Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/17
Update

『真・仮面ライダー』ネタバレあらすじと感想評価。白倉伸一郎による“大人のための仮面ライダー”へと続く序章(プロローグ)|邦画特撮大全57

  • Writer :
  • 森谷秀

連載コラム「邦画特撮大全」第57章

2019年8月1日、『シン・ウルトラマン』の製作が発表されました。


(C)2016 TOHO CO.,LTD.

円谷プロダクション、東宝、カラーによる共同製作作品であり、企画・脚本を庵野秀明、監督を樋口真嗣が務めることも発表されました。『シン・ゴジラ』(2016)の総監督、監督の2人が再びタッグを組むのです。

ですが『シン・ゴジラ』よりも『シン・ウルトラマン』よりも前に、真(シン)・仮面ライダーがいたのです。

今回の邦画特撮大全は、オリジナルビデオ作品『真・仮面ライダー/序章(プロローグ)』(1992)を特集します。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

『真・仮面ライダー/序章(プロローグ)』の作品情報


(C)東映

【公開】
1992年(日本製作)

【原作】
石ノ森章太郎

【監督】
辻理(つじ・まこと)

【脚本】
宮下隼一、小野寺丈

【プロデューサー】
堀長文、白倉伸一郎

【音楽】
宇崎竜童、和田薫、羽毛田丈史、松浦善博

【特撮監督】
矢島信男

【アクション監督】
金田治、山田一善

【キャスト】
石川功久(現:石川真)、野村裕美、石濱朗、塚田きよみ、小野寺丈、片岡弘貴、安藤麗二、岡元次郎、横山一敏、高嶋政伸、石ノ森章太郎、原田大二郎

【作品概要】
仮面ライダー生誕20周年記念作品として製作された本作『真・仮面ライダー/序章(プロローグ)』。原作者の石ノ森章太郎は「真ライダーは0号」と語っており、原点回帰的な作品となっています。

本作は平成に製作された作品ですが、“平成仮面ライダーシリーズ”には含まれません。ファンからは『仮面ライダーZO』(1993)や『仮面ライダーJ』(1994)と共に、“ネオライダー”と呼ばれることもあります。

また仮面ライダーシリーズの映画最新作『仮面ライダージオウ Over Quotzer』(2019)に登場した仮面ライダーゾンジスは、この3人のネオライダーがモチーフとなっています。

『真』が目指した“大人向け仮面ライダー”

参考映像:『仮面ライダーZO』(1993)予告編

本作『真・仮面ライダー/序章(プロローグ)』はオリジナルビデオ、いわゆるVシネマとしてリリースされました。そのため従来のTVシリーズに見られなかった、大人向けの作風が本作の特徴です。

まずは主人公である仮面ライダーシンのデザインを見て行きましょう。仮面ライダーシンは肉体化を機械化した改造人間ではなく、バイオテクノロジーを応用した細胞レベルでの改造を施されており生物的なデザインをしています。そのため怪人と見分けがつかないようなデザインで、仮面ライダーのトレードマークの1つであるベルトも排されていました。

また仮面ライダーという呼称も劇中では用いられず、ラストに“CODENAME MASKED RIDER”というテロップが出るのみです。そのため本作に登場する仮面ライダーには、「仮面ライダーシン」という呼称がその後の解説本などで用いられています。本記事でもそれに倣い「仮面ライダーシン」/「シン」という呼称を使用します。

次にシンの変身描写です。主人公の風祭真は苦しみながら変身します。目が赤く光り全身の筋肉が膨張し、前述したような姿に変身します。

シンの戦闘スタイルも野性的で、傷跡や流血などの描写もしっかりと登場します。戦闘場面は基本的に夜や影の中ということもあり、闇を基調としたアダルトな雰囲気のものになっています。

また風祭真とヒロインである明日香愛が裸で泳ぐ場面、愛の妊娠描写から2人に肉体関係があったことを思わせる演出も盛り込まれています。愛の遺体を抱えて歩くシンと、愛のお腹の中で生き続ける赤ちゃん=ミュータントベビーが何処かへ向かう場面で本作は終了します。

当初は続篇を製作する構想がありましたが本作の売り上げが好調だったため、続編ではなく新作にということになり翌年『仮面ライダーZO』(1993)が公開されたのです。

その後の“大人向け仮面ライダー”と白倉伸一郎プロデューサー

参考映像:『仮面ライダーアギト』(2001〜2002)第一話

『真・仮面ライダー/序章(プロローグ)』は、現在放送中の『仮面ライダージオウ』(2018~2019)の白倉伸一郎プロデューサーが初めて参加した仮面ライダー作品です。本作にはその後の白倉伸一郎プロデュース作品に通じる部分があるのではと筆者は考えます。

