Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

サスペンス映画

『人狼ゲームデスゲームの運営人』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。小越勇輝が巧みに殺人ゲームの裏をかく

  • Writer :
  • 増田健

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』は、11月13日(金)よりシネマート新宿・心斎橋にて公開

会話とコミュニケーションを楽しむパーティーゲームとして、日本でも定着した「人狼ゲーム」。

これを題材にしたドラマやバラエティー番組、舞台劇や映画も数多く生まれ、プレーヤーの心理戦要素は、コミックなどの様々な作品に影響を与えています。

2003年川上亮が発表した小説「人狼ゲーム」はシリーズ化され、それぞれ映画化・ドラマ化などメディアの枠を越え展開してきました。

そのシリーズ8作目となる作品が、『人狼ゲーム デスゲームの運営人』。

第1作の桜庭ななみから、第7作『人狼ゲーム インフェルノ』の武田玲奈まで、若手女優主演のシリーズが、初の男性主人公となる小越勇輝を迎え、映画化されました。

スポンサーリンク

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』の作品情報


(C)2020「人狼ゲーム」製作委員会

【日本公開】
2020年(日本映画)

【原作・監督・脚本】
川上亮

【アドバイザー】
児玉健

【キャスト】
小越勇輝、中島健、ウチクリ内倉、花柳のぞみ、坂ノ上茜、桃果、朝倉ふゆな、森山晃帆、星れいら、山之内すず、三山凌輝、森本直輝、黒沢進乃介、福崎那由他

【作品概要】
参加を望む者、拉致された者により実施され、勝敗は富裕層の賭博の対象となる、非合法の「人狼ゲーム」。

運営側の男がゲームの参加者の中に、自分の教え子であった娘を見つけ、彼女を救い出そうと試みる…。

人狼ゲームのルールから変則的な設定で作られた、頭脳ゲームを描く作品です。原作小説シリーズを著してきた川上亮が、今回初の監督に挑みました。

主演はドラマ『コーヒー&バニラ』(2019)、『そして、ユリコは一人になった』(2020)の演技で、改めて注目を集める小越勇輝。

彼が必死に救おうとする娘を、映画『ビブリア古書堂の事件手帖』(2019)、『哲人王 李登輝対話篇』(2019)に出演の桃果が演じます。

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』のあらすじとネタバレ


(C)2020「人狼ゲーム」製作委員会

とある場所に到着した車から、意識の無いまま降ろされた9名の若い男女。

彼らは謎の組織が運営する”人狼ゲーム”の参加者でした。仮面を付けたゲーム運営の者が、彼らプレイヤーを会場に運びます。

運営者はゲーム上の役職を示すカードを用意し、警告を与える微弱なものから、死に至る強力な電撃を流す首輪を、各プレイヤーに取り付けました。

しかしあるプレイヤーの顔を見て、動揺の色を隠せない男、政宗(小越勇輝)。

準備が完了すると、運営側のリーダー鬼頭(ウチクリ内倉)は今回のプレイヤーの役職名と、運営側の各スタッフが、どのプレイヤーを監視対象にするかを告げました。

“人狼”(夜の間に、人狼以外のプレイヤーの中から1人を指定し襲撃、殺害する)は、佐竹澪(朝倉ふゆな)と一ノ瀬悠輝(福崎那由他)。

“予言者”(夜の間に、プレイヤーの中から1人を指定し、その人物が人狼か調べることができる)は、天野すみれ(森山晃帆)。

“霊媒師”(昼の投票で処刑されたプレイヤーが人狼か否かを、夜の間に知ることができる)は、早坂亜由武(黒沢進乃介)。

“用心棒”(夜の間にプレイヤーの中から1人を指定し、その人物を人狼の襲撃から守ることができる。自らを守ることはできない)は、夏目柚月(桃果)。

この柚月こそ、運営側の政宗を動揺させた人物でした。

残る橋爪颯真(森本直輝)、秦小春(星れいら)、末吉萌々香(山之内すず)、滝快斗(三山凌輝)は能力を持たない役職、”村人”です。

プレイヤーたちは、昼間投票で怪しい人物を1名選び、処刑します。その夜”人狼”はプレイヤー1人を襲い殺害します(”用心棒”が守った人物であれば、”人狼”の襲撃は阻止される)。

翌日、生き残ったプレイヤーは、予言者や霊媒師の情報で処刑する人物を選びます。ただし役職を偽り、嘘の情報を流す人物がいるかもしれません。

村人側(人狼以外のメンバー)が全ての”人狼”を処刑すれば村人側の勝利、村人側が”人狼”の人数以下となれば、人狼側の勝利です。

しかしこのデスゲームでは、実際にプレイヤーは殺害され、そして生き残った勝者側に、賞金1億円が与えられます。

こうしてゲームは開始されました。プレイヤーには噂されていた闇の”人狼ゲーム”が、実在したと驚く者もいました。

プレイヤーには招待された者、拉致されて来た者、望んで探し求めて参加した者がいます。

逃げる術がないと悟り、誰を処刑するか相談し始めるプレイヤーたち。

自己紹介する彼らを鬼頭と政宗、琥太郎(中島健)と姫奈(花柳のぞみ)、くるみ(坂ノ上茜)の5名の運営者が監視していました。

監視室を出た政宗は、琥太郎にプレイヤーの柚月は知っている人物で、助けられないかと相談します。そんな事をすれば管理者に殺されるだけだ、と答える琥太郎。

柚月はかつて政宗が家庭教師をした娘です。彼女を”人狼ゲーム”に誘ったのは政宗、その結果殺人ゲームの管理者に目を付けられたのか、と彼は動揺していました。

プレイヤーの澪とすみれが、自分こそ”予言者”だと主張します。霊媒師を名乗る者はいません。人狼側と村人側の心理戦が開始されます。

拉致されて来た者は処刑から除外すべきだ、それはゲームとは関係ないし、その告白も怪しい。

反応が怪しかった者は誰かと、様々な意見が出て相談は紛糾しますが、ついに投票の時間を迎えました。

時間を迎え、皆は処刑する人間を指さします。最も多く票を集めたのは橋爪でした。

自分が処刑されたら村人は負ける、そう叫びながら首輪に流された電流で処刑される橋爪。

柚月が選ばれなかったと安堵する政宗。それを仲間から指摘され、何とか誤魔化します。

何とか柚月を助けたいと、琥太郎に訴える政宗。殺人ゲームの運営に嫌気がさしていた彼は、顔見知りの柚月を救うことに目的を見出し、自分が犠牲になっても構わないと考えていました。

その態度を偽善と指摘する琥太郎ですが、自分を巻き込まないなら黙認すると約束します。せめて柚月に、全プレイヤーの役職名を知らせようと考えた政宗。

最初の夜、”人狼”は早坂を選び殺害します。監視していた姫奈とくるみは、”人狼”の澪が襲撃する候補を挙げて、一ノ瀬が早坂を選んだと説明します。

早期に”霊媒師”の早坂を失い、村人側は不利になりました。琥太郎と2人で監視している間に、柚月にメモを渡すと告げた政宗。

協力を決断した琥太郎に、政宗は報酬を約束します。琥太郎は役職名のメモを渡すだけでなく、柚月は殺された”霊媒師”を自称すべきだと提案します。

プレイヤーの役職名を知れば、”霊媒師”の役割を果たせる柚月。さらに”霊媒師”を名乗れば”人狼”は、彼女は”用心棒”に護衛されていると考え、襲撃を諦めるはず。

その提案もメモに記した政宗。皆が寝静まると琥太郎の協力を得て、柚月の部屋の窓にメモを貼り付けた政宗。

翌朝、柚月はメモに気付き、密かに手に入れることに成功しました。

刺殺された早坂の遺体を見て、プレイヤーたちは動揺します。しかしその中に、ルールとはいえ彼を殺害した”人狼”が潜んでいるのです。

ここで”予言者”が、昨晩調べた人物の結果を発表します。”人狼”でありながら”予言者”と称した澪は、もう1人の”人狼”一ノ瀬を、”人狼”ではないと発表します。

本当の”予言者”すみれも、”人狼”を見つけていません。

生存者たちの相談が始まると、メモに従い”霊媒師”と名乗った柚月。他に”霊媒師”と称する者は現れません。

昨日処刑された橋爪は”人狼”では無かった、残る7人の内、2人が”人狼”だと語る柚月。

運営側の鬼頭と姫奈とくるみも、柚月は的確に振る舞ったと評します。これで彼女が今回処刑される可能性は減りました。

今日の話し合いも熱気を帯びます。残るは7人、今日1人を処刑し、夜1人が殺されれば明日は5人。

明日の投票で1人を処刑し、それでも”人狼”が1人でも残っていれば、夜1人が殺され残り3人。

投票できるのは、最大でも明後日を含めた3回。その中で2人の”人狼”を処刑せねばなりません。

3回の投票で失敗できるのは1回だけ。自称”予言者”は2人、1人は本物で1人は”人狼”。

“予言者”を残せば、”人狼”を暴く可能性は高まります。しかし少ない機会で”人狼”を倒すには、自称”予言者”を処刑するしかありません。

今回”予言者”を処刑するなら、澪に投票すると宣言する柚月。しかしその言葉をきっかけに、話し合いは紛糾します。

投票の時間を迎えました。選ばれたのは”予言者”のすみれでした。

しかし彼女は逃げ出します。すみれは首輪を壊していました。鬼頭たちはすみれを追い、他のプレイヤーには弱い電撃を加え、意識を失わせます。

捕らえたすみれに激しい暴行を加え、スタンガンで気絶させた鬼頭。そして彼女に新しい首輪を付け、ルール通りに処刑します。

その夜、本来の役職は”用心棒”である柚月は、護衛の対象に小春を選びます。

“人狼”の一ノ瀬は柚月を襲撃しようと言います。しかしもう1人の”人狼”である澪は、柚月が皆に”人狼”だと疑われるよう、他の人物の襲撃を提案しました。

その夜、萌々香を殺害する”人狼”。彼女の悲鳴を柚月は耳にします。残るプレイヤーは5人、その内の2人が”人狼”…。

以下、『人狼ゲーム デスゲームの運営人』のネタバレ・結末の記載がございます。『人狼ゲーム デスゲームの運営人』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2020「人狼ゲーム」製作委員会

監視室でくるみと2人となった政宗。この「人狼ゲーム」は、元々は政宗と友人の琥太郎が始めたものでした。

最初はネットを通じた賭け事であっても、処刑の無い普通のゲームでした。しかし鬼頭が所属する会社に買収され、運営を任されている内に殺人ゲームに変貌します。

くるみも本部の実態は知りません。くるみは報酬よりも、新たな刺激を求めゲームの運営に参加していました。

翌日開かれた生存者の話し合いで、”霊媒師”として昨日処刑されたすみれは”人狼”ではなかった、本物の”予言者”だったと告げる柚月。

ゆえに澪は偽”予言者”、つまり”人狼”だと訴えました。

しかし澪は自分が本物の”予言者”で、すみれが”人狼”。よって柚月の能力は偽りで、偽”霊媒師”の柚月こそ”人狼”だと主張します。

柚月が偽”霊媒師”なら、本物の”霊媒師”は初日の夜に殺され、弁明の機会がなかった早坂と思われる。

初日に都合よく”人狼”に”霊媒師”が殺されたのは不自然だが、偶然だろう。プレイヤーの話し合いはこの方向で進みます。

柚月は”人狼”は澪と一ノ瀬と名指しし、自分が先に”霊媒師”と名乗った結果、一ノ瀬は偽”霊媒師”と主張する機会を失ったと主張しました。しかし皆を説得する力はありません。

このままでは柚月が処刑されると考えた政宗に、残された方法は”霊媒師”との宣言を撤回し、本当は”用心棒”だと告白するしかない、と告げる琥太郎。

この判断が正解とは限らないが、この結論に彼女自身で気付くしか方法はないと、彼は言葉を続けます。

そこで隙を見てモニターにメッセージを流し、微弱な電撃を与えて注意を引き、メッセージを柚月に気付かせた政宗。

柚月は皆の前で自分は”霊媒師”ではなく、”用心棒”だと正体を明かします。投票を前にプレイヤーの話し合いは紛糾しました。

今回澪を処刑すれば、残る”人狼”の一ノ瀬が今夜、邪魔な柚月を殺害する。すると残された村人は、翌日一ノ瀬を”人狼”と判断し、処刑すれば勝てる。

それを避けるには、”人狼”の一ノ瀬は柚月以外の村人を襲うしかない。しかし”用心棒”の私は、村人を守ることが出来る。

この柚月の主張を澪は攻撃しますが、一ノ瀬は自分は”人狼”ではないと言い、柚月の意見に乗りました。

一ノ瀬の裏切りに動揺する澪。その態度に政宗も驚きますが、賞金1億円を独り占めにする目的で、あえてリスクを犯した行動に思われます。

澪が処刑され、今夜の柚月の護衛が成功しない場合、明日は柚月が偽”用心棒”、”つまり人狼”として処刑され、その結果1人勝ちとなる一ノ瀬。

今夜護衛対象となる村人は、小春と滝の2人。護衛の成否は確立50%。それに一ノ瀬は賭けたのでしょうか。澪は投票の結果、処刑されました。

一ノ瀬は自身満々の態度で夜を迎え、”用心棒”の柚月は、小春の護衛を宣言します。

それを見た政宗は、あることに気付きます。初日の夜、都合よく”霊媒師”早坂の殺害を選んだ一ノ瀬。

彼には柚月が護衛に選ばなかった相手を、襲撃する自信がある。彼は柚月と同じ様に、協力者から情報を入手しているのではないか。

監視室から姿を消した、くるみの後を追う政宗。彼女の手には持ち込み禁止のスマホがあります。

それを指摘した政宗は彼女に刺されます。くるみは管理者に政宗に襲われたと説明し、言い逃れるつもりでした。

殺人ゲームに刺激を求め、今や管理者を出し抜くことを目的として、知り合った一ノ瀬と共謀していたくるみ。

彼女が政宗に止めを刺そうと迫った時、背後から姫奈が襲い殺害しました。くるみのスマホを奪った姫奈は、一ノ瀬にメールを送ります。

メッセージに従い、小春の部屋を襲う”人狼”の一ノ瀬。しかし部屋の扉は開きません。

襲撃に失敗し”人狼ゲーム”の敗北と、自らの死を悟った一ノ瀬。彼は首輪を外し逃げようと試みますが、ルール違反を犯したとして、彼は殺害されます。

こうして全ての”人狼”が姿を消し、村人側の小春と滝、政宗が守ろうとした柚月の3名が生き残り、勝者となりました。

事態の呑み込めない政宗に、小春は妹だと打ち明ける姫奈。

鬼頭ら他の運営者も、プレイヤーとの関わりや思惑があったのでは、と気付いた政宗。

負傷した政宗は、殺人ゲームと化した”人狼ゲーム”の闇は、プレイヤーのみならず、運営者側をも覆っていたと思い知らされます…。

スポンサーリンク

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』の感想と評価


(C)2020「人狼ゲーム」製作委員会

小説、コミックとして、そして映画やドラマ化され人気の「人狼ゲーム」シリーズ。

原作者の川上亮は、自らが本作を監督するにあたり、人狼ゲームゲームアドバイザーとしてゲーム・舞台劇、イベントを主催してきた児玉健の、全面的な協力を仰ぎました。

そして劇団を立ち上げ、人気舞台の「人狼 ザ・ライブプレイングシアター」を数多く公演してきた、ウチクリ内倉も本作に出演。

「人狼ゲーム」人気の立役者が集結した作品が、『人狼ゲーム デスゲームの運営人』です

児玉健、ウチクリ内倉、川上亮は共同で、「映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』の特別上映会と限定版DVDを形にしたい!」というクラウドファンディングを立ち上げました。

本記事執筆の段階で、クラウドファンディングは既に目標金額を達成しています。

この映画はより印象深い形で、多くの「人狼ゲーム」ファンの元に届くでしょう。

デスゲームの舞台裏に焦点を移す


(C)2020「人狼ゲーム」製作委員会

「人狼ゲーム」は参加者が増えると役職も増え、より複雑化します。それをコントロールし、楽しいプレイにするのが、ゲームマスターの腕の見せ所。

川上亮の「人狼ゲーム」シリーズも、当初シンプルな物語も回を重ねる毎に複雑に、新たな設定を加えて描かれてきました。

本作ではついに、ゲームの上位構造である運営側を描き、従来の殺人ゲーム設定の枠を越えた作品に仕上がりました

これはシリーズと共に、殺人ゲームの主催者側のドラマに焦点を移し、より発展させた、ジェームズ・ワンの代表作『ソウ』(2004)シリーズと同じ構造だと言えるでしょう

本作で新たな境地に到着した「人狼ゲーム」シリーズも、『ソウ』シリーズ同様の発展を遂げる可能性を秘めているのです。

まとめ


(C)2020「人狼ゲーム」製作委員会

ファン必見の映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』。プレイヤーの駆け引きは巧妙かつ複雑、あらすじネタバレを手がかりに鑑賞してもらえれば幸いです。

しかし本作の一番の魅力は、若手俳優たちの演技合戦。「人狼ゲーム」の設定の中で、それを知り尽くした人々の演出に支えられ、見応えのあるものに仕上がっています。

舞台から映像作品に活躍の場を移した小越勇輝、モデルとしても活躍中の中島健、キッズモデル時代から経験を重ねている福崎那由他

小学生時にスカウトされ、今は女優業に専念する桃果、幼くしてミュージカル「アニー」の主演を務めた朝倉ふゆな、『ウルトラマンX』(2015~)でヒロインを演じ、注目を集めた坂ノ上茜

彼ら、彼女らの優れた演技を確認するには、本作をご覧頂くしかありません

今や若手俳優の登竜門とも呼ばれる「人狼ゲーム」シリーズ。中でも本作は、確かにその役割を果たしました。

映画『人狼ゲーム デスゲームの運営人』は、11月13日(金)よりシネマート新宿・心斎橋にて公開






関連記事

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』7番アンリ役は杉咲花。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 監督は『イニシエーション・ラブ』『トリック』 …

サスペンス映画

映画『十二人の死にたい子どもたち』12番ユキ役は竹内愛紗。演技力とプロフィール紹介

『天地明察』で知られるベストセラー作家の冲方丁(うぶかた・とう)の小説を原作とした映画『十二人の死にたい子どもたち』が2019年1月25日に公開されます。 メガホンをとるのは、『イニシエーション・ラブ …

サスペンス映画

本日公開!上映中のおすすめ台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』をご存知ですか?

台湾映画『目撃者 闇の中の瞳』は、本日1月13日(土)より新宿シネマカリテほか、全国順次公開! アジア映画はあまり見たことがないというあなた。の台湾映画デビューに、チェン・ウェイハオ監督の体感型サスペ …

サスペンス映画

韓国映画『ありふれた悪事』あらすじとキャスト!日本公開はいつ?

2017年12月9日(土)より公開される韓国映画『ありふれた悪事』は、モスクワ国際映画祭にて主演男優賞&最優秀アジア映画賞の2冠達成! 今作は歴史の暗闇に真正面から向き合い、国境を超えて高い …

サスペンス映画

映画『浜辺の女』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

本日ご紹介する映画は、ジャン・ルノワール監督の『浜辺の女』です。 今年2016年6月から、東京のイメージフォーラムを皮切りに順次全国公開された、リマスター版『ピクニック』も、ルノワール監督作品でしたね …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP