Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『サバイバル・シティ』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。ラズベリー賞が注目するブルース・ウィリスの人質逆襲!【未体験ゾーンの映画たち2022見破録15】

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第15回

映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。

傑作・珍作に怪作、お約束の展開のアクション映画など、さまざまな映画を上映する「未体験ゾーンの映画たち2022」、今年も全27作品を見破して紹介、古今東西から集結した映画を応援させていただきます。

第15回で紹介するのは、今やB級アクション映画界最大のスター、ブルース・ウィリス主演の映画『サバイバル・シティ』。

2022年、ジャンル映画を愛する世界の映画ファンが注目する、第42回ゴールデン・ラズベリー賞が今回、特別部門を設けると発表しました。

それは”ブルース・ウィリス2021年公開作の最低演技部門”。彼が2021年に出演した全8作品がノミネートされ、その中から最優秀…ではなく、最低演技を見せた作品を選ぶことになったのです。

長年にわたる、ブルース・ウィリスのラジー賞への功績を讃えた快挙(?)と思われます。その審査対象8作品の1本に選ばれた本作、見逃せません!

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2022見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『サバイバル・シティ』の作品情報


(C)2021 by Killing Field Film LLC and KFR Film Production PR, LLC

【日本公開】
2022年(アメリカ映画)

【原題】
killing field / Survive the Game

【監督】
ジェームズ・カレン・ブレザック

【キャスト】
ブルース・ウィリス、チャド・マイケル・マーレイ、スウェン・テメル、マイケル・シロウ、ケイト・カッツマン、サラ・ローマー、ドナ・デリコ、ザック・ウォード

【作品概要】
相棒の失敗から犯罪組織の人質になった刑事。しかし彼は経験とサバイバル術で生き残りを図ります。『ダイ・ハード』(1988)シリーズでお馴染み、ブルース・ウィリス主演最新作です。

本作監督は、数々のB級映画を生むアサイラムで『アクア・クリーチャーズ』(2014)などの作品を手がけ、『沈黙の鉄槌』(2019)を監督したジェームズ・カレン・ブレザック。

彼はブルース・ウィリス出演の『Fortress』(2021)も監督。当然ながらこの作品も、ラジー賞”ブルース・ウィリス2021年公開作の最低演技部門”の候補作、見事ダブルノミネートを果たしました。

チャド・マイケル・マーレイは『ナイト・サバイバー』(2020)で、スウェン・テメルは『ハード・キル』(2020)、マイケル・シロウは『Fortress』でブルース・ウィリスと共演。

『ミッキー誕生前のウォルト』(2015)でウォルト・ディズニーの妻役を演じたケイト・カッツマン、『ディスタービア』(2007)のサラ・ローマー、ドラマ『ベイウォッチ』(1989~)のドナ・デリコ、『ブラッドレインⅡ』(2007)のザック・ウォードらが出演しています。

映画『サバイバル・シティ』のあらすじとネタバレ


(C)2021 by Killing Field Film LLC and KFR Film Production PR, LLC

寂れた場所に停めた車から現れる、タトゥーだらけの男ミッキー・ジーン(ザック・ウォード)と悪女風の女バイオレット(ケイト・カッツマン)。

見るからに危険そうな2人組は、イチャつきながら廃倉庫のような建物に入ります。その姿を車の中から、忌々しそうに見つめる2人の男がいました。

それはベテラン刑事のデビッド(ブルース・ウィリス)と相棒のキャル(スウェン・テメル)。キャル刑事に応援を呼べ、と告げたデビッド。

しかし好き放題に振る舞う麻薬組織に怒りを募らせていたキャルは、一味が姿を消す前に逮捕したいと望んでいます。組織のボスを逮捕するまで連中を泳がせよう、とデビッドがなだめても聞く耳を持ちません。

結局キャルに引きずられる形で、2人の刑事は倉庫に乗り込みます。中では先程の男女2人と、フランク(マイケル・シロウ)が何か言い争っていました。

しかしキャルが誤って物音をたてます。それに気付いたギャングたちと、激しい銃撃戦になりました…。

1人車を走らせるキャルに、先程の出来事の記憶が甦ります。撃ち合いの中、デビッドは脇腹を撃たれました。状況は不利と判断した彼は、相棒のキャルに逃げろと叫びます。

キャルを逃がし、応援を呼ぶしか助かる道は無いと彼は判断したのです。その言葉に従ったキャルは、逃げたバイオレットとミッキーの車に気付いて追跡しました。

撃ち合いで負傷したミッキーとバイオレットの車は執拗にキャルに追われ、とある農場の敷地に逃げ込みます。

その人里離れた農場には、家族を亡くした元軍人の男エリック(チャド・マイケル・マーレイ)が、傷心のまま他人と交流を断って暮らしていました。

彼は自分の運転ミスで、妻のハンナ(サラ・ローマー)と娘を交通事故で失います。家族の写真を眺め、イヤホンで音楽を聴き酒を飲み、一人思い出に浸るエリック。

カーチェイスをしていた2台の車は、丘を登る一本道を走ります。バイオレットとミッキーは行き止まりで停車し、そこにあったエリックの家に逃げ込みます。

追い付いたキャルも家に入り、3人は様々な物を壊す激しい格闘を繰り広げます。その物音に気付いてエリックは飛び起きました。

2階に逃げたミッキーを追うキャルに、バイオレットが飛び掛かりますが逆に刑事に捕まり、包丁を突き付けられます。慌てて何もするな、と叫ぶミッキー。

そこに猟銃を持ったエリックが現れます。状況が把握できない彼に、ミッキーは恋人が人質に取られたと訴え、隙をついて彼から銃を奪い突き付けます。

手を上げたエリックにキャルは自分は刑事だと説明します。膠着状態の中、ミッキーは自分のスマホをエリックに操作させ、この場所の位置情報を伝え仲間を呼ぼうとしました。

ここは電波が通じないと偽ったエリックを、ミッキーは脅して固定電話へと向かわせます。しかし目で合図を交わしたエリックとキャルは、共に反撃して外に逃げ出します。

キャルは足を撃たれますが、2人は森の中の廃屋の陰に逃れます。状況を説明しエリックに協力を求めるキャル刑事。

ミッキーはキャルの落としたスマホを壊し、刑事が応援を呼べないようにします。フランクからそちらに向かう、早く刑事を始末しろと指示され、銃を持ち2人を追うバイオレット。

キャルは身動きが取れません。そして通報しようと茂みをかき分け、農場の広がる丘を降りていたエリックは、自分の家に向かう車を目撃します。

車には撃たれたデビッド刑事を人質にした、フランク一味が乗っていました。エリックは身を隠しますが、その気配に気付いたフランクは車を停めさせます。

フランクはエリックを発見できません。腹心の部下カリー(ドナ・デリコ)が思い過ごしでは、と進言します。一方負傷したデビッドは、自分の両側に座るギャングの下らない会話にウンザリしていました。

何も見つけられぬフランクは、空に向けて発砲します。エリックが撃たれたと思い、反応したキャル刑事に気付いて銃撃するバイオレット。

事態を察したデビッドは走れと叫びます。エリックは走って逃れますが、フランクはカリーに部下を引き連れて、身を隠した者を追えと命じます。

フランクは残る部下と人質のデビッド刑事を連れ、エリックの家に到着しました。まだキャル刑事を始末出来きず、焦るミッキーとバイオレット。

デビットはエリックの家に連行されます。フランクはミッキーとバイオレットから、キャル刑事と居合わせた農場の男が逃げていると聞かされます。ボスの義兄弟とはいえ、無能なミッキーに苛立つフランク。

岡を駆け上がってきたエリックとキャルは合流し納屋に隠れます。2人の仲間を裏口に回り込ませ、もう1人と共に納屋に入るカリー。

身を隠していたエリックとキャルは、2人のギャングに襲い掛かります。格闘の末もみ合いになった男を射殺し、納屋から飛び出し逃げるエリックとキャル。裏口にいた部下は阻止できず、カリーは逃げた2人に発砲します。

フランクは部下の1人が殺されたとの報告を受けます。一方逃れたエリックとキャル刑事は、無事身を隠していました。

キャルに自暴自棄な態度を指摘されたエリックは、事故で家族を失った苦しみを語りました。彼の心境を理解したキャルに、応援の呼ぶには自宅の電話を使うしかかない、俺は家族と過ごした家に戻ると告げるエリック。

殺された部下の前に仲間を集めたフランクは、今だ逃亡中の2人を始末しろと命じます。彼らが姿を現すと、わざと目に付くように逃げたキャル。

カリーが仲間の男女を引き連れ後を追います。身を隠したエリックは残るフランク、ミッキーとバイオレットが去ると、自宅に向かいました。

エリックの自宅の一室に、2人のおしゃべりなギャングに見張られたデビッドがいます。椅子に縛られた彼の前にフランクが現れます。

捕らえた刑事がデビッドだと確認したフランクは、麻薬組織のボス・マイケルに電話します。今まで組織を苦しめたデビッド刑事を捕らえた、とマイケルは喜びデビットと直接話したがります。

今からそちらに向かい礼をする、とデビッドに告げるマイケル。ギャング一味のボスが到着すれば、デビッドの命は無いでしょう。

キャル刑事は丸腰の状態でギャングたちに追われ、家の住人エリックは中の状況を知らぬまま、家に忍び込もうとしています。

傷付けられ、捕らわれの身のデビッド刑事に残された時間はわずかです。絶体絶命の彼は、言葉だけを武器に窮地から脱出できるでしょうか…。

以下、『サバイバル・シティ』のネタバレ・結末の記載がございます。『サバイバル・シティ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク


(C)2021 by Killing Field Film LLC and KFR Film Production PR, LLC

人目に付かぬよう、人里離れた農場の中の丘の上に建つ自宅に近づくエリック。彼の前に1人のギャングが現れます。

フランクから車を隠せと命じられた男ですが、まともに車を動かすことが出来ません。苛立つフランクを見て大笑いするデビッド刑事。

しかしフランクはボスのマイケルから、自分が到着するまでデビットを痛めつけろと命じられます。フランクは部下に命じ彼を殴らせました。

外に出た間抜けな部下の目をかいくぐり、自宅の玄関につながる階段の下に身を潜めるエリック。

一方ミッキーとバイオレットの犯罪者カップルも、マイケルが到着する前にキャル刑事とエリックを始末しようと捜索に加わります。

キャルは農場の茂みの中に隠れていました。4人の男女の部下を引き連れたカリーは慎重に行動しますが、1人の男に襲いかかったキャル。

男の首を絞め、気付かれぬように殺します。警戒しつつ進むカリーは、仲間が1人減ったと気付きました。

カリーは二手に分かれてキャルを探します。その頃敵の目が消えたと判断したエリックは、窓から自宅に忍び込もうとします。

彼は室内でデビッド刑事の前で凄むフランクと、彼の2人の手下を目撃します。エリックに気付き、自分に注意を引きつけようと喋るデビッド。

彼の前で拷問に使う器具を広げ手にするフランクに、家に入ったエリックへの注意を逸らそうと、デビットはあえて挑発的な態度をとります。

しかし抜け目ないフランクは、電話をかけようとエリックが立てた物音に気付きます。刑事の挑発に乗らず隣室に向かい、エリックに拳銃を向けたフランク。

銃を向けられた彼は自分はこの家の主だと告げ、やむなく受話器を置いて手を上げます。そこに車がやって来ました。

気付かれぬよう訪問者を追い帰せと命じるフランク。その頃キャル刑事は、仲間の死体に気付いたギャングの1人を、放置された紐で絞め殺します。

続いてカリーに忍び寄って襲い、破れてぶら下がるビニールで彼女の顔を塞ぐキャル。窒息した彼女は倒れました。こうして彼は3人の敵を音を立てずに殺害しました。

現れたのは隣人だとフランクに告げるエリック。その男は妻娘を失ったエリックを気遣い訪問したのです。

エリックは追い帰えせ命じられます。何が起きているのかデビッドも聞き耳を立てます。隣人のロブを追い帰そうと、乱暴な態度をとるエリック。

皆が息を潜め成り行きを伺う中、デビット刑事は自分を縛る縄を緩めました。

ロブが諦め帰ろうとした時、キャル刑事が自分を探すギャングの男を襲い、銃を奪って射殺します。銃声を聞き何事かと驚くロブ。

事態を悟られた、と気付いたフランクは姿を現しロブを射殺します。やむなくエリックは外に逃げ出します。

急いで部下の1人にエリックを追わせるフランク。その隙に縄を解いたデビッドは見張りの男に掴みかかりました。

エリックは停めてあったロブの車に飛び乗り走らせます。追って来たギャングに撃たれますが、何とか逃れたエリック。

男ともみ合うデビッド刑事の前にフランクが現れ、やむなく彼は抵抗を諦めます。部下に刑事の監視を命じ、事態を収拾しようと部屋を出るフランク。

キャル刑事を探す残る女ギャングのリサに、ミッキーとバイオレットが加勢します。撃たれて逃げたキャルは資材置き場に身を隠します。

エリックを逃がした部下を叱るフランク。不平をこぼす運転下手な手下を車に乗せ、自らハンドルを握ってデビットの車を追いました。

隠れたキャル刑事に呼びかけ、注意を引きつけるミッキーとバイオレット。その隙にリサに回り込ませようと企てます。

ところが刑事に罵られ飛び出したバイオレット。慌ててミッキーがかばいますが、彼はキャルに撃たれました。

弾が尽き逃げたキャル刑事をリサが追います。息を引き取ったミッキーを見て叫び、猟銃を手に刑事を追うバイオレット。

キャルは自分に追いついたリサを殴り倒し、続いて現れたバイオレットにも掴みかって銃を捨てさせます。激しい格闘になる2人。

ようやくキャルが彼女を倒した時、エリックの車が現れます。落ちていた猟銃を掴み、キャルは車に乗り込みます。

続いてフランクの車が現れバイオレットを乗せました。彼女からミッキーの死と刑事は逃亡中と聞かされ、いら立ちが頂点に達したフランク。

曲がりくねった道をチェイスする2台の車。運転するフランクは銃を持つ使えぬ部下の男に、早く発砲しろと叫びます。

追う車を引き離そうとエリックは激しく運転し、フランクの車も激しく揺れ、銃を床に落として拾おうと悪戦苦闘する男。

エリックは元の家に戻る道を進んでいました。そして道を塞ぐように車を急停止します。

その車に衝突したフランクの車。はずみで拾った銃を誤射し、使えぬ部下は自分を撃ち命を落としました。

衝突音と銃声に気付き、人質のデビッド刑事を1人で見張るギャングの男は動揺します。虚勢を張る男を言葉で動揺させるデビッド。

フランクの車からガソリンが漏れていました。そしてフランクが、続いてバイオレットが意識を取り戻します。

気を失ったエリックも、亡き妻が呼びかける声を聞き目覚めます。我に返った時、外ではキャル刑事とバイオレットが格闘していました。猟銃の台尻でバイオレットを殴り倒すエリック。

1人でデビッド刑事を見張る男に、もう余裕はありません。言葉巧みに説得する刑事の態度に呑まれ、ただフランクの名を呼ぶばかりでした。

苛立った男が不用意に近づいた隙をつき、デビッドは飛び掛かかり格闘に持ちこみます。

そこに捕らえたデビット刑事の顔を見に現れた、麻薬組織のボス、マイケルの車が到着します。車から降り周囲の安全を確認する武装したマイケルの部下たち。

デビッドは格闘の末、拳銃を奪い見張りの男を射殺します。そして外に出ると、立ち上がろうとしたバイオレットに銃を向けます。

しかし現れたマイケルが、デビッド刑事に銃を突き付けます。諦めて銃を捨て両手を上げたデビッド。

激しい闘いの末、痛めつけられたキャル刑事とエリックは納屋に潜んでいました。そこで互いの健闘を称え手を握ります。そして2人はデビッドを救うため、最後の戦いに挑みます。

デビットを捕らえたマイケルの前には、彼が引き連れた部下たちと散々な目にあったフランク、バイオレットと意識を取り戻したリサがいました。

フランクたちの醜態に呆れかえるマイケル。バイオレットは刑事にミッキーが殺されと訴えますが、かえってボスを怒らせただけです。

ミッキーはあなたの兄弟だ、と敵討ちを望むバイオレットを撃ち、義兄弟に過ぎない告げて殺すマイケル。

こんな男に従う価値があるのか、と叫ぶデビッド刑事。それを聞いたマイケルの部下たちは動揺を隠せません。

フランクの失態だと責め立てるマイケル。そこにキャル刑事が手を挙げて現れます。

なぜ現れたとデビッドが叫び、ボスのマイケル以下、麻薬組織のギャングたちはキャルに注目します。その瞬間、事故を起こした車を猟銃で撃つエリック。

ガソリンが漏れていた車は爆発し、何人かのギャングが吹き飛ばされました。デビッド、キャル両刑事は逃れ、混乱した麻薬組織の一味は態勢を立て直そうとします。

キャルとエリックは家に飛び込み、入ってきたマイケルの部下を射殺します。身を隠したデビッドを、恨み重なる相手だと銃を持ち探し求めるマイケル。

隠れたままデビッドはマイケルに呼びかけ、誘って格闘戦に持ち込みます。最後まで口の減らないマイケルに”Good night”と告げ、殴って気絶させ拘束したデビッド刑事。

家に自動小銃を持つフランクが入ってきました。外にいたギャングをエリックが猟銃で撃ちますが不発です。

そのギャングは、奪った拳銃を手にしたデビットが射殺しました。デビッドが手を振ると、それに応えるエリック。

リサが現れデビッドを撃ちますが外れ、逆に彼に撃たれたリサは逃げ出しました。

銃の無いキャルとエリックは、部屋に入ってきたフランクに襲い掛かり格闘に持ち込みます。しかし傷付いた2人は苦戦します。

捕まえたエリックの首を絞め、妻の元に送ってやると告げるフランク。それを見て怒ったキャル刑事が飛び掛かり、彼はフランクと共に窓から落下しました。

エリックが慌てて下を見ると、地面に落ちたフランクは死に、その上になり落ちたキャルは無事でした。互いに親指を立て、よくやったと合図を送る2人。

どう走り回っていたのか、現れキャルに拳銃を向けたリサ。しかし彼がショットガンを拾い向けると、抵抗を止めて逮捕されます。

麻薬組織のボス、マイケルとその部下、リサを捕らえたデビッド刑事とキャル刑事。2人は元軍人のエリックの協力に感謝します。

しかしエリックの家はボロボロです。お前の家は「クソ撃たれやがった」とのデビッド刑事の言葉に、3人の男は笑いました…。

スポンサーリンク

映画『サバイバル・シティ』の感想と評価


(C)2021 by Killing Field Film LLC and KFR Film Production PR, LLC

悪党一味の人質になったブルース・ウィリスが、サバイバルスキルを駆使して敵を翻弄する、心理戦サンペンス・アクション映画!……を期待した人は、開いた口がふさがらなかったでしょう。

人質となったブルースを脇に置いてカーチェイスを展開、裏山のさびれた畑(果樹園?)を目いっぱい使って、イイ歳の大人たちが鬼ごっこをします。

サバイバルゲームをたしなむ人なら、「楽しそうだなぁ」と思うかもしれません。しかし肝心なところで撃たない、なぜ発砲せずに格闘戦になだれ込むのだ、とツっこみどころが満載です。

いやいや、これもカーチェイス・銃撃戦、そして格闘を楽しんで頂こうとのサービス精神です。これをご都合主義と呼んではいけません。

ブルース・ウィリスには相棒だけでなく、頼もしい助っ人が参戦します。しかしこの助っ人は不幸にも、とばっちりで事件に巻き込まれる、『ダイ・ハード』の遺伝子が実に濃厚なキャラクターです。

一方敵対する麻薬組織の構成員は、バカップルにおしゃべりな無能野郎、銃の引き金を引かない、引いても当たらない女など、実にデタラメな連中でした。

こいつらのまとめ役がブチ切れるのも当然、おまけにボスから無茶苦茶怒られる…、これは中間管理職の悲哀を描いたものでしょうか。

なんとも物凄い内容です。しかしアクション映画ファンなら、本作は様々な要素が楽しめるお得な作品と感じるはずだ、と紹介しましょう。とはいえ、本作にラジー賞から声がかかるのも納得の作品です。

どうしてこうなった、ブルース・ウィリス!


(C)2021 by Killing Field Film LLC and KFR Film Production PR, LLC

流石に最近は減りましたが、ハリウッドの有名俳優が残念な映画に出演すると「金に目がくらんだ」「ギャラ目当て」だの、辛辣な言葉を口にする映画通の方は世界中に存在します。その多くはラジー賞のファンでしょう。

ハリウッドスターと言われる俳優が出演作品を決めるのに、当然人によって様々な方針があります。自分の出たい作品優先する、仕事よりプライベート優先、ギャラなど条件で決める…これは仕事に向き合う各個人のスタイルというものです。

では、近年「B級映画」への出演の多いとされるブルース・ウィリス、どんな背景があるのでしょうか?今も『ダイ・ハード』シリーズが注目される彼の、改めて近年のキャリアを振り返ってみましょう。

