Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『ゴーストマスク 傷』ネタバレあらすじと感想。口裂け女をモチーフに“姉妹の感情”が入り混じる愛憎劇|サスペンスの神様の鼓動21

  • Writer :
  • 金田まこちゃ

連載コラム『サスペンスの神様の鼓動』第21回

こんにちは、映画ライターの金田まこちゃです。

このコラムでは、毎回サスペンス映画を1本取り上げて、作品の面白さや手法について考察していきます。

今回ご紹介するのは、「口裂け女」をモチーフにした姉妹の愛憎劇『ゴーストマスク 傷』です。

【連載コラム】『サスペンスの神様の鼓動』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『ゴーストマスク 傷』のあらすじ


(C)2018 映画「ゴーストマスク傷」製作委員会
2年前に行方不明となった姉の美樹を探し、韓国に留学してきた寺川美優。

美しい見た目を持つ美優にとって、美樹は初めて自分の容姿を褒めてくれた、大事な存在で大好きな姉でした。

美樹の写真を持ち、ソウルで聞き込みを行う美優でしたが、全く手がかりが見つかりません。

美優が階段に座り途方に暮れていると、男に鞄を盗まれてしまいます。

美優は鞄を盗んだ男を追いかけますが、男に財布を盗まれて鞄を捨てられてしまいます。

捨てられた鞄を拾ったのは、女性美容整形外科医として、世界的に有名なハナでした。

ハナから鞄を受け取った美優は、お礼を言い立ち去りますが、鞄に入っていた絵葉書が落ちてしまい、再びハナが拾います。

次の日、ソウルで美樹の捜索を続けていた美優はハナと再会し、落とした絵葉書を渡されます。

そして、美優はハナに食事に誘われます。

美優は、ハナに韓国には行方不明になった姉の美樹を探しに来た事を説明します。

美優の話にハナは同情し、ハナの自宅に美優は招待されます。

ハナの自宅では、女性のヒョシンが同居していました。

ハナは美優をヒョシンに紹介し、一緒に夕食を食べます。

そこで、ハナに「何故、姉が失踪したのか?」と質問された美優は、辛い過去を思い出します。

美容整形外科医として働いていた美樹は、婚約者の柄澤トシオを美優に紹介します。

美樹は「妹は綺麗だけど、姉はダメなの」と自虐的に紹介しますが、トシオは「美樹ちゃんが一番だよ」と伝えます。

ですが、その日の帰り道には、トシオは美樹よりも美優に夢中になっている様子でした。

その後も、美優につきまとうようになったトシオ。

ですが、美樹は正式にトシオから、プロポーズを受けた事を美優に報告します。

美樹を祝福する美優ですが、トシオは変わらず美優につきまとっていました。

ある日、美優はトシオの車の中で無理やり唇を奪われてしまい、動揺して車から降りた所を、美樹に見られてしまいます。

その日を最後に美樹は失踪しますが、美優は姉から届けられた絵葉書を頼りに、韓国へ探しに来たのでした。

ハナの好意で泊めてもらった美優は、次の日にハナの家を訪ねてきた、ハナとヒョシンの友人のジウンとも仲良くなりますが、ヒョシンは面白くない様子でした。

その日の夜、美優はハナと2人でソウル中心部の屋台が並ぶ市場「広蔵市場」に出かけます。

ですが、自宅でハナの帰りを待っているヒョシンは、苛立ちをつのらせ、何度もハナに電話をします。

遅い時間になり帰宅した美優とハナ。

ですが、ヒョシンは怒りを爆発させ、部屋の奥に閉じこもります。

ヒョシンを追いかけ慰めるハナに、ヒョシンは言います。

「あの娘は、私から全てを奪っていく」

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『ゴーストマスク 傷』ネタバレ・結末の記載がございます。『ゴーストマスク 傷』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

