Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/06/12
Update

映画『シンク・オア・スイム 』マチュー・アマルリックのインタビュー【沈むそして泳ぐ】FILMINK-vol.13

  • Writer :
  • FILMINK

FILMINK-vol.13 Mathieu Amalric: Sinking and Swimming

オーストラリアの映画サイト「FILMINK」が配信したコンテンツから「Cinemarche」が連携して海外の映画情報をお届けいたします。


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

「FILMINK」から連載13弾としてピックアップしたのは、本国フランスで動員400万人突破の大ヒットを記録し2019年セザール賞において最多10部門ノミネート(助演男優賞受賞)を果たしたコメディ映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』の主演を務めたマチュー・アマルリックです。

【連載レビュー】『FILMINK:list』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

人生は映画を作ることにある


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

監督としても活躍するフランスの不思議な名優マチュー・アマルリックは、ジル・ルルーシュ監督の新作コメディ『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』に出演しています。

「私は映画の世界に初めはカメラの後ろの人間、技術スタッフとして入りました。アルノー・デプレシャンが私を俳優の道へ誘ったのですが、その時、既に30歳でした」

アシスタント・ディレクターとしてキャリアをスタートさせ、アルノー・デプレシャンの映画『そして僕は恋をする』(1996)で脚光を浴びたマチュー・アマルリックは語ります。

「私の人生は映画を作ることにあります。それが抗いがたい魅力を持っている時には、俳優としても参加します。生きていくために演技をすることはありません」

正反対にいるジル・ルルーシュとの協業


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

そんな彼の最新作はジル・ルルーシュ監督作品、2019年Alliance Française French Film Festivalで初公開された『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』です。アマルリックによれば、彼が出演を決めたのはルルーシュとの友情に起因するのだとか。

「我々はリュック・ベッソン監督の『アデル/ファラオと復活の秘薬』(2010)で俳優として共演し、友人になりました。私たちは正反対の人間なんです。二人とも映画界の異なる分野からやってきました。ですから映画がうまくいく理由ではありません…。だからこそ私は彼のトーンを知り、混じり合ってみたいと思ったのです」

アマルリックは芸術性の高い作品に関わる俳優、映画製作者として見なされ評価されていますが、反してルルーシュは商業的な映画人として認識されています。

「最初に、私は感動しました。そしてジル(ルルーシュ監督)に言ったんです。脚本を読む必要はないよ、とにかく私は参加するって。いつ制作を開始するかと尋ねたらジルは10月と答えました。でも私はその時、自分の映画に取り掛からなければならなかったんです。」

アマルリックは当時『バルバラ 〜セーヌの黒いバラ〜』(2017)の製作途中でした。

「そうしたらジルは、君を待つと言ってくれたんです。彼は7ヶ月私を待ってくれました。今思えばなかなかクレイジーなスケジュールなのですが、私は日中『バルバラ』の撮影をし、夜間に『シンク・オア・スイム』に参加しました。私はこの映画『シンク・オア・スイム』の精神の一部は『バルバラ』の編集が影響していると思います」

スポンサーリンク

メダルなんかは実生活にはない


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』は中年男性たち(ギヨーム・カネ、ブノワ・ポールヴールド、ジャン=ユーグ・アングラードとフランスを代表する俳優、映画監督、コメディアンたちが自らの意思で参加しています)が地元のプールでシンクロナイズド・スイミングのチームを結成するというストーリーです。

「ジルは分別がないような地域社会での物語について考えていました。ジルはアルコール中毒者の役を演じた時にアルコール依存者たちのもとに行き、そこで彼らのあまりの開放的な様子に驚いたそうです。私はその経験が彼に人間性を信じさせたのではないかと思っています。

しかし『シンク・オア・スイム』にあるのは尊敬、友情、愛といった、美を見出すことのできるコミュニティです。もちろん、登場人物たちの試みは嘲笑されるようなものでしょう。ですが私はとても感動的なことだと思います。

私は様々なトーンや色を混ぜ合わせたようなジルのスタイルが好きなんです。コメディでもドラマでもなく、少し苦くてしょっぱい人生の喜びがこの映画にはあります。思うように人生でやり遂げられなかったこと、思い残したことがある人は、年を重ねるごとにただただ心が乾いていってしまう場合もあります。自身の問題を振り返ってみても、体はとにかく衰える一方です。

それでも私たちが映画業界というコミュニティで好きで働く理由もあります。なぜ彼らは物事に挑戦しようとし、続けようとするのか?その問いが映画の一部だからです。しかしメダルなんかは実生活にありません。テレビの中にも、紙の上にもない。でも私たちは皆メダルを必要としています。それは精神的な輝きを持つメダルです。私はそれを描くジルの人間性が大好きなんです」

人が愛するものは暗くて美しい


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

アマルリックと話をした時、彼はロマン・ポランスキーの新作『J’accuse』の撮影に参加しようとしていました。アマルリックは以前にも『毛皮のヴィーナス』(2013)でポランスキー監督の作品に出演しています。過去の不祥事が今も取り上げられている監督と仕事を共にすることについてどう考えているのでしょうか?

「私たちは今、人は変わることができるのか否かを問う時期にいます。どうやって罪を償うか、あなたはいったい誰か、あなたはどうやってあなた自身になったか。ひょっとすると私たちは変化しないかもしれません。しかし罪は償わなければならないし、被害者に対して何をするのかも問われます。これは非常に大きな問い掛けです。

もちろん私はポランスキー監督と仕事をしますし、したいです。ジルの映画も道徳的完全性は存在しないということを描いています。そして人が愛するものは暗くて美しいのです。私だってあまり道徳的じゃない。人間の狂気の大きさ、広さによく驚かされるものです」

FILMINK【Mathieu Amalric: Sinking and Swimming

英文記事/James Mottram
翻訳/Moeka Kotaki
監修/Akira Okubo(Cinemarche)
英文記事所有/Dov Kornits(FilmInk)www.filmink.com.au

本記事はオーストラリアにある出版社「FILMINK」のサイト掲載された英文記事を、Cinemarcheが翻訳掲載の権利を契約し、再構成したものです。本記事の無断使用や転写は一切禁止です。

スポンサーリンク

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』の作品情報

【日本公開日】
2019年7月12日(フランス映画)

【原題】
Le grand bain

【監督】
ジル・ルルーシュ

【キャスト】
マチュー・アマルリック、ギョーム・カネ、ブノワ・ポールブールド、ジャン=ユーグ・アングラード、フィリップ・カトリーヌ、ビルジニー・エフィラ、レイラ・ベクティ、マリナ・フォイス、フェリックス・モアティ、アルバン・イワノフ、バラシンガム・タミルチェルバン

【作品概要】
本国フランスで動員400万人突破の大ヒットを記録し、2019年セザール賞において最多10部門ノミネート(助演男優賞受賞)を果たした本作。

人生の折り返し地点を過ぎ、家庭、仕事、将来、etc…で生き悩む8人のおじさんたちが、プールを舞台にイチかバチかの再起に挑む姿を描いたヒューマンドラマです。

実際にスウェーデンに存在する男子シンクロナイズド・スイミングチームをモデルに、俳優としても活躍するジル・ルルーシュが初の単独監督を務めました。

キャストは『バルバラ セーヌの黒いバラ』(2018)、『潜水服は蝶の夢を見る』(2007)のマチュー・アマルリック、『ザ・ビーチ』(2000)のギョーム・カネ、『チャップリンからの贈り物』(2015)のブノワ・ポールヴールド、『ベティ・ブルー/愛と激情の日々』(1986)のジャン=ユーグ・アングラードなど名俳優陣が揃います。

映画『シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢』のあらすじ


(C)2018 -Tresor Films-Chi-Fou-Mi Productions-Cool industrie-Studiocanal-Tf1 Films Production-Artemis Productions

2年前からうつ病を患い、会社を退職して引きこもりがちな生活を送っているベルトラン(マチュー・アマルリック)。

子供たちからは軽蔑され、義姉夫婦からも嫌味を言われる日々をどうにかしたいと思っていたある日、地元の公営プールで「男子シンクロナイズド・スイミング」のメンバー募集を目にします。

途端に惹きつけられたベルトランはチーム入りを決意しますが、そのメンバーは、妻と母親に捨てられた怒りっぽいロラン(ギョーム・カネ)、事業に失敗し自己嫌悪に陥るマルキュス(ブノワ・ポールヴールド)、内気で女性経験のないティエリー(フィリップ・カトリーヌ)、ミュージシャンになる夢を捨てられないシモン(ジャン=ユーグ・アングラード)など皆、家庭・仕事・将来になにかしらの不安を抱え、ミッドライフ・クライシス真っただ中の悩めるおじさん集団でした。

元シンクロ選手のコーチ、デルフィーヌ(ヴィルジニー・エフィラ)のもと、あらゆるトラブルに見舞われながらもトレーニングに励むおじさんたち。

そして無謀にも、世界選手権で金メダルを目指すことになりますが…。

【連載レビュー】『FILMINK:list』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

潜水艦映画『Uボート235潜水艦強奪作戦』あらすじネタバレと感想。ハズレなしの冒険海洋アクション活劇をベルギー製として描く|未体験ゾーンの映画たち2020見破録34

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」第34回 「未体験ゾーンの映画たち2020見破録」の第34回で紹介するのは、第2次世界大戦下の大西洋を舞台にした戦争映画『Uボート:235 潜水艦強奪 …

連載コラム

新海誠『天気の子』予報②から「100パーセントの晴れ女」を解説|新海誠から考える令和の想像力4

連載コラム「新海誠から考える令和の想像力」第5回 7月19日に公開を控える『天気の子』予告編の第2弾が、5月28日に公開されました。 ここであらためて、既出の情報もふくめて、「きみとぼく」の関係を整理 …

連載コラム

『SUNNY強い気持ち・強い愛』感想と考察。女子高生の時代背景を読む|映画道シカミミ見聞録13

連作コラム「映画道シカミミ見聞録」第13回 (C)2018「SUNNY」製作委員会 こんにちは、森田です。安室奈美恵さんが来る9月16日をもって芸能界を引退します。 彼女の軌跡をふりかえるに今もっとも …

連載コラム

映画『息子のままで、女子になる』感想評価とレビュー。サリー楓に密着したLGBTドキュメンタリーは“You decide.”の言葉が意味を解く|映画という星空を知るひとよ65

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第65回 新世代のトランスジェンダーのアイコンとして注目されるサリー楓。男性として生まれた楓が、“女性”として踏み出した瞬間を追ったドキュメンタリー映画『息子の …

連載コラム

映画『カラガラ』あらすじ感想と評価解説。森田博之監督が震災で被災した人々の生き方を問う意欲作|インディーズ映画発見伝4

連載コラム「インディーズ映画発見伝」第4回 日本のインディペンデント映画をメインに、厳選された質の高い映画をCinemarcheのシネマダイバー菅浪瑛子が厳選する連載コラム「インディーズ映画発見伝」第 …

U-NEXT
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学