Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

新作映画ニュース

Entry 2021/04/04
Update

庵野秀明新作映画『シン・仮面ライダー』2023年3月公開決定!超特報動画とビジュアルも発表され生誕50周年への期待高まる

  • Writer :
  • 石井夏子

「仮面ライダー」史に大革命、最大プロジェクト始動。

1971年4月3日19:30の放送開始からジャスト50年の大発表として、2021年4月3日に、「仮面ライダー」史に大革命を起こす最大プロジェクト、『シン・仮面ライダー』が2023年3月公開決定となりました。

(c)石森プロ・東映

脚本・監督は庵野秀明がつとめます。

さらに超特報・超ティザービジュアルも解禁されました。

本記事では、仮面ライダー50周年企画発表会見の様子を、庵野秀明監督のコメントや、解禁された映像・ビジュアルも交えながらご紹介します。

スポンサーリンク

仮面ライダー50周年企画発表会見の開催概要

【開催日時】
2021年4月3日(土) 会見開始19:30~ / 会見終了20:15

【会場】
丸の内 TOEI スクリーン1(住所:東京都中央区銀座 3-2-17)

【登壇(敬称略)】
・手塚治(東映株式会社 代表取締役社長)
・白倉伸一郎(東映株式会社 取締役 テレビ第二営業部長)
・吉村文雄(東映株式会社 取締役 コンテンツ事業部長)
・塚田英明(東映株式会社 テレビ企画制作部長)

仮面ライダー50周年企画発表会見リポート

生誕50周年「仮面ライダー」メモリアル映像

4月3日(土)19:30、『仮面ライダー』の放送開始からちょうど生誕50周年にさし掛かった瞬間、本発表会見が開始されました。

どのような発表が行われるのか、国内外から集まった多くのメディア陣が見守る中、まずスクリーンに放映されたのは生誕50周年を祝う、生誕50周年「仮面ライダー」メモリアル映像

この映像に、世界中のファンが見守るLIVE配信上やSNSでは歓喜の声が湧き上がります。

そして冒頭、壇上に立った東映株式会社 代表取締役社長・手塚治より、挨拶と共に「50年前、1971年4月3日(土)の19:30に、「仮面ライダー」の第1シリーズ、第1話が放送になりました。今この瞬間、「仮面ライダー」の歴史が始まりました。本日ここには、人類皆等しく「仮面ライダー」を楽しんでもらおう、という施策が控えております。これから新たなる時代に向けて、新たなる「仮面ライダー」の魅力を発信していこうと思っております。是非ご期待ください」とコメントがあり、この後に控える大発表に期待を抱かせました。

アニメ作品『風都探偵』について

『風都探偵』特報映像


さらに、このアニバーサリーを祝うように当日の朝8:00、10:00と連続して発表されたビッグニュースについての説明が執り行われました。

まずは、8:00に解禁されたアニメ作品『風都探偵』について、東映株式会社テレビ企画制作部長であり『仮面ライダーW』のチーフプロデューサーの塚田英明が登壇。

「「仮面ライダー」の連続アニメーションというのは、「仮面ライダー」50年の歴史中でも初の試みとなります。「風都探偵」は、映像からマンガへ移行する中で、漫画表現の新しい発見や進化がありました。これと同じようなことが、今回のアニメーションという次の形態に行くにあたって、起こるのではないか、新しい発見と進化を「風都探偵」というアニメで実現させたいと思っております。「仮面ライダー」という作品を作りたくてウズウズしている沢山の優秀なスタッフとともに一緒に作っております。特撮、漫画、アニメそれぞれのファンの皆さまに満足していただける作品になると確信しております。楽しみに待っていただければと思います」と今後の展開に期待を抱かせるコメントを残します。

