Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2021/11/16
Update

映画『ヤーラ』ネタバレ感想とあらすじ結末の評価解説。実話サスペンスでマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督が描く少女失踪の真実|Netflix映画おすすめ70

  • Writer :
  • タキザワレオ

連載コラム「シネマダイバー推薦のNetflix映画おすすめ」第70回

行方不明になった13歳の少女の捜査に没頭するひとりの検事が、真実を突き止めるため、前代未聞の強硬手段に出る実話に基づくイタリアのノンフィクションサスペンス『ヤーラ』。

11月5日(金)よりNetflixにて配信となった本作を手がけたのは、6時間の長尺映画『輝ける青春』(2003)や『狂った血の女』(2008)で知られるマルコ・トゥリオ・ジョルダーナ監督

これまでも数多くの実話に基づくヒューマンドラマを世に送りだしてきたジョルダーナ監督が、本作ではイタリアを震撼させ、日本のバラエティ番組でも取り上げられた「ドラマのような本当の話」にスポットを当てています。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら

スポンサーリンク

Netflix映画『ヤーラ』の作品情報


Netflix映画『ヤーラ』

【公開】
2021年配信(イタリア映画)

【原題】
yara

【監督】
マルコ・トゥリオ・ジョルダーナ

【出演】
イザベラ・ラゴネーゼ、アレッシオ・ボーニ、トマ・トラバッチ、サンドラ・トッフォラッティ、ロベルト・ジベッティ、マリオ・ピレッロ、キアラ・ボーノ、ミロ・ランドーニ、アンドレア・ブルスキ

【作品概要】
イタリアはブレンバーテで実際に起こった13歳の少女失踪事件とその後の研究機関や専門家による犯人捜索模様を描いたノンフィクション作品。

少女殺害事件を捜査する主人公の検事役をイザベラ・ラゴネーゼが、国家憲兵の大佐の役をアレッシオ・ボーニが演じています。またサンドラ・トフォラッティとマリオ・ピレッロは被害者の両親を演じ、犯人役をロベルト・ジベッティ、被害者の少女をキアラ・ボノが務めています。

Netflixが制作したこの映画では、グラツィアーノ・ダイアナが脚本を担当。撮影監督をロベルト・フォルツァ、編集をフランチェスカ・カルヴェリとクラウディオ・ミサントーニ、セットをロベルト・デ・アンジェリス、衣装をジェンマ・マスカーニが担当しています。

Netflix映画『ヤーラ』のあらすじとネタバレ


Netflix映画『ヤーラ』

イタリアはブレンバーテ市。ミラノの隣に位置するこの町は、人口約7000人ほどが暮らす小さな町です。

2011年2月26日。飛行機模型を飛ばしていた男性が、町外れで偶然死後数ヶ月と見られる遺体を発見。

すぐに警察が駆けつけ服装の特徴からそれが行方不明の少女、ヤーラ・ガンビラジオである事が判明します。

捜査を担当していた検事、レティツィア・ルッジェーリが遺族へ連絡。少女の両親、フルビオとマウラは悲しみに暮れていました。

事件の手がかりとなるヤーラの日記を読み返すレティツィア。行方不明になった2010年11月26日、ヤーラはジムで体操の練習をしていました。

練習中に使用していたステレオが壊れたため、ヤーラは自宅のものを教室に持ってくると言い、門限までに戻ると母親に約束した上でジムへ戻りました。

門限の6時半を少し過ぎ、家へと戻る途中のヤーラを1台の車が追いかけていきます。

家へ戻らず電話にも出ないヤーラを心配した母親のマウラは、ジムへ迎えに行きますが、彼女は帰ったと言われてしまいます。

父親のフルビオは、1人で帰宅途中だった娘が失踪したことを憲兵に相談しました。

憲兵から事件の詳細を聞いた検事のレティツィアは、翌朝のニュースで事件発生を報道させ、警官を大勢派遣する大々的な捜査を始めました。

2日後、軍曹のガロがレティツィアのもとへ捜査の報告に来ました。

目撃証言がなく、捜査が難航していることを知り、ヤーラの両親だけでなく関係者全員を手広く盗聴し捜索する必要があると言います。

レティツィアはジムの職員ひとりひとりに聞き込みをし、情報を集めていました。職員のひとりの証言によると、少女たちの練習光景を覗きに来る変質者がいたと言います。

ヤーラの失踪に直接関与している可能性が高いその男を、重要参考人として捜査することになりました。

ヤーラの衣服の匂いから警察犬がたどり着いたのは、マペッロにある建設現場の作業員更衣室でした。作業員全員の身元を調べるも、手がかりとなるものを掴むことは出来ませんでした。

家族を狙った怨恨の可能性も調査するも、ガンビラジオ家が恨みをかっているという話は出てません。レティツィアが次に調べたのは彼女の通っていた学校でした。

イジメにあっていたか、対人関係でトラブルは無かったかどうかを教員に尋ねるも、有力な手がかりには繋がりません。

その頃、ヤーラの実家には大勢のマスコミが押し寄せ、なんの手がかりも得られないまま、家族の不安は募る一方です。

ニュースで大きく取り上げられたことで、事件はイタリア中で話題となるも、捜査に進展はありませんでした。

警察犬がたどり着いた建設現場の作業員全員を盗聴していた捜査官から、作業員の1人が殺人への償いを仄めかす発言をしていたとの連絡を受けます。

船でイタリアを出たばかりのモロッコ人、モハメド・ファクリを追跡。彼を逮捕したレティツィアは彼の「神様、私は彼女を殺していません」は何だったのかを問い詰めます。

しかし、盗聴した内容とはイタリア語に訳したものであり、モハメドが言っていたことを正確に訳すと「神様、彼女と話させて下さい」でした。

捜査官の誤訳による誤認逮捕、船での国外移動も実家への帰省だったことから、メディアは無実を主張するモハメドの味方となり、レティツィアの行き過ぎた行動に非難が集まります。

起訴するまでのタイムリミットが迫っている検察はレティツィアを捜査から外すことを検討しており、今回の失態から事件への慎重な捜査が求められるようになりました。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアにはNetflix映画『ヤーラ』ネタバレ・結末の記載がございます。Netflix映画『ヤーラ』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

捜査に没頭することでレティツィアは自身の娘、ヴィットーリアとすれ違うようになってしまいます。

ヤーラの両親、フルビオとマウラは犯人に対し、娘を家へ帰すようマスコミを通じて懇願するメッセージを出しますが、身代金の要求も人質を取っているという連絡も無く、彼らの願いは絶望的になっていました。

ヤーラの日記に目を通しながら、現場の見取り図、状況をおさらいするレティツィア。午後6時半頃の犯行にも関わらず目撃証言はなく、車での誘拐を抵抗した痕跡も見られない。

そこでレティツィアは、あの夜何者かがゆっくりと近づき、ヤーラに対し車で送ると提案したと推測。捜査が難航することに対し、マスコミは警察組織内起こる対立構造を批判。

それに対する釈明会見をレティツィアが開いている頃、事件との関連性が高い遺体発見の一報が入ります。事件発生から3ヶ月が経った翌年の2月26日、行方不明になっていたヤーラの遺体が発見されたのです。

現場で遺体を確認したフルビオはそれがヤーラ本人であると確認しました。レティツィアは犯人逮捕に尽力。

科学捜査部の協力により、ヤーラの衣服から採取された犯人のものと思われる血液からDNAを鑑定し、犯人特定に取り掛かります。

DNAによる犯人特定には照合させる大量のデータベースが必要となりました。こうして犯人の1人を特定するためのイタリア史上初となる大規模な集団検診が始まります。

遺伝物質を抽出するための何千ものサンプルの収集から1年が経ち、捜査は犯人のDNAと50%一致するジュゼッペ・ゲリノーニに到達しました。

彼は1999年に亡くなったゴルノのバス運転手で、犯人の父親であると推測されます。しかしゲリノーニの3人の子どもは、いずれも犯人のDNAとマッチしませんでした。

ここで彼らの父親は犯人の父親、しかし彼ら3人は犯人では無いという矛盾が生まれます。そこでレティツィアはゲリノーニのDNAサンプルを入手し、婚外子の調査に取り掛かります。

訴訟まで残り1ヶ月を切った頃、生前のゲリノーニの女性関係についての捜査が思うようにいかないレティツィアのもとに、DNAサンプルを送った研究機関の教授からの連絡が来ました。

教授に師事していた大学生の1人が、犯人のDNA情報の中から母親由来と思われる遺伝子の変異体を発見したのです。

変異体と集団検診によって得た大量のデータベースとを照合した結果、犯人の母親、エステル・アルズッフィに辿り着きます。

その息子でマペッロ出身の煉瓦工であるマッシモ・ボセッティが容疑者として浮上。科学捜査部が予測した犯人の身体的特徴とも94%一致していました。

警察は彼の家に盗聴器を仕掛け、入念な監視を始めました。

犯行日時のジュゼッペボセッティの通話記録も犯行現場の基地局とも一致し、車を運転中のボセッティから無作為のアルコール検査を装った警察が採取したDNAサンプルと犯人のものとが100%完全に一致。

レティツィアはすぐさま逮捕状をとり、勤務中のボセッティ逮捕へと向かいました。逮捕されたボセッティは無実を主張し続けています。

ヤーラ失踪から4年7ヶ月が経った2015年の7月。一般非公開で行われた重罪院での裁判でも、ボセッティは無実を訴えていました。

検察側としてボセッティを追及するレティツィアは、彼の検索履歴から少女への性的関心があったことを指摘。

それに対し弁護側は、一般に公開された犯行現場近くのボセッティの車が映った監視カメラ映像は検察によって編集されたものであったと指摘。

妻からも疑いをかけられているボセッティは、彼女からアリバイを証明するよう忠告されるも、ボセッティは妻からも信用されていないことを気にしていました。

裁判にて、レティツィアはボセッティに対し、終身刑と6ヶ月間の隔離を求刑。

ボセッティは無実を主張し続けるも、結果的に裁判長は加重殺人罪でボセッティを終身刑と宣告し、裁判は閉廷しました。

レティツィアは傍聴席のマウラと目を合わせます。裁判が終わり、マウラもフルビオは安堵の表情を浮かべていました。

2017年7月17日、控訴院は有罪判決を支持、2018年10月12日に最高裁判所も有罪判決を支持しました。しかしボセッティは無実を訴え続け、DNA鑑定の再調査を要請するも、却下されました。

2021年1月11日、最高裁は重罪院に調査結果の分析を指示。

2021年6月3日、ベルガモの裁判所はボセッティの弁護側による調査結果の閲覧申請を却下しました。

スポンサーリンク

Netflix映画『ヤーラ』の感想と評価


Netflix映画『ヤーラ』

本作が基にした実際の事件は、日本のバラエティでも再現ドラマが放送されるほど有名で、その全貌にイタリア中が震撼した「ドラマのような本当の話」です。

犯人特定のために当時のイタリアの警察が行ったのは、現場に残された唯一の手がかりである犯人の血痕を利用したDNA鑑定でした。

イタリアの警察組織は大きく4つに分かれており、本作の主人公レティツィアは内務省所属の国家警察に勤務しています。

ヤーラの両親が行方不明の娘について最初に相談したのは国防省所属の国家憲兵(カラビニエリ)でした。犯人の捜査に奔走するレティツィアは、検察として訴訟するためというタイムリミットを課せられながら、国家憲兵から受けた仕事を引き継いだ形となります。

しかし作中でも描かれていた通り、特定のためには照合するための莫大なデータベースを必要とし、この事件のためのDNA鑑定では集団検診による18000人ものDNAサンプルが収集されました。これにより少女誘拐殺人の捜査は、当時のヨーロッパ史上最も費用がかかる大規模なものとなりました。

近隣住民への聞き込みとひたすらサンプルを集めては照合する、地道な作業の積み重ねが犯人特定に結実する物語は、泥臭い刑事ドラマのようで見応えがあり、再現ドラマがバラエティ用のナレーションを重ねて数十分で描いていた事件の内容を、およそ90分の映画尺にまとめ直した本作独自の作風として捉えることができます。

ノンフィクション作品らしく、事件発生当時の実際のニュース映像や捜索の様子と見れるフッテージが劇中の印象的な場面において挿入され、これによりリアリティと緊張感を煽られる演出として機能していました。

このようなノンフィクション映画としてのアプローチは一貫していて、主人公の検事、レティツィアの視点から事件の捜査模様が描かれます。

レティツィア自身が「母親」という立場なこともあり、被害者と同じく体操に打ち込んでいる自分の娘とを重ね、被害者であるヤーラの無念を晴らすかのように事件に没頭していく展開には非常に説得力がありました。

本作が映画作品として意図的に脚色したのは、主人公レティツィアでした。実際にヤーラ失踪事件を担当したのは、県警察のベテラン刑事モチェリーノだったのです。

つまり本作は事実に即した男性刑事の捜査ではなく、被害者の母親に代わって司法の立場から犯人に報いを受けさせる女性の物語を描いたのです。

男性官僚の多い警察組織が現場の最前線にいるレティツィアに対し抑圧的なのも、脚色したドラマが本作に意図的に盛り込んだ要素でした。

母親であり、検事であるレティツィアはヴィジュアル的にもそのストイックさが演出されており、ホンダのバイクに跨って現場を行き来する姿は、さながら「ミレニアム」シリーズのリスベット・サランデルのような際立ったキャラクター性のようにも感じさせました。

また彼女のストイックさとは犯人の追跡を淡々と行う堅実さとも取れ、『ゼロ・ダーク・サーティ』(2013)のジェシカ・チャスティンのイメージとも重なります。

まとめ


Netflix映画『ヤーラ』

今回はイタリアのNetflix映画『ヤーラ』をご紹介しました。

事実を基にした社会ドラマである本作は主人公の検事が仕事に没頭する姿がメインとして描かれるため、フィルモグラフィにおいて歴史巨篇が多いジョルダーナ監督の中でも特に観やすい現代劇でした。

一度再現ドラマで描かれた事件を映画作品として再構成した本作を観ると、作り手が意図的に盛り込んだ脚色部分に惹かれました。

それは地道な捜査に女性の検事が奔走していること、レティツィア自身も母親であり、被害者の母親マウラと連絡を重ねていくうちに事件に対する並々ならぬ想いが芽生え、犯人に対し終身刑宣告という結果に辿り着くことができました。

ドキュメンタリー作品も多いNetflix配信作品ですから、本作も1話50分で4話構成のリミテッドシリーズとして捜査の様子をじっくり描くことも出来たでしょうし、地味なノンフィクションとして見応えもあったかもしれません。

ですが、事実をドラマとして昇華させた本作には、事件だけではない、事件に触れた作り手個人の衝撃や心情も宿っており、それが現実問題と不可分な関係にある脚色として昇華されていました。

本作で描かれたことの全てが事実ではありませんが、それはそれでベースとなった事件が十分にセンセーショナルであったことを改めて証明したことを意味しています。

【連載コラム】「Netflix映画おすすめ」記事一覧はこちら



関連記事

連載コラム

映画『オール・ディス・パニック』レビュー評価と解説。ジェニー・ゲージ監督が捉える少女たちの素顔|ルーキー映画祭2019@京都みなみ会館2

思春期と成人の間(はざま)を生きる7人の少女たちを追ったドキュメンタリー映画。 2019年8月23日(金)に、装いも新たに復活する映画館、京都みなみ会館。そのリニューアルを記念して、9月6日(金)から …

連載コラム

『第9地区』ネタバレ考察とラスト結末のあらすじ。続編への期待を込めた感想評価でおすすめの内容を解説|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー33

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第33回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

映画『幸福路のチー』あらすじ感想とレビュー評価。台湾の歴史とともに生きるヒントを描く|映画道シカミミ見聞録43

連載コラム「映画道シカミミ見聞録」第43回 こんにちは、森田です。 今回は11月29日に日本で劇場公開された台湾のアニメーション映画『幸福路のチー』を紹介いたします。 東京アニメアワードフェスティバル …

連載コラム

『チェリー・レイン7番地』あらすじと感想レビュー。映画監督ヨン・ファンが反英デモで揺れる香港を甘美な映像で描く【ティーチイン収録】|TIFF2019リポート6

第32回東京国際映画祭・ワールドフォーカス上映作品『チェリー・レイン7番地』 2019年にて32回目を迎える東京国際映画祭。令和初となる本映画祭がついに2019年10月28日(月)に開会され、11月5 …

連載コラム

映画『エスケープルーム』ネタバレあらすじと感想。謎解きゲームには参加者の過去も重要な意味がある⁈|サスペンスの神様の鼓動30

こんにちは!「Cinemarche」のシネマダイバー、金田まこちゃです。 このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。 今回ご紹介する作品は、成功す …

U-NEXT
CINEMA DISCOVERIES【シネマディスカバリーズ】
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学