Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/08/26
Update

『仮面ライダーBLACK SUN』内容解説考察。白石和彌監督が手掛けるアウトロー的ヒーロー誕生!【邦画特撮大全96】

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第96章

今回の邦画特撮大全は、『仮面ライダーBLACK SUN』を紹介します。


石森プロ・ADK EM・東映

2021年4月の「仮面ライダー」生誕50周年企画発表会見にて、映画『シン・仮面ライダー』やアニメーション作品『風都探偵』と共に製作の発表がなされた『仮面ライダーBLACK SUN』。原作者である石ノ森章太郎が最後に関わったテレビシリーズ『仮面ライダーBLACK』(1987~1988)のリブート作品です。

監督は『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『孤狼の血』などで知られる白石和彌。本記事ではこれまでの白石和彌監督の作風から、『仮面ライダーBLACK』の作品の魅力と白石和彌監督の親和性、『仮面ライダーBLACK SUN』がどのような作品になるか推察していきます。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

『仮面ライダーBLACK SUN』の作品情報


石森プロ・ADK EM・東映

【公開予定】
2022年(日本映画)

【原作】
石ノ森章太郎

【監督】
白石和彌

【作品概要】
原作者・石ノ森章太郎が最後に関わったTVシリーズ『仮面ライダーBLACK』(1987~1988)のリブート企画。シリーズ全体の監督を務めるのは『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『孤狼の血』と話題作を連作している白石和彌監督。

2022年春にプロジェクトが始動される予定です。

白石和彌監督のメッセージ・全文


(C)2021「孤狼の血 LEVEL2」製作委員会

仮面ライダーBLACKのリブートという、とんでもないプロジェクトに身震いしています。仮面ライダー50年の歴史の重さに押しつぶされないように才能の全てを注ぎ込みます。南光太郎と秋月信彦の二人の悲しみの物語が、日本のヒーロー史に新たな爪痕を残せるように頑張ります。

ご期待ください!

監督 白石和彌

そもそも『仮面ライダーBLACK』とは?

参考映像:『仮面ライダーBLACK』第01話(仮面ライダー50周年記念)

『仮面ライダースーパー1』(1980~1981)の終了後、6年ぶりに製作されたテレビシリーズがオリジナルの『仮面ライダーBLACK』です。原点回帰をコンセプトに掲げつつ、「メタルヒーローシリーズ」で蓄積されたノウハウを用いて新たな要素も導入して製作されたシリーズでした。

『宇宙刑事ギャバン』(1982)など独特の映像で知られる小林義明監督、『帰ってきたウルトラマン』をはじめ多くの特撮作品を手がけた脚本家・上原正三(初期で降板)など、仮面ライダーシリーズ初参加となるスタッフをメイン格の監督・脚本に招聘しています。

仮面ライダーBLACKの姿は「外骨格」と解釈され、従来の仮面ライダーよりスマートなシルエットとなっています。一方の敵怪人もこれまでのモチーフを抽象化した“タイツ怪人”ではなく、生々しいディテールのクリーチャー然とした怪人となっています。

同じ日食の日に生まれた南光太郎・秋月信彦の2人は、暗黒結社ゴルゴムによって“世紀王”に改造されてしまうことから物語は始まります。

脳改造前に辛うじて逃げ出した光太郎は、仮面ライダーBLACK(世紀王ブラックサン)に変身しゴルゴムと戦っていきます。一方の信彦は自我を失い、世紀王“シャドームーン”となってしまいます。そうして兄弟同然に育った二人の青年が、ゴルゴムもとい闇の世界の支配者“創世王”の座を巡って戦うことになります。

本作『仮面ライダーBLACK』は原作者・石ノ森章太郎が最後に関わったTVシリーズであり、石ノ森自身も漫画版を執筆。漫画版もゴルゴムに改造された南光太郎と秋月信彦の戦いがベースなのは同じですが、ニューヨークやロンドン、オーストラリアと実写ドラマでは難しい世界中を巡る物語となっています。

全体的に製作された1987年というバブルの時代の空気と、その繁栄の背後にある世界滅亡への兆し=終末観の色濃い作品が、オリジナルの『仮面ライダーBLACK』でした。

スポンサーリンク

「究極のアウトロー」=仮面ライダーの混沌とした善悪

『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン2予告編

これまでVシネマ『真・仮面ライダー序章』(1993)、映画『仮面ライダーTHE FIRST』(2005)、『仮面ライダーTHE NEXT』(2006)、ネットドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』(2016~2017)など、仮面ライダーシリーズの原点回帰/リブート企画は幾度と行われてきました。

しかし、そうした過去の企画と今回の『仮面ライダーBLACK SUN』とでの大きな違いこそが、やはり白石和彌監督の起用です。

前述の作品は辻理監督、長石多可男監督、田﨑竜太監督、石田秀範監督と、仮面ライダーシリーズに携わった経験のある監督たちでした。しかし白石和彌監督は、仮面ライダーのみならず東映のヒーロー・特撮作品を監督するのは本作が初。こうしたリブート企画に外部監督を招聘するのも、あまりない例なのです。

参考映像:映画『凶悪』予告編

これまで『凶悪』(2013)、『日本で一番悪い奴ら』(2016)、『孤狼の血』(2018)といった作品を手掛けて来た白石和彌監督ですが、監督の作風と『仮面ライダーBLACK』の持つ魅力とは親和性が非常に高いと考えられます。

実際に起きた殺人事件を題材にした『凶悪』、犯罪に手を染め転落していくエース警察官を描いた『日本で一番悪い奴ら』、ヤクザ以上にヤクザな刑事を描いた『孤狼の血』。白石和彌監督は現在の日本映画界でアウトローの世界を描き続けています。

よくよく考えると、仮面ライダーも“アウトロー”と言える存在ではないでしょうか。本来の意味の「法律を無視する無頼漢」というより「人間社会の規範の外にいる存在」と表現する方がいいかも知れません。

“仮面ライダー”とは、敵の手によって人間以上の力を手にしてしまったひとりの人間です。特に石ノ森章太郎の漫画版は1作目『仮面ライダー』、『仮面ライダーBLACK』ともに、大きな力ゆえに人間ではなくなってしまった主人公たちの葛藤に焦点を当てた作品となっています。彼ら仮面ライダーはヒーローではあるものの、人間の規範の外に出てしまった異形の存在であり、“アウトロー”と形容できる存在なのです。

参考映像:映画『孤狼の血』予告編

白石和彌監督の『孤狼の血』にて、役所広司演じる大上刑事は暴力や違法捜査なんでもありの刑事でした。暴力団との癒着をも疑われる大上ですが、実際の彼の行動原理は「一般市民を守る」の一点であり、清濁を併せ持つ姿勢は大上の手段でした。

この清濁併せ持ち、毒を以て毒を制す主人公の姿勢は、敵の手によって得た力を敵の打倒のため行使するという仮面ライダーシリーズのコンセプトと共通しています。

また『仮面ライダーBLACK』にて同じ日に敵によって改造されながら、自我を保ちヒーローとなった南光太郎/仮面ライダーBLACK、敵の幹部となってしまった秋月信彦/シャドームーン。ボタンの掛け違いによって「ヒーロー」と「敵幹部」となったこの2人は表裏一体、合わせ鏡の存在と言えます。ヒーローと敵を分けるのが運やほんの僅かな違いというのは非常にリアルですし、白石和彌作品で描かれる「転落していく者の人生」にも共通しています。

東映のコンテンツ事業部門担当・吉村文雄取締役は白石和彌監督を起用した理由を、南光太郎と秋月信彦の「兄弟同然に育った2人がライバル関係になって戦う」という2人の関係性にフォーカスした「悲しみ」のドラマ『仮面ライダーBLACK』を、『仮面ライダーBLACK SUN』という新しい作品として作り上げるためと語っています。

こうした単純な勧善懲悪の善悪二元論ではない要素をはらむ仮面ライダーシリーズで、なおかつオリジナルが人間の心の奥に迫る『仮面ライダーBLACK SUN』は白石和彌監督にピッタリの企画と言えるでしょう。

社会に潜む“悪”の存在

参考映像:映画『日本で一番悪い奴ら』予告編

仮面ライダーBLACKの敵組織である「暗黒結社ゴルゴム」。彼らの目的は文明社会の腐敗する時を待ち、人類を完全淘汰して怪人による世界を作り上げるというものでした。

TVシリーズには坂田龍三郎代議士、大宮コンツェルン会長・大宮幸一、黒松英臣教授、女優の月影ゆかりと、さまざまな分野の人間が社会に潜伏しゴルゴムに協力しています。

信彦の実父で光太郎の育ての父でありゴルゴムに協力する秋月総一朗は、石ノ森章太郎の萬画版では医療機器やコンピュータ機器を扱う大企業の社長として登場しています。このようにほとんどのゴルゴムの協力者は、社会に大きな影響力を持つ人間たちなのです。

白石和彌監督の『凶悪』では闇に隠れていた殺人事件が徐々に明かされていき、『日本で一番悪い奴ら』では本来正義を行うはずの警察官が裏で犯罪に手を染め、『孤狼の血』では社会のなかに巣食う暴力団、つまり社会の中に潜む闇の部分を丹念に描いていました。

社会の中にとてつもない闇や悪が潜んでいるという暗黒結社ゴルゴムは、白石和彌監督作品と共通しているでしょう。白石和彌監督の『仮面ライダーBLACK SUN』では、暗黒結社ゴルゴムが社会に潜むさまをより克明かつリアルに描写してくれるのではと思います。

スポンサーリンク

まとめ

来年2022年春に始動する『仮面ライダーBLACK SUN』。まだまだ公開されている情報は少なく、配信なのか映画なのかどのようなメディア展開なのかも明言されていません。

しかし『凶悪』『日本で一番悪い奴ら』『孤狼の血』と言った作品で、アウトローと社会の暗部を描いてきた白石和彌監督の手による新生『仮面ライダーBLACK』、『仮面ライダーBLACK SUN』は監督の作風とオリジナルの持つ魅力の親和性から非常に期待大と言えるでしょう。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら







関連記事

連載コラム

映画『リル・バック ゲットーから世界へ』感想と解説考察。若きダンサーの仕事と生き様に迫るドキュメンタリー|2020SKIPシティ映画祭1

2020SKIPシティ国際Dシネマ映画祭にて『リル・バック ゲットーから世界へ』が上映 2004年に埼玉県川口市で始まった「SKIPシティ国際Dシネマ映画祭」は、国際コンペティション、国内コンペティシ …

連載コラム

映画『ハッピー・オールド・イヤー』あらすじと感想レビュー。断捨離を通してモノに宿った思い出と家族の人生が浮ぶ|OAFF大阪アジアン映画祭2020見聞録2

第15回大阪アジアン映画祭上映作品『ハッピー・オールド・イヤー』 毎年3月に開催される大阪アジアン映画祭も今年で15回目。2020年3月06日(金)から3月15日(日)までの10日間にわたってアジア全 …

連載コラム

映画『ブルーノ』感想とレビュー評価。サシャ・バロン・コーエンが仕掛ける過激なドッキリ|だからドキュメンタリー映画は面白い31

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第31回 『ボラット』のサシャ・バロン・コーエンが、ゲイのファッション・レポーターに扮して大暴れ! 今回取り上げるのは、サシャ・バロン・コーエン主演の2 …

連載コラム

「新海誠から考える令和の想像力──セカイからレイワへ──序論

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」序論 『君の名は。』で歴代邦画興行収入の第2位となる250億円を記録した、新海誠監督の3年ぶりの新作『天気の子』が2019年7月19日に全国公開されます。 4 …

連載コラム

シンエヴァンゲリオン|タイトル読み方/意味考察。ラストは:||とシン=進が示す《繰り返しと前進》【終わりとシンの狭間で3】

連載コラム『終わりとシンの狭間で』第3回 1995~96年に放送され社会現象を巻き起こしたテレビアニメ『新世紀エヴァンゲリオン』をリビルド(再構築)し、全4部作に渡って新たな物語と結末を描こうとした新 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学