『仮面ライダーBLACK SUN』に関して

『仮面ライダーBLACK SUN』特報映像

続いて、10:00に発表され、大きな話題となった『仮面ライダーBLACK SUN』に関し、東映株式会社取締役コンテンツ事業部長の吉村文雄が壇上に立ちます。

「1987年に放送された「仮面ライダーBLACK」。「原作への原点回帰」をコンセプトに、”主人公とライバルが戦う”という設定など、のちの平成仮面ライダーシリーズの方向を決定づけた金字塔的な作品であり、石ノ森章太郎先生が関わった最後のTVシリーズでもあります。この度、「仮面ライダー」50周年を記念しそんな『BLACK』をリブートし、新たに「仮面ライダーBLACK SUN」として皆さまにお届けすることになりました。シリーズ全体の監督を務めるのは、『凶悪』や『孤狼の血』シリーズなど話題作を数多く手掛けられてきた日本映画界の風雲児、白石和彌監督です」と改めて発表すると共に、白石監督からのコメントを読み上げました。

白石監督は以下のように語っています。

「『仮面ライダーBLACK』のリブートという、とんでもないプロジェクトに身震いしています。仮面ライダー50年の歴史の重さに押しつぶされないように才能の全てを注ぎ込みます。南光太郎と秋月信彦の二人の悲しみの物語が、日本のヒーロー史に新たな爪痕を残せるように頑張ります。ご期待ください!」

『シン・仮面ライダー』が解禁!

『シン・仮面ライダー』超ティザービジュアル

(c)石森プロ・東映

『風都探偵』『仮面ライダーBLACK SUN』と立て続けのプレゼンによりSNSで大反響が巻き起こる中、最後の重大発表と共に、東映株式会社 取締役テレビ第二営業部長の白倉伸一郎が登壇。

発表に先駆け、会場内、そして世界中の視聴者に初めて解禁されたのは『シン・仮面ライダー』の超特報

そして、その映像内にクレジットされたのは「脚本・監督 庵野秀明」の文字。

世界驚愕の発表に対し、スクリーンに大々的に映し出された『シン・仮面ライダー』超ティザービジュアルを前にした白倉取締役より「1971年、今からちょうど50年前に放送された「仮面ライダー」を基に、脚本・監督に庵野秀明さんを迎え、完全新作オリジナル映画作品『シン・仮面ライダー』を製作する運びとなりました。このタイミング、今日この日にこの作品を発表できることを大変嬉しく思います。公開は2023年3月となります」と作品について改めての説明が行われました。

さらに続けて、「いまビジョンに写っているのはこの映画のイメージ画であり、作品に参加されている前田真宏さんにお描きいただきました。撮影はこれからになりますが、どのような作品になるか私自身好奇心のエンジンがブルンブルンでございます。」と自身が携わる『機界戦隊ゼンカイジャー』についても触れるなど、会場に笑いも起こしながらコメント。

「仮面ライダー50周年企画」はこれだけじゃない!?

最後には「「仮面ライダー50周年企画」というのはこの3本だけではありません。本日からスタートする「仮面ライダー50周年イヤー」をイベント、商品展開など様々な形で盛り上げていきます」とも語りました。

そして「50年前の今日この日、「仮面ライダー」は産声を上げました。それから50年間が経ち、こういう場が持てるのも皆さまのご声援の賜物だと感謝するとともに、石ノ森章太郎先生をはじめとする偉大なるシリーズを作り給いし先人たちにも改めて経緯を表したいと思います。ここで終わりではなく、今後の60周年、70周年、100周年に向けて大きく羽ばたいていく、そして全人類のヒーローになっていくと信じております。」と締めくくり、会見は終了しました。

まとめ

『シン・仮面ライダー』超特報

庵野秀明が実写作品のメガホンをとるのは、2016年公開『シン・ゴジラ』(総監督)以来。

更に、会見冒頭に流れた生誕50周年「仮面ライダー」メモリアル映像は庵野監督自ら、1971年放送の『仮面ライダー』にリスペクトを込められて構成された映像ということも併せて発表されました。

なお、超特報映像は4月4日以降、各地の映画館(一部を除く)でも放映を予定しています。

そして、さらにファンの期待が溢れる事柄として、『シン・仮面ライダー』の制作にあわせて、庵野監督企画による、1971年放送『仮面ライダー』の出版企画も検討を開始したと併せて発表されました。

「仮面ライダー」生誕50周年の衝撃と期待の大発表に、会場だけでなく、LIVE配信を視聴するファンの間やSNS上でも、世界的な大きな話題を生み出した記念すべき1日となりました。

映画『シン・仮面ライダー』 は監督・脚本に庵野秀明を迎え、2023年3月に公開です!

スポンサーリンク

庵野秀明監督による『シン・仮面ライダー』発表時コメント

庵野監督宣材写真

50年前、当時の小学生男子のほとんどが仮面ライダーという等身大ヒーローに憧れ熱中しました。自分もその一人でした。50年前にテレビ番組から受けた多大な恩恵を、50年後に映画作品という形で少しでも恩返しをしたいと いう想いから本企画を始めました。本企画は、子供の頃から続いている大人の夢を叶える作品を、大人になっても心に遺る子供の夢を描く作品を、石ノ森章太郎先生と東映生田スタジオが描いていたエポックメイキングな仮面の世界を現代に置き換 えた作品を、そして、オリジナル映像を知らなくても楽しめるエンターテインメント作品を、目指し、頑張ります。最初の企画メモから足掛け6年。コロナ禍の影響による制作スケジュールの変更から公開はほぼ2年先となりましたが、何卒よろしくお待ち願います。脚本・監督 庵野秀明

石森プロによる『シン・仮面ライダー』発表時コメント

(c)石森プロ・東映

ライダーの歴史は革新の歴史でもあります。「どんな仮面ライダーがあってもいい」と父・石ノ森章太郎は常々語っていました。人類の自由のために 戦いを続けてきたたくさんのライダーたちの歴史はついに50年を迎えました。一方で父は「真」「Black」など仮面ライダーの原点の再生にも常に熱い目を向けていました。庵野監督の「シン・仮面ライダー」は最新でありながら同時にこの原点でもあるという作品です。この2つが50年と言う節目の年にもう一度混ざり合う。それは勿論、父にとっても非常に嬉しいことだろうと 思います。監督の挑戦に期待しております。株式会社石森プロ代表取締役社長 小野寺章



【連載コラム】『終わりとシンの狭間で』記事一覧はこちら
【連載コラム】『光の国からシンは来る?』記事一覧はこちら

関連記事

新作映画ニュース

少女時代ユナ映画『EXIT』あらすじとキャスト。韓国ヒット作の公開日が11月22日に決定!

今夏、韓国で940万人以上動員した大ヒットサバイバル・パニック映画! 韓国にて韓国で、2019年7月31日に公開され、あの『ライオン・キング』を抑え初登場第1位を記録、940万人以上を動員し、現在も大 …

新作映画ニュース

映画『ジェノサイド・ホテル』あらすじと上映劇場情報。予告編やポスター解禁に

豪華五つ星ホテルが惨劇の舞台となり、甚大な被害と多数の死傷者を出した凄惨な事件を元に描く、リアリティック・アクション・スリラー! 映画『ジェノサイド・ホテル』は、10月13日(土) ヒューマントラスト …

新作映画ニュース

ティモシー・シャラメ映画『シークレット・チルドレン 禁じられた力』あらすじとキャスト。幻の主演作が日本緊急公開へ

『君の名前で僕を呼んで』でアカデミー賞主演男優賞にノミネートされ大ブレイクを果たしたティモシー・シャラメの主演作『ONE & TWO』(原題)が、邦題を『シークレット・チルドレン 禁じられた力 …

新作映画ニュース

映画『デンジャー・クロース 極限着弾』あらすじ/キャスト/公開日。ベトナム戦争の実話をリアルに描く!

戦争映画に新たな歴史を刻む、50年封印された“伝説の戦闘”(ロングタンの戦い)を完全映画化。 オーストラリア映画界が総力を結集し、ベトナム戦争での知られざる激戦をリアルかつ臨場感満載に描く本格戦争映画 …

新作映画ニュース

韓国映画『PMC:ザ・バンカー』あらすじとキャスト。公開日は2020年2月28日と決定し場面写真も解禁!

取り残された傭兵(PMC)たちの運命は、たった1人の男に託された―。 朝鮮半島情勢という今の韓国にある危機を題材にしたミリタリー・サバイバル・アクション大作『PMC:ザ・バンカー』。 ⓒ 2018 C …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学