Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/12/20
Update

映画『名も無き世界のエンドロール』あらすじと感想評価レビュー。キャストの岩田剛典×新田真剣佑が描き出す“世界の終わり”の顛末|映画という星空を知るひとよ43

  • Writer :
  • 星野しげみ

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第43回

第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の同名小説を、『キサラギ』の佐藤祐市監督が映画化した『名も無き世界のエンドロール』が、2021年1月29日(金)全国ロードショー。

岩田剛典と新田真剣佑が初共演しているのも話題となっている作品です。

温かな家庭とは縁遠い幼馴染の少年キダとマコト。2人は10年の歳月と人生をかけて、ある女性へのプロポーズ大作戦を計画します。しかしそれは、日本中を巻き込む壮大なプロジェクトだったのです。

岩田剛典が冷酷な“闇の交渉屋”キダ、新田真剣佑が会社経営者として表舞台を歩くマコトに扮し、深い絆で結ばれたふたりを熱演しています。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『名も無き世界のエンドロール』の作品情報


(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

【公開】
2021年(日本映画)

【原作】
行成薫『名も無き世界のエンドロール』(集英社文庫)

【脚本】
西条みつとし

【監督】
佐藤祐市

【キャスト】
岩田剛典、新田真剣佑、山田杏奈、中村アン / 石丸謙二郎、大友康平、柄本明

【作品概要】
岩田剛典と新田真剣佑が初共演し、第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の同名小説を映画化された『名も無き世界のエンドロール』。監督は『累 かさね』(2018)『キサラギ』(2007)の佐藤祐市です。

『AI崩壊』(2020)に出演した、EXILE / 三代目 J SOUL BROTHERS from EXILE TRIBEの岩田剛典と、新田真剣佑が初共演しています。山田杏奈がふたりと知り合う転校生・ヨッチ役、中村アンがトップモデルとして活躍する政治家の令嬢・リサ役を務め、柄本明、大友康平、石丸謙二郎らが共演。

映画『名も無き世界のエンドロール』のあらすじ

(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

クリスマスイブの街。サンタクロースの赤い服を着た青年・キダが、白い袋を持って、イベントが行われる予定の会場へ向かっていました。

キダのスマホが鳴り、準備の確認をするマコトの声が流れます。

キダとマコトは、それぞれ複雑な家庭環境で育った幼なじみです。

小学生の時、転校してきた同じ寂しい境遇のヨッチも加わり、3人でいつも支え合いながら成長してきました。

前の学校でいじめられ無視されたことで、自分の存在を否定されるのをとても怖がるヨッチ。そんなヨッチのことをキダもマコトも「決して忘れないから」と支えていました。

高校を卒業してから、キダとマコトは小さな修理工場で働きだしますが、ある日、高級スポーツカーの修理依頼をリサという名前の美女から頼まれます。

彼女は政治家令嬢でトップモデルです。どうみても、住む世界が違うのですが、マコトは彼女に強い興味を抱きます。

けれども、やはり、食事に誘っても、まったく相手にされません。

当然の結果と思えて、キダはリサをあきらめるようにマコトに忠告しますが、マコトは仕事を辞めて忽然と姿を消してしまいました。

マコトを探すために裏社会に潜り込んだキダは、2年後にリサにふさわしい男になるため、必死でお金を稼いでいたマコトを探しあてました。

マコトのリサへの執念とその理由を知ったキダは、マコトに協力することを誓います。

マコトはますます実業家として成功し、リサに近づいて親しくなりました。一方、キダは裏の仕事の「交渉屋」として、その地位を確立していきます。

そして迎えたクリスマスイブ。マコトはキダの力を借りて、リサにプロポーズを決行しようとします。

それは2人が10年の歳月をかけて企てた、ある壮大な計画でした。

スポンサーリンク

映画『名も無き世界のエンドロール』の感想と評価

(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

クリスマスイブの夜。大勢の人々に見てもらうべきプロジェクトの決行にキダが赴くところから、映画は始まります。

思いつめたような顔で決戦場となるイベント会場へ向かうキダに、やはり緊迫した表情で電話をするのは、幼馴染みのマコト。

2人が何をしようとしているのか、これから何が起こるのかとドキドキしますが、次にはキダの回想場面になりました。

ヨッチという少女も交えて、幼馴染み3人が過ごした温かで楽しい青春時代が映し出されます。

キダとマコトが過ごしたのは、両親はいなくても穏やかでささやかな幸せに満ちた日々でした。

なぜそこからクリスマスのプロジェクトに繋がるのかと、興味をそそられながら物語の推移を見守ることになります。

スクリーンで過去と現在が交互に映し出されるにつれ、パズルのピースが1片ずつはまるように、次第にこの作品の全般が見えてきます。

殺しさえも厭わない裏社会の一員ですが、本当は優しい性格のキダを岩田剛典が熱演。陰ながらも命がけでマコトをしっかりとサポートする姿には、友情以上の深い絆が見えます。

