。

最後にチェイニーがABCに出演した時の映像が流れます。

イラク戦争を無駄だったと思っている国民が大半だと言われたチェイニーは、カメラに向かってこう言います。

「世の中には怪物のような人間がいて、その現実に対処しなければならない。私は国民を守っただけだ。私は謝らない。国民に仕えられて光栄に思う。私は選挙で選ばれ、みんなが願うことを実行しただけだ。」

イラク戦争では、4550人のアメリカ兵が死亡。イラク市民は戦争で60万人死亡、さらにISISのテロでイラク及びシリアで15万人死亡。国際テロで2千人以上が殺害されました。

ハリバートン社の株はイラク戦争後に500%上昇。

チェイニーとリンは今でも元気に暮らしています。

スポンサーリンク

『バイス』の評価と感想


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

合衆国史上最大の権力を持ったと言われる、最凶の副大統領ディック・チェイニーの一代記『バイス』。

副大統領のことを「Vice President」と記すだけでなく、VIceには「悪徳」という意味もあります。

イラク戦争を起こし、ISISができる原因まで作ってしまった彼の物語は、普通に描けば恐ろしい悲劇にしか見えませんが、コメディ番組出身のアダム・マッケイ監督は「あんまり酷すぎて笑ってしまう事実を描いた超ブラックなコメディ」として作り上げました。

チェイニーとリンが何を考えていたのか、あえてシェイクスピア劇のように大げさに喋らせてみたり(この夫婦が『マクベス』のような関係であると表す意味もあります)、ブッシュ政権の閣僚たちが様々な憲法解釈の説明を受けるシーンを、レストランでの美味しい料理の説明のように演出してみたりと、バラエティのようなアクロバティックな演出が多々あり、テンポもよくグイグイ引き込まれます。

役者たちの演技も特殊メイクも素晴らしく、映画として一級品です。

猛毒のような恐ろしい話を、観客が飲み込みやすいようにオブラートでコーティングしてくれていますが、それでもガッツリと染み込んで消えないメッセージを残します。

権力はいくらでも暴走できる

冒頭、ナレーターのカートがこう語ります。

「日々の生活で疲れていると、誰もがややこしい政治のことなんか考えたくなくなる。たまの休みがあれば好きなことをしたい。」

そして背後に危機が迫っているのに快楽的に生きる人びとが映ります。

あの時、まさか民主主義で自由の国アメリカでひとりの男が全てを牛耳っていて、全世界の運命を狂わせていたなんて考えてもいませんでした。

いや、気づいていても見て見ぬふりをしていたのかもしれません。

「まさかそんなひどいことにはならないだろう」

「政治家になるような意識の高い人間が国を悪い方向に導くはずがない」

都合の悪いことには目を瞑りたくなってしまいますが、そうなっては権力者たちの思うつぼです。

ブッシュは父へのコンプレックスで政治家になったような男ですし、ラムズフェルドは「理念」と聞いて爆笑、チェイニーも特に才覚もないのに奥さんの権力欲に答えようと頑張ったただのオッサンです。

そんなオッサン達が独自に法律や憲法を解釈すればいいんだと気づき、劇中で語られるような“一元的執政府論”を振りかざせばロクなことになるわけがありません。

9.11やザルカヴィの存在など、全ての要素が最悪な形で噛み合って、イラク戦争にISISの設立まで突っ走ってしまいました。

ナレーターのカートも徴兵され、死んで「ハートのない」冷血漢チェイニーに心臓を奪われるまで気がつきませんでした。

民主主義が壊れないなんて保証はないのです。

チェイニーが最後に語るように、彼の行動は国民の支持によるもの。

イラク戦争も富裕層への優遇も、詐術的なチェイニーのやり方があったとは言え、全て国民が許してしまったものでした。

度々インサートされる釣りと疑似餌のイメージは、まさにチェイニーが辛抱強くタイミングを待って国民や他の政治家を騙して、釣り上げたことを表しています。

しかし、疑似餌を選んで食いついてしまったのは国民一人一人の責任なのです。

権力に踊らされた者達の物語


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

また本作が恐ろしいのはチェイニーの気持ちもわかってしまうように描かれているところです。

彼は理解不能な怪物ではありません。

奥さんにベタ惚れし、家族を守ろうとしていたひとりの平凡な男でした。

ニクソン政権下で初めてオフィスをもらったチェイニーがリンに電話をし、自分の出世を報告した後、彼女に「愛してる」というシーンがあります。

しかし、リンは娘たちと一緒に「パパは偉いわ」というだけで、愛してると返してあげることはありませんでした。

この夫婦間のすれ違いの悲劇は、やがて世界を巻き込む惨劇へと拡大されていきます。

本当は田舎で釣りをしている方が性に合っているはずの彼は、野心に溢れた妻の期待に応えようと必死に権力を追い求め、そのためなら手段を選ばなくなっていきます。

ではリンが一番悪いのかと言うとそうではありません。

彼女も、女性が活躍できない時代への恨みから必要以上に夫の権力を拡大させてしまいましたが、こんなことになるとは考えていなかったでしょう。

チェイニーを登用したブッシュは逆に利用され、権力の扱い方を教えたラムズフェルドも、結局は権力に振り回された挙句、かつての弟子に切り捨てられます。

一番恐ろしいのは実体のない権力そのもの。

本作ではクリスチャン・ベールの見事な演技で、権力を手にすればするほど顔が歪んでいくチェイニーが描かれています。

チェイニー夫妻は権力の依存性から抜け出せず、最終的には娘まで裏切ってしまいます。

権力は麻薬のように人を狂わせていくのです。

まとめ


(C)2018 ANNAPURNA PICTURES, LLC. All rights reserved.

この映画を見て、チェイニーが悪魔のような男だったと切り離して考えるべきではなく、いつどこで起きてもおかしくない話だと考えるべきです。

トランプ政権の現副大統領のマイク・ペンス氏が、当時イラク戦争に賛成していた本人映像で出てくるのも意図的なものでしょう。

それに、権力の暴走は政治に限った話でもありません。

そしてエンドロールの中盤にあるおまけ映像がさらにこちらに冷や水を浴びせてきます。

「今は問題意識持っても、また結局楽しいことに逃げるんだろ?」と言われているかのようなシーンなので、ぜひ最後まで席を立たずご確認ください。

恐ろしい話ですが、それを真っ向から批判して問題提起してくれるアダム・マッケイのような作家がいるということがまだ救いですね。

日本でもそういう姿勢を持った監督の出現が待たれます。

関連記事

コメディ映画

映画『ラブ×ドック』あらすじネタバレと感想。ラスト結末も

ドラマや映画、CMまで今ではテレビで見ない日のない人気女優・吉田羊の初主演作品が映画『ラブxドック』。 また、バラエティ番組製作やドラマの脚本など、マルチな活躍を見せる鈴木おさむの初監督作品でもありま …

コメディ映画

シンクロナイズドモンスターあらすじ!2017したまちコメディ映画祭にて

2017年11月3日より劇場公開されるアン・ハサウェイが主演を務める『シンクロナイズドモンスター』。 職ナシ、家ナシ、彼氏ナシ‼︎巨大な怪獣を操るダメウーマンが、負け犬人生と世界の危機に立ち向かう? …

コメディ映画

【ネタバレ感想】映画『翔んで埼玉』は原作漫画ラストの続編?魔夜峰央も絶賛のコメディを解説

映画『翔んで埼玉』は、2019年2月22日(金)よりロードショー! 累計発行部数が62万部を突破した、埼玉ディスり漫画を映画化した『翔んで埼玉』。 原作売り上げの3割を埼玉県が占め、上田清司埼玉県知事 …

コメディ映画

三谷幸喜映画『記憶にございません!』あらすじネタバレと感想。キャストの演技力が光る【記憶喪失の総理大臣】

映画『記憶にございません!』は2019年9月13日(金)より全国ロードショー公開! 脚本家・演出家・映画監督として、数多くの笑いあり涙ありのコメディ作品を手がけてきた三谷幸喜。 彼の通算8作目となる長 …

コメディ映画

映画『任侠学園』あらすじネタバレと感想。西島秀俊×西田敏行がW主演の“全員善人”のヤクザコメディ

映画『任侠学園』は2019年9月27日(金)より全国ロードショー公開! 数々の人気テレビドラマの演出を手がけてきた木村ひさし監督が、今野敏の人気小説シリーズの初映画化に挑戦した映画『任侠学園』。 世代 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP