Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2020/01/01
Update

映画『わたしは光をにぎっている』感想レビューと評価。松本穂香には“透明な存在感”という姿態がある|蟹江まりの映画ともしび研究部6

  • Writer :
  • 蟹江まり

蟹江まりの映画ともしび研究部 第6回

こんにちは、蟹江まりです。

連載コラム「蟹江まりの映画ともしび研究部」の第6回に取り上げるのは、2019年11月15日に公開された映画『わたしは光をにぎっている』です。

時代の流れの速さに翻弄されながらも、都会の中で居場所を見つけて現代を生きる人々の姿を描いた作品。世界が認める中川龍太郎が監督を務めたほか、主演にはドラマ『この世界の片隅に』で一躍話題になった松本穂香を起用。思わず胸が熱くなる愛にあふれた映画が誕生しました。

【連載コラム】『蟹江まりの映画ともしび研究部』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『わたしは光をにぎっている』の作品情報


(C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

【公開】
2019年(日本映画)

【脚本・監督】
中川龍太郎

【キャスト】
松本穂香、渡辺大和、徳永えり、吉村界人、忍成修吾、光石研、樫山文枝

【作品概要】
映画『わたしは光をにぎっている』は、都会の中で居場所を見つけ、現代を生きる若者の姿を丁寧に描いた作品です。何気ない風景や市井の人々に宿る輝きを大切にとらえた映像に、思わず故郷を見出し胸が熱くなる作品が誕生しました。

監督を務めたのは、デビュー作からこれまで海外の映画祭で数々の賞を受賞し、フランスの一流映画誌「カイエ・デュ・シネマ」からその鋭い感性を絶賛され、前作『四月の永い夢』(2017)がモスクワ国際映画祭で2つの賞を受賞した中川龍太郎。

主演には、TBS日曜劇場『この世界の片隅に』(2018)の情感あふれる演技で存在感を放った松本穂香。渡辺大和、徳永えり、吉村界人、忍成修吾ら若手実力派と、光石研、樫山文枝ら日本映画のオーソリティーが共演し、この作品を彩ります。

映画『わたしは光をにぎっている』のあらすじ

宮川澪(松本穂香)は、両親に代わって育ててくれた祖母・久仁子(樫山文枝)の入院を機に東京へ引っ越します。東京の下町に降り立つと、澪は仕事が決まるまで父の友人の三沢京介(光石研)が経営する銭湯「伸光湯」の一室に居候させてもらうために、彼のもとを訪れます。

スーパーで働くことになった澪を、伸光湯の常連で京介とも親しく、自主映画を撮っている緒方銀次(渡辺大和)とOLの島村美琴(徳永えり)が、祝ってくれました。ですが、客からの質問やクレームにほとんど対応できなかった澪は、スーパーの仕事をあっさりと辞めてしまいます。


(C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

久仁子に電話で、「目の前のできることから、ひとつずつ」と諭された澪は、まずは伸光湯の浴室を不器用な手つきで掃除することから始めます。その日から、銭湯の仕事をひとつひとつ京介から教わり、澪はお客さんとも少しずつ話せるようになり、そこから昔ながらの商店街の人々との交流へとつながっていきます。

失敗も経験しながら、自分なりに工夫して伸光湯を居心地の良い場所へと変えていく澪でしたが、ある日突然、京介からもうすく区画整理で「ここ無くなるんだよ」と知らされます。その事実に戸惑いながらも澪は、「しゃんと終わらせる」決意をします…。

スポンサーリンク

映画『わたしは光をにぎっている』の感想と評価


(C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

主人公は景色である

本作『わたしは光をにぎっている』の特徴のひとつとして、風景描写が多いということがあげられます。それは、中川龍太郎監督自身が語った「異なる世代と世代をつなぐ、ひとつの根拠は「場所」だと思っています」という言葉に答えがあります。

澪がすごした祖母の家、澪が降り立った東京の下町、商店街、そこにある銭湯「伸光湯」…それらは全て澪の新たな出会いの場所でした。またその出会いは、同世代の人や祖母・久仁子のようなお年寄りたち、果てには国や言葉を超えるほどのものでした。

また同時に、それらはいつ無くなってもおかしくない場所でもありました。監督はそのかけがえのない場所を、澪の目に映った景色を実際に映像として、多く遺したかったのです。

透明度の高い女優・松本穂香


(C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

この映画の最大の魅力は、松本穂香であるといっても過言ではありません。彼女が持つ独特の透明感、それと同時に風景の中に溶け込みながらも決して失われることのない絶大な存在感には、必ず圧倒されます。監督も「透明な存在感が松本さんにはありました」と語っています。

映画『わたしは光をにぎっている』では、澪を自身の分身のように落とし込み、どこまでも透明な美しい光となって、本作の風景の中に溶け込んでいます。また、彼女の何気ない仕草にもはっと目が行ってしまう、そんな魅力を持つ女優でした。

時代の流れの速さを警告してくる作品


(C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

本作のメッセージとして、時代の流れは欠かせません。区画整理や都市開発だけではなく、世界中で万物が目まぐるしく変化しており、一般的に多くの人たちはその中を生きています。

澪たちはその時代の流れについていけなくなり、必死にもがきました。でも流れは待ってはくれず、区画整理という壁にぶち当たります。その中でできることを精いっぱいやった澪たちの姿が美しい、ということは言うまでもありません。

しかし、誰もが常にアンテナを張ってないと、澪たちのように時代に取り残されてしまいます。そうならないためにも、「時代の流れは恐ろしいほど速い」という警告を私たちに与えてくれている作品でもあるのです。

まとめ


(C)2019 WIT STUDIO / Tokyo New Cinema

映画『わたしは光をにぎっている』は、中川監督自身が「現代の飛べない『魔女の宅急便』だ」と語る作品です。『魔女の宅急便』が主人公のキキが「空を飛ぶ」という唯一の才能をもって自立し都会で生きていくのに対して、『わたしは光をにぎっている』の主人公の澪は、何かを求めて都会に出てくるわけではありません。それでもそこで出会いや別れがあり、それらを通して成長するということは変わりません。

澪の成長、そして澪が東京の下町にもたらした奇跡に温かい涙があふれます。多くのものが過ぎ去ってゆき、その一方で多くのものと出会うであろう2020年という時代と向き合うためにも、ぜひお勧めしたい映画です。

スポンサーリンク

次回の「蟹江まりの映画ともしび研究部」は…


(C)2020「ラストレター」製作委員会

次回の「蟹江まりの映画ともしび研究部」では、2020年1月17日公開の映画『ラストレター』を取り上げます。

【連載コラム】『蟹江まりの映画ともしび研究部』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

大林宣彦代表作『異人たちとの夏』を臨床心理学の視点から現代を生き抜くヒントを読む|映画道シカミミ見聞録7

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第7回 こんにちは、森田です。 夏といえば郷愁にかられて心を温めたくなる一方で、怖い話で肝を冷やしたくもなりますよね。 今回は、「お盆」と「怪談」そのどちらをも味わえ …

連載コラム

【ネタバレ感想】『ワンダーウーマン』映画と原作コミックとの比較解説。新たな女性ヒーローのアイコン|最強アメコミ番付評22

連載コラム「最強アメコミ番付評」第22回戦 こんにちは、野洲川亮です。 『アベンジャーズ エンドゲーム』に続いて『スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム』の予告がアップされましたね。 2019年公開の …

連載コラム

映画『ベトナムを懐う』あらすじと感想レビュー。父親が胸に秘めた異国から故郷への想い|銀幕の月光遊戯25

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第25回 異国でおもう故郷は何故こんなにも遠い…。 初演以来、上映回数1000回を超える舞台作品を、『超人X.』(2014)、『輝ける日々に』(20018)のグエン・クワン …

連載コラム

映画『ロケットマンの憂鬱』あらすじと感想。コメディで描かれた恐怖の時代と曲げない信念【バラージュ・レンジェル監督のQ&A収録】2019SKIPシティ映画祭4

SKIPシティ国際Dシネマ映画祭2019エントリー・バラージュ・レンジェル監督作品『ロケットマンの憂鬱』が7月14日に上映 埼玉県・川口市にある映像拠点の一つ、SKIPシティにて行われるデジタルシネマ …

連載コラム

映画『ノクターナルアニマルズ』解説 と考察。ラストに向かうミスリード意味とは|偏愛洋画劇場15

連載コラム「偏愛洋画劇場」第15幕 今回の連載はファッションデザイナー、映画監督として活躍するトム・フォードによる映画第2作品目『ノクターナル・アニマルズ』(2016)です。 オースティン・ライトによ …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP