Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/06/16
Update

韓国映画『神と共に 第二章:因と縁』あらすじと感想。3つのパートを同時進行で描く裁判劇の行方とは⁈|コリアンムービーおすすめ指南12

  • Writer :
  • 西川ちょり

宿命は千年の時を経て完結する!

韓国の人気ウェブ漫画を映画化。韓国で大ヒットを記録したファンタジー・アクションシリーズの第二章『神と共に 第二章:因と縁』が、6月28日(金)より新宿ピカデリー他にて全国上映されます。

ユニークでエキサイティングな地獄めぐりにあっ!と驚かされ、母と息子の絆に涙、また涙した第一章からさらにパワーアップ!

ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギの使者たち、イ・ジョンジェの閻魔大王というおなじみの顔ぶれに、マ・ドンソクが屋敷神である成主神(ソンジュ)として登場!

地獄での裁判の新たな展開にプラスして、高麗時代に遡る驚くべき因縁が語られます。

【連載コラム】『コリアンムービーおすすめ指南』記事一覧はこちら

映画『神と共に 第ニ章:因と縁』のあらすじ


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

仕事中に死亡した消防士キム・ジャホンを転生させた3人の冥界の使者カンニム、ヘウォンメク、ドクチュン。

1000年間で49人の亡者を転生させれば彼ら自身も生まれ変わることができると約束されており、その49人までついにあとひとりとなりました。

カンニムはジャホンの弟のスホンを連れ、閻魔大王のもとに彼の裁判をさせてほしいと直訴します。スホンは兵役中の誤射で命を落とし、怨霊となって大暴れしたために、本来なら裁判を受けられないのですが、カンニムは懸命に閻魔大王に訴えます。

「スホンの死が無念の死だと明らかにできなかったらお前たちは何を懸ける?」と閻魔大王に尋ねられたカンニムは、「使者の肩書を」と応え、その心意気に閻魔大王は条件付きで、裁判を行うことを了承します。

その条件とは「怨霊が裁判を受ける49日の間に下界からホ・チュンサムという亡者を連れてこい」というものでした。彼はとっくに亡くなっているのですが、冥界に来るべきチュンサムを屋敷神である成主神(ソンジュ)が守っているために、どの使者も彼を連れてくることができないのです。

ソンジュは自分の体をあらわす“現身(ヒョンシン)”までしてチュンサムとその孫を守っています。49日以内に、ソンジュを倒してホ・チュンサムを連れてこなければ使者は生まれ変われないと閻魔大王は告げました。

ヘウォンメクとドクチュンは使命を果たすため下界に降り、ソンジュと対峙しますが、彼はかつてヘウォンメクとドクチュンを冥界に導いた使者でした。

記憶のないヘウォンメクとドクチュンはソンジュから1000年前の驚くべき過去を知ることとなります。

一方、カンニムとスホンは、恐竜に追いかけられるという予期せぬ事態に陥っていました。カンニムはなぜスホンの境遇にこだわるのでしょうか? そして三人の使者をつなぐ想像を絶する”因縁“とは!?

映画『神と共に 第ニ章:因と縁』の解説と感想

本作はおおまかに分けて3つのパートが同時進行していきます。

下界で家族を守る神様


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

まずひとつ目は、下界のパート。

第一章のラストでチラッと顔を見せていたマ・ドンソクが、屋敷神である成主神(ソンジュ)というユニークな役で登場してきます。

マ・ドンソクといえば、『新感染 ファイナルエクスプレス』(2016/ヨン・サンホ)や『犯罪都市』(2017/カン・ユンソン)といった作品で、堂々たる風体と、圧倒的な腕っぷしの強さを見せつけ、アクションスターのイメージが強い一方、『ファイティン!』(2018/キム・ヨンワン)のような”気は優しく力持ち“な役柄もとても似合う俳優です。

ラブリーをもじった”マブリー“という可愛らしい愛称もあり、本作は、そんなマ・ドンソクの”柔“な魅力が遺憾なく発揮されています。

第一章は母と亡者となった息子の物語が展開し、所謂“母もの”として泣きに泣かされましたが、今回は、第一章で近所の住人として登場していた祖父と孫が重要な役割を果たします。

祖父はすでに亡くなっているのですが、祖父が冥界に召されてしまうと、まだ幼い孫は他に面倒をみてくれる人もおらず独りぼっちになってしまいます。少年の将来を案じたソンジュは一家を守るために、冥界の掟を破り、迎えにきた使者たちを追い返しているのです。

下界に降りてきたヘウォンメクとドクチュンも巻き込んで、笑えるエピソード満載の人情喜劇が展開されます。神様が資産運用のために投資に手を出しているという可笑しみは、マ・ドンソクだからこそ出せる味わいと言えましょう。

そんな中、記憶を持たない、ヘウォンメクとドクチュンの過去がこのパートで徐々に明かされていきます。

さらにパワーアップした地獄の審判


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

2つ目は地獄パートです。

一人冥界に残った使者カンニムはスホンを連れて、彼の死が無念の死だと明らかにするため、地獄の審判を受けます。

使者は弁護士の役割を果たすので、シリーズには法廷劇の味わいがあるのですが、亡者スホンは、生前、8度も司法試験を受け、漸く一次を通ったという経歴の持ち主であるため法律に詳しく、法廷劇としてよりパワーアップした面白さがあります。

