Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

コメディ映画

【ネタバレ】映画シェフ|あらすじ感想と結末ラストの評価解説。実話から生まれた“三ツ星フードトラック”での父子の食と心の旅

  • Writer :
  • 谷川裕美子

愛に満ち溢れた、心にもおいしいグルメロードムービー!

アイアンマン」シリーズのジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主演を務めたハートフルコメディ『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』。

ジョン・レグイザモ、ソフィア・ベルガラがメインキャストを務めるほか、ロバート・ダウニー・Jr.、スカーレット・ヨハンソン、ダスティン・ホフマンら豪華ハリウッドスターが出演しています。

超一流の腕を持ちながら、持ち前の短気さで突然職を失ってしまった主人公のカール。彼が選んだのは、フードトラックで超おいしいサンドイッチを売りながら旅する生き方でしたが、それは同時にかわいい息子との心の旅でもありました。

笑って泣ける、おいしいグルメコメディの魅力をご紹介します。

映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』の作品情報


(C)2014 SOUS CHEF,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

【公開】
2014年(アメリカ映画)

【監督・脚本】
ジョン・ファヴロー

【編集】
ロバート・レイトン

【キャスト】
ジョン・ファヴロー、ソフィア・ベルガラ、ジョン・レグイザモ、スカーレット・ヨハンソン、ダスティン・ホフマン、オリヴァー・プラット、ロバート・ダウニー・Jr、エムジェイ・アンソニー

【作品概要】
フードトラックの移動販売をはじめた、一流レストランの元総料理長のアメリカ横断の旅を描くハートフルコメディ。批評家に酷評されたのをきっかけに職を失った名シェフが、息子と相棒と3人でサンドイッチのフードトラックで旅する姿をユーモラスに温かく映し出します。

アイアンマン」シリーズのジョン・ファヴローが製作・監督・脚本・主演を務め、『3人のエンジェル』(1996)のジョン・レグイザモが主人公の友人役を、元妻・イネス役を『マチェーテ・キルズ』(2014)のソフィア・ベルガラが演じます。

ロバート・ダウニー・Jr、スカーレット・ヨハンソン、ダスティン・ホフマンら豪華ハリウッドスターの出演シーンも必見です。

映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』のあらすじとネタバレ


(C)2014 SOUS CHEF,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ロサンゼルスの有名レストランで総料理長を務めるカール・キャスパーは、批評家が来る前に息子のパーシーと市場に買い出しへと出かけました。

厨房に戻るとオーナーのリヴァがやって来て、カールがメニューを変えることに反対します。言われた通り元のメニューに戻しますが、批評家・ラムジーにはブログで酷評されてしまいます

カールの腕を誰より高く評価している元恋人のソムリエ・モリーは彼を慰めます。

新メニュー作りに奮闘するカール。しかし、ツイッターでブログが拡散されたことに怒りを抑えきれず、不用意なツイートをしたことで炎上してしまいます。

ラムジーと新メニューで対決しようとしたカールでしたが、リヴァはまたもや元のメニューに戻すように強要します。カールは耐え切れずにケンカし、店を辞めてしまいました。

店を再訪したラムジーが「カールは逃げ出した」とツイートしたのを見たカールは店に押しかけ、本人に怒鳴り散らします。その様子も動画に撮られ、また拡散されてしまいました。

カールの元妻のイネスは父親を求めるパーシーのために、3人でイネスの故郷のマイアミを訪れようと提案します。

現地でキューバサンドイッチの美味しさに驚いたカールは、フードトラックでサンドイッチの移動販売をすることを思いつきます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』ネタバレ・結末の記載がございます。映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。


(C)2014 SOUS CHEF,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

カールはイネスの最初の夫・マーヴィンを訪ねてフードトラックについて相談し、マーヴィンは快く協力を申し出ます。しかしやってきたトラックはボロボロでした。

ケンカしながらも、カールとパーシーは力を合わせてピカピカに磨き上げます。カールはシェフ用のナイフをパーシーに贈り、市場で品の選び方を教えます。

カールの親友であり、レストランの同僚でもあったマーティンも合流し、3人で作ったサンドイッチを荷運びを手伝ってくれた人たちにふるまいました。大好評だったことに彼らは喜びます。

3人はマイアミからニューオリンズ、ロサンゼルスへとキッチンカー「エル・ヘフェ」で旅を続けていきます。パーシーのツイッターが客を見事に呼び寄せ、店は大繁盛します。

行く先々で名物料理を食べて味の研究をしながら、一行は進みます。

カールはパーシーに一緒に旅ができて嬉しかったと話し、良いコックになったことを褒めます。その後、夏が終われば学校に戻らなければならないと話し、パーシーは頷きました。

「ようやく触れ合えた」と言いながら息子を見つめるカールの目には、涙を浮かんでいました。

カリフォルニアの自宅にパーシーを送り届けるカール。彼は「寂しい」と言う息子に抱きしめられました。

パーシーと別れた後、彼が作ってくれた1秒ビデオをみつめるカール。それは旅の思い出がギュッとつまった素晴らしいものでした。

考えを変えたカールはパーシーに電話をかけ、「放課後と週末だけ手伝ってほしい」「バイト代は将来の学費にする」と提案します。パーシーは歓喜の声をあげました。

大盛況の店では、パーシーに加えてイネスも手伝っています。そこにラムジーも現れました。

プライドも仕事も失ったと話すカールに、ラムジーはサンドイッチの味を絶賛したのち、投資したいと申し出ます。そして「店を買ったので好きに改築して好きな料理を作ってほしい」という彼の言葉に、カールは驚きを隠せませんでした。

それから6ヶ月後。カールはラムジーと組み、新たなレストランを開きました。

貸し切りの店で結婚式も開いたカールとイネス。陽気な楽しい音楽に乗って、みんな楽し気に踊り続けました。

映画『シェフ 三ツ星フードトラック始めました』の感想と評価


(C)2014 SOUS CHEF,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

父と子の触れ合いの旅

突然職を失った一流の料理人が、おいしいサンドイッチを作るフードカーで旅するようになる姿を描く、笑ってじんわり泣けるハートフルコメディです。

恰幅のいいジョン・ファヴロー演じる主人公・カールの作る大胆かつ繊細な料理のおいしそうなこと!レストランでの華麗な盛り付けの豪華料理も素晴らしいのですが、フードカーで作るキューバサンドもシェフの料理への丁寧さが感じられ、本当においしそうなのです。

作中では、自宅でチーズのトーストサンドイッチを息子のパーシーのために作る場面が描かれます。

よく熱した鉄板にオリーブオイルをひき、パン、その上に数種のスライスしたチーズを乗せ、こんがり焼けたら重ね合わせてバターをしっかりと塗ります。それからまたもう一度焼きつけてチーズが溶けたら、まな板の上でザクッと切る。

最初は「耳をとって」などと言っていたパーシーも、一口食べた瞬間にあまりのおいしさに驚くというこの場面。カールの料理人としての優れた資質が感じられる名場面なのですが、実はこの裏話がよくわかるメイキングが、エンドロールの最後に流れます

ジョン・ファヴローに指導するシェフは言います。「中身が溶けてサンドが進化するんだ」と。そして「カットする時にはいろんな角度から見て「世界に存在するのはサンドだけ」と思って集中し、失敗したら世界が終わると思ってカットするんだ」と彼は語ります。

食に対して非常に真摯で情熱的なカールという人物は、ジョン・ファヴローが指導を受けたシェフをイメージして役作りされていることがよく伝わってきます

「炎上商法で金を稼ぐ」などということは露ほども考えず、「とにかく料理がしたい」という一心でフードトラック店を立ち上げたカールは、元妻・イネスの助言によってどう接していいかわからずにいた息子のパーシーを連れて旅することを選びます。

父と子でピカピカに磨き上げる、ボロボロのフードトラック。ケンカをしながらも、ふたりの心は次第に近づき始めます。

息子のために選んだ料理人のナイフ。市場での品の選び方。訪れた町の地元名物を食べる散歩。トーストの焼き方。厨房でのほかの人間への目配り。

荷運びを手伝ってくれた人たちにお礼にふるまうのに、「どうせタダなのだから」と焦げたものを出そうとしたパーシー。カールは叱ろうとはせず、料理は自分にとって人生最高の幸せであり、お客を笑顔にすると元気がもらえること、そして「きっとお前にとってもそうだ」と諭します。

カールの言葉は愛情に満ち溢れ、人生にも通じる教えばかりでした。その言葉を、息子のパーシーも素直に吸収し精神的に成長していきます

ふたり旅ではなくカールの相棒・マーティンもおり、だからこそ旅のバランスは最高となっています。性に対しても開けっ広げで、クールな息子の前できわどい歌詞の歌を陽気に歌う大人ふたりの姿がなんとも爽快です。パーシーは照れながらも、いっぱしの男として扱われることを喜びます。

また現代っ子ならではの力で、ツイッターでフードトラック店を宣伝し客を見事に呼ぶパーシーに、父もまた助けられます。

夏休みが終わり、息子をもとの生活に戻さねばと思っていたカールは、パーシーから旅の1秒ビデオを受け取りました。旅の一瞬一瞬を切り取りつなげた、日記のような濃密で最高の1本を見て、これからも息子と深く関わって生きていく道を父は選び取ります

そして明るく思いやり深い魅力的な元妻のイネスとカールは、もともと別れた夫婦ながら素敵な関係性を持ち続けていましたが、パーシーが“かすがい”となり最後には復縁。親子の絆が最高の形で迎えるハッピーエンドに心が温かく満たされる作品です。

