Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/01/21
Update

『マーメイドNYMPH』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。人魚ホラーのリベンジには皆殺しジャンゴの復讐がお似合いだ|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー10

  • Writer :
  • シネマルコヴィッチ

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第10回

深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信サービス【U-NEXT】で鑑賞することも可能です。

そんな気になるB級映画のお宝掘り出し物を、Cinemarcheのシネマダイバーがご紹介する「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第10回は、ミラン・トドロヴィッチ監督が人魚伝説をモチーフにしたリベンジ映画『マーメイドNYMPH』です。

地中海のバルカン半島にあるセルビアの映画界から、怪しいまでに美しい人魚に焦点をあてた映画『マーメイドNYMPH』は、長きにわたって世界中の海で伝えられてきた、怪しい歌声によって男たちを海に引きずり込んだ人魚の姿を描いた作品です。

そして、青く澄んだ海とナイスバディなビキニ姿の女性、また、曰く付きの孤島で繰り広げられる死が香るミステリー事件とは?

キャストには『ハロウィン』(2007)のクリスティーナ・クレベに、『9デイズ』(2002)のドラガン・ミカノヴィッチが集結。何といっても人魚以上の皆殺しジャンゴとして知られる、元祖血まみれマカロニ西部劇のフランコ・ネロが参戦しています。

B級映画らしいお色気と、スーパーゲストで贈る、ミラン・トドロヴィッチ監督の人魚映画『マーメイドNYMPH』をご紹介します。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『マーメイド NYMPH』の作品情報


(C) 2014 Viktorija Film d.o.o. All Rights Reserved.

【公開】
2014年(セルビア)

【原題】
NYMPH

【監督】
ミラン・トドロヴィッチ

【キャスト】
クリスティーナ・クレベ、ドラガン・ミカノヴィッチ、ナタリー・バーン、フランコ・ネロ、ミオドラグ・クロストヴィッチ、スロボダン・ステファノビッチ、ソフィヤ・ラジョビッチ

【作品概要】
ゾンビ映画『ゾーン・オブ・ザ・デッド』(2009)のミラン・トドロヴィッチ監督が、数々の人魚伝説を基に現代に新たに蘇らせたミステリー・ダーク・ファンタジー作品。

キャストには『ハロウィン』のクリスティーナ・クレベ、『9デイズ』のドラガン・ミカノヴィッチを起用し、共演に『続・荒野の用心棒』のフランコ・ネロがニコ役を務めます。

また『セルビアン・フィルム』のミロスラブ・ラコブリージャが人魚のデザインを担当しています。

映画『マーメイド NYMPH』のあらすじとネタバレ


(C) 2014 Viktorija Film d.o.o. All Rights Reserved.

ある夜、港の波止場で若い娘がトップレスになり、彼氏を誘惑して淫らにイチャついていました。しかし、カップルの男性が暗い水面を覗き込むと、突如、何かに支配されたように海へと飛び込みます。

突然の事態に気がどう転した女性は、自身の服装など気にする間も無く助けを呼びます。すると、潜水夫のような長靴を履いた初老の男性が舟の錨を持って近づいて来ます。

女性は「助かった」と心で思うまもなく、鋭利な錨の先を喉に突き立てられ殺されます。

ある日、アメリカ人女性のケリー(クリスティーナ・クリーブ)とルーシー(ナタリー・バーン)は、ルーシーの元恋人のアレックス(スロボダン・ステファノビッチ)のいるモンテネグロにバカンスにやって来ます。

彼女たちがバカンスを楽しもうとプールサイドでくつろいでいると、お目当の地元のことに詳しいアレックスが、現在の婚約者ヤスミンと迎えに来てくれました。

以前に何ごともなかったケリーとアレックスは気さくに話しますが、かつて恋人同士だったルーシーは、アレックスとは訳ありのようで上手くは話すことができませんでした。

その後、ボートで自宅付近の港に着いたケリーら4人は、見知らぬ初老の男(フランコ・ネロ)を見かけます。やがて夜になってケリーとルーシーが来た再会を楽しむ、お祝い酒を飲み始めます。

酒に酔ってきたヤスミン(ソフィヤ・ラジョビッチ)は、ルーシーとアレックスの過去の関係について、嫉妬で問いただします。すると、アレックスはヤスミンに何もないと気をそらせて、再び4人は飲んで踊りに興じます。

なにか誤魔化されたヤスミンは、酒を飲み過ぎで気分が悪くなり寝室に入ります。ケリーとルーシーはここへ来たことについて話をした後、ケリーが散歩に行きました。

ルーシーが独りでいると、案の定、かつて交際関係にあったアレックスがやって来ました。2人はそれぞれの状況を知りながらも、さらに燃え上がるかのようにキスをして抱き合います。

翌朝。ケリーとルーシーを含む4人は、ある島にある軍施設の跡地にボートで向かいました。

しかし、当時10歳であったケリーには、泳ぐことができなかったため、溺れた弟を助けられないというトラウマがありました。彼女以外は海に入り、水遊びを楽しみます。

そのとき、ヤスミンが海中で何者かに、足を引っ張られたと叫びます。アレックスは魚だろと取り合いません。

しかしそれは、悪ふざけで足を引っ張っていた、ヤスミンの地元友人のボブでした。陽気で人懐っこいボブを、夕方からの食事に誘う約束をすると、彼は去って行きます。

その後、沖合に見える島に行ってみたいとケリーは言いますが、アレックスはすぐに断りました。

夜になりケリーとルーシーに、地元の美味しいと評判の店で食事をしていた5人。ケリーが再びあの気になる島の話を始めます。

アレックスがあの島はマムラ島だと語り出しすと、あそこは刑務所跡であったり、ファシズムの拠点に使用された場所で、島の周囲も岩礁地帯の為、自分のボートでの上陸は出来ないと言います。

するとお調子者のボブが口を挟み、自分のボートなら行けると5人を島に行くことを提案し、誘いました。

その時、奥のテーブルにいた初老の男は、島には近づくなと言い捨てます。男は港でケリーらが見かけたニコと言う名の男でした。

ニコは「あの島は大虐殺が行われた血みどろの島だから立ち入るな」と強く制止します。そして娘を探していると新聞の切り抜きの写真を見せると、その女性は先の埠頭で殺された若い娘のようでした。

以下、『マーメイド NYMPH』ネタバレ・結末の記載がございます。『マーメイド NYMPH』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

翌朝、昨晩の酒場でのニコの話しなど気に留めるそぶりもないケリーら5人。ボブの所有する黒いゴムボートで、マムラ島に上陸します。

好奇心から要塞のような刑務所跡を、彼らは順に観光に楽しんでいました。その時、窓から眼下の中庭で初老のバケツを持った男の姿を見つけます。

すると男は、中庭にあった深い井戸にバケツの中身を流し込みます。その赤い水に紛れていたのは、人体を切断した手足などの肉の塊でした。

ケリーらは思わず悲鳴をあげますが、辺りにいた鳥が鳴いたことから、その男は気にかけることなく姿を消します。

目撃した状況をケリーらが確かめようと井戸に向かい、彼女は自分のスマートフォンで井戸の暗い底を撮影しました。恐ろしい状況にボブは、自分の友人の警察官に知らせようと言います。

ケリーが写したスマートフォンの画像を確認すると、井戸の底には白い裸の女性がいることが分かります。ケリーは直感で初老の男に監禁され、虐待を受けているのだと思い助け出そうと提案。

そんなことよりも、まずは自分たちがこの場から、いち早く逃げることが先決だとボブが言い、乗船してきたゴムボートに向かいます。

その事態に気づいた初老の男が高台からライフル撃ちます。あえなくボブのゴムボートは海面で萎んでいました。

元刑務所内という迷路のような場所を逃げる5人。彼らは二手に別れます。しかし、ボブ、ルーシー、ヤスミンは、凶暴化した殺人鬼の男に追い詰められてしまいます。ボブは男と争う中で、足の腿をナイフで切られます。

