Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

映画『インザトールグラス』ネタバレ感想と考察解説。ラストまで草むら迷路と黒い岩の正体を深掘りする|SF恐怖映画という名の観覧車129

  • Writer :
  • 糸魚川悟

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile129

サスペンス映画でもホラー映画でも、人に襲い掛かるものが「理不尽」であればあるほど人は恐怖を覚えます。

「なぜ」「どうして」が無いからこそ覚える圧倒的な恐怖。

今回は、理不尽すぎる草の迷宮に迷い込んだ人々の恐怖を描いたNetfli映画『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』(2019)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

Netfli映画『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』の作品情報


Netfli映画『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』

【原題】
In the Tall Grass

【配信】
2019年(Netflix限定配信)

【監督】
ヴィンチェンゾ・ナタリ

【キャスト】
ハリソン・ギルバートソン、ライズラ・デ・オリヴェイラ、エイヴリー・ホワイテッド、ウィル・ビュイエ・Jr、レイチェル・ウィルソン、パトリック・ウィルソン

【作品概要】
『スタンド・バイ・ミー』(1987)や『グリーンマイル』(2000)など様々な名作映画の原作を執筆したスティーヴン・キングとその息子のジョー・ヒルによる短編小説を映像化した作品。

『ウォッチメン』(2009)でスーパーヒーローのナイトオウルII世を演じたパトリック・ウィルソンが出演しました。

映画『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』のあらすじとネタバレ

人の背丈以上もある広大な草むらが続くカンザス州の道を車で走るカルと妹のベッキー。

ベッキーは相手方の認知を得ることの出来ない妊娠をしており、つわりの吐き気によって路肩に停めた車の外へ吐いてしまいます。

ベッキーの容態が落ち着くと、草むらの中から少年の「助けて」と叫び声が聞こえます。

トービンと名乗る少年は草むらの中で迷ってしまったと言い、近くには母親もいる様子でしたが2人とも草むらから出ることが出来ないようでした。

ベッキーとカルは車を近場の教会に停め、トービンを助けるために草むらに入っていくことにします。

別々の場所から草むらに入ったカルとベッキー。

ベッキーは草むらの異常性をすぐに感じ、911に電話を掛けますがすぐに切れてしまいます。

2人は声を掛け合いお互いの位置を確認しようとしますが、声を上げる度に声のする方向が変わります。

カルとベッキーは同時にジャンプをし位置を確かめますが、その場から動かずもう一度ジャンプするとお互いの位置そのものが変わっていることに気づきます。

外への脱出方法も分からないまま夜になると、ベッキーは草むらの中から現れたロスと言う男に出会います。

ロスはトービンの父であり、行方不明になったトービンと妻のナタリーを探すため草むらに入ったと言い、ベッキーをカルの場所まで連れていくと言います。

しかし、大量の薬瓶と血の付いた髪の毛に気を取られている間にベッキーの前からロスは姿を消していました。

一方、深夜になり途方に暮れるカルはトービンと出会います。

トービンも助けを求める声に誘われこの草むらに入りかなりの時間が経っていると言い、草むらは生きている動物を動かすことは出来るが死体は動かせないとカラスの死体をその場に置きます。

説明もしていないのにカルが探しているのが「妹」のベッキーであると見抜いていたトービンを不審に思ったカルがそのことを聞くと、トービンは黒い岩が教えてくれたと言いカルをその岩の場所まで連れていくことにします。

開けた場所にある黒い岩を目にしたカルは、トービンに「岩に触れてみて」と言われ岩に近づくとそこからは奇妙な声がしていることに気づきます。

カルが岩に手を触れようと時、遠くからベッキーが叫ぶ声が聞こえトービンが「間に合わなかった」と言うと、カルは声の聞こえる方向へ走っていきました。

行方不明になったベッキーを探すためカンザス州の道を走るトラビスは、「救世主黒い岩の教会」と書かれた教会にベッキーの兄カルの車が停まっていることに気づきます。

長年放置されたような車の近くにベッキーの愛読書が落ちており、トラビスは何かを感じ草むらへと入っていきます。

草むらの中では日の位置が目まぐるしく変わり、トラビスはその異常性にすぐ気が付きます。

その後、トービンに出会ったトラビスはトービンが自身のことを知ってるかのように話しかけてくることに違和感を覚えますが、彼にベッキーのことを訪ねます。

トービンの案内の先にベッキーの死体を見つけたトラビスは失意に暮れその場に伏せます。

気が付くと朝になっており、トービンの姿の無いことに気づいたトラビスは草むらの外から声がすることに気づき助けを求めます。

ロスとナタリー、そしてトービンは休日にカンザス州の道を走っていました。

ロスの仕事の電話で教会に車を停めていると犬のフレディが草むらに入ってしまいます。

フレディを追いかけ草むらに入るトービンを追い、ロスとナタリーも草むらに入っていきます。

話し声から草むらの外に居たのが過去のトービンたちであることに気づいたトラビスは、草むらに入ることを必死に止めようとしますが3人の家族は既に草むらに入ってしまっていました。

ロスは妻と子供と離れ離れになり苛立ちを募らせると、黒い岩のある開けた場所に出ます。

次の朝になり、草むらに入ったばかりのトービンは外の人間に助けを求めます。

それはカルとベッキーであり2人はトービンの声に導かれ草むらの中へと入っていきます。

2人の声を聴いたトラビスはベッキーが草むらの中にいることを知ると2人に声を掛けます。

トービンが犬のフレディが何者かに殺され叫んでいる声を聴いたトラビスは「死体は動かせない」と言う草むらのルールを利用し、全員にトービンの位置に来るように言います。

トラビスの狙い通り、トービンの声の位置は変わることがなくトラビス、トービン、カル、ベッキーは合流することに成功。

カルとベッキーは、2人を追って数ヶ月後に草むらに入ったと言うトラビスを不審に思いますが共に草むらからの脱出を目指します。

脱出方法の当てがないため、トラビスはトービンを肩車し教会の見える方向に歩いていくことします。

歩いている最中に何者からか電話があり、女性の声で「カルがトラビスを殺そうとするのを止めないとまた失敗してしまう」と忠告がありました。

しばらく草むらを歩くと、妊娠による肉体的疲労が重なりベッキーがその場に倒れてしまいます。

そこに草むらからロスが現れ、心臓マッサージをしたことでベッキーは息を吹き返します。

ロスは一度草むらから出ることに成功していると話すと全員を引き連れ歩き始めました。

ロスは黒い岩の地点に案内すると、この場所がアメリカの中心地であり、この岩は人類よりも前にこの場所に存在したと話し始めます。

ベッキーが脱出路はどこにあるかと問うと、ロスは岩に触れてみるように言います。

岩に興味をひかれたカルが触れようとした時、その場にトービンの母でありロスの妻ナタリーが現れます。

以下、赤文字・ピンク背景のエリアには『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』のネタバレ・結末の記載がございます。『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』をまだご覧になっていない方、ストーリーのラストを知りたくない方はご注意ください。

スポンサーリンク

トラビスと同じくベッキーの死体を見たことがあると言うナタリーは「ロスの言うことを信じてはいけない」と言い、その言葉を聞いたロスは豹変し始めます。

ロスは岩に触れたことでこの世のことをすべて理解したと言い全員を岩に触れさせようと勧誘します。

しかし、ロスの様子に異常さを感じたトラビスがロスに体当たりをし全員を逃がそうとします。

ロスはトラビスを簡単にいなすと、どうせ草に戻るだけだと言いながらナタリーの頭を潰し殺害し、逃げるベッキー達を追います。

草むらを逃げる最中に死んでいたはずの犬のフレディが現れ、そのまま草むらを抜けたベッキー達は近場の建物の屋上に逃げ込みます。

妹を家族として愛するカルは、バンドマンとして定職についていないトラビスのことを快く思っておらず、トラビスが子供の堕胎をベッキーに命じた際から殺意すら覚えていました。

ベッキーは産まれた子供を幸せにする自身が無く、子供を里親に出すために車でサンディエゴに向かっていたのです。

カルは屋上で偵察を続けるうちに屋上の淵からバランスを崩したトラビスの手を一度は掴みますが、その手を離し落下させます。

ロスが屋上に上がる音を聞き、ベッキーとカル、そしてトービンは建物から急いで離れますが、カルがトラビスを落としたことを察したベッキーは不信感からカルから離れます。

カルは草むらで一人になったところをロスに追いつかれ首を絞められます。

カルが横を見るとそこにはカルの死体がいくつも並んでいました。

カルを殺したロスは次にベッキーに狙いを定めますが、ベッキーは落ちていたハサミでロスの目を刺し逃走。

しかし、突如草むらから現れた頭部が草で出来た男たちによって岩の場所まで連れていかれます。

気が付くと男たちはいなくなっており、ベッキーは急いで電話をかけると「カルがトラビスを殺そうとするのを止めないとまた失敗してしまう」と忠告。

直後に陣痛が始まり、苦しみ始めるベッキーは岩の周囲の地面が裂け、張り巡らされた人間のような形をした岩の根が自身の子供を欲していることを悟ります。

絶叫しながらも気を失ったベッキーは朦朧とする意識の中で子供を産んだことに気づきます。

カルのような人物がベッキーに水を飲ませ、何かを食べさせベッキーを看護します。

しかし、その男はロスであり、ベッキーに食べさせていたものはベッキーが産んだばかりの子供でした。

建物から落ちた衝撃で意識を失っていたトラビスはベッキーを追い岩の地点に辿り着き、トービンの岩の近くへとたどり着きます。

岩に触れない人間を殺そうとするロスを草を首に巻き付け窒息死させたトラビスでしたが自身も重傷を負ってしまいます。

意を決したトラビスは草むらから出られなくなると言うトービンの制止を振り払い岩に触れます。

岩の根が自身の中に入ってくるような感覚に包まれたトラビスは我に返ると、ベッキーを背負いトービンに「ついてこい」と言います。

草むらの中でトラビスはトービンに「俺はここから出ないが、君とベッキーはここに居てはいけない」と言うと、続けてトービンに「誰も草むらに入れさせるな」と言います。

トービンは気が付くと何もない部屋の中に居ました。

内側からかかっていた鍵を開け部屋の外に出るとそこは「救世主黒い岩の教会」の一室であることが分かります。

教会を出たトービンはまさに今草むらに入ろうとしているカルとベッキーを目にします。

トービンは2人に草むらに入ると2度と出れなくなると制止。

ボロボロのトービンの姿を見た2人はトービンがトラビスより渡されたベッキーのアクセサリーを見て、トービンの言っていることが事実だと感じます。

トービンを車に乗せ、その場を離れることにしたベッキーはサンディエゴの夫婦にお腹の子供を養子に出すことをやめ自身で育てることにし、トービンを来た道を戻った場所の警察署に送ることにしました。

草むらの中でその様子を聞いたトラビスは草むらの中に倒れ込み、草むらはトラビスを包み込みました。

スポンサーリンク

Netfli映画『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』の感想と評価


Netfli映画『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』

一度踏み入れたら出ることの出来ない恐怖の草むらを描いた映画『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』。

草むらの内部は、生きている人間の位置を高い頻度で移動させるため自分の位置を把握することは困難であり、迷い込んだ人間同士ですら合流することが難しい最上級の難易度の迷宮。

さらに草むらが移動させるのは人間の場所だけでなく時間軸すらも移動させるため、死んだはずの人間が目の前に現れたりと物事の理解まで阻害します。

意志を持ち生きている草には目印もかき消され、常に迷宮の手玉となり続ける恐怖。

そして相手が「草」である故に「なぜ」「どうして」の一切通用しない「理不尽さ」が本作の恐怖度をより一層深めていました。

謎に包まれた「黒い岩」の正体とは?

本作で最重要と言える「黒い岩」の存在。

草むらを作り出し、登場人物全員を恐怖と狂気の渦に巻き込んだ黒い岩ですが、作中ではその正体がはっきりとは明かされません。

アメリカの中心地に存在する黒い岩は登場人物の発言から人間の文明の誕生よりも前に存在することが分かり、国の創造すら岩の行いであることをほのめかします。

「岩に触れることで知識を得る」と言う設定は映画化もされたSF小説「2001年宇宙の旅」に登場する「モノリス」を想起させます。

作中のロスがそうであるように岩に触れた人間は草むらからの脱出方法も知ることができます。

つまり草むらの外にある「救世主黒い岩の教会」は岩に触れた人間が建てたとも考えられ、岩に触れた人間は草むらの外にいて人類の平均知能を押し上げているのか、それともロスのように狂気に堕ちてしまっているのか。

草むらに取り込んだ人間に「知識を得るか」「野垂れ死ぬか」を選択させる黒い岩。

様々な考察を可能にする黒い岩の正体を、ぜひ皆さんも考察してみてください。

まとめ

本作では作品のメインとなる「草むら」の質感にこだわるため、CGを極力使わずに本物の草むらで撮影されました。

そのため撮影現場では1メートル前の人間を見失うことも多く、撮影スタッフたちが現場で迷子になる事例が頻発。

「黒い岩」の奇妙な力が無くとも、背丈ほどの草が生い茂るだけで人間の得ることが出来る視覚と聴覚の情報が簡単に遮断されてしまうことが分かります。

恩恵を多く与えてくれる存在でありながら時に「理不尽」に襲いかかる「自然」と言う人類の隣人。

その理不尽な恐怖を徹底的に、そして圧迫感たっぷりに描いた映画『イン・ザ・トール・グラス -狂気の迷路-』です。

スポンサーリンク

次回の「SF恐怖映画という名の観覧車」は…

いかがでしたか。

次回のprofile130では、北欧神話をベースとしたイギリス産ホラー映画『ザ・リチュアル いけにえの儀式』(2017)をネタバレあらすじを含めご紹介させていただきます。

11月25日(水)の掲載をお楽しみに!

【連載コラム】『SF恐怖映画という名の観覧車』記事一覧はこちら

関連記事

連載コラム

梅沢壮一映画『積むさおり』考察とレビュー解説。日常サスペンスに施した“不快感で斬新な手法|SF恐怖映画という名の観覧車74

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile074 「シッチェス映画祭ファンタスティック・セレクション2019」の特集を終え、独創性の高い作品群が懐かしく感じる秋。 草木が枯れ落ちる、どこ …

連載コラム

映画『アンノウン・ボディーズ』あらすじネタバレと感想。原作者ジェフ・ヒーラールツの生みだした刑事物語|未体験ゾーンの映画たち2019見破録38

連載コラム「未体験ゾーンの映画たち2019見破録」第38回 今年もヒューマントラストシネマ渋谷で開催中の“劇場発の映画祭”「未体験ゾーンの映画たち2019」。 今回はヨーロピアン・ミステリー映画をご紹 …

連載コラム

映画『漂うがごとく』感想と内容解説レビュー。ベトナムの官能を体感する珠玉の作品| アジアン電影影戯3

連載コラム「アジアン電影影戯」第3回 今回は、2019年3月23日(土)より新宿K’s cinemaにて公開されるベトナム映画『漂うがごとく』を取りあげます。 急速な経済発展を背景に年々製作本数が増え …

連載コラム

Netflix映画『プロジェクトパワー』ネタバレ感想と考察評価。”超能力”によってスーパーヒーローと麻薬捜査の魅力を引き出す|SF恐怖映画という名の観覧車116

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile116 「バットマン」や「スーパーマン」、そして近年では「アベンジャーズ」シリーズなど漫画の中だけでなく映画界でも長年、超能力を持った「ヒーロー …

連載コラム

『ロングデイズ・ジャーニー』感想とレビュー評価。映画監督ビー・ガンが記憶の迷宮を描く【この夜の涯てへ】|銀幕の月光遊戯 55

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第55回 映画『ロングデイズ・ジャーニー この夜の涯てへ』が2020年2月28日(金)よりヒューマントラストシネマ渋谷ほかにて全国公開されます。 2015年の『凱里ブルース …

U-NEXT
架空映画館 by ReallyLikeFilms Online
【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
凱里(かいり)ブルース|2020年6月6日(土)よりシアター・イメージフォーラムほかにて全国順次ロードショー予定!
映画『異端の鳥』2020年10月9日(金)よりTOHOシネマズシャンテほか全国公開
映画『朝が来る』2020年10月23日(金)より全国公開
ドラマ『そして、ユリコは一人になった』
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
国内ドラマ情報サイトDRAMAP