Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2023/03/13
Update

映画『金曜、土曜、日曜』あらすじ感想と評価解説。タイ監督ポップメーク・ジュンラカリンは“旅立ちまでの3日間”を繊細に綴る|大阪アジアン映画祭2023見聞録4

  • Writer :
  • 西川ちょり

第18回大阪アジアン映画祭・特別注視部門作品『金曜、土曜、日曜』!

「大阪発。日本全国、そしてアジアへ!」をテーマに、アジア各地の優れた映画を世界または日本の他都市に先駆けて上映・紹介する大阪アジアン映画祭。

2023年には第18回を迎えた同映画祭は、3月10日(金)〜19日(日)の10日間にわたって、16の国・地域の合計51作品(うち世界初上映15作、海外初上映8作、アジア初上映2作、日本初上映20作)が上映されます。

今回はその中から、タイのポップメーク・ジュンラカリン監督による短編映画『金曜、土曜、日曜』をご紹介。

タイで活躍する映画監督たちにとっての登竜門・タイ短編映画&ビデオ映画祭のデジタルフォーラム部門において賞を獲得した作品です。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2023見聞録』記事一覧はこちら

映画『金曜、土曜、日曜』の作品情報

【日本上映】
2022年(タイ映画)

【原題】
Friday Saturday Sunday

【監督・脚本】
ポップメーク・ジュンラカリン

【キャスト】
チャチャダー・ピパットナンクーン、パンサチョン・チュアウォラウィット、ティーラパット・ティラワット、カニター・ノンヌット

【作品概要】
ポップメーク・ジュンラカリン監督がチュラロンコーン大学マスコミ学部映画・写真学科在学中に課題として撮った作品。

2022年タイ映画財団主催のタイ短編映画&ビデオ映画祭のデジタルフォーラム部門の受賞作品。

映画『金曜、土曜、日曜』のあらすじ

バンコクの大学に進学が決まっているニンは、実家で過ごす最後の週末を迎えていました。今日は金曜日。日曜日にはバンコクへ出発する予定です。

ニンは親友の家に遊びに行き、大好きな映画を親友と観ようと考えていましたが、彼女はその作品をすでに別の友人と観ていました。

ニンは大学で映画を専攻するのですが、同じく映画を専攻すると思っていた親友は建築を選び、一緒の学科に通えないことに一抹の寂しさを覚えていました。その上、彼女が別の友人と仲良くしていることを知り心穏やかではいられません。

バンコクに行ったら同じ寮に住む約束をしていた年上のボーイフレンドに自転車に乗る練習を付き合ってもらうニンでしたが、寮を出て親戚の家から通うことになったと告げられショックを受けます。

家では父が不在がちで、ニンは気がかりでなりません。しかし、母は頑なに、何もないと言いはります。

もやもやした気持ちを抱えたまま、とうとうバンコクに旅立つ日がやってきました……。

映画『金曜、土曜、日曜』の感想と評価

本作はタイのポップメーク・ジュンラカリン監督が、チェラロンコーン大学マスコミ学部・映画・写真学科に在学中に課題作品として制作した45分の短編作品です。

高校を卒業して大学進学が決まっている少女がバンコクへ旅立つ前の最後の週末、つまり、金曜・土曜・日曜の3日間の出来事が繊細なタッチで描かれています

冒頭、カーテンが開くと一人の中年女性が画面の中央に映し出されます。どうやらそれは試着室で制服の試着をしている人物の視点から見た光景のようです。すぐに女性は、その人物の母親だということがわかります。

ついで母親の背中が画面を覆い、彼女がそこから離れてやっとヒロインである娘のニンの顔が画面に登場します。ふと彼女が視線を遠くにやると、店の外で電話をしている父の姿が見えます。長回しを多用したこのオープニングシーンで、主人公が置かれている状況が的確に示されています。

彼女が再び、試着室のカーテンを締めると、カーテンの部分にタイトルが現れます。画作りのセンスの良さを感じさせますが、この作品ではもう一回カーテンが印象的な使われ方をしています。

青春映画のヒロインは得てして仏頂面をしていることが多いものですが、本作のニンも例外ではありません。ですが、それには明確な理由があります。バンコクの大学で好きな映画の勉強をすることへの期待よりも今の友人や恋人との関係が変わってしまうことの不安が勝っているからです。

その不安を彼女は言葉にして、友人や恋人にぶつけます。しかし、友人も恋人もニンを慰めようとはしますが、その態度はどこか軽い、ふわふわした感じに見えます。家族のことに関しても、ニンは母に対して問い詰めるように長い台詞を吐きますが、母はただ問題ないと答えるだけで、本音を語ることはありません。

本作がユニークなのは、未来が見えない少女の不安を、他者とのコミュニケーションにおいての感情やその熱量の違いによって際立たせている点です。

友人も恋人も悪気はなく、母も心配をかけたくないという親心からの態度なのでしょうが(そう、誰も悪くはありません)、ニンにとっては本音でぶつかってもらえない分、寂しさと苛立ちを覚えてしまうのです。

友人の家の近くの公園、ニンの家の前の道路を勢いよく車が通っていく様や、家に響いてくる騒音、ニンのいつもの通り道……もうすぐ離れる故郷の光景は何てことのない風景にも関わらず、映画を観ている我々にとっても、少し寂しさを、そして懐かしさを呼び起こします

彼女の新しい旅立ちまでの3日間を、映画は鋭敏に、繊細に綴るのです

まとめ

映画上映後に登壇したポップメーク・ジュンラカリン監督


(C)Cinemarche

3月12日の大阪中之島美術館での上映後に行われた舞台挨拶にて、ポップメーク・ジュンラカリン監督は「日本映画が好きで、特に是枝裕和監督と濱口竜介監督のファン」と明かし、二人への思いを込めて『金曜、土曜、日曜』を作ったと語りました。

そして「本作には監督ご自身の経験が含まれているのでしょうか」と質問に対し、「自分自身の経験もありますし、友人の経験も含まれています。この作品をご覧になった方は皆、何かしら、ヒロインと同じような経験をしたことがあると思います」と本作が多くの人々の心に届くその要因について触れました。

なお、ジュンラカリン監督は大学在学中、15本以上の短編映画を監督・編集しているとのこと。今後、長編映画を撮る時にはどのような試みに挑むのか、これからも注目したい映画監督です。

【連載コラム】『大阪アジアン映画祭2023見聞録』記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

ドラマ『THIS IS USシーズン3』ネタバレあらすじと感想。第4・5・6話は夫婦の在り方と人種差別をテーマに描く|海外ドラマ絞りたて7

連載コラム『海外ドラマ絞りたて』第7回 人気ドラマ『THIS IS US』のシーズン4は北米で9月24日から放送が開始! 本コラムではシーズン3のエピソードを3話ずつネタバレで掲載し、解説と撮影秘話も …

連載コラム

『仮面病棟』映画と原作の違いをネタバレ考察。あらすじから3つの注目ポイントを解説|永遠の未完成これ完成である5

連載コラム「永遠の未完成これ完成である」第5回 映画と原作の違いを徹底解説していく、連載コラム「永遠の未完成これ完成である」。 今回、紹介するのは、2020年3月6日公開の『仮面病棟』です。 人気ミス …

連載コラム

映画『ザ・ラスト・マーセナリー』ネタバレあらすじ感想と結末解説。ラストのエンディングロールの落ちまで見逃すな|Netflix映画おすすめ52

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第52回 2021年7月30日(金)にNetflixで配信された、フランスのアクションコメディ映画、『ザ・ラスト・マーセナリー』。 訳あって …

連載コラム

【ネタバレ】ザ・ベイビー呪われた密室の恐怖|あらすじ結末と感想解説。ラストのドンデン返しとサイコスリラーの悪夢の戦慄【B級映画 ザ・虎の穴ロードショー89】

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第89回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

中国映画『夏の夜の騎士』あらすじと感想レビュー。東京国際映画祭「アジアの未来」部門の作品賞受賞|TIFF2019リポート20

第32回東京国際映画祭「アジアの未来」部門上映作品『夏の夜の騎士』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭が開催されました。 この映画祭の「アジアの未来」部門は、これまでの …

U-NEXT
【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学