今回も第一章と同様、ユニークで独創的な地獄が登場しますが、前回とは一味もふた味も違う場面展開となり、思いもよらぬ、壮大な光景が現れます。

これまでも『カンナさん大成功です』(2007)、『国家代表!?』(2009)など、特殊メイクやCGをふんだんに使ったエンターティメント作品を発表してきたキム・ヨンファ監督と、韓国VFXチームの意地と野心に溢れた試みと言っていいでしょう。

キム・ヨンファ監督によれば、この試みに対し、当初は周囲から反対の声もあがったということですが、ただのオマージュや真似事ではなく、堂々たる韓国流ジュラシックパークとなっていて、存分に楽しむことができます。

それにしてもなぜ、カンニムは、スホンの「無念の死」にこだわるのでしょうか? その謎が明かされる時、タイトルにもある“因”と“縁”の秘密も明らかになるのです。

高麗時代に遡る因と縁


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

最後のパートは、3人の使者の過去へと突入して行きます。クロスワードパズルが埋まっていくように少しずつ、3人の前世での関わりが明らかになっていくのですが、それは1000年前の高麗時代に遡り、本格的な史劇が展開します。

極寒の荒涼たる景色の中、人々が肉体をぶつけ合って闘い、非情な運命が交錯します。北方雪原の舞台を作り上げるため、VFXチームは、ノルウェーの雪原を参考にしたそうです。

現在の使者たちとは別人のような姿が新鮮で、キャラクターやそれに扮する俳優たちのまた違った魅力を味わうことができます。

この過去パート、彼らの前世の物語が、もう、泣けて、泣けて、韓国映画はどうしてこう泣かせ上手なのでしょうか!? 

「第一章」とは泣けるシークエンスがかなり違っていますが、今回もエモーショナルな展開で大いに泣かされますので、是非ハンカチをご用意ください。

まとめ


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

このように3つのパートが入り混じって、壮大なクライマックスへと向かっていくのですが、「第一章」が”母性“の物語だったとしたら、「第二章」は”父性”に焦点をあてています。孫と祖父の信頼関係、あるいは、息子と父の確執というように。

「第三章」「第四章」の制作も既に決定しており、その仕込みといった場面がエンディング手前に織り込まれています。「第一章」「第二章」がそうだったように「第三章」「第四章」も二作同時に撮影される予定だそうです。

韓国映画史上かつてない壮大なシリーズとなった『神と共に』。未だ明かされない真相の解明と新たな展開に目が話せません。

『神と共に 第二章:因と縁』は、6月28日(金)より新宿ピカデリー他にて全国上映されます。

次回のコリアンムービーおすすめ指南は…

次回もオススメのコリアンムービーをお届けします。

お楽しみに。

【連載コラム】「コリアンムービーおすすめ指南」記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

『終末の探偵』あらすじ感想と評価解説。映画で北村有起哉が挑む探偵物語の先の“裏社会のどぶさらい”|映画という星空を知るひとよ128

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第128回 故・松田優作の代表作とも言えるドラマ『探偵物語』(1979)をオマージュしたかのような映画『終末の探偵』。 主人公の探偵を生業とする連城新次郎は、借 …

連載コラム

韓国映画『よりそう花ゝ』あらすじ感想と評価考察。アン・ソンギのいぶし銀の演技力と“紙の花”の意味|コリアンムービーおすすめ指南32

韓国映画『よりそう花ゝ』は2023年1月13日(金)よりシネマート新宿他にて全国公開! 『風吹く良き日』(1980)、『シルミド SILMIDO』(2003)、『折れた矢』(2011)などの作品で知ら …

連載コラム

野村奈央映画『からっぽ』あらすじと感想。卒業制作がPFFアワードなどを多数受賞の快挙|ちば映画祭2019初期衝動ピーナッツ便り1

ちば映画祭2019エントリー・野村奈央監督作品『からっぽ』が3月30日に上映 「初期衝動」というテーマを掲げ、2019年も数々のインディペンデント映画を上映するちば映画祭。 ©︎Cinemarche …

連載コラム

映画『ビール・ストリートの恋人たち』感想と評価解説。見つめ合う真っ直ぐな眼差しの美しさ|銀幕の月光遊戯22

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第22回 第89回アカデミー賞作品賞受賞作『ムーンライト』(2016)のバリー・ジェンキンス監督が、ジェイムズ・ボールドウィンの小説を映画化。 1970年代のニューヨークの …

連載コラム

『スリングショット』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。カーアクション必見のおすすめ映画誕生!【未体験ゾーンの映画たち2022見破録19】

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2022見破録」第19回 映画ファン待望の毎年恒例の祭典、今回で11回目となる「未体験ゾーンの映画たち2022」が今年も開催されました。 傑作・珍作に怪作、迫力あるカ …

【坂井真紀インタビュー】ドラマ『家族だから愛したんじゃなくて、愛したのが家族だった』女優という役の“描かれない部分”を想像し“元気”を届ける仕事
【川添野愛インタビュー】映画『忌怪島/きかいじま』
【光石研インタビュー】映画『逃げきれた夢』
映画『ベイビーわるきゅーれ2ベイビー』伊澤彩織インタビュー
映画『Sin Clock』窪塚洋介×牧賢治監督インタビュー
映画『レッドシューズ』朝比奈彩インタビュー
映画『あつい胸さわぎ』吉田美月喜インタビュー
映画『ONE PIECE FILM RED』谷口悟朗監督インタビュー
『シン・仮面ライダー』コラム / 仮面の男の名はシン
【連載コラム】光の国からシンは来る?
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
日本映画大学