Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2022/11/13
Update

映画『石門』あらすじ感想と評価解説。ホワン・ジー&大塚竜治共同監督が複雑な女性心理をリアルに捉える|東京フィルメックス2022-3

  • Writer :
  • 星野しげみ

東京フィルメックス2022『石門』

第23回東京フィルメックス(2022年10月29日(土)~11月6日(日)/有楽町朝日ホール)のコンペティション9作品のひとつとして上映された『石門』。

妊娠をテーマにした本作では、監督をホワン・ジー&大塚竜治が務めました。

『卵と石』(2012)『フーリッシュ・バード』(2016)に続く「女性の性問題」を扱うジーの作品の主人公にはヤオ・ホングイ。

ヤオ・ホングイの成長とともに、複雑な女性心理を捉えた作品『石門』をご紹介します。

【連載コラム】『東京フィルメックス2022』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『石門』の作品情報

【日本公開】
2022年(日本映画)

【英題】
Stonewalling

【監督】
ホワン・ジー&大塚竜治

【出演】
ヤオ・ホングイ

【概要】
2022年・第23回東京フィルメックス・コンペティション部門出品作品のホワン・ジーと大塚竜治という監督たちの共同作品『石門』。

女性の妊娠・出産を題材にした『石門』には、『卵と石』(2012)から続けてヤオ・ホングイを主役に起用しています。

2022年度のヴェネチア国際映画祭ヴェニスデイズ部門を皮切りに、トロント国際映画祭、NY映画祭など、アジア映画として大きな躍進を続けています。

映画『石門』のあらすじ

英語を学びながら、客室乗務員を養成するための学校に通っている20歳のリン。

彼女は同じ学校に彼氏ができ、妊娠に気づきますが、子供を持つことも中絶も望みません。

彼氏には中絶したと告げ、診療所を経営している両親の元へ戻ります。

その頃リンの母親は、診療所で死産の医療訴訟に巻き込まれ、資金繰りに悩んでいました。

リンはそんな両親を助けるために、ある決意をします。

スポンサーリンク

映画『石門』の感想と評価

妊娠をテーマに女性の生き方を描く

主人公の20歳のリンは、客室乗務員を夢みる学生です。しかし予期せぬ妊娠が発覚し、それを期に未来が変わり始めるリンの姿を描き出した『石門』。

作品を手がけたホアン・ジー&大塚竜治監督とリンを演じるヤオ・ホングイは、彼女が14歳の時に『卵と石』(2012)に出演してからずっと共同作業を営んでいたと言います。

ホアン・ジー&大塚竜治監督は、気心の知れたヤオ・ホングイの持つ存在感と魅力を存分に活かし、実際に妊娠から出産に至るまでの主人公の10ヶ月を、静謐な演出で捉えていました。

妊娠に気が付いて悩むリンですが、台詞も少なくその心理描写もほとんどないのが、本作の特徴と言えるのかもしれません。

また、作品の登場人物は全員ノンプロと言います。

農村の様子も町の様子もとても現実的に撮影されているうえに、ストーリーもリアリティに溢れている本作。キャストが作り物ではない素の行動から出している存在感にも注目です。

2人の監督が語る製作エピソード

本作は、望まぬ妊娠が判明した女子学生の選択を粘り強いカメラワークで捉えています。

製作のきっかけは、ホアン監督の娘が5歳の頃に「ママはどうして私を生んだの?」と尋ねたことだといいます。

答えに困った監督は、少女から大人になりかけている女の子が出産するか否かで悩む姿を撮ることで、答えを導こうと考えたそうです。

よりリアルな作品にするため、撮影には妊娠期間と同じ10カ月をかけています。

役者が全員素人のためそれぞれの状況や撮影できる時間によって撮る内容を変えたという大塚監督。脚本に頼らない製作プロセスは独特なセンスを放っています。

また、「石門」という題名の意味も興味深い。

タイトルについて、ホアン監督は「女性を取り巻く環境には妨げる壁があるような気がしています。打ち破りたくても、なかなか突破して先に進めない。主人公もそんな状況にいます彼女のお腹の赤ちゃんは石の門を突き破ってこの世界に出て来ることができるのか。そんな意味を込めました」と語りました。

映画全編から受ける「石の門」の固くて壊しにくいイメージは、監督が訴えたかったこととわかるコメントです。

まとめ

第23回東京フィルメックス(2022年10月29日(土)~11月6日(日)/有楽町朝日ホール)のコンペティション9作品のひとつとして上映された『石門』をご紹介しました。

妊娠から自分の将来を見つめ直す女性リンを描いた『石門』。

大きな騒動もなく粛々とストーリーは進みますが、出産までの10カ月の間に自身を見つめるリンに共感も覚えます。

社会の中では女性を取り巻く環境には石のように固い壁が存在することを改めて教えられる作品でした。

また、ホワン・ジー&大塚竜治監督ならではの共同作品の魅力もたっぷりとご覧いただけます。

【連載コラム】『東京フィルメックス2022』記事一覧はこちら

星野しげみプロフィール

滋賀県出身の元陸上自衛官。現役時代にはイベントPRなど広報の仕事に携わる。退職後、専業主婦を経て以前から好きだった「書くこと」を追求。2020年よりCinemarcheでの記事執筆・編集業を開始し現在に至る。

時間を見つけて勤しむ読書は年間100冊前後。好きな小説が映画化されるとすぐに観に行き、映像となった活字の世界を楽しむ。


関連記事

連載コラム

映画『ブレイブソルジャーズ』ネタバレ感想と結末解説のあらすじ。ヒュルトゲンの森での米軍とナチスの死闘を描く|B級映画 ザ・虎の穴ロードショー34

連載コラム「B級映画 ザ・虎の穴ロードショー」第34回 深夜テレビの放送や、レンタルビデオ店で目にする機会があったB級映画たち。現在では、新作・旧作含めたB級映画の数々を、動画配信U-NEXTで鑑賞す …

連載コラム

『みんな~やってるか!』ネタバレあらすじ感想と結末の評価解説。北野武映画(ビートたけし第1回監督)は淀川長治先生も認めた“ナンセンスコメディ”|増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!6

連載コラム『増田健の映画屋ジョンと呼んでくれ!』第6回 この世には見るべき映画が無数にある。あなたが見なければ、誰がこの映画を見るのか。そんな映画が存在するという信念に従い、独断と偏見で様々な映画を紹 …

連載コラム

ドラマ『ブラックミラー シーズン2 ずっと側にいて』考察とネタバレ感想ラスト結末も。実在サービスの基となったチャットボットの光と闇|SF恐怖映画という名の観覧車110

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile110 舞台も時代も、存在する技術も毎回異なる設定で紡がれるSFオムニバスドラマ「ブラックミラー」シリーズ。 本シリーズでは進んだ科学技術の使い …

連載コラム

映画『狼たちの墓標』あらすじ感想と評価解説 。韓国ノワールで描くチャンヒョクとユオソンの熾烈な抗争劇|映画という星空を知るひとよ97

連載コラム『映画という星空を知るひとよ』第97回 韓国屈指のビーチリゾート地・カンヌン(江陵)を舞台に、開発利権をめぐる男たちの抗争を描いたノワールアクション『狼たちの墓標』。 地元に根を張り誰よりも …

連載コラム

二階堂ふみ映画『生理ちゃん』感想レビューと評価。擬人化したユニークなキャラを登場させて描くタブーからの解放|銀幕の月光遊戯 50

連載コラム「銀幕の月光遊戯」第50回 映画『生理ちゃん』が2019年11月08日より、ヒューマントラストシネマ渋谷他にて全国順次ロードショーされます。 多くの女性たちの共感を呼び、第23回手塚治虫文化 …

U-NEXT
タキザワレオの映画ぶった切り評伝『2000年の狂人』
山田あゆみの『あしたも映画日和』
【連載コラム】NETFLIXおすすめ作品特集
【連載コラム】U-NEXT B級映画 ザ・虎の穴
【連載コラム】光の国からシンは来る?
星野しげみ『映画という星空を知るひとよ』
編集長、河合のび。
映画『ベイビーわるきゅーれ』髙石あかりインタビュー
【草彅剛×水川あさみインタビュー】映画『ミッドナイトスワン』服部樹咲演じる一果を巡るふたりの“母”の対決
永瀬正敏×水原希子インタビュー|映画『Malu夢路』現在と過去日本とマレーシアなど境界が曖昧な世界へ身を委ねる
【KREVAインタビュー】映画『461個のおべんとう』井ノ原快彦の“自然体”の意味と歌詞を紡ぎ続ける“漁師”の話
【玉城ティナ インタビュー】ドラマ『そして、ユリコは一人になった』女優として“自己の表現”への正解を探し続ける
【ビー・ガン監督インタビュー】映画『ロングデイズ・ジャーニー』芸術が追い求める“永遠なるもの”を表現するために
オリヴィエ・アサイヤス監督インタビュー|映画『冬時間のパリ』『HHH候孝賢』“立ち位置”を問われる現代だからこそ“映画”を撮り続ける
【べーナズ・ジャファリ インタビュー】映画『ある女優の不在』イランにおける女性の現実の中でも“希望”を絶やさない
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学