一方のマコトを演じるのは、新田真剣佑。マコトは、マジック好きで学生の頃にはしょっちゅうキダをからかっていたトリック魔。天真爛漫な明るい性格ですが、あることがきっかけで自分の素性を偽り、大きな計画を胸に青年実業家への道を進みます。

岩田と新田は初共演ですが、息のあった演技で“表と裏社会で生きる”キダとマコトを披露。

物語が進むにつれて明らかになる、彼らの深い友情と絆に比べ、「住む世界が違う」と豪語し、上から目線で見下す上層社会のやり方に激しい怒りを覚えることでしょう。

名も無い下層の者にも生まれて来た意味があり、生きていく権利があります。生命を授かった以上、その存在は絶対で、何者もそれを犯すことはできないはず……。

貧しい下層社会の者たちでも生きています。その存在と主張をしっかりと伝える本作に、感無量となるのに違いありません。

まとめ

(C)行成薫/集英社 (C)映画「名も無き世界のエンドロール」製作委員会

映画『名も無き世界のエンドロール』の原作は、第25回小説すばる新人賞を受賞した行成薫の同名小説で、タイトルに“エンドロール”とあるように、本作は映画というものを意識しながら完成された作品だそうです。

「映画化されることとなり、頭の中に漠然と思い浮かべていた映像がスクリーンで観られるということに、わくわくしております」と、作者からコメントが寄せられたと言います。

チラシのキャッチコピーにもなっている、“ラスト20分の真実”はとても重いもの。エンドロールを見守るキダの毅然としつつもどこか寂しい表情には、生きることへの切なさすら漂っていました。

この作品は、1人の人間の存在がどんなに大切かを切実に訴えるラブストーリーとも言えるでしょう。

映画『名も無き世界のエンドロール』は、2021年1月29日(金)全国ロードショー。

次回の連載コラム『映画という星空を知るひとよ』もお楽しみに。

【連載コラム】『映画という星空を知るひとよ』一覧はこちら




関連記事

連載コラム

韓国映画イケメン俳優の男同士の熱い絆を観る!『ミッドナイトランナー』から『名もなき野良犬の輪舞』まで|コリアンムービーおすすめ指南2

連載コラム「コリアンムービーおすすめ指南」第2回 韓国映画について縦横無尽に語ることをコンセプトにした本連載もようやく2回目。 月に一度の更新となりますが、お付き合いのほどよろしくお願いいたします。 …

連載コラム

映画『ストレイ 悲しみの化身』ネタバレ感想と結末までのあらすじ。ラスト描写は“ホラー版の惑星ソラリス”とでも名付けたい|未体験ゾーンの映画たち2020見破録39

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第39回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第39回で紹介するのは、大人の心を翻弄する、恐るべき子供を描いたホラー映画『ストレイ 悲しみの化身 …

連載コラム

映画『ファナティック』感想レビューと内容考察。ラストまでガチ怖なハリウッドの狂愛者が最恐の来日|SF恐怖映画という名の観覧車115

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile115 猛暑や連日続く暗いニュースがある現代社会で、好きになれるものがあることは人生を潤す原動力になります。 しかし、行き過ぎた「好き」と言う感 …

連載コラム

映画MARK OF THE WITCH|ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。魔女が18歳の娘の身体を奪う邪悪な魂の正体|未体験ゾーンの映画たち2021見破録30

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第30回 公開が危ぶまれた、世界各国の傑作・怪作・珍作映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第30回で紹介するのは『MARK OF …

連載コラム

映画『ある殺人、落葉のころに』感想評価と考察解説レビュー。三澤拓哉監督が描く“現代の歪な物語”からの救済のメタ構造|映画道シカミミ見聞録53

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第53回 こんにちは、森田です。 今回は、2021年2月20日(土)/東京・ユーロスペース他での劇場公開後も、4月23日(金)/京都みなみ会館にて、4月24日(土)/ …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学