Cinemarche

映画感想レビュー&考察サイト

連載コラム

Entry 2019/08/31
Update

映画『大脱出3』感想とレビュー評価。スタローン演じる脱獄プロフェッショナルに訪れる最大のピンチとは|すべての映画はアクションから始まる1

  • Writer :
  • 松平光冬

連載コラム『すべての映画はアクションから始まる』第1回

脱獄のプロフェッショナル、レイ・ブレスリンが挑む3度目のミッション!

日本公開を控える新作から、カルト的評価を得ている知る人ぞ知る旧作といったアクション映画を網羅してピックアップする連載コラム、『すべての映画はアクションから始まる』。

栄えある第1回は、アクション映画界の巨匠シルヴェスター・スタローン主演の脱獄アクションシリーズ第3弾『大脱出3』です。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら

スポンサーリンク

映画『大脱出3』の作品情報


© 2018 GEORGIA FILM FUND 63, LLC All rights reserved.

【日本公開】
2019年(アメリカ映画)

【原題】
Escape Plan: The Extractors

【監督・脚本】
ジョン・ハーツフェルド

【キャスト】
シルヴェスター・スタローン、デイヴ・バウティスタ、マックス・チャン、ハリー・シャム・Jr、デヴォン・サワ、マリース・ジョー、ジェイミー・キング、カーティス・“50セント”・ジャクソン

【作品概要】
「ロッキー」、「ランボー」、「エクスペンダブルズ」といったヒットシリーズを次々と放つシルヴェスター・スタローン。

彼によるもう一つのヒットシリーズとなった、2013年の第1作からなる「大脱出」シリーズの
第3弾です。

2作目の『大脱出2』(2019)に続き、スタローン演じるレイ・ブレスリンの相棒デローサを務めるのは、元プロレスラーのデイヴ・バウティスタ。

また、『イップ・マン 継承』(2017)、『イップ・マン外伝 マスターZ』(2019)のマックス・チャンも参加し、中国拳法をベースとしたアクションを披露します。

その他の共演者として、カーティス・“50セント”・ジャクソンとジェイミー・キングも、前作から続投。

監督は、『2days トゥー・デイズ』(1996)、『15ミニッツ』(2001)のジョン・ハーツフェルドが務めました。

映画『大脱出3』のあらすじ


© 2018 GEORGIA FILM FUND 63, LLC All rights reserved.

中国全土を顧客に持つ、世界的ハイテク企業ジャン社の社長令嬢ダヤを含めた一向が、謎の武装組織の襲撃を受けます。

組織のボスはダヤを誘拐すると、気絶させた身辺警護のバオにUSBメモリを忍ばせ、その場を去ります。

それから数日後、以前にダヤの身辺警護を務めていたシェン・ローと名乗る人物が、セキュリティ・コンサルタントのプロであるレイ・ブレスリンを訪ね、ダヤ救出を依頼。

そこへ、警察から脱走してきたバオも姿を現します。

バオは、忍ばされていたUSBメモリがブレスリン宛だったことから、居場所を探ってきたのです。

ブレスリンは、かつての友人デローサの情報ルートとバオのUSBメモリから、ダヤが今まで誰も脱出できたことがないと云われる秘密監獄、“悪魔砦”に囚われていると推測。

早速ダヤ救出に乗り出すブレスリン、デローサ、ローたちでしたが…。

スポンサーリンク

「大脱出」シリーズ過去作をおさらい

『大脱出』(2013)

世界屈指のセキュリティ・コンサルタントであるレイ・ブレスリンが、何者かの手によって拉致され、絶対攻略不可能な“墓場”と呼ばれる監獄に入れられてしまいます。

彼は囚人たちを仕切る謎の男ロットマイヤー(アーノルド・シュワルツェネッガー)とともに、事件の陰謀を暴こうとします。

栄えあるシリーズ第一作となった本作は、何といってもスタローンとシュワルツェネッガーの本格共演が見どころ。

アクション映画界の両巨頭が揃い踏みというだけで、もう観る価値十分。

スタローンはもちろん、シュワルツェネッガーならではのお約束シーンもしっかりと抑えてあり、監獄からの脱出からクライマックスに至るまで、屈強な男たちのバトルが展開します。

なお、日本版の予告やポスターアートでは“墓場”の正体が明かされてしまっているので、まだ未見の方はそれらに一切目を通さず鑑賞することを推奨します。

『大脱出2』(2019)

“墓場”の事件を経て、自ら警備会社を興していたレイ・ブレスリンでしたが、ある日スタッフのシュー(ホアン・シャオミン)が行方不明となります。

シューが、コンピューター制御された最強セキュリティシステムの監獄“ハデス”に収監されたと知ったブレスリンは、かつての友人デローサと共にハデスにわざと収監され、救出を試みます。

前作から約5年後に作られた第2作は、シュワルツェネッガーに代わって、「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー」シリーズや『ブレードランナー 2049』(2017)のデイヴ・バウティスタがパートナー役として登場。

元プロレスラーであるバウティスタの存在感は、シュワルツェネッガーに勝るとも劣りません。

ただ、主演のはずのスタローンの出番が前作より格段に減っており、さらにバウティスタもほとんど活躍してくれないのが残念なあたり。

むしろ、シューを演じたホアン・シャオミンが全般的に活躍しており、『イップ・マン 葉問』(2011)でも見せたクンフーアクションを披露します。

『大脱出2』完成前に製作が始まった『大脱出3』


© 2018 GEORGIA FILM FUND 63, LLC All rights reserved.

実は本作『大脱出3』は、前作の『大脱出2』が完成していない段階から撮影が始まっています。

これは、主演のスタローンが前作の出来に大いに不満を感じていたためといわれており、本人もSNS等でそれを認める旨のコメントを発しています。

確かに、『大脱出2』のスタローンの出番の少なさからも、おそらく製作上で何らかのゴタゴタが発生していたのではと推測できます。

そのせいか、本作は撮影日数約20日という、早撮りで知られるクリント・イーストウッドもビックリの超ハイスピードで制作されました。

スポンサーリンク

必見!流れるようなマックス・チャンのアクション


© 2018 GEORGIA FILM FUND 63, LLC All rights reserved.

本作でのキーパーソンとなるのが、シェン・ローを演じるマックス・チャン(中国語の発音的には「ヂャン」が近い)です。

マックスは、香港アクション映画の巨匠ユエン・ウーピンのアクション・チームに参加し、ドニー・イェンやミシェル・ヨーのスタントダブルや悪役をこなすなど、徐々にステップアップしていきます。

そして、『グランドマスター』(2013)、『イップ・マン 継承』での敵役でさらなる注目を集めます。

マックスの特徴は、細身で精悍な体型を活かした“しなやかな”アクション。

主演作『イップ・マン外伝 マスターZ』(2019)でも見せたムダのない動きが、本作でも堪能できるので、ファンはお楽しみに。

今後のスタローン映画からも目が離せない!

© 2018 GEORGIA FILM FUND 63, LLC All rights reserved.

本作『大脱出3』は、第1作のような「難攻不落の監獄からどう脱獄するのか」といったスリルより、肉弾戦やド派手なガンアクションに重きを置いています。

あえていえば「エクスペンダブルズ」シリーズに近くなったと言えなくもないですが、その分、スタローンやバウティスタの出番がしっかり復活しています。

そのスタローンは、今後の動きとしては「エクスペンダブルズ」シリーズの第4作の製作を予定しており、さらには「ランボー」シリーズも、第5作目にして正真正銘の完結編『Rambo: Last Blood(原題)』が、9月に全米公開されます。

参考映像:『Rambo: Last Blood(原題)』予告

2019年時点で73歳となるスタローンですが、まるで衰え知らず。

この「大脱出」シリーズも第4作が製作されるのか、今後の続報に期待しましょう!

映画『大脱出3』は2019年9月27日(金) 新宿バルト9ほか全国ロードショー!

タイトル「すべての映画はアクションから始まる」について

参考映像:『大列車強盗』本編 ※パブリック・ドメイン

映画撮影の際、日本では監督の「用意、スタート」のかけ声で、俳優が演技を始めます。

かたや欧米のかけ声は、「ready,action!(用意、アクション!)」となります。

ここでいう「action」とは、「演技をする(act)」の意。

ラブロマンス、ホラー、コメディ、SFなど、ジャンルこそ多岐に分かれるも、映画作りの原点が「演技=アクションをする」ことに変わりありません。

映画史をひも解いても、アメリカ劇映画の出発点となった『大列車強盗』(1903)が、世界初の西部劇にして、アクション映画の基本要素をすべて内包した作品。

「すべての映画はアクションから始まる」のタイトルの下、今後も、新作・旧作問わずアクション映画の魅力を探っていきます。

【連載コラム】『すべての映画はアクションから始まる』記事一覧はこちら





関連記事

連載コラム

韓国映画『それだけが、僕の世界』感想と評価。イ・ビョンホン主演で何もかも違う兄弟の出逢いと家族の絆を描く|コリアンムービーおすすめ指南5

イ・ビョンホン主演『それだけが、僕の世界』が、12月28日(金)よりTOHOシネマズ シャンテほかにて全国ロードショー。 母の愛を求めながら孤独に生きてきた元ボクサーの兄と、母の愛を一身に受けて育った …

連載コラム

映画考察『ゴーストマスター』ヤングポールと『地獄でなぜ悪い』園子温との比較分析。2世俳優の怪変昇華を映画愛で炸裂す|SF恐怖映画という名の観覧車78

連載コラム「SF恐怖映画という名の観覧車」profile078 TSUTAYAが毎年開催する、映像クリエイターの発掘企画「TSUTAYA CREATERS’PROGRAM」。 2015年の …

連載コラム

ドキュメンタリー映画『蹴る』あらすじと感想。電動車椅子サッカーから捉えた障がい者の生|シニンは映画に生かされて1

連載コラム『シニンは映画に生かされて』第1回 初めまして。このたび、Cinemarcheでの映画コラムの執筆の機会をいただいた、河合のびと申します。 無名中の無名ではありますが、詩人、すなわちシニンを …

連載コラム

【追悼】亡き西岡善信は日本映画監督らの美術を歴任。大魔神3作品を特撮から軸に内容解説|邦画特撮大全63

連載コラム「邦画特撮大全」第63章 2019年10月11日に、老衰のため97歳で逝去された美術監督の西岡善信。 衣笠貞之助や伊藤大輔、市川崑や川島雄三といった名だたる巨匠監督たちの作品で美術監督を歴任 …

連載コラム

『アントマン』一般人のスコットはアベンジャーズシリーズを変えた⁈映画『アントマン&ワスプ』はどうなるか|最強アメコミ番付評2

連載コラム「最強アメコミ番付評」第2回戦 こんにちは!野洲川亮です。 毎年のように新作が製作され、2018年もこれまで『ブラックパンサー』、『アベンジャーズ インフィニティ・ウォー』が公開、いずれも大 …

【Cinemarche】今週のおすすめ映画情報
【イッセー尾形インタビュー】映画『漫画誕生』役者として“言葉にはできないモノ”を見せる
【広末涼子インタビュー】映画『太陽の家』母親役を通して得た“理想の家族”とは
アーロン・クォックインタビュー|映画最新作『プロジェクト・グーテンベルク』『ファストフード店の住人たち』では“見たことのないアーロン”を演じる
【柄本明インタビュー】映画『ある船頭の話』百戦錬磨の役者が語る“宿命”と撮影現場の魅力
映画『ある船頭の話』2019年9月13日(金) 新宿武蔵野館他 全国公開
【望月歩×文晟豪インタビュー】映画『五億円のじんせい』の公開に思いを馳せる
【平田満インタビュー】映画『五億円のじんせい』名バイプレイヤーが語る「嘘と役者」についての事柄
【阿部はりか監督インタビュー】映画『暁闇』若さが抱える孤独さに共に“孤独”でありたい
【エリック・クー監督インタビュー】斎藤工との友情の映画制作とアジア発の若き映画作家たちの育成に努めたい
映画『凪待ち』2019年6月28日(金)TOHOシネマズ日比谷ほか全国公開【主演:香取慎吾/監督:白石和彌】
【白石和彌監督インタビュー】香取慎吾だからこそ『凪待ち』という被災者へのレクイエムを託せた
【Cinemarche独占・多部未華子インタビュー】映画『多十郎殉愛記』のヒロイン役や舞台俳優としても活躍する女優の素顔に迫る
日本映画大学
FILMINK
国内ドラマ情報サイトDRAMAP