超豪華名優たちの友情出演もたまらない


(C)2014 SOUS CHEF,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

ジョン・ファヴローの人脈ならではの超豪華キャストたちがちょっとずつ顔を出すのも、本作の大きな醍醐味です。

最初にカールが勤めているレストランのオーナー・リヴァを演じるのは、『レインマン』(1988)などで知られる大スターのダスティン・ホフマンです。

頭の固いリヴァはカールの独創的な新しいメニューを決して認めず、何年も続く古臭いメニューを守り続けるように強要します。シェフの代わりはいくらでもいると言われ、短気なカールは我慢しきれず店を飛び出すのです。

カールの新作を食べようともせず、文句言いたげな客にはすかさず上物ワインをすっと差し出す狸オヤジを、ホフマンがサラリと演じています。

カールの元彼女で、美しいソムリエのモリーをスカーレット・ヨハンソンが演じます。カールの相手はモリーといいイネスといい、絶世の美女たちばかり。でもカールはとてもチャーミングな男性なので、気持ちはわからなくもありません。

モリーはカールの腕を誰よりも高く評価しており、いつも彼を褒めて支え、「パーシーにも向き合うように」と諭すとても魅力的な女性として描かれます。

最高に笑えるのは、イネスの最初の夫・マーヴィン演じるロバート・ダウニー・Jrの演技です。ほんのワンシーンの登場なのですが、見事な存在感を見せます。

マーヴィンは会社の自室に入れるためには秘書であろうとも靴カバーをさせる潔癖症で、「みんながすべるからカーペットを敷こうと考えている」と言ってカールに色見本を見せる変わり者。秘書を妊娠させた疑惑があったりと、とにかく只者ではない感がすごすぎます。

ファヴローもダウニーも、面白がって演じているのが伝わってきて最高です。

まとめ


(C)2014 SOUS CHEF,LLC. ALL RIGHTS RESERVED

料理への愛、食への愛、息子への愛、元妻への愛、相棒への愛。たくさんの愛に満ち溢れた、ユーモラスで情熱いっぱいの一作です。

ボロボロだったキッチンカーを磨き上げ、息子とともに再出発の旅に出た超一流シェフのカールが、最高においしいサンドイッチを作りながら陽気な旅に出ます。

「料理は自分にとって最高の喜びだ」と語るカール。その喜びを息子に伝えられる幸せを知ったカールは、これからさらにもっと感動いっぱいの人生を歩んでいけることでしょう。

しかもこれからはまた、素晴らしい女性・イネスも一緒に隣にいてくれるのですから。息子のパーシーが誰より幸せになれるエンディングが、観る者すべての心を温めてくれます。

観終えた後はきっと、自分や家族のために最高においしいキューバサンドを丁寧に作ってみたくなるはずです。





関連記事

コメディ映画

映画『ホタルノヒカリ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

2004年からのコミックスを原作にし、ドラマは第2シーズンまで放送された綾瀬はるかの代表作『ホタルノヒカリ』。 “干物女”という主人公・雨宮蛍という人物をそのまま一個で表したワードは、流行語大賞にノミ …

コメディ映画

映画『カタオモイ』あらすじ感想と評価解説。いまおかしんじ監督ならではのイムズが満載の“年の差ラブコメ”

映画『カタオモイ』は8月18日(金)より京都みなみ会館、9月23日(土)よりシアターセブン、元町映画館にてロードショー! 平凡な家庭生活に失望し家を出た一人の主婦と、同棲していた彼女に逃げられ飲んだく …

コメディ映画

Netflix映画『コネチカットにさよならを』ネタバレあらすじと感想考察。ベン・メンデルゾーンが悪役から誤算続きの中年男をユニークに演じる

50代半ばで仕事と妻を捨て、理想の人生をおくるはずだった誤算とは? Netflix映画『コネチカットにさよならを』は、早期退職し仕事や、離婚後の妻や子供とのしがらみから逃れ、悠悠自適な生活をおくるはず …

コメディ映画

映画『セトウツミ』あらすじネタバレと感想!ラスト結末も

映画の中で会話劇というと、どんな作品を思い出しますか? 今年2016年に公開された、クエンティン・タランティーノ監督の『ヘイトフル・エイト』も傑作でしたね。 しかし、日本映画の中に同年に公開された映画 …

コメディ映画

映画『天使にラブソングを』ネタバレあらすじと感想レビュー。キャストのウーピーゴールドバーグが相違する価値観の必要性を問う

クラブ・シンガーが巻き起こすヒューマンコメディの秀作『天使にラブ・ソングを…』。 売れない歌手が、ある事件から逃げる為に、かくまわれた修道院で起こす騒動を描いたコメディ映画『天使にラブ・ソングを…』。 …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学