幼い頃に両親が離婚した美樹は、当初は父親が、妹の美優と一緒に引き取る事を望んでいましたが、新しい母親に拒否され、美優だけが引き取られました。

美樹は実母と一緒に暮らしていましたが、実母が自死を選んでしまった事から、父親に引き取られます。

実の妹の美優は喜びましたが、腹違いの妹の紗英には疎まれ、辛く当たられていました。

そんな時に掴んだ、トシオとの幸せ。

ですが、それも美優によって壊されてしまいました。

傷心の美樹は、韓国へ留学しますが、ハナが運転する車に轢かれてしまいます。

恋人を失ったショックから、お酒を飲んだ状態で運転していたハナは、全てを隠ぺいする為に、父が経営する美容整形外科へと美樹を連れていきます。

目覚めた美樹は、傷だらけになり、片方の口が裂けた状態の、醜くなった自分の顔に動揺します。

美樹は望みます「顔も声も変えて別人になりたい」

ハナの「どうなりたい?」という問いかけに、美樹は「あなたに任せる」と答えます。

整形手術が終了し、美樹は新たな容姿に生まれ変わりますが、その姿はハナが失った恋人の女性、ヒョシンでした。

ヒョシンとなった美樹は、ハナの恋人として新たな人生を歩む決意をします。

美優によって、母親と婚約者を奪われたと思っている美樹は、ハナも失う事を恐れますが、ハナは一緒にいる事を誓います。

ソウルで美樹を探す美優は、ジウンから「あなたの姉は、整形しているかもしれない」と聞かされます。

それでも、ソウルを歩き続け美樹を探し続けていた美優は体調不良で倒れ、迎えに来たハナに、ある石を渡されます。

ハナから受け取った石は、美優と美樹の母の形見でした。

ハナが美樹だと考えた美優は、公園にハナを呼び出し「お姉ちゃん」と泣きつきます。

ハナは否定をしますが、美優には聞こえていません。

美優がハナに抱き着いている所を、偶然、ヒョシンの姿となった美樹が目撃します。

「裏切られた」と、その場から走り出す美樹をハナは追いかけます。

自宅に戻り、包丁を片手に泣きわめく美樹を、ハナはなだめます。

「美優を殺せ!」と、泣きわめく美樹をハナは拒否、逆上した美樹はハナに包丁を刺してしまいます。

動揺する美樹の前で、ハナは息絶えてしまいます。

姉だと思っているハナを追いかけて来た美優は、ハナの自宅の玄関で腹違いの妹の紗英の電話を受けます。

「韓国に来た」と話す紗英の電話を、強引に切ろうとした瞬間、美優は美樹によってハナの自宅に引きずり込まれます。

部屋の中にあるハナの死体に驚いた美優は、美樹に気絶させられます。

意識が戻った美優は、体をロープで縛られ、口にテープを貼られ、身動きが取れない状態でした。

目の前には、片方の口が裂けた状態のヒョシンがおり、自分が姉の美樹である事を聞かされます。

そこへ、紗英からの電話があり、美樹は紗英をおびき寄せて、美優をシャワールームに閉じ込めます。

紗英をハナの自宅に呼び出した美樹は、紗英に麻酔を注射して動けなくして、美優をシャワールームから出します。

美優の目の前で、紗英の顔の皮をはぎ取り、最後は首の動脈を切断して紗英の命を奪った美樹は、続いて美優に手を伸ばしますが、そこへジウンが部屋に入ってきます。

ジウンにより美樹は気絶させられ、美優は助けられますが、目を覚ました美樹によりジウンも命を奪われます。

ハナの自宅から脱出し、街中に逃げた美優を、美樹は構わず包丁を振り回しながら追いかけてきます。

「美優の全てを奪う」と叫ぶ美樹は、街中で美優が助けを求めた人達に、次々と包丁を刺していきます。

駆け付けた警官の命も奪った美樹の恐ろしさに、全身の力が抜け逃げる事もできなくなった美優。

ゆっくりと近づく美樹に、美優は「トシオは自分から誘った」事を告白し「大好きなお姉ちゃんを奪われたくなかった」と叫びます。

大好きな姉を、トシオから引き離す為に、2人を破局させる事を考えていた美優。

それを聞いた美樹は、口の中に包丁を入れ、両口を裂けた状態にし「私キレイ?」と美優に問いかけ、拳銃を構える警察官に向かっていきます。

美優は、発砲され力尽きる美樹の姿を目の当たりにします。

数日後のソウルの街中。

そこには、血の付いたマスクをつけて、力なく歩く美優の姿がありました。

サスペンスを構築する要素①「別人になった美樹の行方」


(C)2018 映画「ゴーストマスク傷」製作委員会
日本の有名な都市伝説「口裂け女」をモチーフに、韓国を舞台に物語が展開する本作。

「口裂け女」の都市伝説は諸説ありますが「美容整形の失敗」「交通事故に遭った女性が、顔の手術に失敗した」など、整形に関わる伝説が多く、「美容整形先進国」とも呼ばれる韓国を舞台にしているのは、非常に合っていると感じます。

物語前半の主軸は、2年前に姿を消した姉の美樹を探す、妹の美優を中心に展開します。

前半は美樹を慕う美優の一途な気持ちが切なく、物悲しい展開が続きます。

ですが、本作は「父親に会いに行くも、会う事ができず泣きながら帰る」美樹の思い出や、車の中でお酒を飲みながら、悲しんでいるハナの映像から始まる為、観客は「あのシーンは、どこと繋がるんだ?」と常に疑問を感じ、ストーリーの中に引き込まれていきます。

そして、全てのシーンが繋がった時に、本作の物悲しい雰囲気は一変します。

スポンサーリンク

サスペンスを構築する要素②「二人一役で描く美樹という怪物」


(C)2018 映画「ゴーストマスク傷」製作委員会
前半は美優目線を中心に語られますが、美優の探している姉の美樹が、ヒョシンに姿を変えていると分かった中盤から、物語は美樹の目線となります。

前半では、美優の一途な想いを観客は感じますが、中盤からの美樹目線では、自身の幸せをことごとく破壊してきた邪魔な妹としての一面が見えます。

あくまで美樹目線なので、逆恨みもあるかと思いますが、美優がキッカケとなり、幸せが破壊された美樹の悲惨なその後を、観客は目の当たりにするのです。

美樹は二人一役で演じられており、前半は崎本実弥が、純粋で優しい美樹を演じ、ヒョシンに姿を変えて以降は、広澤草が憎しみに支配された、恐ろしい美樹を演じています。

前半で優しい美樹を見ていた観客は、後半の文字通り別人になった美樹の「話が通じない」様子に恐怖を感じ、そのギャップに絶望すら覚えます。

二人一役で美樹を演じた事が効果的になり、全く把握できない美樹の人間性、変わってしまった事への恐ろしさと狂気に、中盤は引き込まれていきます。

サスペンスを構築する要素③「姉妹の感情が交差する衝撃の展開」


(C)2019「見えない目撃者」フィルムパートナーズ (C)MoonWatcher and N.E.W.
本作の終盤で、美優への嫉妬に狂った美樹は、自らの口に刃物を入れ「口裂け女」となり、怪物となってしまいます。

クライマックスは、美樹が無差別に包丁を振り回す、衝撃的な展開となっていますが、ここで描かれているのは姉妹の感情、美優の姉への愛と、美樹の増幅する憎しみです。

美優にとって、一番大切で失いたくないのは姉でした。

ですが、それを知った美樹は、自身の命を奪う形で、美優への復讐を果たします。

悲しい結末ですが、姉妹の感情は、最後まで交わる事は無かったのでしょうか?

本作の序盤で、ハナが美優を自宅に招くまでの流れが急なように感じます。

もしかすると、美優が自分を探している事を知った美樹が、ハナに連れてくるように頼んだのではないでしょうか?

だとすると、美樹は最初から美優への復讐心を持っていたのでしょうか?

「口裂け女」の都市伝説には、姉妹に関する話も存在しており、妬んでも恨んでも、切り離す事ができない姉妹の残酷さを感じます。

本作は肉親だからこその、一言では言い表せない、繊細な感情も描いた作品となっています。

スポンサーリンク

映画『ゴーストマスク 傷』まとめ


(C)2018 映画「ゴーストマスク傷」製作委員会

本作では、美樹は徹底的に悲しい存在として描かれています。

幼い頃に両親が離婚し、新しい母親に引き取る事を拒否され、実の母親を失って以降、腹違いの妹の紗英に疎まれながら生きてきました。

そんな美樹が、トシオからプロポーズをされ、婚約指輪を送られて、嬉しそうにしているシーンが、本作で唯一、美樹が喜びの感情を出しているシーンではないでしょうか。

そんな幸せも、美優には「姉が取られてしまう」と危機感を与えただけで、祝福された事ではありませんでした。

そして、韓国に渡りハナと出会い、ヒョシンとして生きていた間も、ハナが愛したのはヒョシンであり、美樹ではない為、美樹は自分を消し去る事でしか、幸せを掴めなかったのです。

もはや美樹は入れ物のような存在で、ハナが亡くなり、ヒョシンとして存在する意味が無くなった事で、狂気と憎しみが交わり新たに生まれたのが「口裂け女」としての美樹だったのです。

美容整形は新たな自分に生まれ変わり、自信を持つ良い切っ掛けとなると思いますが、度が過ぎてしまい、自分を見失ってしまう事の恐怖を考えさせられます。

次回のサスペンスの神様の鼓動は…


(C)2018 CINEGURU KIDARIENT & YONG FILM. All Rights Reserved.
正体不明の麻薬王を探る、麻薬捜査官の決死の潜入を描いた、韓国の犯罪サスペンス『毒戦 BELIEVER』をご紹介します。

関連記事

連載コラム

【ネタバレ感想】シークレット・チルドレン 禁じられた力|ティモシー・シャラメ主演のSF青春スリラー|未体験ゾーンの映画たち2019見破録22

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第22回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」では、珍作・怪作から見逃すには惜しい佳作まで …

連載コラム

映画『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』感想レビューと評価。レクター博士とは対照的な“ぶざまな”殺人鬼|メランコリックに溺れたい4

連載コラム「メランコリックに溺れたい」第4回『屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ』 前回の連載コラムで取り上げた、テッド・バンディに続いて、実在した連続殺人犯の物語です。 1970年代のドイツを舞台にした …

連載コラム

映画『カイジ 動物世界』あらすじネタバレと感想。ギャンブル漫画は中国でいかなる進化をとげたのか|未体験ゾーンの映画たち2019見破録19

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第20回 1月よりヒューマントラストシネマ渋谷で始まった“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」にて、ジャンル・国籍を問わない貴重な58本 …

連載コラム

洋画ホラー映画歴代おすすめベストランキング5選!ドラキュラから怪物・人造人間まで《1950年以前編》|増田健ホラーセレクション1

おすすめの1950年代以前のホラー映画5選。 怪奇を映像で表現する試行錯誤の試みと怪奇スター映画の時代が1950年代以前にありました。それは映画誕生と共に生まれ、人々を楽しませてきたのがホラー映画とい …

連載コラム

映画『ザ・キッチン』キャスト【メリッサマッカーシー×エリザベスモス×ハディッシュのインタビュー】FILMINK-vol.22

FILMINK-vol.22「McCarthy, Haddish and Moss: Out of The Kitchen」 オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Ci …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』TOHOシネマズ シャンテほか近日公開予定
映画『朝が来る』TOHOシネマズ 日比谷ほか近日公開予定
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP