Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『クレイジーズ42日後』ネタバレあらすじ感想とラスト結末の解説。リメイク版で刷新したゾンビ化現象を描いたパンデミック・ムービー|未体験ゾーンの映画たち2021見破録26

  • Writer :
  • 増田健

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」第26回

世界の様々な国の、まだ見ぬホラー映画を紹介する「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」。第26回で紹介するのは『クレイジーズ 42日後』。

お馴染みのゾンビ登場する映画。かつてブードゥー教の産物・生きる屍も、映画の中では様々な理由で誕生します。

最近のトレンドは感染症。原因のウィルスの誕生には様々なパターンがありますが、起こりうるリアルな設定として多くの映画などに採用されています。

ゾンビが感染症患者に過ぎない、死者とは呼べぬ存在ならどうなるのか。

恐怖から逃れようと部屋にこもり続けた場合、どんな状況が訪れるのか。新たな視点で描いたゾンビ映画の登場です。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『クレイジーズ 42日後』の作品情報


(C)2020 HOLLYWOOD INNOVATIONS GROUP, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

【日本公開】
2021年(アメリカ映画)

【原題】
Alone

【監督・製作】
ジョニー・マーティン

【出演】
タイラー・ポージー、ドナルド・サザーランド、サマー・スピロ、ロバート・リチャード

【作品概要】
人間を狂暴化させるウィルスの蔓延で社会は崩壊、自室で孤独なサバイバルに挑む若者の姿を描いたアクションホラー映画。

スタントマン出身で、ニコラス・ケイジ主演の『ヴェンジェンス』(2017)、アル・パチーノ主演の『ハングマン』(2017)を監督したジョニー・マーティンの作品です。

主演はドラマ『ティーン・ウルフ』(2011~)、『トゥルース・オア・デア 殺人ゲーム』(2018)のタイラー・ポージー。

そして『エンディング・ワールド』(2017)と『Big Legend(原題)』(2018)のサマー・スピロ。

大ベテラン俳優で、『ロング,ロングバケーション』(2017)や『アド・アストラ』(2019)でも健在な姿を見せた、ドナルド・サザーランドが共演します。

映画『クレイジーズ 42日後』のあらすじとネタバレ


(C)2020 HOLLYWOOD INNOVATIONS GROUP, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

画面に向かい今日で42日目だと語りかけるエイデン(タイラー・ポージー)。髭も髪も伸びた彼は限界だと訴え、首を吊って命を絶とうとします…。

全ての始まりの日、彼はマンションの自室で女と寝ていました。エイデンが目覚め、身支度を整えていると女は姿を消します。

洗面台の鏡には家賃の支払いに使えと、両親が送った金の入った封筒が貼ってありました。

玄関の外が騒がしいようですが、気にとめないエイデン。TVをつけると画面はカラーバーで、緊急放送システムと表示されています。

騒音に気付き彼が窓の外を見ると、眼下では人々が逃げ回りヘリコブターが墜落する光景が目に入りました。

人々は助けを求める少女に構わず逃げています。その少女がいきなり人を襲う光景に驚いたエイデン。

人が人を襲う状況がパニックを生んでいます。いきなり玄関のドアが開き、男が入ってきます。

警戒するエイデンに、怪しい者ではない、隣人のブランドン(ロバート・リチャード)だと訴える男。

彼は廊下の外で狂暴化した人々に追われ、やむなくこの部屋に逃れたようです。ブランドンはかくまって欲しいと訴えます。

TVの画面が回復しています。凶暴化した者に襲われ噛まれたり引っかかれて傷付くと、被害者も目から血を流し、同じく凶暴化すると語るレポーター。

ブランドンは首の後ろを負傷しています。手にした包丁を隣人に向けたエイダン。するとブランドンの目が血に染まっていきます。

出て行くように告げると、発作を起こしながらも外に出たブランドン。しかし凶暴化したのか、いきなりドアの外から掴みかかってきました。

必死にドアを閉めたエイダンですが、覗き窓から廊下を見て息を飲みます。外では凶暴化した者が人を喰う、食人行為が起きていたのです。

TVは人間を凶暴化させる感染症が爆発的に流行し、混乱が広がっていると伝えます。武器を取り感染者を攻撃する者もいますが、報道はそれを止め自宅に待機しろと訴えていました。

スマホを見ると、父からエイダンの安否を気遣い、妹の所在を確認するメールが入っていました。最後は妹を頼む、お前は生き続けろとのメッセージで終わります。

母からの連絡に電話をかけても、回線は使用できない状態です。感情を爆発させ、落ち着きを取り戻し窓の前に座るエイダン。

パンデミック発生からの日数を、マジックで鏡に記入します。家族写真に「生き続けろ」と書いた付箋を貼りました。隣に父が座っていた時の記憶が甦ります。

6日目。TVは感染拡大の結果、インフラが寸断され食料が不足し、困難になった人々の生活を報じました。

食料が無くても人は最長3週間は生きていけるが、水が無ければ3日と持たない。しかし都市で断水が起きつつあると危機的状況を語るキャスター。

7日目、エイダンは記録を残そうとノートパソコンを開き、カメラに向かい語り始めます。部屋の外の廊下からは、感染者たちが騒ぐ声が聞こえ、話はまとまりません。

19日目。窓から見える遠くの景色に、黒煙が立ち上っていました。

TVの報道は、感染者は原始的な欲求に支配され、人を襲い肉を食べると解説します。

しかし感染者本人の意識が消えた訳ではありません。自分の行動を自覚しながらも、衝動を抑えられずにいると紹介していました。

冷蔵庫を置き塞いだ玄関ドアの向こう側から聞こえる、叫び声を警戒するエイダン。

ノートパソコンに向かい、ついに水道が止まったと告げます。TVは同じ情報しか流さず、外に出ることは出来ません。

感覚遮断実験の被験者がおかしくなった事例を話すエイダン。自分もそれに近い状況だと語ります。

エレキギターのエア演奏やバットを振って気を紛らわせます。バットを鏡に投げ割ったエイダン。

そんな境遇を録画していると、部屋の中で物音がします。エイダンは室内に入り込んだ感染者を見つけました。

気付かれぬよう迫り、感染者をバットの一撃で倒すエイダン。天井のダクトから入り込んだようです。彼はサーフボードを立てかけ、ダクトのフタを押さえます。

41日目を迎えました。相変わらず外から叫び声が聞こえる中、パソコンに向かって話すエイダン。

外に出る勇気は無いと打ち明け、食料はあと3日分になったと状況を記録します。

突然スマホの着信音が聞こえます。サーバーが復活したのでしょうか。慌てて電話をとっても話すことはできません。

母の吹き込んだ留守電のメッセージを確認できました。それを聞くと、両親は街を出た妹との合流を試みたようです。

しかし両親は、感染者の群れに襲われました。絶望的な状況の中音声は切れました。スマホを投げ捨て涙を流すエイダン。

彼はバットを握り、玄関を開け廊下に出ます。感染した隣人のブランドンは、深手を負って廊下をはっています。

エイダンに気付いた感染者が、群れとなって勢いよく襲ってきます。非常階段を駆け下りた彼は、下階の廊下に出ました。

そこにいるのも感染者だけです。止む無く階段を駆け上がり、自室に戻ったエイダン。

玄関に置いた冷蔵庫を自らの身で押さえ、感染者の進入を防ぎます。外に出ることは不可能でした。

ようやく落ち着き彼がタバコに火を付けた時、停電が発生します。窓の外に闇が広がっていきます。

家族とロサンゼルスで過ごす日を夢見たエイダンは、朝日を浴び目覚めました。

窓に貼った目隠しを剥がし、太陽の光を浴びたエイダン。パンデミック発生から42日目。絶望した彼は首を吊ろうと試みます。

踏み台の椅子を蹴ろうとした時、向かい側のマンションの窓に若い女性(サマー・スピロ)が見えました。

動揺して足を踏み外すエイダンは、縄が切れ救われました。窓に近づき様子を伺うと、いるのは間違いなく感染していない人間です。

道路を挟んで向かい側の、1つ下の階の住人です。彼女はエイダンに気付かずカーテンを閉めました。

どうやって彼女とコミュニケーションするか、パソコンのカメラに向かって話すエイダン。

伸び放題の髭を切って整え、紙にメッセージを書き準備します。パソコンの電池も切れました。

翌朝、ベランダに出たエイダン。しかし向かい側のマンションにも、感染者がいると気付いて身を隠します。

慎重に観察すると、彼女がカーテンを開けました。彼女もエイダンに気付いたようです。用意した”Hi!”と書いた紙を見せたエイダン。

手を振り返した彼女に、次は自分の名を書いた紙を見せ、エイダンと名乗ります。彼女は持ってきたホワイトボードに名を書き、自分はエヴァと紹介しました。

互いに1人だけで暮らしていました。孤立して以来、君が初めて見た無事な人間だと伝えるエイダン。

文字のやり取りとはいえ、久々の他人との交流に喜ぶ2人。エイダンはエヴァに食料と水があるか訊ねます。

エヴァは食料はあるが、水が不足していると伝えます。エイダンは食料が不足気味で、ボトルの水は多量にあると伝えました。

ボトルは地球環境に悪いと書くエヴァ。彼女はジョークを言う余裕があるようです。

しかしエヴァは危険を感じ、周囲を警戒し会話を終えようとします。カーテンを閉じる彼女に、明日も会話しようと約束するエイダン。

その夜は雨が降りました。エイダンは鍋などを出し雨水をため、ベランダに出て石鹸で体を洗い、その泡で髭を剃ります。

その姿をカーテンの隙間から、エヴァが覗いていました。

翌朝、2人はベランダに出ました。路上には多くの感染者がたむろしており、マンション間の行き来は不可能です。

エヴァにグローブを持っているか聞いたエイダン。彼女はクロス(ラクロス用のラケット)を持っていました。

彼は縄を付けた野球ボールを投げ、キャッチしたエヴァの部屋との間に縄を渡すことに成功します。

互いのベランダが縄で結ばれました。高い場所の自室からエヴァの部屋へと、ワイヤーハンガーに結んだ水のボトルを縄を伝って送るエイダン。

しかしボトルとベランダの柵がぶつかった音に感染者が反応します。機敏に動く感染者の男が、各階のベランダを飛び移ってエヴァの部屋に迫ります。

生存者が所在を明らかにすると、感染者は迫ります。瓶を投げ音を鳴らし、感染者の注意を引きつけるエイダン。

エイダンの部屋へとベランダを飛び移り、よじ登ってくる男。音を聞き玄関にも感染者が迫っていました。

男はベランダまで上がってきますが、エイダンはまず玄関のドアを押さえます。

玄関側の感染者は侵入を諦めました。ベランダに侵入した感染者は、エイダンに気付き窓ガラスを頭突きで破ります。ベランダに倒れた感染者を、バットで殴り殺すエイダン。

ゾンビと異なり、衝動に突き動かされ行動しても、意志と知能を持つ感染者の目を引く行動は控えねばなりません。

食料も不足し、エヴァと共に生き残る方法をエイダンは思案します。

以下、『クレイジーズ 42日後』のネタバレ・結末の記載がございます。『クレイジーズ 42日後』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

_netabare]


(C)2020 HOLLYWOOD INNOVATIONS GROUP, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

感染者のいない隙を狙い、バットを掴み部屋を出たエイダン。まず彼は廊下に倒れている隣人ブランドンの遺体のポケットを探ります。

走り寄る感染者から逃れ、エイダンはブランドンの部屋に入ります。ベットの上に女の遺体がありました。

冷蔵庫の中の物はカビていましたが、食品棚にピーナッツバターの瓶があります。その他食料品をリュックに詰めるエイダン。

部屋には登山用具が保管されていました。彼は登山用ロープが無いか探します。

目当てのロープを見つけた時、部屋に感染者が入って来ます。襲われたエイダンは、その場にあったピッケルで相手を倒しました。

するとベットの上の女が動きます。感染者らしい彼女には意識が残っており、殺してくれと頼みます。彼女にピッケルを振るったエイダン。

荷物を掴み廊下に出ると、何人もの感染者が立っています。刺激しないようにゆっくり動き、自室に戻ったエイダンは自分が負傷していないか確認します。

幸いにも無事でした。持ってきた登山用具の中の、1組のトランシーバーに気付きました。

その夜、感染者の行動が収まった隙に、リュックを背負いベランダから結んだシーツを垂らし、それを使い地上に降りたエイダン。

感染者を避けて動き、エヴァの部屋に荷物を投げ込むことに成功すると、同じルートで自室に戻ります。

自室にエヴァに見えるよう、ベランダを確認してと書いた紙を貼りました。

翌朝、枕元に置いたトランシーバーから、エヴァの声が聞こえます。興奮して応答するエイダン。

生きるために話すべき事が山のようにあります。しかし今は、久しぶりの人との会話を楽しみたいと言うエヴァ。

エイダンも同じ思いです。エヴァはサーフィンをするのか、ガールフレンドはいるのか訊ねます。

彼は質問に答えます。人とのつながりこそ生きるために必要でした。

2人は会話を終えます。幸せな気分に包まれるエイダン。しかし部屋の外には感染者の群れがいました。

改めて生活物資の調達に動くエイダン。今度は以前感染者が侵入した換気ダクトを使い、別室への移動を試みます。

リュックを背負った彼は慎重に進みます。ダクト内の死体に驚かされますが、とある一室に入ることに成功するエイダン。

部屋の浴槽に血の跡が残っていました。室内にフィットネスマシンがあり、部屋の住人は裕福だった模様です。

部屋は無人のようです。キッチンの棚には様々な食料が残されていました。人気のお菓子”トゥインキー”を見つけ口にしたエイダンは、その味に感嘆の声を上げます。

彼はトランシーバーで、宝の山を見つけたとエヴァに報告します。彼女はエイダンの姿が見えなくなった事を不安に思っていました。

無謀な行動をせず部屋に戻って欲しいと言うエヴァ。2人が合流する方法が無いかと話しますが、物音が聞こえ身構えるエイダン。

トランシーバーを切り、彼は物音がした部屋に入ります。部屋の壁には大きな穴が開いていました。

エイダンの背後に手製の槍を持つ老人エドワード(ドナルド・サザーランド)が立っています。互いに警戒し、相手は感染者ではないと確認します。

戸惑うエイダンに自分もこの部屋の住人ではない、と説明するエドワード。彼も物資を求め現れたのでしょうか。

エドワードはエイダンに、家族や同居人がいるか訊ねます。1人だと答えたエイダンに、老人は話声が聞こえたと指摘します。

彼はエヴァの存在を隠し、孤独なサバイバル生活を送る内に独り言が増えたと誤魔化します。納得した様子のエドワード。

生き残るために殺人を犯したか話題になります。報道では感染者に意識が残り、衝動に駆られ人を襲っているが、その自覚はあるとエイダンは話します。

自分は殺していないと語る老人。無理に感染者を殺さず、彼らが飢えて死ぬのを待つしかないとの結論になりました。

エイダンに食べ物を勧めるエドワード。彼は食料を巡り争いを起こす意志は無い様子です。老人も他人との会話に飢えていたのか、様々な話題に移ります。

この部屋の住人は、パンデミック初期に浴槽で手首を切り、自殺したと話すエドワード。

その結果部屋には多くの食料が残されました。家族を失ったエイダンに同情し、若者の未来が奪われたとエドワードは嘆きます。

老人はエイダンに必要なだけ食料を持って行けと言います。それより若いエイダンの意見を聞きたがり、話を止めようとしません。

棚の上にある酒も持って行けと告げるエドワード。彼が手を伸ばした時、後頭部にバットが振り下ろされます。

うめき声が聞こえ目を覚ますエイダン。目の前に感染者の老婆がいます。

縛られベットの横に転がされたエイダン。ベットの上にはつながれた感染者の老婆。そして2人を見守るエドワードがいました。

老婆はエドワードの妻です。発症し凶暴化した妻を生かそうと、餌として与えられたエイダン。

しかし老婆は死なせてくれと叫んでいました。その一方衝動に動かされ、エイダンを襲おうとしています。

エイダンはこんな事は間違っていると叫び、餌よりも死が彼女の望みだ叫びました。

彼女は生きた物しか食べない、私は人を殺していない。妻にはペットの2匹の犬を与えたと言うエドワード。

発症した妻は可愛がっていた犬を食べた、と老人は言葉を続けます。新たな食料としてエイダンを捕らえたのでした。

君が眠っている間に終わって欲しかったが、上手くいかなかった。痛み止めを与えるので許してくれとエドワードは告げます。

老人も自分の行為に動揺しています。拘束を解いたエイダンを老人は止めようとしますが、彼は抵抗しました。

エドワードはベットに投げ飛ばされ、妻に襲われ悲鳴を上げます。部屋から逃れたエイダン。

荷物を掴んだエイダンがトランシーバーで話すと、エヴァの身にも感染者が迫っています。彼女を救おうと廊下に飛び出します。

感染者から逃れ、近くの部屋に飛び込むエイダン。エヴァの部屋を見ると、感染者に追われベランダに追い詰められた彼女が見えました。

ベランダからベランダへ飛び移り、結んだシーツを伝って地上に向かうエイダン。途中で落ちて地面に叩き付けられます。

落ちていたショツトガンを掴み立ち上がるエイダン。感染者を撃ちエヴァのマンションへ向かいます。次々走り寄り、マンションのベランダがら飛び降りる感染者たち。

エヴァが垂らしたシーツを登るエイダン。後を感染者が追ってきます。エヴァの部屋の下の階のベランダに入り、シーツを切って感染者を落とします。

エヴァのいるベランダに感染者が迫ります。下のベランダに降りろと告げるエイダン。

怯えるエヴァに、絶対に受けとめると言い励まします。意を決した彼女は柵を乗り越えシーツを使い、エイダンのいるベランダに下りてきます。

2人は抱き合います。感染者を避けて廊下に出ると、非常階段を進みます。

階段の扉を開けると感染者が襲ってきます。エイダンを襲う感染者にピッケルを振り下ろすエヴァ。

廊下に出て感染者と闘いながら先に進みます。エヴァを先に部屋の中に入れたエイダンは、感染者と格闘になります。

心配するエヴァの前にエイダンが現れました。彼はエヴァに近寄るなと言います。感染者に傷付けられていれば、すぐ発症するでしょう。

彼はベランダの柵の上に立ち、傷の有無を確認します。発症すれば飛び降りエヴァを守るつもりでした。

シャツを脱ぎましたが、幸いにも傷はありません。2人は感染者が迫る玄関を冷蔵庫で塞ぎます。

安全を確保した2人は、抱き合って今後は共に過ごせる事を喜びました…。

スポンサーリンク

映画『クレイジーズ 42日後』の感想と評価


(C)2020 HOLLYWOOD INNOVATIONS GROUP, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

本作は広い意味ではゾンビ映画ですが、原因が感染症で相手は死人ではありません。群れをなし襲う相手に意識も人格もあります。

そして感染症を恐れての外出自粛生活。映画はコロナ流行以前に企画・製作された訳ですが、現実が映画に追い付き、そして現実を追い越して公開した形になりました。

実に興味深い映画だと紹介するはずが、それどころでないのです。実はこの映画には、瓜二つの映画が存在します。

その事実に気付いたホラー映画ファンは騒然となり、様々な声が上がります。この話題を紹介しましょう。

同じ脚本が韓国とアメリカで、映画化されるパンデミック発生

参考映像:『#生きている』(2020)

『クレイジーズ 42日後』の予告がアメリカで公開された時、「この映画、Netflix配信の韓国映画『#生きている』に似てない?」との声が上がります。

そして本作が公開されると両作はそっくり、リメイク作品ではないかと声が上がりました。

それもそのはず、両作品とも脚本はマット・ネイラー、同じ脚本を使用し別々の映画が作られたのです(『#生きている』は、脚色に監督のチョ・イルヒョンもクレジットされています)。

『#生きている』は2020年6月韓国公開、同年9月8日にNetflixにて、アメリカ・日本を含む世界各国に配信されました。

一方『クレイジーズ 42日後』は2020年10月アメリカ公開。本作は韓国映画のリメイクとは紹介されずに公開され、ホラー映画ファンを混乱と困惑を招きます。

2019年10月に撮影が開始され、12月には終了した『#生きている』。2019年10月にドナルド・サザーランドの出演がリリースされた『クレイジーズ 42日後』。

両作がほぼ同時に平行し製作されたことは間違いありません。公開されたのは『#生きている』が先です。

2020年5月コリア・ヘラルドは『#生きている』を、アメリカ映画『クレイジーズ 42日後』をチョ・イルヒョン監督がマット・ネイラーと共に、韓国に合わせ脚色した作品と紹介しています。

『クレイジーズ 42日後』の関係者は、この件について語っていません。一方はリメイクだ、あるいは両作の関係は韓国版とアメリカ版だ、などの説明はありません。

大人の事情でもあるのでしょうか。実に似ている2つの作品が、いかに違うかを見比べるのは興味深い行為です。

本作をご覧になった方は、ぜひ『#生きている』も鑑賞して下さい。

ドナルド・サザーランドのシーンが高く評価されていますが…


(C)2020 HOLLYWOOD INNOVATIONS GROUP, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

こういった事情を知らず(告知が無ければ当然です)、『#生きている』を見た人が、本作を見て戸惑うのも当然です。

遅れて公開された本作に対し、韓国映画に対し余計な「英語映画化」が行われたのでは、との憶測も生まれ、批判の声も上がりました。

そして見比べた上で、『#生きている』に軍配を上げる方が多いのも事実です。

本作の主人公は、絶望するまで42日間部屋にこもっていました。

『ゾンビ』(1978)の様にショッピングモール、『ショーン・オブ・ザ・デッド』(2004)のパブ(!?)ではなく、普通マンションの一室でこの間、一切外出せず過ごせるでしょうか?

本作は主人公の消耗と憔悴を、経過日数の表示と伸びた髭のみで表現している感があります。

『#生きている』側の描き方、そして同じ状況に至る日数を比較しましょう。

そして『クレイジーズ 42日後』は、全編の大部分が主人公視点のみで描かれた、独白が実に多い映画です。

本作主演のタイラー・ポージーは製作にも関わっています。主人公中心のソリッドシチュエーション映画として、本作を描きたかったのかもしれません。

よって生存者の女は影が薄い存在です。これも韓国の映画と比べると興味深い違いを見せます。

他にも難のある本作ですが、『#生きている』より高く評価できるポイントがドナルド・サザーランド。何か怪しく同時に哀愁漂わせる、貫禄ある演技を見せています。

しかしそのシーンは長め。映画のリズムを崩し気味です。撮影時84歳の大俳優の熱演には、映画の製作者も観客も何も言えなくて当然です。

それでもこのシーンは、映画の雰囲気が変わる熱い場面です。

より高く評価すべきは、スタントマン出身の監督ジョニー・マーティンらしい、アクションの演出でしょうか。

ベランダを飛び移り、マンションの外壁を上り下りするシーンはフランスのアクション映画、『YAMAKASI』(2001)や『アルティメット』(2004)のようです。

パンデミック下のステイホーム生活を描き、困難な状況から抜け出していく姿を描いた『#生きている』。

同じ脚本の『クレイジーズ 42日後』は、違うアプローチで映画化したと気付くでしょう。

まとめ


(C)2020 HOLLYWOOD INNOVATIONS GROUP, LLC. ALL RIGHTS RESERVED.

同じ脚本で、同時に2本のホラー映画が誕生しました。その一本が『クレイジーズ 42日後』、実にユニークな出来事です。

何かと上半身裸になり、激しいアクションを見せるタイラー・ポージー。ファンにはたまらないでしょう。

主人公を演じた彼のための、彼に焦点を当て過ぎた映画、とも言えます。

全体を通して深刻な状況が続く本作で、主人公に癒しを与えたのは人気のお菓子”トゥインキー”でした。このお菓子、『ゾンビランド』(2009)にも登場します。

韓国側の『#生きている』に登場するのは、映画『JSA』(2000)でお馴染みの”チョコパイ”と思いきや、韓国映画・ドラマでお馴染みのアレでした。

パラサイト 半地下の家族』(2019)にも登場した、あの食べ物です。映画に登場する食品などのアイテムは、その国の生きた風俗を教えてくれる面白い存在です。

次回の「未体験ゾーンの映画たち2021見破録」は…


(C)2020 Axel Films Production Studiocanal M6

次回第27回はこいつらが警官でイイのか?!ドタバタアクションコメディ『シティーコップ 余命30日?!のヒーロー』を紹介します。お楽しみに。

【連載コラム】『未体験ゾーンの映画たち2021見破録』記事一覧はこちら




関連記事

連載コラム

映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』あらすじと感想レビュー。スノーマンで知られるレイモンド・ブリッグズが両親を描いた心温まるストーリー|銀幕の月光遊戯 40

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第40回 映画『エセルとアーネスト ふたりの物語』が、2019年9月28日(土)より、岩波ホール他にて全国順次公開されます。 『スノーマン』、『風が吹くとき』などの名作が世 …

連載コラム

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】②

細野辰興の連載小説 戯作評伝【スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~】(2019年2月下旬掲載) 【細野辰興の連載小説】『スタニスラフスキー探偵団~日本俠客伝・外伝~』の一覧はこちら スポンサー …

連載コラム

映画『ザ・ルーキーズ』あらすじネタバレと感想。 ミラ・ジョヴォヴィッチがお調子者のド素人と世界を救う!?|未体験ゾーンの映画たち2020見破録20

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第20回 毎年恒例となった劇場発の映画祭「未体験ゾーンの映画たち2020」は、今年もヒューマントラストシネマ渋谷、シネ・リーブル梅田にて実施、一部作品 …

連載コラム

映画『ランブル』考察と評価感想。インディアンたちはアメリカと音楽界を“大地の鼓動”で揺さぶる|だからドキュメンタリー映画は面白い52

連載コラム『だからドキュメンタリー映画は面白い』第52回 彼らを抜きにして、ポピュラー音楽界の発展はなかったかもしれない──。 今回取り上げるのは、2020年8月7日(金)より渋谷ホワイトシネクイント …

連載コラム

映画『オール・ディス・パニック』あらすじと感想。多感な10代少女たちの実態に迫る|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館1

ニューヨークに住む10代の少女7人が直面する、等身大の葛藤と成長。 2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活する映画館、京都みなみ会館。そのリニューアルを記念して、9月6日(金)から『ルーキー映 …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
映画『哀愁しんでれら』2021年2月5日(金)より全国公開
映画『写真の女』
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学