一方のアレックスとケリーは、あの井戸へ通じる扉を見つけます。鎖で繋がれた扉の穴から、その中を覗くと、先ほどスマートフォンで撮影した女性がそこには監禁されていました。

なかにいた女性の歌声を聞いたアレックスは、突然何かで操られたかのように異常な行動を見せます。しかし、女性のケリーは正気のようで、無理やり扉をこじ開けて、その室内に入りました。

その頃、ボブらは偶然にも、あの凶暴化した殺人鬼の男が住んでいる部屋を見つけます。あの男は多くの人間を殺害している事実を知ったのです。そして、1枚の古いモノクロ写真を見つけます。

何と、若い頃の殺人鬼の男と一緒に写っていたのは、酒場で会い、島の危険を知らせていたニコでした。

そこにケリーがやって来て、とりあえず逃げようと部屋を出ますが、その際にヤスミンが殺人鬼の男に首を切断されて惨殺されてしまいます。

気が動転しながらも、ボブが先ほどの部屋から持ち出した地図を見ると、この島には港に通じた海底トンネルが存在することが分かりました。

斧を手にして3人は井戸のある部屋に入ります。無数の白骨化した人骨が散らばり、そこにはアレックスの死体がありました。

井戸の海面から上半身を出していたのは、人間の女性ではなく、凶暴な人魚で人肉を食らって生きていたのです。

その時、ルーシーが襲われ海で殺されてしまいます。そして、ボブは追ってきた男を斧で突き刺し、2人は逃げます。

しかし、その先は万事休すの行き止まり。重い扉を開けようとしますが、再び殺人鬼の男が迫って来ます。

すると、突然、扉の向こうから鍵が開くと、そこにはニコの姿がありました。手漕ぎボートに乗ったニコら3人は、港付近まで命からがら戻ってきました。

ニコはかつてあった出来事について語り始めます。彼は潜水士で、7人の男たちで刑務所から港までの海底トンネルを掘っていたことがあり、その際に人肉を喰らう人魚と出会ったしまったのです。

そして、ニコ以外の潜水夫の全員が人魚に殺されました。その後、刑務所は閉鎖。しかし、実はニコの部下の男が生きていたのです、それがあの殺人鬼の男でした。

稀に人魚も人間の男性に恋をするそうで、美しい歌声で若い男を思いのままにして、人魚の為に殺人を実行させ、殺人鬼の男は人肉の確保をしながら長いことマムラ島で生き続けていました。

そんな事実を知る最中、港近くで恋する男を失った人魚が、復讐心に燃え、怒りを抱きながらニコらを襲ってきます。

船上にいたボブが海面を跳ねた人魚に突き落とされて海で殺されてしまうと、ニコは手にした縄のついた銛を人魚の腹部に撃ちます。腹部から流れた血が海中で染まります。

ニコはケリーに、ボートを固定するロープを持って岸まで泳ぎ、縛りつけるように叫びます。その時、人魚はニコを掴み、海に落とします。

必死のケリーは、泳げなかったトラウマを忘れて、銛を持って海に飛び込み、ニコを助い出します。

しかし、一方の復讐心に燃える人魚も、しぶとく陸に這いつくばりながら上がって来ました。

ニコとケリーは連携を見せて、投網で人魚の動きを止めます。しかし、人魚も負けてはいません。男を惑わせる歌声を聴かせると、ニコの様子がおかしくなってしまいます。

ケリーはニコの顔を叩き、正気に戻すと、人魚の最後のトドメを刺しました。すると、長靴を履いた殺人鬼の男がやって来ました。

初老の男は人魚の亡骸を抱いて涙を流しました。陸にいた人魚が死んだのですが、闇の大海原からは何匹もの人魚たちの歌声が聞こえてきました。

今度は人魚の姉妹たちが失った仲間の人魚の復讐心に燃えて、港に逆襲の報復に迫って来るようでした。

ニコは人魚たちとの戦争に備えることを決意。手始めに、人魚を抱き寄せ泣いている殺人鬼の男の首に娘の復讐を成し遂げるため、錨の歯先を突き刺しました。

スポンサーリンク

映画『マーメイド NYMPH』の感想と評価


(C) 2014 Viktorija Film d.o.o. All Rights Reserved.

「人魚伝説」のクリーチャーたち

本作『マーメイド NYMPH』は、古くから伝わる人魚伝説を題材にして、現代に外敵としてのモンスターを蘇らせた映画です。

上半身が人間で下半身が魚という人魚は、日本に昔はいたとされており、ミイラ姿として保存されたものをテレビや雑誌で、ご覧になった方も多いことでしょう。

他にも、アンデルセン童話の『人魚姫』もよく知られていますが、最も知られているのは、案外、宮崎駿監督の『崖の上のポニョ』(2008)かも知れません。

その他にも、ジョニー・デップが主演を務めた人気シリーズの4作目となる、『パイレーツ・オブ・カリビアン 生命の泉』(2011)で、当時新人女優であった、アストリッド・ベルジェ=フリスベが、透き通るように白い肌の人魚、シレーナ役を演じていました。

また、2015年のポーランド映画『ゆれる人魚』でも、人魚のシルバー役(姉)をマルタ・マズレクが演じ、ゴールデン役(妹)をミハリーナ・オルシャンスカが務めていました。

元々、人魚伝説の起源は、ギリシア神話に登場する魔物セイレーンだと言われています。海の岩礁で魅惑的な歌で唄い、その美声で船乗りたちの心を惑わせ、船を沈めてしまうとお話です。

しかし、本作『マーメイド NYMPH』をB級映画の喜びの視点で読み解くと、実はモンスターの人魚の存在や、お色気の水着姿などの女性は、作品の本質からは遠いところにあります。

自分たちのエリア(陸・大地)に侵略してくる外敵(他国・民族・内的紛争など)であり、そこで行う「復讐」こそが、かつて血で染またセルビアで作られる意味があるのです。

B級映画の伝説「皆殺しのジャンゴ」

参考映像:『続・荒野の用心棒』(1966)

本作『マーメイド NYMPH』を観る際に、セルビアという“馴染みの薄い国で製作された映画”なんだと、珍しさを感じられた方もいたでしょう。

この映画を観て、作品冒頭の人魚による若い男性を引き込み殺害する流れは、人魚映画そのものと言えます。また、人魚が男に恋をしてという件も、「人魚姫」として頷くのは容易です。

しかし、その直後に長くつを履いた殺人鬼の男性が、若い娘の喉元を切り裂く描写に、「あれ、これ人魚映画じゃないんだ」、製作陣のテーマや意図はと、すぐに人魚映画の違和感と共に、課題を投げかけられます。

結論から申し上げれば、若い娘の父親はニコであり、単に行方不明で探しているのではなく、ニコは娘の復讐に燃えています。

ニコを演じてるのは、“皆殺しのジャンゴ”の名優フランコ・ネロであり、マカロニ西部劇の全盛期の中心的な人物でした。

参考映像の『続・荒野の用心棒』(1966)は観たことはなくとも。クエンティン・タランティーノ監督の『ジャンゴ 繋がれざる者』(2012)の元ネタオマージュであり、本家本元!血だらけ残酷なガンマンのジャンゴも、出演していたことはご存知ではないでしょうか。

つまり、本作は「人魚伝説」に「伝説の皆殺しのジャンゴのキャラクター」を掛け合わせたB級映画プンプンの作品です。

美人な人魚をお色気目当てなファンもいたかもしれませんが、本作は初老の男の復讐リベンジのドラマが本質だと言えるでしょう。

それが証拠に、「皆殺しのジャンゴ」について知らないが観ると、ラストは予算が無いから尻切れとんぼで終わった映画だと、早合点するでしょう。それはあまりに気が早い。

だって、あのジャンゴですよ、ニコは。自分の娘や、かつての仲間を殺害してきた人魚は、悪党ども(外敵な侵略者)ですから、当然、人魚皆殺しの血祭りです。(ジャンゴの殺しの法則として…)

見せる必要もなく、描く必要もない想像の様式美が存在しています。

本作の結末の復讐に煮え切らない方に、補足としてフランコ・ネロのマカロニウエアスタンの映画予告をいくつかリンクしておきます。

参考映像:『ガンマン無頼』(1966)

参考映像:『真昼の用心棒』(1966)

参考映像:『ガンマン大連合』(1970)

まとめ


(C) 2014 Viktorija Film d.o.o. All Rights Reserved.

歴史の闇をダークファンタ爺さんで描く

映画『マーメイド NYMPH』は、人魚伝説を基に新たなる物語を再構築した作品です。

美しい地中海を背景にしたミステリアスなダーク・ファンタジーなのですが、セルビアという国の成り立ちもあり、「ヤラレたらヤリ返せ」のリベンジ精神を描いた作品です。

残酷な模写はホラー系列からの派生ではなく、マカロニウエスタンの西部劇を観て入れば納得の描写と言えます。

もちろんゾンビ映画『ゾーン・オブ・ザ・デッド』(2009)を制作したのミラン・トドロヴィッチ監督なのですが、それ以前にセルビア人として一端が作品に反映するのは、映画人として至極当然のことです。

1941年にかつてのユーゴスラビア王国は、ドイツとイタリア両国に占領された歴史。あるいは、クロアチア独立によって、セルビア人、ユダヤ人、ロマ人などを民族浄化という、何十万人のジェノサイドを経ています。

「人魚というキャラクター」を外敵な侵略者(海のみならず陸続きの隣国)とし見立てて、その歌声というプロパガンダでの扇動とする。

それらによって、家族や仲間を虐殺した者へ復讐すると考えれば、「皆殺しのジャンゴという伝説的キャラクター」をぶつけることこそ、真の意味で「ダークなファンタジーのリベンジ映画」が時空を超えて確立したと言えるでしょう。(これもクエンティンぽいとも言える…)

映画『マーメイド NYMPH』でも、観光に来るアメリカ人の設定、過去のファシズムの件があるのも、そんな背景があってこそです。

【連載コラム】「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」記事一覧はこちら






関連記事

連載コラム

映画『ミドリムシの夢』あらすじと感想。真田幹也監督が描く役者目線の演出と明確なメッセージ性の妙【真田幹也監督と出演陣のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭9

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・真田幹也監督作品『ミドリムシの夢』が7月16日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにておこなわれるデジタルシネマの祭典が、20 …

連載コラム

映画サイレンサー第4弾 破壊部隊|ネタバレあらすじ感想と結末解説。ディーン・マーティンが沈黙部隊で魅力を発揮するスパイアクション|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー30

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第30回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『ザ・ビースト』ネタバレあらすじと感想。ニコラスケイジがアクションとクセのある役どころに挑む|未体験ゾーンの映画たち2020見破録45

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第45回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第45回で紹介するのは、ニコラス・ケイジ主演のサバイバル・アクション映画『ザ・ビースト』。 船とい …

連載コラム

SF映画おすすめランキング!2000年代の隠れた名作ベスト5選【糸魚川悟セレクション】|SF恐怖映画という名の観覧車105

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile105 記憶に新しいにも関わらず、冷静に考えるとかなりの年月が経過しているという感覚の奇妙さを感じる2000年代。 様々な映画の功績によりVFX …

連載コラム

鬼滅の刃モデル元ネタ?映画レビューと評価考察。実写・戦隊シリーズなどが辿ってきた“鬼退治”の系譜|邦画特撮大全78

連載コラム「邦画特撮大全」第78章 今回の邦画特撮大全は、敵が“鬼”の作品、つまり「鬼退治映画」を紹介します。 吾峠呼世晴の人気漫画が原作のアニメーション作品『劇場版 鬼滅の刃 無限列車編』の興行収入 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学