『シン・シティ』(2005)などのロバート・ロドリゲス監督作品、シルヴェスター・スタローンが監督した「エクスペンダブルズ」(2010)シリーズ。

そしてウェス・アンダーソン監督の『ムーンライズ・キングダム』(2012)に、異色のSF映画『LOOPER ルーパー』(2012)…。2000年以降この時期までの、ブルース・ウィリスの出演作は多様で輝いていた、と評して良いでしょう。

しかし彼にとって看板シリーズの映画、『ダイ・ハード ラスト・デイ』(2013)の興行がアメリカで振るわなかった…日本を含む全世界では、まずまずのヒット作ですが…この作品以降、何かがおかしくなりました。

『エクスペンダブルズ3 ワールドミッション』(2014)でギャラが折り合わず、降板したブルース・ウィリス。この一件でスタローンとの確執が生まれ、同世代のアクション俳優との共演が難しくなったと言われています。

そしてウッディ・アレン監督の『カフェ・ソサエティ』(2016)への出演が決まりながら、撮影開始数日後に降板が発表されたウィリス。彼の役はスティーヴ・カレルが引き継ぎました。

公式には舞台劇に出演のため、と説明されますが、あまりに不自然な時期の発表。どうもセリフをしっかり覚えておらず、共演者との演技に問題があったと噂されます。以降アート系映画への起用も敬遠され始めます。

この後プロデューサー、ランドール・エメット(『アイリッシュマン』(2019)など、膨大な映画を製作している大物です)が製作する作品への出演が増えたウィリス。本作も彼の製作映画の一つです。

ランドール・エメットがウィリスに与えた仕事は、まず全米劇場公開されることの無いビデオ・配信向け映画。一説では彼はこの仕事で、1週間の撮影で100万ドルの報酬を得たと言われていましたが、現在はどうでしょう?

それでもあのブルース・ウィリス出演作なら、広く海外でのセールス可能。製作には多くの出資者が集まり資金調達も比較的楽です。ちなみに本作、プロデューサーの名が付く人物が30名以上います…。

こうして「ブルース・ウィリスの出演時間は15分」「出資者に理解を得やすい『ダイ・ハード』タイプの映画」「ラストはウィリスのセリフで終わる」、と揶揄される映画が続々誕生しているのです。

これがどんな作品を意味するのかは、「未体験ゾーンの映画たち」ファンなら絶対に想像できるでしょう。

撮影現場では愛される世界的映画スター


(C)2021 by Killing Field Film LLC and KFR Film Production PR, LLC

なるほどブルース・ウィリス、ラジー賞にイジられる訳です。作品の出来のみならず、他の業界関係者から孤立気味で(彼には共和党支持者…という一面もあります)、ラジー賞関係者が安心して、遠慮なく叩ける人物と知ると…、少し気の毒な気もします。

しかしこういった作品での、撮影現場の彼の評判は決して悪くありません。本作監督のジェームズ・カレン・ブレザックは、出会った時から良い関係をもてた、扱いやすい人物だとインタビューで答えています。

大スターとの仕事は難しくないかと問われ、撮影現場では彼と冗談を言い合えた、雰囲気を明るく保ってくれる人物だと語っているブレザック監督。

また本作でウィリスの相棒の刑事を演じたスウェン・テメルも、彼との仕事は退屈しない。彼は常に温かく接してくれる人物で、本当のパートナーのように感じながら共演できた、と証言しています。

無論リップサービスはあるでしょう。しかし近年の作品の、ウィリスの撮影現場での評判を調べても、悪い評判を目にする機会はありません。

俳優として成功するまでに様々な職業…肉体労働や原発の警備員、私立探偵まで経験しているブルース・ウィリス。

ドラマ『こちらブルームーン探偵社』(1985~)、『ダイ・ハード』で成功を収めても、失敗作と評される作品にも出演するなど、彼はキャリアを築く上で様々な辛酸を味わいました。

製作前にギャラでもめることがあっても、撮影が始まればムードメーカーに徹する好人物のウィリス。苦労人だけに、現場でわがままを通すスターでは無いようです。

まとめ


(C)2021 by Killing Field Film LLC and KFR Film Production PR, LLC

ラジー賞ノミネートも当然、ツっこみどころ満載です。だけどアクション映画ファンは憎めぬ作品『サバイバル・シティ』、いかかでしょうか?

何も考えずに見れる映画が大好きという方、女性に露出度の高さは求めぬ紳士ですが、強いおネエさんの格闘シーンは大好き、という方におススメしたい映画です。

ブルース・ウィリスについてジェームズ・カレン・ブレザック監督は、この映画に脚本に無いアドリブ演技を、いくつも持ち込んでくれたと紹介しています。

他の現場のエピソードでも、ウィリスは撮影現場で演技を変えたり、アドリブで演じるのが大好きなようで、それを歓迎する監督・演出家との相性は非常に良いようです。

一方で『カフェ・ソサエティ』を降板したエピソードを紹介しました。公式の理由はブロードウェイ版の、スティーブン・キング原作の「ミザリー」の舞台に立つためです。

この舞台劇「ミザリー」で作家役を演じたウィリスですが、その演技は酷評されたようです。どうやらアドリブが大好きな彼は、台本通りに決められた演技を演じさせる作品や演出家とは、相性が悪いように思われます。

これはウィリスの良し悪しではなく、彼の演技スタイルに起因するものと考えます。映画を愛する皆さんはどうお考えでしょうか。

執筆時点では第42回ゴールデン・ラズベリー賞、まだ発表されてません。しかし私は本作は、”ブルース・ウィリス2021年公開作の最低演技部門”には、選ばれないと予想します。

これが”最低作品賞部門”なら、ツっこみどころ満載の愛すべき作品ゆえに、有力候補になったでしょう。しかしこれでも受賞しないと思いました。

“最低助演部門”なら本作は本命、と考えますが、「出演時間は15分」の作品が他にもあるようで、この基準でもライバルが多く受賞は難しそうですね。

発表前に宣言しておきます。ラジー賞”ブルース・ウィリス2021年公開作の最低演技部門”、本作はおそらく受賞しません。

受賞するのは「ブルース・ウィリスが、15分間以上出演した作品」だと断言します。…でも、ノミネート8作品とも「出演時間は15分」以下だったら、どうしましょう?

次回の「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」は…


(C)2020 Notorious Pictures / Tarantula / Networld / RTBF

次回の第16回は救急隊員が負傷者として乗せたのは、自爆ベルトを付けたテロ実行犯だった!ノンストップ・サスペンス映画『ドント・ストップ』を紹介いたします。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2022見破録』記事一覧はこちら






増田健(映画屋のジョン)プロフィール

1968年生まれ、高校時代は8mmフィルムで映画を制作。大阪芸術大学を卒業後、映画興行会社に就職。多様な劇場に勤務し、念願のマイナー映画の上映にも関わる。

今は映画ライターとして活躍中。タルコフスキーと石井輝男を人生の師と仰ぎ、「B級・ジャンル映画なんでも来い!」「珍作・迷作大歓迎!」がモットーに様々な視点で愛情をもって映画を紹介。(@eigayajohn

関連記事

連載コラム

映画サイコパスPSYCHO-PASSのあらすじと内容解説。劇場版Sinners of the System3章を紹介|SF恐怖映画という名の観覧車33

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile033 「Tカード」の情報が令状なしに警察に提供されていた事実が報道され、話題となっています。 薬局や飲食店など様々なところで貯めることの出来る …

連載コラム

『ミスターガラス』ネタバレ感想と結末考察のあらすじ。シャマラン監督が超人に込めた想いを解説|サスペンスの神様の鼓動8

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回、取り上げる作品は2000年に公開された『アンブレイ …

連載コラム

佐藤泰志の原作とともに映画『きみの鳥はうたえる』を味わう|映画と美流百科7

連載コラム「映画と美流百科」第7回 今回ご紹介するのは、2018年9月1日(土)から新宿武蔵野館、渋谷ユーロスペースなど全国にて公開予定の『きみの鳥はうたえる』です。 こちらの映画は、函館の映画館シネ …

連載コラム

映画『親愛なる君へ』感想評価と解説考察。チェン・ヨウジエ監督が描く血の繋がりを超えた家族の絆|銀幕の月光遊戯 80

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第80回 世界的評価を受けた『⼀年之初(⼀年の初め)』(2006)や『ヤンヤン』(2009)などで知られる台湾のチェン・ヨウジエ監督の5年ぶりの作品となる映画『親愛なる君へ …

連載コラム

映画『ダウンレンジ』感想と考察。スラッシャーとシチュエーションスリラーの融合|SF恐怖映画という名の観覧車13

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile013 『カメラを止めるな!』(2018)の記録的な大ヒットにより、日本でも「低予算映画」への注目度は日に日に高くなっています。 しかし、日本に …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学