まず白倉が初めてプロデュースした平成ライダー作品『仮面ライダーアギト』(2001~2002)。『アギト』に登場する3人目の仮面ライダーが仮面ライダーギルスです。ギルスは仮面ライダーシンほどでありませんが、生物的なデザインをしています。腕からトゲ状の刃が出てきて攻撃するという点も、シンと共通しています。

その後、白倉はTVで放映される“平成仮面ライダーシリーズ”とは別に第1作目『仮面ライダー』(1971~1973)をリブートした映画作品『仮面ライダーTHE FIRST』(2005)とその続編『仮面ライダーTHE NEXT』(2007)、ネット配信ドラマ『仮面ライダーアマゾンズ』(2016~2017)などの大人向けの仮面ライダー作品を手掛けました。

『仮面ライダーTHE NEXT』には首の切断描写などのグロテスクな表現や、Jホラーを意識した恐怖演出が盛り込まれています。そのため12歳未満が鑑賞する際は出来る限り保護者の同伴を求めるPG-12指定を受けました。『仮面ライダーアマゾンズ』では『THE NEXT』以上に手加減のない残酷描写や恐怖演出がありました。

しかし「大人向け」を意識した劇場オリジナル作品やネット配信作品であれば、まず地上波テレビでは出来ない表現を目指すのはもちろんだと思います。

表現手法だけでなく『真・仮面ライダー/序章』の精神性やアイディアを強く受け継いでいる作品が、『仮面ライダーアマゾンズ』なのではと筆者は考えます。

参考映像:『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン2(2017)予告編

『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン2の主人公は千翼(チヒロ)という天涯孤独の少年。第8話で千翼の出自が明かされるのですが、彼は鷹山仁/仮面ライダーアマゾンアルファと泉七羽の間に出来た子どもだったのです。この仮面ライダーの子供という設定はシーズン2の柱だった上に、『真』に登場するミュータントベビーを思わせる設定でもあります。

ファンのうがった見方かもしれませんが、『仮面ライダーアマゾンズ』シーズン2は実現しなかった『真・仮面ライダー/序章』の続編をやろうとしたのではと思ってしまいます。

まとめ

TVシリーズやその劇場版ではなく完全オリジナルの新作となった『真・仮面ライダー/序章』。

残念ながら現在、続編は作られず『序章』で終わっていますが、本作が目指した「大人向け」というテーマ、生物的なデザインの仮面ライダーというモチーフは後続作品にしっかり受け継がれているのです。

次回の『邦画特撮大全』は…


(C)東映

次回の邦画特撮大全は、『真田風雲録』(1963)と『真田幸村の謀略』(1979)を特集します。

お楽しみに。

【連載コラム】『邦画特撮大全』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

ゴースト・ラボ: 禁断の実験|ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。Netflixホラー映画は医師が霊の存在を証明する異色作|Netflix映画おすすめ41

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第41回 今回ご紹介するNetflix映画『ゴースト・ラボ: 禁断の実験』は、タイ映画初のドル​​ビー ビジョンかつNetflix基準で制作 …

連載コラム

『喜劇 愛妻物語』ネタバレあり感想考察。脚本家の足立紳として“元ネタ・リスペクト新藤兼人版”との違いから解説|映画道シカミミ見聞録51

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第51回 こんにちは、森田です。 今回は9月11日(金)より全国ロードショー中の映画『喜劇 愛妻物語』を紹介いたします。 基本的には嘘がないという、足立紳監督の自伝的 …

連載コラム

映画『返校』ネタバレ結末感想とあらすじ考察の解説。NETFLIXドラマとのラストシーンとの違いを徹底検証|SF恐怖映画という名の観覧車149

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile149 ゲーム配信サイト「Steam」で一時世界第3位の売り上げを記録し、世界的に話題となったゲーム『返校 Detention』。 この作品は幽 …

連載コラム

【ネタバレ】プラネット・オブ・ピッグ豚の惑星|あらすじ感想と結末の解説評価。トンデモ映画降臨でカルト化必至のパンクな怪作を目撃せよ!【未体験ゾーンの映画たち2022見破録27】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第27回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が2022年も開催されました。 傑作・珍作に怪作と、さ …

連載コラム

『丘の上の本屋さん』あらすじ感想と評価解説。“リベロの意味”も関与する読書の魅力あふれるハートウォーミングストーリー|映画という星空を知るひとよ140

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第140回 映画『丘の上の本屋さん』は、年齢や国籍の違いを超え、“本”を通して老人と少年が交流するハートウォーミングな物語です。 監督・脚本を務めるのは、クラウ …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学