Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/05/22
Update

韓国映画『神と共に 第一章:罪と罰』あらすじ解説と考察。死後の世界の「仏教的宗教観」の楽しみ方とは|SF恐怖映画という名の観覧車50

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile050

ゾンビ映画の定番や基礎を丁寧に踏襲しつつ、移動する密室と言う斬新な設定を活かしきった韓国映画『新感染 ファイナル・エクスプレス』(2017)。

そんな全世界で大ヒットした『新感染 ファイナル・エクスプレス』の興行成績を上回る韓国映画が今年、遂に日本に上陸します。

今回は仏教の死生観を分かりやすく描いた韓国産ファンタジー映画『神と共に 第一章 罪と罰』(2019)を、「宗教観」に視点を当てご紹介していこうと思います。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『神と共に 第一章 罪と罰』の作品情報


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

【日本公開】
2019年

【原題】
Along with the Gods: The Two Worlds

【監督】
キム・ヨンファ

【キャスト】
チャ・テヒョン、ハ・ジョンウ、チュ・ジフン、キム・ヒャンギ、イ・ジョンジェ、D.O.、キム・ドンウク

映画『神と共に 第一章 罪と罰』のあらすじ


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

正義感が強く、誰よりも勤勉に生きてきた消防士のジャホン(チャ・テヒョン)はある日、火災現場から少女を助け命を落とします。

お金に困る母と弟を残しこの世を去ってしまったことを受け入れられないジャホンのもとに、冥界からの使者ヘウォンメク(チュ・ジフン)とドクチュン(キム・ヒャンギ)が現れます。

彼等は、尊き行いで死亡したジャホンを「貴人」として迎え、これからジャホンが迎えることになる7つの裁判でジャホンの弁護を担当すると語りますが…。

スポンサーリンク

「輪廻転生」と「死後の世界」


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

主人公の死から始まる本作は「仏教」の宗教観が色濃く出た作品であり、物語も「仏教」の世界観に準じて進んでいきます。

しかし、宗教観の濃い映画にありがちな「分かりにくさ」や「宗教の押し売り」のような雰囲気は一切なく、あくまでもエンターテインメント作品として分かりやすく楽しめる作品となっていました。

この項では、本作の基盤とも言える仏教の中から「輪廻転生」と「死後の世界」を、他作品の紹介を交えながら詳しく解説していきます。

仏教における「輪廻転生」


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

人は死後どうなるのか。

この問いは生前には誰も答えに到達に到達することのない、究極の問いであると言われています。

仏教においては、全ての生命は死後に生前の行いに沿った生命に転生すると考えられており、全ての生命の意思は循環しているとされています。

『神と共に 第一章 罪と罰』の主人公ジャホンが受けることになる7つの裁判は、この「転生先」を決めるための裁判であり、生前に犯した罪によってその転生先は「地獄」にもなりえます。

では、私たちは人生の中でどう生きていけば良いのでしょうか。

例えば、坂本龍一が音楽を手掛け、キアヌ・リーヴスが釈迦を演じた『リトル・ブッダ』(1993)では仏教における「宗教観」及び「輪廻転生」が詳しく描かれ、「どう生きるべきなのか」の「仏教的答え」を垣間見ることが出来ます。

「死後の世界」を描いた作品


(C)2018 Disney/Pixar. All Rights Reserved.

仏教の宗教観においては「輪廻転生」の考えがあり、いかなる人間においても生前の行為によって転生するため、その先が「地獄」であってもそれは次の人生であり、正確に言えば「死後の世界」は存在しません。

強いて言えば、『神と共に』で描かれる7回に渡る「裁判」を受ける場所こそが「死後の世界」と言えるものであり、本作ではファンタジーチックに描かれながらも仏教的な「死後の世界」がおとぎ話のように楽しむことが出来ます。

このように宗教における「死後の世界」は様々な映画で描かれており、映画を鑑賞するだけでその宗教のことを少し知ることが出来るのも映画鑑賞の楽しみの一つと言えます。

ピクサーの長編アニメ『リメンバー・ミー』(2018)ではメキシコにおける「死後の世界」、そして先日続編の製作が示唆されたキアヌ・リーヴス主演映画『コンスタンティン』(2005)ではキリスト教における「死後の世界」が描かれ、宗教ごとに全く異なる世界観に歴史の面白味を感じます。

裁判×ファンタジー×ヒューマンドラマの織り成す魅力


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

他人を守るために死亡したジャホンの「転生」を巡り、「死後の世界」で行われる7つの裁判を描いた本作。

仏教における裁判は非常に厳しく、他の生物に対する殺生はおろか、他人に対し「嘘」をついた過去すら咎められ「地獄」に落ちてしまうことがあります。

「地獄」に落ちても再び転生の機会は与えられるのですが、前述の通り裁判は非常に厳しく、全くのお咎め無しで転生することは困難を極めます。

それは、誰よりも勤勉に生きてきたジャホンでもあっても同じことで、他者を慈しみ率先して厄介ごとを引き受けてきた彼であっても、「とある過去の過ち」が彼の道を暗くしていきます。

何としても有罪を勝ち取りたい検察側と、ジャホンを無罪とし良い転生を迎えられるように導こうとする使者のカンニムたち弁護団。

そんな宗教観を交えたファンタジー法廷劇としての面白さもさることながら、徐々に明かされる主人公ジャホンの「葛藤」や「想い」と言ったヒューマンドラマ要素も強く、死後の後悔を減らすため生前に成すべきことについて考えたくなります。

スポンサーリンク

まとめ


(C)2019 LOTTE ENTERTAINMENT & DEXTER STUDIOS All Rights Reserved.

本作の後編に当たる『神と共に 第二章 因と縁』(2019)は、「仏教」の教えの1つである「因果論」を想わせる邦題。

『新感染 ファイナル・エクスプレス』で印象的な役を演じたマ・ドンソクの登場も確定しており、活躍に期待が高まります。

日本の文化としても根強く残る「仏教」の世界。

そんな仏教の宗教観を軽く知ると言った面でも、純粋にエンターテインメント作品としての楽しむと言った面でも、双方でオススメ出来る本作。

前編に当たる『神と共に 第一章 罪と罰』は5月24日より全国劇場で公開されます。

大迫力で描かれる「死後の世界」をぜひ大スクリーンで楽しんでください。

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile051では、NETFLIXが放つ「〇〇したら即死」系映画最新作『ザ・サイレンス 闇のハンター』(2019)をネタバレあらすじを交えご紹介させていただきます。

5月29日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

映画『祖谷物語 おくのひと』あらすじと感想。解説はロケ撮影で四季を描く『楢山節考』との比較|映画道シカミミ見聞録24

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第24回 こんにちは、森田です。 2018年12月14日、吉祥寺パルコ地下2階に全5スクリーンの複合型ミニシアター「アップリンク吉祥寺」がオープンします。 これまで「 …

連載コラム

【VSスターウォーズ】日本SF映画『惑星大戦争』×元ネタ『海底軍艦』の感想比較|おすすめ新作・名作見比べてみた2

連載コラム『おすすめ新作・名作見比べてみた』第2回 公開中の新作映画から過去の名作まで、様々な映画を2本取り上げ見比べて行く連載コラム“おすすめ新作・名作を見比べてみた”。 第2回のテーマは「スター・ …

連載コラム

映画『ベトナムを懐う』あらすじと感想レビュー。父親が胸に秘めた異国から故郷への想い|銀幕の月光遊戯25

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第25回 異国でおもう故郷は何故こんなにも遠い…。 初演以来、上映回数1000回を超える舞台作品を、『超人X.』(2014)、『輝ける日々に』(20018)のグエン・クワン …

連載コラム

おすすめSF映画『TOKYO TELEPATH 2020』感想評価と考察解説。東京オリンピックを控えた”今”を映し出す|SF恐怖映画という名の観覧車120

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile120 2018年10月6日に世界最大の魚市場であった築地市場が幕を降ろし、市場は豊洲へと移転。 古い町並みを長年残し続ける地方とは異なり、世界 …

連載コラム

映画『とっととくたばれ』あらすじと感想考察。ロシアン・スプラッタスリラーはコミカルかつゴア表現がてんこ盛り!【シッチェス映画祭2020】|SF恐怖映画という名の観覧車123

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile123 「ドラゴンボール」シリーズのピッコロ役や「機動警察パトレイバー」シリーズでの篠原遊馬役の声優として広く知られるレジェンド声優古川登志夫。 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学